hi-hoひかりってどうなの? その評判や特徴をわかりやすく総合案内

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

hi-hoひかりってどうなの? その評判や特徴をわかりやすく総合案内

格安SIMのMVNOやインターネットプロバイダサービスでその名を聞いたことのあるhi-hoが、光コラボのインターネット接続サービス「hi-hoひかり」を展開しています。

今回はそんなhi-hoひかりの全容をわかりやすく徹底紹介します。

hi-hoひかりのサービス概要と特徴

hi-hoひかりは、東京都中央区に本社を置く株式会社ハイホーが提供する、光コラボのインターネット接続サービスです。

「ハイホー♪」とやたら響きのいい名称の会社ですが、もともとパナソニック傘下でおもに法人向けインターネット関連事業を展開していたんですね。

それが2007年、かのMVNOで人気のiijmioを運営するIIJ(株式会社インターネットイニシアティブ)によりあらためて独立したものなんです。

iijmioとは

hi-hoとは

hi-hoひかりのサービス概要

全国対応のフレッツ光回線を使った光コラボでインターネットサービスを提供するhi-hoですが、提供する光回線のタイプは回線速度で区分され、ファミリーorマンションタイプ共100Mbps、200Mbps、1Gbpsの3つが利用環境に応じて用意されています。

また格安SIMサービスの「hi-hoスマート割」も用意されており、「hi-ho LTE typeD」シリーズとのセット割プランでhi-hoひかりの月額料金がオトクに利用できます。

■hi-hoひかりの料金

  • 月額利用料金

hi-ho光の月額料金は以下の通りです。

契約プラン 戸建て マンション
2年更新 5,100円 3,900円

 

契約プランは2年縛りのタイプのみ、料金面では際立って高い安いということもなくごく一般的な光コラボの基本料金といった具合です。

  • 開通工事費

光コラボですから、フレッツ光から転用する場合は基本的に立会工事は不要で工事費も最小限に、新規の場合は新規開通工事費が必要になります。

hi-hoひかりの一般的な工事費はNTT東西エリアとも共通で、

ファミリーコース 18,000円 マンションコース 15,000円

 

となっていて、このファミリーコースが「戸建て」をさしています。

この工事費はあくまで回線が何もない新規の場合で、光コンセントの有無や集合住宅の場合のVDSL方式やLAN方式といった伝送方式で若干違ってきます。

フレッツ光からの転用などで出張工事を行なわない場合の工事費は2,000円~、また移転工事の場合は「移転工事費割引キャンペーン」が随時行われていて、工事費が通常料金の半額になっているんです。

  • 事務手数料

hi-hoひかりの契約時にの事務手数料は次の通りです。

新規契約/転用契約/エリア内移転/東西間移転 各3,000円
オプション契約変更 2,000円

 

事務手数料もごく一般的なものですね。

  • 解約手数料

乗り換えや転用の比較的多い光回線契約ではやはり気になるのは解約手数料ですよね。

hi-hoひかりの契約は2年更新、中途解約やコース変更には解約手数料が必要になります。

解約手数料 10,000円

 

hi-hoひかりの解約手数料は、2~3万円が多い光コラボの中では安いと言えるでしょう。

■hi-hoひかりにはどんなオプションがある?

hi-hoひかりにはさまざまなオプションが用意されています。

そのラインナップと概要をザックリ紹介しましょう。

  • hi-hoひかり電話

番号ポータビリティもできるhi-hoひかりの光電話は通話料が業界最安値となっていて、なんと全国一律3分7.7円。確かにこれは安いですね。

発信元番号表示や非通知番号ブロックなどの光電話オプションも用意され、便利でオトクに使えそうです。

hi-hoひかり電話 月額料金 通話料金
500円 全国一律7.7円/3分

 

番号ポータの手続きや光電話の各オプションは別途料金が必要です。

  • hi-hoひかりテレビ

アンテナ不要でBSデジタル全31chフル対応(有料チャンネル含む)のひかりTVです。

地上・BSデジタル対応テレビまたはチューナーがあればアンテナ不要でBSデジタル全チャンネル視聴可能です。

hi-hoひかりTV 月額料金 初期費用 工事費
660円 2,800円 光回線と同時工事3,000円
単独工事7,500円

 

  • hi-hoひかりリモートサポート

定額制で365日年中無休でネットや端末についての相談が何度でもできる便利な窓口です。

電話や遠隔操作で問題が解決できます。利用は9:00~21:00。

Hi-hoひかりリモートサポート 月額料金500円

 

  • hi-hoウイルスバスターマルチデバイス月額版

ネットの利用には欠かせないセキュリティ対策をウイルスバスターで提供しています。

マルチデバイスなので、1ライセンスにつきWin・Mac・AndroidのOSなら3台まで組み合わせ自由で利用できます。

ウイルスバスターマルチデバイス月額版 月額料金419円/1ライセンス

3大フルに活用すれば1台あたりの月額料金は約140円。

一般的なウイルス対策の月額料金500円からいけば、かなりリーズナブルなものですね。

■hi-hoスマート割とは?

hi-hoスマート割とは、「hi-hoひかり」と「hi-ho LTE typeDシリーズ」の各コースを同一名義・住所で契約の場合に、hi-hoひかり各コースの月額料金が毎月200円割引きになるサービスです。

たとえばhi-hoひかりを戸建て契約、hi-hoの格安SIMを利用する場合、

hi-hoひかり3,900円+hi-ho格安SIM933円で通常月額4,883円が、スマート割適用となるので合計200円引きの月額4,633円になるといった具合です。

■hi-hoひかりの申込方法と注意点

hi-hoひかりの申し込みは、ネットまたは電話からとなります。

  • ネットでの申し込み方法

・hi-hoひかりへ新規申し込み手続き

他社でフレッツ光利用中の場合とhi-hoでフレッツ光を利用中の場合で多少申し込み手順が違ってきますが、いずれに場合もまずは公式サイトの「申し込み」でまずはエリア判定を行ないます。

◆hi-hoひかりの申し込み方法

hi-hoひかりエリア判定

他社でフレッツ光を利用中の場合は「登録完了のお知らせ」が届きます。

ひかりプロビジョニングセンターからコンサルティング連絡

契約内容通知書の到着

通信機器の接続設定

光回線工事(立ち合い)

開通♪

こんな流れになります。

既にフレッツ光を利用中の場合は、事前にNTTから「転用承諾番号」の取得を行ない準備しておきましょう。

フレッツ光回線を利用中の場合は立会工事部分が不要になります。

◆転用承諾番号の取得

・NTT東日本エリア

TEL:0120-140-202 9:00~17:00(年末年始を除く土日祝営業)

webサイト: https://flets.com/tenyou/

・NTT西日本エリア

TEL:0120-553-104 9:00~17:00(年末年始を除く土日祝営業)

webサイト: http://flets-w.com/collabo/

  • hi-hoひかりの電話での申し込み

電話で申し込む場合は下記まで。

・フリーダイヤル 0120-858-140

・携帯の場合 0570-064-800(ナビダイヤル)

いずれも受付時間は9:00~18:00、年末年始を除く年中無休です。

  • 申し込み時の注意点

hi-hoひかりに申し込む場合は、以下の点に注意しておきましょう。

・フレッツ光を利用中の場合、各種割引サービスが適用されなくなる。

・過去に「転用」手続きを行なっている場合は、再度の転用手続きはできない。

・割引サービス適用の場合、転用や解約によってサービス適用されなくなる。

・転用時、西日本エリアのフレッツ光回線で初期工事の割引きを受けていた場合、hi-hoの利用を2年以内に退会またはコース変更した場合、最大21,600円の解約金が請求される場合がある。

hi-hoひかり申し込み時の注意点のポイントとしては「各種割引サービスの解除」に関する事項が圧倒的です。

メリットを見出して申し込むつもりが逆に割高にならないよう注意しましょう。

hi-hoひかりのキャンペーンやキャッシュバック

hi-hoひかりのキャンペーンやキャッシュバックの特典としては、文中の「移転工事費割引キャンペーン」のみで、現在の所公式サイトでアピールするようなキャンペーンやキャッシュバックはありません。hi-hoひかりと同じフレッツ回線や別物のNUROやauひかりなどではオトクなキャッシュバックキャンペーンが催されていますのでそちらを比較してみてください。

NURO光最新キャンペーン

ソフトバンク光最新キャンペーン

auひかり最新キャンペーン

ドコモ光最新キャンペーン

hi-hoひかりの評判について

hi-hoひかりの評判や口コミはどうなのでしょうか?

こんな口コミが目立ちます。

・hi-ho光の存在を知らなかった。

・hi-hoとのセット割で使ってみたが割引が200円と少ない。

・hi-hoひかりは夜になると異常なくらいスピードが遅くなる。

・フレッツ光でOCNからの乗り換えだけど料金が安くなった。

・サポート窓口が全然つながらなくて困った。30分以上待たされた。

・PCで有線接続なら使えるかも。

・とくに可もなく不可もなく

格段目立ったメリットデメリットの評価は無い様ですが、回線速度が遅いとの評価が多いようです。

ただこれは一概にhi-hoだからとは言えず基本はフレッツ光回線、利用者の端末などネット環境にも依存するので、鵜呑みにもできないですね。

まとめ

hi-hoひかりは知名度でいえば弱いですが、利用して困るほどのデメリットも無い様です。

ただやはりキャンペーンや代理店絡みの高額キャッシュバックなど、ドーンと目を引くアピールもないので、吸引力の弱さも今イチ気になる所。

格安SIMとのセット割も毎月200円では乗換えなどの手間を考えれば、もう少し頑張って欲しいですね。

hi-hoひかりならではの魅力的なメリット、今後に期待したい所です。