損しないためのインターネット契約方法まとめ決定版

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

損しないためのインターネット契約方法まとめ決定版

インターネットを契約する時に損しない方法まとめ

インターネット契約と聞くと、「早くネットがしたいだけなのになんだか面倒くさい」、「ややこしそうだし安ければどこでもいいじゃん」なんて声が聞こえてきそうです。

一方「ネット料金の負担を減らしたい」、「スマホを変えるついでに乗り換えを勧められた」などと、インターネット契約の乗り換えを検討中の方もいるでしょう。
今回はそんな、インターネット契約を検討中の人に朗報です。テーマは「損しないインターネットの契約方法」ということで、いかにオトクにインターネット契約をするかにポイントを絞って進めていきます。

同じインターネットを利用するにしても、契約のやり方ひとつでその後の料金がずい分違ってきます。

では、お決まりの鉄板ネタから裏ワザまで、さまざまな方法でオトクに快適インターネット、はじめましょうか。

インターネット契約の前に

光回線を契約する前に検索するさまざまな比較サイト。

選択の目安としては「料金が安い」、「プロバイダが一体で効率的」、「セキュリティがついている」、「設置サポートが無料」などなど、つい料金面に目がいってしまいます。

もちろん料金負担が少なくお財布にやさしいインターネットライフは、憧れですよね。

●インターネットは今後もずっと人生のパートナーであることを認識

今やインターネットは生活の一部、恐らく誰もがこの先何らかのインターネット契約は半永久的に続けていくでしょう。

その上で考えたいのは広い意味でのオトク感です。

損しないインターネット契約とは、何も料金面だけではなく「トラブルが少なく回線品質がイイ」、「何かと迅速丁寧なサポート体制」などなど、安くて問題なく利用できる空気のような存在であるべきなんです。5年10年さらにその後もずっとオトク感を持ち続けられるインターネット契約とはどんなものなのでしょう?

2. スマホを使っているなら鉄板のスマホ割が最強

携帯電話が一般社会で急速に普及し始めて早や20数年、テレカやポケベルは既に過去の遺物と化しつつあります。

なかでも現在はスマホが急速に普及、どころか身近なITツールとして今や圧倒的シェアを占めています。

本来は通話の為のケータイ電話もスマホに変わってからはその役目も多様化し、今やインターネットを利用する為のもっとも身近で手っ取り早い方法もスマホです。

そんなことからHP(ホームページ)を発信する側も、スマホ向けをメインに作るようになっている程です。

それほどまでに普及したスマホは、今回の記事のメインテーマ「損しないインターネット契約」に大きく貢献するわけなんです。

それがいわゆる「スマホ割」(セット割)です。

スマホ割とは、インターネット契約をする際に、使っているスマホのキャリアによっては月額料金が割引になるという嬉しいサービスなんですね。
※「スマホ割」はこの記事での代用語なので、各キャリアで名称が変わってきます。

もうすでにスマホ割の恩典を受けている方も多いかと思いますが、ご存知ない方の為にもあらためて紹介しましょう。

スマホ割が長期目線では一番オトク

じつはインターネット契約をする上でこのスマホ割が「もっとも長く料金割引が受けられる」オトクな方法なんですね。

どのくらい長いかといえば、一部の例外を除いて「スマホを持っている限り続く割引」なわけです。

ということは、先程の前置きでもお話ししたように、「インターネットはずっと必要、スマホもずっと必要」この2つのコラボなら、半永久的に割引が続くわけです。

よくよく考えてみれば、これって凄いことですよね。

どこのインターネット契約でスマホ割をやっているの?その割引額は?

スマホを持っている限り割引が半永久的と言われても、気になるのはスマホ割を行なっている光回線事業者やキャリア、そしてその割引額ですよね。

◆持っているスマホのキャリアでインターネットの契約先が決めるのがキモ

実はほとんどの光回線事業者が何らかの形でスマホ割をやっているんですが、まずわかりやすいのは3大キャリアとメジャー光回線業者のスマホ割です。

具体的には、
・ソフトバンクのスマホなら→ソフトバンク光NURO光
・ドコモのスマホなら→ドコモ光
・auのスマホなら→auひかりコミュファ光、eo光
といった具合です。

結局それぞれのキャリアが提供している光回線なら間違いなくスマホ割が受けられるというわけなんですね。

気になる割引額ですがこれがじつは多種多様、光回線とスマホの双方の契約プランや持っているスマホの台数やデータプランの容量などでも違ってくるので、ここでは詳細を紹介しきれません。

専用サイトのリンクを用意したので参考にしてみて下さい。
※「スマホ割」はこの記事での代用語なので、各キャリアで名称が変わってきます。

・ソフトバンク光「おうち割 光セット」の割引
・ドコモ光「ドコモ光パック」の割引
・auひかり「auスマートバリュー」の割引き

いかがですか?利用する年数や台数が多くデータプランが大きいほど割引額が大きいですよね。

場合によっては光回線の月額利用料金がチャラになる、または超えてしまうなんて事態もあり得るわけなんです。

もちろんスマホ割には、契約プランやオプションの付加などのそれなりの適用条件がありますが、「オプションを追加してでもスマホ割をうけた方がトータル的にオトク」というアクロバチックな現実もあるので、自分の現状に合わせて電卓を叩いてみて下さい。

その他の光回線事業者やプロバイダも、いわゆる「スマホ割」を用意しています。
スマホ割の話題で終始してしまうのでここでの詳細は割愛しますが、キャリアにこだわりがなければ「電力系光回線」「CATV回線」などエリア限定の気になる回線でもググってみて下さい。

やっぱりスマホ割が最強のオトク感

こんなスマホ割ですが、やはり光回線契約での最強のオトク感ということがいえます。

それが繰り返しになりますが文中でも紹介したように「半永久的」という点ですね。

例えば毎月500円のスマホ割引でも、年間なら6,000円。
同じ契約や条件で続ければ、単純計算でも10年で60,000円。
現在30歳の方なら80歳まで継続すれば50年で30万円ですから、凄いですよね。
これも1人&500円の計算ですから、家族など複数のスマホ割が適用となると…。

今の所光回線契約にあたっての割引をぐるーっと見渡しても、半永久的なスマホ割がやはり最強というわけです。

3. 契約のタイミングはキャンペーンに合わせて

光回線契約時の割引、スマホ割に続く次なるターゲットは「キャンペーン」です。

スマホ割が半永久的なものに対し、多くの光回線事業者が行なっているキャンペーンは、契約時や最低利用期間の2~3年程度の短期です。

またキャンペーンの内容も「工事費が実質無料」、「ゲーム機や各種クーポンの進呈」、「キャッシュバック」などとさまざま。
なかでも光回線らしくもっとも光っているのが「キャッシュバック」でしょう。

どこの光回線がどんなキャンペーンをやっている?

キャンペーンですから当然期間を設けています。

キャンペーンが比較的多いのは、
・転居にともないあらたにインターネット環境を検討している春先の引越しシーズン。
・スマホやPCなどの端末関連の新商品売り出し時期。端末の入替にともなうインターネット契約が強力にアピールされる時期です。
・「暑い」「寒い」と外出が億劫になる引きこもりシーズン。

などが目立ちますが、これもひとつの目安。
じつはこのキャンペーン期間、先程のシーズンを狙った一時的なもの以外、終わっては始める「有って無いようなもの」なんですね。

しかも1社が複数のキャンペーンを打つものが多く、タイミングよりはむしろトータル的なオトク感にポイント絞った方がよさそうです。

論ずるより産むが易し、各社のキャンペーンを見てみましょう。
こちらもわかりやすく専用カテゴリを設けていますのでじっくりご覧ください。

NURO光キャンペーン内容

→ソフトバンク光キャンペーン内容

auひかりキャンペーン内容

→ドコモ光キャンペーン内容

いかがですか?どこも新規利用者の獲得にダンゼン力が入っています。

工事費実質無料というのは結局、最低利用期間で分割支払いとする「縛り(契約)の強化」なんです。
中途解約の違約金に加えて工事費残債一括払いなどと脅しているわけです。

それでも例えばソフトバンク光などは「そんなもんこっちで面倒見ますよ」などと太っ腹なサービスをアピールしていたりするので、今度はそっちにそそられてしまいます。

ただどこのキャンペーンでもやはり目を引くのはキャッシュバック額ですよね。

キャンペーン内容の最低ラインと目安

各社のキャンペーンを見ているとホントに多種多様ということがわかりますが、どの程度のキャンペーン内容をオトクの目安にすればよいのかを案内しておきましょう。

・工事費実質無料は当たり前

新規の場合の工事費は毎月分割となりますが、キャンペーンではこの分割分を毎月無料にするという項目が掲げられています。

しかし今どきこんなサービスは当たり前なんです。
むしろ工事費の還元がないインターネット契約は、全然オトクとは言えないので候補から除外しましょう。

またキャンペーン内容がこの工事費実質無料のみしかない場合や、工事費分がキャッシュバックで戻ってくるというものも、たんに言葉のすり替えの様なもの。
あまりオトクとはいえません。

・工事費+違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンも今イチ

工事費実質無料は当然として、乗り換えのために中途解約した違約金を全額負担、つまり肩代わりしてくれるというキャンペーンもあります。

ここはひとつ現状と照らし合わせての考え所です。
というのも、よくよく考えれば光回線が新規でない場合は工事は不要だし、契約期間満了の場合は違約金もない訳で、肩代わりも何も関係ないですよね。

そもそも先方からの営業による契約変更なら、それによって発生する工事費や解約金を肩代わりするというのは、ある意味当たり前の話。
例えば家の立ち退きでは、次の移転先を準備してくれる上後々の付帯工事に備えてお釣りがくる位の補償があるものです。

不動産と比べるのも少々野蛮ですが、インターネット契約では金額的に規模が違うので回線事業者の負担も微々たるもの、勧誘するならしっかり補償してもらいたいものです。

というわけで、工事費や違約金を肩代わりしてくれるのは当然とみて、それ以外の特典があるかどうかがポイントになります。

なかなか厳しいようですが、「置き換え」はサービス特典ではないことを念頭に契約先を見極めましょう。

キャンペーン専用公式サイトも存在する

ここでチャックしておきたいのは、各社の公式サイトに加えて「キャンペーン専用サイト」の存在です。

たとえば関東関西東海エリア限定の人気光回線NURO光ですが、
・NURO光の公式サイト
NURO光のキャンペーン専用公式サイト

これ、どちらもNURO光の公式サイトなんですが、通常のサービス全般を紹介した公式サイトに加えて、キャンペーンやキャッシュバックのみを強調したのがキャンペーン専用公式サイト。

しかもこのNURO光の場合は、選ぶサイトによってキャッシュバックなどの特典内容が違うという点が見逃せないポイントでもあるんです。
ここでまたわかりやすい紹介カテゴリを用意しているので参考下さい。

NURO光の2つのサイトの違いについて詳しく知りたい方はこちらから

いかがですか?これはあくまでNURO光のような顕著な差がある場合ですが、候補にあげた光回線事業者の公式サイトを詳しく探ってみて下さい。
この記事内では長くなるので省略しますが、きっとあらたなオトクが発見できるでしょう。

代理店からの申し込みならさらに高額キャッシュバックも

インターネットを申し込む際によく耳にする「代理店」の存在も、今やポイントが高いんです。

「今や」というのは、光コラボがスタートした2015年当初はその売り込みに躍起になった代理店が、俗にいう「悪徳商法」まがいの営業で悪評が多くあまりオススメではなかったからなんです。

高額なキャッシュバックを掲げて客を釣り、肝心の申し込み時にあれやこれやと条件を無理強いして、管轄する総務省からお達しが出るほどの社会問題にまで発展したというもの。

ところが今となってはそんな悪徳代理店も徐々に淘汰され、本気でコツコツ独自のサービス展開を積み重ねてきた優良代理店が残っているんです。

一応念の為、悪質代理店を見分ける方法を紹介しておきましょう。

代理店も取り扱うネット契約がさまざまなので、先程のNURO光の場合を例にあげると、

→悪質代理店を見分ける方法「NURO光」編

●代理店はキャッシュバックの額も多く独自のサービス特典を上乗せでかなりオトク

そんなことから今ならインターネット契約を代理店から申し込むという方法もおススメです。

どこのインターネット契約を申し込むのかで違ってきますが、代理店なら公式サイトのキャンペーンに加えて代理店独自の「上乗せキャッシュバック」や、付加サービスもかなり充実しているので、選択の余地は多分にあるというわけです。

当サイトで、ここなら間違いなくオトクな代理店をとり扱う光回線事業者ごとに紹介しているので参考にしてみて下さい。

まとめ

損しないインターネットの契約方法、いかがでした?

あらためてポイントを復唱すると、
・スマホのキャリアに合わせた光回線でスマホ割をつける
・光回線はキャンペーンのタイミングに合わせて申し込む
・公式サイトの「置き換え」言葉に騙されない
・代理店からの申し込みが結構オトク
ということになります。

またこれらポイントの合わせ技、例えば「スマホ割の適用を受けた契約先で魅力的なキャンペーンを実施している」所を選べば、通常キャンペーンは重複できませんがスマホ割はキャンペーンではないので、両方とも適用となりかなりオトク感がアップするというもの。

同じインターネットを使うなら、申し込み先やタイミングを吟味してもっとオトクに楽しんじゃいましょう♪