ドコモ光のセキュリティサービスの内容と料金、利用までの流れについて

ドコモ光のセキュリティサービスについて解説

ドコモ光で利用可能なセキュリティサービスについて

ドコモ光では、ユーザーのパソコンをウイルスなどの外敵から守るために、セキュリティサービスが提供されています。

ドコモ光のセキュリティサービスは、「マカフィーインターネットセキュリティ」で、ウイルス対策や、情報の不法入手を促すスパイウエアを撃退し、安心してインターネットを利用できるようにパソコンを守ってくれます。

他にも外部からの侵入を防ぐ「ファイアウォール」や「迷惑メール対策」、パソコンのセキュリティが弱くならないようにする「惰弱性対策」や、お子さんの利用を制限する「保護者機能」など、充実したセキュリティ機能を誇っています。

ドコモ光のセキュリティサービスの内容

  • ウイルススキャン
  • コンピュータウイルスやスパイウエアをブロックし、最新のウイルスやスパイウエアにも対応してくれる。

  • ファイアウォール
  • 外部からパソコンに侵入することを防ぎ、パソコン内の個人情報の流出を防ぐ。

  • 迷惑メール対策
  • 迷惑メールによるフィッシング詐欺を防ぎ、安心してメールを利用することができる。

  • 惰弱性対策
  • Windowsやプログラムを自動更新によって最新のものにしてくれ、パソコンの惰弱を防ぐ。

  • 保護者機能
  • 小さいお子さんに相応しくないサイトをブロックしたり、インターネットを閲覧できる時間に制限をかける。

利用できるセキュリティサービスの料金について

ドコモ光のセキュリティサービスの月額料金は、パソコン1台に関しては無料で受けることができます。

ただし、無料となるのは「総合セキュリティソフト12カ月間無料提供サービス」によるものなので、12カ月間の期間限定となっています。

12カ月が終了してからの月額料金や更新については、ドコモ光のサイトでは明記されておらず、無料期間終了日の15日前にパソコン上で更新案内が表示される仕組みとなっており、その際に案内が出るようです。

継続利用の場合は更新手続きが必要となりますので、その時期には案内表示を見落とさないように気を付けましょう。

2台目以上のパソコンで利用したい場合や、継続料金を把握してセキュリティ対策ソフトを利用したい場合には、後述するプロバイダのセキュリティサービスの利用がオススメです。

ドコモ光のセキュリティサービス利用の流れ

ドコモ光のセキュリティサービスを利用するまでの手順を紹介します。まずはドコモnetに申し込みをします。

すると、数日から2週間ほどの間にドコモnetからダウンロードコードが書かれたメールが届きますので、迷惑メールとみなされないように受信設定をしておきましょう。

案内メールが届いたら、「マカフィーインターネットセキュリティの準備」という専用サイトにアクセスをし、ダウンロードコードを入力します。

セキュリティソフトをパソコンにダウンロードすると、12カ月無料で利用可能となります。なお、12カ月の起算日はダウンロードコードを入力した日からとなります。

セキュリティサービス利用の手順

  • ドコモnetに申し込み
  • ダウンロードコードが書かれたメールが届く
  • 専用サイトにアクセス
  • ダウンロードコードを入力
  • セキュリティソフトのダウンロード
  • 利用開始

どういう環境なら利用できるの?

ドコモ光セキュリティサービスはどういうパソコンの環境だと利用できるのでしょうか?サービスの申込の前に、あなたのパソコンで利用できるのかを確認しましょう。確認するポイントはWindowsなどの「OS」が何か?インターネットエクスプローラーなどの「ブラウザー」が何か?が基本です。

【ドコモ光セキュリティサービスの対応環境】

《対応OS》※全て日本語のみ

  • Windows10
  • Windows8.1
  • Windows8
  • Windows7 SP1以降

《対応ブラウザー》

  • インターネットエクスプローラー11
  • ファイアーフォックス
  • グーグルクローム

ドコモ光のセキュリティサービスの注意点

ドコモ光のセキュリティサービスは、ドコモのサービスではなく、インテルセキュリティが提供しているサービスなので、万一発生してしまったトラブルによる損害は、ドコモは負わないと定められています。

セキュリティソフトをインストールする場合も、インテルセキュリティ提供のマカフィーアカウントの登録が必須で、使用許諾契約書を読んだ上で、ユーザー情報を登録する必要があります。

ちなみに、インテルセキュリティが販売している「マカフィーインターネットセキュリティ」とは対応している機器や、利用することができる台数に違いがありますので、同じサービスだと勘違いしないように注意が必要です。

また、他のウイルス対策ソフトと同時に利用することはできませんので、既にパソコン内にウイルス対策ソフトがインストールされている場合には、どちらかを選ぶ必要があります。

何かあった時の問合せ先

ドコモ光のセキュリティサービスの問合せ先は2種類ありますので、適切な窓口を選びましょう。2種類の窓口とは、ドコモインフォメーションセンターとインテルセキュリティテクニカルサポートセンターです。

ドコモ光のサービス全般についてや、ドコモ光セキュリティサービスの利用開始に関する問い合わせはドコモインフォメーションセンターへ。

ドコモ光セキュリティサービスのインストール方法や操作方法、トラブル等に関する問合せはインテルセキュリティテクニカルサポートセンターへの問合せが適切です。

【ドコモ光セキュリティサービスのサポート窓口】

《ドコモ光のサービス全般や、セキュリティソフトの利用開始に関する問合せ》

「ドコモインフォメーションセンター」

  • ドコモの携帯電話から:151
  • 一般電話から:0120-800-000

 ※受付時間は午前9時から午後8時で年中無休

《セキュリティソフトのインストール方法、操作方法、トラブル等に関する問合せ》

「テクニカルサポートセンター」

 電話:0570-060-033

 ※受付時間は午前9時から午後9時で年中無休

フレッツ光から転用した場合セキュリティツールは引き継ぎ可能?

NTTのフレッツ光で利用していたセキュリティーツールは、ドコモ光に転用した場合でも利用できるのでしょうか?実は利用できるものとできないものがあります。

NTT東日本が提供しているウイルスクリアはそのまま継続することができますが、NTT西日本が提供しているセキュリティ対策ツールは継続できません。

しかし、NTT西日本が提供しているセキュリティ機能ライセンスプラスというオプションサービスは継続して利用することができます。

セキュリティ機能ライセンスプラスとは、フレッツ光に標準装備されているセキュリティーツールに加えて、パソコン2台目以降のセキュリティーに利用するサービスで、2ライセンス月額380円、4ライセンス月額760円、以降1ライセンスごとに月額190円のサービスです。

NTT西日本から転用する場合は、これらのサービスを利用するか、次項のプロバイダのセキュリティサービスの利用が可能です。

プロバイダによってはセキュリティのオプションが一定期間無料なこともある

各プロバイダもセキュリティサービスを提供しており、一定期間は無料で利用することが可能です。ここではドコモ光で利用できる代表的なプロバイダ3社を例に、サービス内容を紹介します。

  • 《ビッグローブ》
  • ネットあんしんパック for ドコモ光
    料金:12カ月無料、13カ月目から月額500円

  • 《OCN》
  • サービス名:マイセキュア
    料金:12カ月無料、13カ月目から月額250円

  • 《plala》
  • サービス名:マカフィー for plala
    料金:最大24カ月無料、25カ月目から月額399円

まとめ

ドコモ光には、パソコン1台に対するセキュリティサービスが付いており、12カ月は無料で利用することが可能です。ドコモのサービスではなく、インテルセキュリティが提供しているサービスのため、万一の損害の責任はドコモが負いませんので注意が必要です。

サポート窓口はドコモインフォメーションセンターとインテルセキュリティテクニカルサポートセンターの2つがあり、状況に応じて問合せをしましょう。

また、プロバイダもセキュリティサービスを提供しているので、あなたにあったセキュリティを選択することが可能です。