ドコモ光の評判口コミって実際どうなの?ネットでの評判・アンケート結果をまとめました

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光の評判口コミって実際どうなの?ネットでの評判・アンケート結果をまとめました

ドコモ光の評判の良い口コミと悪い口コミをまとめてみました

↑格安スマホ学園管理人が実際に使ってみました!!↑

通信サービス、特に工事を必要とする光インターネットサービスの場合だと「お試し」というものを利用しにくいものです。ゲームであれば「体験版」を利用できますが、インターネットとなるとなかなかお試しで利用するという機会はありません。ドコモ光もその一つであり、契約前にドコモ光の性能を出来る限りユーザー目線で知るためにはネット上の評判を参考にすることが一番です。当サイトではSNSなどのネット上に書かれている評判はもちろんの事、ドコモ光ユーザーにアンケートを取った結果や管理人自身が使用してみた感想を書きます。アンケート、評判は全てサービス開始以降の2016年〜2017年5月にヒアリングした内容となっています。

格安スマホ学園が独自にドコモ光ユーザーにアンケートで評判を聞いてみた結果

当サイトではランサーズの登録者でかつドコモ光ユーザー100人に対して「ドコモ光の使用満足度・評判」についてアンケートを実施しました。その結果を簡単ですが発表したいと思います。

ドコモ光を選んで良かったと思う人が100人中94人

ドコモ光に新規契約、もしくは乗り換えて良かったと答えた人は全体100人中94人でした。ほとんどの人がドコモ光にして良かったと思っているという事実から、ドコモ光の評判は概ね良好だという事ができると思います。また、友人や家族に是非勧めたいと答えている人が50%を超えているところからもドコモ光の評判の良さがうかがえますね。

また、今後改善して欲しい点の一位はやはり「月額料金」となっているのですが、「キャッシュバックの簡易化」を求める声も意外と多かったです。確かに色々な代理店がキャッシュバックキャンペーンを行っていますが受け取り手続きが面倒だったり、受け取り期間が1ヶ月間しかなかったりと手続きがややこしいのが原因でしょうか。

 

当サイトに送られてきた口コミをまとめました。

ドコモ光の評判は時間の経過とともに大きく変化しています。サービス開始から今までにどのような変化を遂げているのでしょうか?

・ドコモの携帯を使っているのでセットで利用しています。ドコモの使用年数に応じて料金が安くなるので重宝しています。そして私が重視しているのが、通信速度ですがパソコンやスマホを利用していても、遅くなることや止まることがなくスムーズですので使ってみて良かったと思います。またスカパーのオプションがあるということなので現在はそれも検討しています。 30代男性

・ドコモのスマホを使っている私にとってはかなりお得ですが、欲を言えば、もう少し通信速度が速くなってほしいところです。 30代男性

・回線のベースがNTTですし、乗り換えたからといって速度に関しては極端な違いはありませんでした。動画視聴もオンラインゲームもストレスなく利用できます。月々の使用料金が1000円程度安くなったのとスマホ代が安くなったのは嬉しいです。 30代女性

・さほど他社と変わらない気がした。以前はソフトバンク光を使用したいたのですが携帯を変える時に一緒に変えました。携帯と同じキャリアにしたら安くなるというだけの問題なのでこれからもうまく乗り換えてお得に契約したいと思います。 20代女性

・マンションの回線が全てドコモ光対応になったのを機に、以前使っていたADSLから変更して使用することにしました。当然ですが、圧倒的に回線スピードが違うのでストレスなくインターネットなどを使えるので、ネット上のサービスがスムーズになりました。メールも確認することが遅れてしまい大量に受信する場合でも、早めに処理が完了する様になりました。 50代男性

*上記の評判はほんの一部で、他にもたくさん意見がありましたが概ね速度に関しては満足している回答が多かったです。

意外とサービス開始直後は悪い評判が多かった

まず、サービスを開始した2015年当初は、非常に「悪評」が多く、口コミの大半を悪評が占めている結果となっています。何も知らないユーザーがこれらの口コミを見たら、誰が見ても「ドコモ光は品質が悪い」と判断したことでしょう。

▽工事がなかなか来ないという悪評が一番多かった

「申し込んでからなかなか工事が来ない」

「1ヶ月が経ったのにまだ工事が来ない」

ドコモ光のサービス開始直後の評判で最も多く見られる意見は、上記のように「工事」に関するものでした。具体的に言えば工事の内容ではなく、「工事の開始時期が遅れている」ということです。

光インターネットサービスを利用するにあたっては、自宅内に光回線を引き込んで専用の機器に接続する必要があります。光インターネットサービスを新規契約する、もしくは従来のフレッツ光などの別の光インターネットサービスをドコモ光に転用する際に通信速度をアップグレードする場合には、工事を必要とします。これ自体にも費用はかかりますが、ドコモ光では現在この工事費用を割り引くキャンペーンを行っているので費用面については悪い評判があまり立っていません。

問題となるのは「工事業者がなかなか来ない=工事が行われない」というポイントです。ドコモ光の利用は基本的に工事を行わないと開始することができません。この工事は一般ユーザーが自分で実行することはできず、業者任せにするしかありません。その業者が、ドコモ光に申し込んでから時間が経過してもなかなかやって来ないことが、ネット上で大きな悪評となっているのです。ただしフレッツ光から転用する場合は工事は不要です。

▽なぜ工事は遅れてしまったのか?

どのようなサービスであっても、提供開始が遅れれば酷評されることは誰の目から見ても明らかなことです。それにも関わらず、ドコモ光はどうして工事の遅れを容認してしまっていたのでしょうか?ドコモ光としても、出来る限り工事の開始を早めたかったことは間違いないでしょう。ですが、それができない事情があったのです。

ドコモ光の工事は、ドコモ光の職員が行うのではなく、ドコモ光が委託した工事業者が行うというシステムになっています。つまり、この工事業者の人員不足によって、工事の遅れが生じたのです。ドコモ光に限らず光回線は1〜3月の引越しシーズンや月末に工事の予約が混み合ってしまうので、早く工事をして欲しい人は予定より早めに申し込んで、工事日は月末を避ける事をおすすめします。

業者としても十分な人員を確保していたことでしょうが、当時は光インターネットサービスがフレッツ光から卸されて間もなく、有名な通信企業がこぞって光インターネットサービスの提供開始をしていました。特に大手キャリアの一角である「ソフトバンク光」と提供開始時期がかち合ってしまい、工事業者は大手2社以上から一気に工事依頼が殺到することになってしまったのです。

▽サポートにも繋がりにくかった

「問い合わせになかなか出ない」

「電話してもぜんぜん繋がらず、強制的に切られた」

最後にドコモ光の当時の悪評として「問い合わせにもつながらない」という点が挙げられます。上記のように何かとトラブル続きであったため、ユーザーとしても現状の確認と対策を練るためにも、ドコモ光に問い合わせをしたかったはずです。

ですがトラブル続きでてんやわんやであったのは、ドコモ光も同じことです。つまり、サービス開始当初は問い合わせが殺到したことによってドコモ側も対応しきれない状況にあったのです。そのせいで、多くのユーザーの問い合わせに満足に答えることができない状態だったのです。上記のトラブルの件と合わせて、ドコモ光の評判を悪くしてしまった原因となってしまいました。

最近はサービス面も速度面も改善され良い評判が増えてきている模様

しかしながら、2016年の年末〜2017年くらいになるあたりから急激に良い評判の割合が増えてきています。実際、2016年末に実施されたとある調査においては、大手光インターネットサービスの満足度において僅差ではありますがソフトバンク光に次いで第2位の評価を得ています。

サービス開始当初の悪い評判を見た人たちからすれば、あれほどの悪い評判ばかり集めていたドコモ光がどうしてそれほど高い満足度を得ているのか納得出来ないのではないかと思います。ですがネット上に投稿されている悪い評判のほとんどはサービス開始当初のものであり、2016年以降はかなり改善しているということになります。

▽通信速度低下の原因が判明すると、悪い評判は減っていった

「ドコモ光、十分な速度が出ている」

「プロバイダを変更したら速度が改善された」

「ルーターを変えたらめちゃくちゃ速くなった」

サービス開始当初こそ悪評ばかりのドコモ光でしたが、最近の評判はかなり改善されている状態です。最近の口コミを見てみると、当初は悪評の最大の原因でもあった「通信速度の遅さ」に関して、何らかの対処をすることで改善されたという意見が多数見られています。

主な対策としては「プロバイダの変更」と「使用する機器の変更」です。ドコモ光の通信速度を遅くしていたことの原因の大半は、通信速度を遅くするプロバイダを選択していたか、LANケーブルやルーターの規格が古くてドコモ光の通信速度に対応しきれていなかった部分が大きいのです。それがネット上でも情報公開されるようになったことで、多くのドコモ光のユーザーがそれを模倣し、自身の通信速度を改善するに至っています。

それによって、ネット上にも多数の「好評」の口コミが散見するようになりました。「プロバイダ選びが重要である」「ケーブルやルーターは最新のものを使う」ということさえ理解していれば、さほど苦労すること無くドコモ光の通信速度を改善することができるのです。

▽工事開始時期やサポートの対応の評判も落ち着いてきている

「工事が早かった」

「問い合わせにもすぐ対応してくれている」

通信速度に関することだけではなく、ドコモ光の「工事」「問い合わせ」に関する評判もプラスの評価に転じています。これはサービス開始時期と比較して新規申し込み者が少なくなってきており、工事業者やドコモのスタッフも対応に追われることが無くなった事によって充分にこれに対応できるようになってきているからと言えるでしょう。

 

ツイッターでのドコモ光の口コミまとめ

これはビックリの結果です。ネット通信している方が少ない早朝とは言えこんなにスピードが出るなんて汗 注意点としまして、この方は有線でネットをつないでいます。

こちらは「遅い」という悪い評判です。ドコモ光では約20種類ものプロバイダを選べるので、通信度速度が遅くて困っている人はプロバイダを変更してみても良いかもしれません。

ドコモ光の最大のメリットはやはり「スマホとのセット割」ですよね。家族にスマホユーザーが2人以上いれば間違いなくドコモ光に乗り換えた方がお得です。一人当たり800円(契約しているデータ量によってもっと)割引をうけられる事になります。

ドコモ光で良い口コミが多いオススメプロバイダ

プロバイダの選び方は、通信速度にも大きく影響します。ですが通信速度はユーザー数などにも左右されるので、一概に「どこを選べば通信速度が速い」とも評価できません。これは、最新の口コミをネット上で探し出し、自分なりの評価をするしかありません。

プロバイダ選びにおいては「サービス面」でも注意する必要があります。プロバイダごとに独自サービスの違いがあり、例えば「メール」「セキュリティ」「自社サービス」等が挙げられます。

どうしてもプロバイダ選びに悩んでいる場合は「大手」を選ぶことが基本となります。名前を聞いたこともないプロバイダの場合、どのようなリスクが伴うかわかりません。通信会社として老舗のプロバイダであれば、サービス面でも安心できますし、セキュリティなども充実していることが多いので失敗が少ないです。

タイプAとタイプBを比べたところ、タイプAのプロバイダの方が200円安いし断然評判も良いので、タイプAの中から選ぶ事をおすすめします。

・plala

・BIGLOBE

・So-net

・GMO

あたりを選ぶのが無難です。特にGMOの場合申し込み時に無料でルーターがもらえたりとお得な申し込みキャンペーンをやっているのでどこを選んでいいかわからないという人はGMOを選んでみてはいかがでしょうか。→GMOの特典付き申し込みページがこちらから

ドコモ光の口コミまとめ

結論を言えば、ドコモ光の現在の評判は概ね良好であると言えます。ネット上でドコモ光の口コミを検索すると、中には悪い評判も含まれていることでしょう。ですがその大半は2015年上半期のものであることが多いはずです。2016年〜2017年に入ってからの評判は概ね良好であり、既に悪い評判は払拭できているのであると評価することができます。

もちろん、プロバイダの選び方などについて失敗すれば、ドコモ光の通信速度を落とす可能性もあります。またドコモ光で提供されている「パック」についても、自分にとって最適なものを選択する必要があります。私的にはAタイプのプロバイダを選択することをおすすめいたします。