ドコモ光はどこで申し込むのが一番オトク?キャンペーン内容を比較してみました!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ドコモ光はどこで申し込むのが一番オトク?キャンペーン内容を比較してみました!

ドコモ光を契約する場合、申し込む方法によってキャッシュバック金額やキャンペーン内容が全然違います。

申し込み窓口が違うだけで20,000円以上損する可能性もあるので、このページではドコモ光のキャッシュバックキャンペーンの内容を詳しく紹介し、損せずにオトクに申し込む方法を解説します。

なお、2017年12月現在イチバンお得な申し込みキャンペーンは「ドコモ光×GMO」のコラボ申し込みです。

目次

ドコモ光のオトクなキャッシュバックキャンペーンの内容について-2017年12月最新版

GMO×ドコモ光のキャンペーンは無料レンタルキャンペーン+現金10,700円キャッシュバック+dポイント20,000ポイント(転用の場合は10,000ポイント)に大幅パワーアップしました。2017年12月現在GMOが一番オトクな申し込み口となっています。ちなみにdポイントプレゼントキャンペーンは12/31までですし、10月は現金キャッシュバックが5,700円だった事を考えると、申し込みを検討中の方は早めに申し込む事をおすすめします。 

ドコモ光のキャッシュバックはいつ受け取れる?

GMO×ドコモ光のキャッシュバックは申し込み後すぐにキャッシュバックを受け取れるわけではありません。

ドコモ光のキャンペーンページから申し込んだ後、申し込みした後にGMOから送られてくる【キャッシュバック受け取り手続きご案内メール】に記載された指定URLをクリックし、案内にしたがって必要な情報を記入してください。これらはメール到着から何日以内という条件ではなく、【ドコモ光回線工事完了の翌月末まで】に手続きを行わなければキャッシュバックの受け取り権利が消滅してしまいます。ですので忘れない内にキャッシュバック手続きを行う事を強くおすすめします。

手続き完了した月の翌月末日に指定口座にキャッシュバックが振り込まれますが、上記に書かれている【キャッシュバック受け取り手続きご案内メール】は普段使っているメールアドレスではなく、新たに契約した【GMOのメールアドレス】に届くのでご注意ください。

ドコモ光申込時のキャッシュバック以外のキャンペーン

先ほどご紹介しましたGMO×ドコモ光に適用されるキャンペーンとして、

①工事費無料

②無線ルーター無料レンタル

の2点があります。ドコモ光では申込時にフレッツ光からドコモ光に乗り換え、いわゆる「転用」をするか新規申込するかを選ぶ事になるのですが、転用の場合は工事は必要ありませんので工事費はもともと掛かりません。ですが新規契約の場合は通常工事費が戸建てで18,000円、マンションで15,000円の費用+土日の工事の場合3,000円が追加で必要になってきます。その工事費が2017/5/7までの限定で(伸びるかもしれませんが)工事費無料で新規申込、ドコモ光を利用開始する事ができます。ただし、お家の構造上の都合で壁に光ファイバー用のエアコンダクトを使用したり、壁に穴を開けなければならなかったりするため、工事費用がそれ以上にかかってしまう場合があり、その分にかかる費用や土日祝日の作業代金の+3,000円、事務手数料の3,000円は無料にはならないので注意しましょう。

ドコモ光のキャッシュバックに対するTwitter上の評判まとめ

先ほども書きましたがキャッシュバックは「自分で手続きしないと受け取ることができない」システムとなっていますので、忘れる人が多いようですね。

忘れっぽい人はカレンダーにメモするか申し込んでからすぐにキャッシュバック申し込みをするかにして絶対に忘れないようにしましょう!

ドコモ光を家電量販店で申し込む時のキャンペーン内容について

ドコモ光では、エディオンやヤマダ電機、ヨドバシカメラ、ビックカメラやノジマなどの大手家電量販店を中心に現金キャッシュバックや解約金負担のキャンペーンを独自に行っています。そこで各量販店のキャンペーンの内容をさらっと解説します。

ヤマダ電機で申し込む場合のドコモ光のキャッシュバックキャンペーンについて

全国のヤマダ電機でもドコモ光の申し込みキャンペーンをやっている店舗がたくさんありました。

私の家の近くの店舗で調べてみると、「dポイント5,000円」や「ヤマダ電機のポイント5,000円分」など5,000円相当のキャッシュバックが多く、あまりお得ではないと感じました。GMO×ドコモ光の方が圧倒的にキャッシュバックキャンペーンの内容はいいですし、どうしても申し込み方法が不安なので店舗で店員さんに話を聞きながら契約したいという人以外はヤマダ電機でドコモ光を契約するのはおすすめできません。

ヨドバシカメラでドコモ光を申し込む場合のキャンペーンについて

全国のヨドバシカメラでもヤマダ電機同様ドコモ光の申し込みキャンペーンをやっています。

私の最寄駅から10分ほど電車に乗ったところにあるヨドバシカメラでは、「ドコモスマホとドコモ光を同時契約でdポイント5,000円もしくはヨドバシカメラのポイント5,000ポイントプレゼント」という内容だったので、ヤマダ電機同様、店舗での申し込みは圧倒的に損してしまう内容になっています。ヨドバシカメラはお客さんも多いし待ち時間も気になりますし。

エディオンでドコモ光を申し込む場合のキャンペーンについて

エディオンでもドコモ光の申し込みキャンペーンをやっています。エディオンでは「エディオンネット」というエディオン独自の光回線サービスを展開していますが、そのエディオンネットからドコモ光に工事無しでそのまま乗り換える事が可能です。その場合は支払い先がエディオン→ドコモ光に変わります。

エディオン×ドコモ光の申し込みキャンペーンは店舗ごとにもよりますが、全然お得じゃない場合が多いです。やはり大きい店舗、たくさんの従業員さんが働いているのでコストがかかっているため、公式サイトや代理店サイトよりもお得なキャンペーンはなかなか打ちづらいのだと思います。

ノジマでドコモ光を申し込む場合のキャンペーンについて

ノジマでもドコモ光の申し込みキャンペーンをやっていますが、多くが「dポイント5,000円分」のキャッシュバックのキャンペーンが多いです。ただし、店舗によっては「今月件数が足りないな〜」など店舗の事情があった場合、公式サイトや代理店サイトから申し込むよりもお得なキャンペーンを行う事がたまにありますので、ドコモ光の契約を急いでいない方であれば根気強くノジマに通うのもありだと思います。

ビックカメラでドコモ光を申し込む場合のキャンペーンについて

ビックカメラでもドコモ光のキャンペーンを行っていますが、他の家電量販店のキャンペーンと同じくあまりお得なキャンペーンは行っていません。ですがビックカメラでも決算前など件数が欲しいときは無理やり赤字でもかなり良いキャンペーンを行っている可能性があるのでこまめに店舗をチェックしてみてはいかがでしょうか。

家電量販店のキャンペーンまとめ

ここまでは家電量販店のキャンペーン内容をまとめてきました。ほとんどの場合では家電量販店のキャンペーン内容は、代理店サイトの申し込み時のキャンペーンと比べるとはるかに内容が悪く、おすすめできませんでしたが、上記画像にあるようにたまに家電量販店でめちゃくちゃお得なキャンペーンを行っている事もあります。その場合はその家電量販店で申し込むのが一番お得なので、ドコモ光に申し込む前に、ご近所の家電量販店を一度グルッと回ってくるのも作戦として良いかもしれません。

他の光回線みたいに契約するとタブレットやPCがもらえるキャンペーンは無い?

昔のフレッツ光やWiMAXの代理店のは、10万円近くのキャッシュバック金額を提示したり、タブレットやPCをプレゼントするキャンペーンをよく行っていました。

ドコモ光の場合代理店が極端に少なく、月額料金も安いためタブレットのセットキャンペーンなどを行っている店舗やWEBサイトは見た事がありません。(2016年10月〜2017年7月前後の期間で)

もしどこかでそのようなキャンペーンを見かけたら、タブレットプレゼントのようなキャンペーンの場合、不要なオプションに入らなければいけなかったりする場合がほとんどですので、月額料金が高くなって結果的に損をする事がないよう注意して契約するようにしましょう。

ドコモ光では西日本と東日本でキャンペーン内容が違う?

ドコモ光は全国どこでもフレッツ光回線が使える地域であれば契約可能なので、本来全国どこでも申し込み時のキャンペーンや月額料金は同じなハズです。しかし2017年7月現在ではなぜか「西日本地域が優遇されている」状態でした。

ところが2017年8月、ようやく西日本とそれ以外の地域のキャッシュバック内容が同じになりました。今まで西日本でしか申し込めなかった人にもチャンスが来ましたね。

結局ドコモ光はどのキャンペーンが一番オトク?

ドコモ光はどこから申し込むのが一番お得なのでしょうか?当サイトとしてオススメできるのは「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBは、人気のプロバイダの1つで、ドコモ光のキャンペーンに力を入れています。

新規加入時の高性能無線LANルーターを無料でレンタルできるのに加えて現金5,700円+dポイント20,000ポイントがもらえる最強キャンペーンがあります。

既に無線LANルーターを持っている人であっても、ドコモ光だけではなく光回線では「ルーターの性能によって通信速度が大きく変わる」可能性があるので今お持ちのルーターが古い端末の場合はGMO経由で申し込めば良いでしょう。

ドコモ光に転用する場合に受けられるキャッシュバックキャンペーンについて

NTT西日本が提供しているフレッツ光から、ドコモ光に乗り換えた場合(転用)には、現金5,000円キャッシュバックの特典があります。

NTT西日本のフレッツ光は、Bフレッツ、フレッツ光プレミアム、フレッツ光ネクストの順にサービスの提供を開始して来ました。そのうち、Bフレッツは既に新規取次を終了し、フレッツ光プレミアムは2018年の1月~3月を目途にサービスを終了します。

このBフレッツとフレッツ光プレミアムからの乗り換え(転用)の場合には現金5,000円の特典を受けることができます。

申込期限は2017年5月31日(水)までで、2017年11月30日(木)までの開通が条件となりますので注意が必要です。*情報随時更新中

そもそもドコモ光のキャッシュバックって他の回線と比べたらお得なの?

ドコモ光の話ではありませんが、他社光を申し込む際に申し込み特典として、数万円のキャッシュバックが付くことがありました。

最近は過剰なキャッシュバックは減っているようですが、その多くは代理店を経由した申し込みで、4万円キャッシュバックや5万円キャッシュバック、中には6万円キャッシュバックと、大盤振る舞いをしているところも珍しくありませんでした。しかし、その場合の多くは、オプションに加入することが条件で、結局のところ月額料金が高くなることも多く、あまり得とはいえないキャッシュバックも多かったようです。

ですが今回紹介したドコモ光のキャンペーンは、別途月額料金などはかかることはない特典ですので、安心して特典を受け取ることができます。それどころかプラン次第でさらにお得に利用する可能があるのです。

ただし、ドコモ光には「光回線を乗り換える場合、以前に使用していた回線の解約金分をキャッシュバック」するキャンペーンが無いのも事実なので、今使っている回線から乗り換える場合は解約金がいくらかかるのかに充分気をつけてください。光回線は解約月以外に解約すると解約金がかかる事が多いので、事前に把握しておくか、自分の契約月が何月なのかを電話して問い合わせしてみる事をおすすめします。

他の回線との比較で考えると、NURO光キャッシュバックキャンペーンは公式サイトだと工事費無料+現金30,000円キャッシュバックなのでドコモ光のキャンペーンよりも圧倒的にオトク。回線が違うので比べても意味ないかもしれませんが、キャッシュバックキャンペーン自体はドコモ光は他の回線よりオトクだとは言えないでしょう。

ドコモショップや公式サイトから申し込むときに適用できるキャンペーン

ドコモショップから申し込んだ場合、キャッシュバック特典は最大で20,000dポイントですが、20,000dポイントのキャッシュバックか、10,000ポイント+dTVターミナルのセットのどちらかを選ぶことができます。dTVターミナルとは、国内外の映画やドラマ、アニメや音楽など、約12万作品が月額500円で見放題の「dTV」の視聴に必要な機器で、購入すると7,500円程度かかります。もともとdTVターミナルを契約する予定だった人はこちらを選択するのが良いかもしれませんが、転用の場合だとdポイントが半分の5,000ポイントになるという点と、申込者がdポイントクラブ会員であることが条件な事を考えるとGMO経由で申し込み→5,000円キャッシュバック&ルーターを受け取った方が良いかもしれません。

GMO経由で申し込んだ場合は上記特典+現金5,500円がもらえるので、GMO経由で申し込んだ方がオトクです。

dポイントの貯め方と使い方】

《貯め方》

●楽しみながら貯める:無料ネットゲームやアンケート、くじ、すごろく

●お店で貯める:ローソン、マクドナルド、高島屋、イオンシネマ、無印良品、ABCストア

●ドコモの利用で貯める:ドコモ回線の利用、ドコモ商品の購入

《使い方》

●ネットショップで使う:dマーケット、その他対応ネットショップ

●お店で使う:ローソン、マクドナルド、高島屋、イオンシネマ、無印良品、ABCストア

●ドコモの利用で使う:携帯の支払やデータ量追加

●景品に使う:ポイント交換商品や懸賞の応募

キャッシュバックキャンペーンのdポイントはいつもらえる?

ドコモ光公式サイトで申し込んだ場合、ドコモ光開始月の翌々月にポイントを受け取れます。

ドコモ光のDM特典キャンペーンについて

ドコモ光を契約していない状態でドコモスマホを契約している状態でいると、たまにドコモから「ドコモ光に乗り換えませんか?」というDMが送られてくる事があります。DMの内容は「ドコモ光に乗り換えるとこんなに安いよ!」「今なら○○ポイント還元だから店まで来てね!」などが大半なのですが、多くの場合、これらのキャンペーンは「普通にネットで申し込んだほうがオトク」な場合がほとんどです。DMはキラキラしていているのでオトクに感じてしまうので、勢いで大してオトクではないキャンペーンに申し込んだりしないように注意してください。

ドコモ光乗り換えサポートキャンペーンとは?

ドコモ光乗り換えサポートキャンペーンとは、残念ながら2017年3月いっぱいで終了してしまったキャンペーンです。

3月末までにドコモ光を契約し、9月までに工事完了のユーザーが対象でドコモ光を申し込む前に他社の光回線を契約していた人が対象です。(フレッツ光を除く)

キャンペーンの内容は、他社回線を解約する時に発生した撤去費用および解約金の金額が確認できる明細書などのコピーを、ドコモ光の開通月の1〜5ヶ目の末日までに郵送する事でドコモ光から最大30,000円のキャッシュバックがもらえるかなりお得な内容でした。

乗り換えサポートキャンペーンはすでに終了してありますが、ドコモ光公式サイトからページが削除されていない事から、またいつか復活する可能性があります。ドコモ光を検討していて現在他社回線を契約しているユーザーの人は、急いでいないのならばこのキャンペーンが再び開始されるのを待つと良いかもしれません。

月額料金は選ぶプラン次第でさらにお得に

ドコモ光で2回線以上利用する場合、月額300円割引の光複数割という特典を受けることができます。

2回線以上とはどういうケースかと言うと、離れて暮らしている家族がドコモ光にする場合に、2回線目として割引が適用される特典になります。。

1回線あたり月額300円の割引が適用されるので、両方の家族の料金が合計毎月600円ずつお得となります。

また、ドコモ光の割引特典としては、ドコモ携帯とセットの場合のパック(月額500円~1,200円の割引)や、家族でデータを分け合うシェアパック(800円~3,000円の割引)など、お得なプランがラインナップされています。詳しくは公式サイトをご覧ください。

まとめ

ドコモ光に加入すると、dポイント特典やdTVターミナルの特典がありますが、GMOとくとくBBから申し込むと、無線LANルーターを無料でレンタルできてお得です。

また、初期工事費用の無料キャンペーンも行っている上、NTT西日本のBフレッツやフレッツ光プレミアムからの転用にも特典が付きますので、とても手厚い特典内容だといえるでしょう。ただし、工事費無料キャンペーンの場合は分割で毎月割引となるので、途中解約した場合その時点で工事費無料キャンペーンはキャンセルされて残りの割賦料金を請求される事になるので気を付けましょう。