TSUTAYA光ってどうなの? そのしくみや評判、特徴をわかりやすく総合案内

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

TSUTAYA光ってどうなの? そのしくみや評判、特徴をわかりやすく総合案内

音楽やシネマのレンタルではあまりにも有名なあのTSUTAYA(ツタヤ)が、ついに自社でインターネット接続サービスをスタートしました。もともと音楽・動画配信はあったのですが、自社発信となると料金やサービス面でもますます興味津々。今回はそんなTSUTAYAの提供する光コラボについて徹底紹介します。

TSUTAYA光のサービス概要と特徴・評判について

TSUTAYA光をひと言でいえば、

「TSUTAYA DISCASの動画配信プラン(セレクトプラン)が無料で付いてくる光回線サービス」です。

TSUTAYAはリアルにショップ展開する音楽・映像・コミックのレンタル店としては業界の中でも老舗ですが、近年では宅配レンタルやネットを通じての音楽・動画配信などもかなり浸透していますよね。

そんなTSUTAYAがインターネットの光回線事業者として新たに参入したのが、TSUTAYAが提供する光コラボ「TSUTAYA光」です。

光コラボといえば、卸売りといえどもフレッツ光回線のレンタル。

レンタルサービスを提供する側のTSUTAYAが光回線をレンタルしての発信というのも、何だか妙なとり合わせ。展開の早いIT・流通業界ならではの成せる業かもしれません。

では早速本題に移りましょう。

TSUTAYA光のサービス概要

TSUTAYA光の最大のポイントは、動画配信サービスとレンタルサービスです。

わざわざお店に行かなくても、自宅に居ながらにして映画やドラマをレンタルできるということで、その利便性は計り知れません。

またTSUTAYAならではの最新リリース情報や業界ならではのトップニュースやアーティスト情報なども期待できるというものです。

  • TSUTAYA光の特徴

ではTSUTAYA光ならではの特徴や抑えておくべきポイントを見てみましょう。

・店に行かなくても映画やドラマをレンタルできる。

→すでに宅配レンタルも始まっていますが、オンラインでレンタルできるのも便利いいですよね。

TSUTAYA光に申し込むとついてくるTSUTAYA DISCASの「セレクトプラン」なら、自宅で気軽に一覧からセレクトし毎月20本もの映画や国内外のドラマが無料で見放題というのも魅力です。

・フレッツ光を利用中なら乗り換えするだけでTSUTAYAのレンタル料が浮く計算に。

→既にフレッツ光を利用中ならTSUTAYA光へは転用手続きのみとなり、初期工事不要で初期費用も0円、月額料金や電話番号もそのまま使えるんです。

なんと今までTSUTAYAでレンタルしていた費用がまるまる浮いてしまう計算です

TSUTAYA光の料金

  • 月額利用料金

TSUTAYA光の月額料金は以下の通りです。※プロバイダは別途契約

  料金 さんねん割 合計
戸建 5,200 ▲700円 4,500円
マンションミニ(4世帯以上) 4,050 ▲300円 3,750円
・プラン1(8世帯以上) 3,450円 ▲300円 3,150円
・プラン2(16世帯以上) 3,300円 ▲300円 3,000円

 

・さんねん割とは

料金表にある「さんねん割」とは3年契約割引、いわゆる3年縛りの自動更新というもので、これに加入すると毎月の料金が割引になる訳です。

◆プロバイダ料は別途必要

料金的にはごく一般的な目安の、戸建て料金-さんねん割で月額4,500円。

光コラボの代表格ドコモ光やソフトバンク光が2年縛りで月額5,200円ですから「おっ、これは安い!」となりそうですが、じつはTSUTAYA光はプロバイダを別に用意する必要があるんですね。

ということは、一般的なプロバイダで月額約1,000円前後ですから、先程の戸建て+さんねん割+プロバイダ料で月額5,500円前後(プロバイダに多少違います)となり、決して安い訳ではないということになります。

  • 初期費用

TSUTAYA光の初期費用としては次の通りです。

契約事務手数料 2,000円
初期工事費用 戸建て18,000円 マンション15,000円

 

事務手数料2,000円はごく普通、既存のフレッツ光からの転用以外の場合は工事費用が必要になりますが、こちらも決して高くはない設定です。

  • その他の料金

その他の費用として、ルーターのレンタル費用が必要になります。

ここでいうルーターとはTSUTAYA光専用の1G対応ルーターです。

通常プロバイダから無料提供される専用ルーター(ある意味月額料金に含まれている)のことですが、TSUTAYA光の動画コンテンツ等を楽しむには必需品のようなもの。

市販のルーターにPPPoE設定すればネットは利用できますが、専用ルーターの方が機能を十分発揮できるのでレンタルした方が無難。ソフトバンク光のBBユニットのようなニュアンスですね。

月額レンタル料金は、

ルーターレンタル料 戸建て 200円 マンション 300円

 

料金負担も比較的少なく、例えば市販の同等スペックのルーターなら店頭売価で15,000前後、買取での償却期間を期間換算すれば約5年、その間にルーターも劣化しスペックも古くなりますから、ルーターはむしろレンタルの方がいいでしょう。

  • 解約手数料

乗り換えや転用の比較的多い光回線契約でやはり気になるのは解約手数料ですよね。

TSUTAYA光の定期割引契約は3年更新、中途解約やコース変更には解約手数料が必要になります。

更新月以外の解約手数料 14,000円

 

TSUTAYA光の解約手数料は、2~3万円が多い光コラボの中では比較的安いようです。

TSUTAYA光にはどんなオプションがある?

TSUTAYA光には、フレッツ光からそのまま移行できるオプションが用意されています。

  • TSUTAYA光のオプション月額料金
TSUTAYAひかり電話 500円~
TSUTAYAデジタルTV 660円
リモートサポートサービス 500円

 

オプション内容はフレッツ光でいう所の「光電話」「ひかりTV」「リモートサポート」と内容はまったく同様、TSUTAYA光のオリジナル名称としたものです。

TSUTAYA光の申込方法と注意点

申し込みの前に、あらかじめ準備しておくべきことや注意点をあげておきましょう。

まずTSUTAYA光の申し込みは専用のWEBサイトからとなり、TSUTAYA DISCASへの会員登録が前提となっています。

  • なぜTSUTAYA DISCASの会員登録が必要なの?

TSUTAYA DISCASはもうご存知かもしれませんが、TSUTAYAの「DVD/CD宅配レンタル」「TV配信」「コミックレンタル」「音楽配信」のサービスプランを利用する為のTSUTAYA の会員システムです。

TSUTAYA光を申し込むと、TSUTAYA DISCASのサービスのうち「月額980円で20本まで見放題のセレクトプランが無料で付いてくる」ということでTSUTAYA DISCASへの会員登録が必要になってくるわけですね。

  • フレッツ光から乗り換えの場合は「転用承諾番号」を取得しておく

既にフレッツ光を利用中の場合は、事前にNTTから「転用承諾番号」の取得を行ない準備しておきましょう。

◆転用承諾番号の取得

・NTT東日本エリア

TEL:0120-140-202 9:00~17:00(年末年始を除く土日祝営業)

webサイト: https://flets.com/tenyou/

・NTT西日本エリア

TEL:0120-553-104 9:00~17:00(年末年始を除く土日祝営業)

webサイト: http://flets-w.com/collabo/

またフレッツ光回線を利用中の場合は、原則立会工事部分が不要になるのでその分手間が省けます。

  • 料金の支払いはクレジットカードのみ

TSUTAYA光の料金はクレジットカードのみの支払となります。

申し込み時に申請の必要があるので、クレカを用意しておきましょう。

  • 携帯メール以外のメルアドを準備

TSUTAYA光の申し込みには携帯のメールアドレス以外のメルアド登録が必要になります。

TSUTAYA光からの通知も届くので、利用できるEメール等を準備しておきましょう。

  • プロバイダ登録情報を準備

TSUTAYA光は紹介の通り光回線のみの提供なので、プロバイダを自分で用意する必要があります。

・フレッツ光系回線でネットを利用している場合

すでにフレッツ光や、光コラボなどで選択型のプロバイダと契約している場合は、光回線のみを解約しプロバイダをそのまま移行することができます。

移行方法はプロバイダごとに若干異なりますが、基本的にはプロバイダの登録情報書類があればOKです。

・フレッツ光系以外を利用または光回線が初めての場合

TSUTAYA光は光コラボなので、ソフトバンクなどプロバイダ一体型の光回線や電力系、CATV系のプロバイダは回線の解約とともにプロバイダもなくなってしまうので、あらたなプロバイダを用意する必要があります。

TSUTAYA光のプロバイダ候補としては、フレッツ光系のものならどこでも利用可能なので、当サイトを参考に人気のプロバイダに申し込み、登録情報書類を準備しておきましょう。

以上のことを念頭に置き準備が出来たら、TSUTAYA光の申し込みサイトへのアクセスです。

TSUTAYA光の申し込み方法

申し込みのおもな流れは次の通りです。

・転用(フレッツ光からの乗り換え)の場合

STEP1. 管轄のNTTから転用番号を取得(取得方法は上記)

STEP2. WEBからTSUTAYA光へ申し込み・フォームに必要事項を記入して送信

STEP3. TSUTAYA光から申し込み情報の確認TELが入り手続き終了。

転用完了の翌日からTSUTAYA光が利用可能

プロバイダ情報を設定

ネット開通♪

・光回線が新規の場合

STEP1. TSUTAYA光に新規で申し込み

回線工事日の調整・決定

回線工事立ち合い

光回線開通

プロバイダ情報を設定&端末との接続設定(Wi-Fi機器など)

ネット開通♪

こんな流れです。やはり新規の場合は工事も必要となるので、申し込みからの待機期間は長くなるでしょう。ただTSUTAYA光の公式サイトを見ても、ほぼ「フレッツ光からの転用」または光コラボ他社からの乗り換えを前提にしているようです。

これは恐らく「同じ光回線を使うならTSUTAYA光にしたほうがオトク」というメリットをアピールしているのでしょう。たしかにTSUTAYA DISCASのセレクトプランが無料でついてくるわけですから、映像配信を多く利用している利用者には魅力的ですよね。

TSUTAYA光のキャンペーン

TSUTAYA光のキャンペーンとしては、料金面で紹介した「さんねん割」の割引特典のみということになります。

キャンペーンと銘打ってはいますが、一般的な光回線の契約では2~3年の契約期間で縛りがあるが故の毎月の割引なので、ごく当たり前のことなんですね。

残念ながらその他のキャンペーンや代理店経由などで評判のキャッシュバックは今の所ありません。

折角の知名度抜群のTSUTAYAですから、この辺りはもっと期待したい所ですよね。

人気の光回線はどこもキャンペーンやキャッシュバックを行なっています。

NURO光最新キャンペーン

ソフトバンク光最新キャンペーン

auひかり最新キャンペーン

ドコモ光最新キャンペーン

TSUTAYA光のまとめ

まだまだ業界でいえば新参の光コラボTSUTAYA光ですが、レンタル業界では老舗トップクラスの知名度。

そんなTSUTAYAにしては、まだまだ今後に期待したい部分は多々ありそうです。

プロバイダの別途契約、キャンペーンの少なさ、料金的な魅力もまだまだといった感は拭えません。

まだまだ口コミや評判も少ない今がある意味踏ん張りどころとも言えそうです。