【2018年度保存版】住んでる地域ごとに選べるおすすめインターネット光回線まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

【2018年度保存版】住んでる地域ごとに選べるおすすめインターネット光回線まとめ

あなたにピッタリのおすすめのインターネット光回線の選び方まとめ

おすすめのインターネット環境を探していて、自分の住環境に合ったベストな光回線を発見、申し込みまであと一歩の所で「結局自分の住んでいる地域では使えないじゃん」なんて残念な事実に落ち込んだことはありませんか?

今回の記事では自分の居住地域をもとに全国版・地域限定版をおり混ぜ、選ぶべきオススメの光回線を特徴や料金をふまえて紹介していきます。

今どこに住んでいますか?使えない光回線は比較対象から外すべき

月額料金が安い、回線速度がメチャ速い、キャッシュバックが凄い! なんてワクワクするような光回線も、建物環境が原因ならまだ近隣に引越し、一部の未開通地域なら拡張をもう少し待てばとまだ使える可能性ありますが、そもそもその地方全域がサービス提供エリアでなければまったく話になりませんよね。

住んでる場所によってはもっとオススメな光回線があることも

逆に知名度やCMの露出度からメジャーな光回線ばかりに関心が向いて、もっとオススメな光回線が自分の住んでいるエリア限定で存在した、なんてこともあるんです。

いずれにしても光回線を選ぶ大前提として「サービス提供エリアなのかどうか」が、まずは検討に値するかどうかの第一歩なんですね。

そんなことがわかっているユーザー思いの光回線事業者は、公式サイトのわかりやすい部分にサービス提供エリアの確認を促してくれているものです。

例えば四国限定のピカラ光公式サイトのトップページサイドバーには(赤ペン部分)、

一部を抜粋したものですが、これがあると提供可能かどうかがわかりやすいですよね。

そう、こんな部分も細やかなサービス面での充実が期待できるポイントかもしれませんよ。

効率よく光回線を選ぶために、まず自分の住んでいる場所がサービス提供エリアかどうかを確認しましょう。

もちろん全国版なら間違いないですよ。

【全国版】全国どこでも使える光回線はコレ!

まずは全国どこでも使える光回線の中からオススメをピックアップしました。

誰もが知ってる定番のメジャー光回線

ソフトバンク光

光回線ですからケータイCMの「白い犬」効果のほどはわかりませんが、全国版で知名度からいえば圧倒的にソフトバンクの光回線「ソフトバンク光」でしょう。

ソフトバンク光は光コラボですから回線自体はフレッツ光を利用、一体型のプロバイダは同グループのYahoo!BBです。

光コラボは回線が同じだから回線品質もみな同じと誤った解説をするまとめサイトも多いのですが、回線品質はどちらかといえばトラフィックやサーバーを管理するプロバイダに大きく依存されます。

同じ土俵のフレッツ光回線を活かすも殺すも、主催する側の裁量によるというわけですね。

バックボーンの大きいプロバイダは、サーバーなどのハード面や技術的な部分への投資、またユーザーからのフィードバックから改善策を対処するサポート面でも動きが速く柔軟ですから、回線品質面でもそんな点が反映され、業界では高評価なんです。

  • ソフトバンク光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,200円

・マンション 3,800円

  • ソフトバンク光の決め所

・圧倒的知名度と安心感

・回線速度が速く、ぶれが少ない

・ソフトバンクスマホユーザーならリーチ

2017年は野球でも見事日本一を果たしたソフトバンク、優勝記念キャンペーンも期待しているんですけどね。

→ソフトバンク光最新キャンペーン内容

ドコモ光

フレッツ光からの乗り換えとケータイショップ店頭でのセット割のオススメ勧誘で、現在光コラボではシェアトップのドコモ光も、やはりオススメの光回線です。

光コラボという点ではソフトバンク光と同じですが、ドコモ光は申し込み時プロバイダ選択方式。

この時選ぶプロバイダで、後のインターネット使用感が大きく変わってくるので、大手人気のプロバイダを選びましょう。

回線速度が遅いなんて評判も多々ありますが、確かに人気だけに混み合うのは事実、気になる様ならWi-Fiのチャンネルを変えるとか窓口に相談することで改善の余地も大いにあります。

  • ドコモ光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て タイプA-5,200円、タイプB-5,400円、単独タイプ-5,000円

・マンション タイプA-4,000円、タイプB-4,200、単独タイプ-3,800円

※タイプA/Bはプロバイダの違い。単独タイプは別途プロバイダが必要

  • ドコモの決め所

・プロバイダを変えたくない(メルアドなどの都合)

・NTTグループの知名度や安心感がいい

・ドコモスマホユーザーならリーチ

→ドコモ光最新キャンペーン内容

東西NTTフレッツ光

光回線の王道といえば東西NTTフレッツ光。

「NTTフレッツ光」は光回線事業者名で、「フレッツ光回線」はNTTフレッツ光をはじめソフトバンク光やドコモ光など多くの光コラボ業者が利用する光回線名なので、混同しないよう注意しましょう。

NTTフレッツ光は、そもそもNTTしかできなかった光回線インターネットの先駆け的存在。

まだまだ光回線といえばイコールNTTフレッツ光と、とくに電電公社の時代を生き抜いてきた世代には定説化されているようですが、昨今その神通力も同業他社に圧され気味。

そもそもフレッツ光回線を卸売りせざるを得なかった現実が、その証しでもあるんです。

とはいえ2015年に光コラボがスタートして足かけ3年、いまだ光回線でのトップシェアは確保されているわけですから、どれだけ利用者が居たのかは想像の域を超えているのかもしれません。

回線を他社にも提供している地主の様な存在ですから、回線品質は光回線のベンチマークとも言えるでしょう。

月額料金は若干高いですが、ハズレのない光回線には違いありません。

  • NTTフレッツ光の月額料金(2年更新の場合)

・NTT東日本 戸建て 4,600円+プロバイダ料(通常約1,000円程度)

     マンション 2,950円+プロバイダ料(通常約1,000円程度)

・NTT西日本 戸建て 4,300円+プロバイダ料(通常約1,000円程度)

     マンション 2,250円+プロバイダ料(通常約1,000円程度)

  • 東西NTTフレッツ光の決め所

・プロバイダは自分で用意したい

・NTTの知名度や安心感がいい

・光回線の王道を進みたい

→NTTフレッツ光をもっと詳しく

目立たないけど結構人気のおすすめ光回線

さて全国版の光回線は何も有名所ばかりではありません。

光コラボスタートともに、それまでプロバイダとして長く親しまれてきた大手プロバイダや、古くはダイヤルアップインターネットの時代から長年ノウハウを積んできた老舗プロバイダ、得意の音楽・映像配信をオトクプランにとり入れたエンタメ系の提供会社などが、独自に光回線サービスを提供しているんです。

今回はなかでも光回線の検討に値する人気オススメ所をリストアップしてみました。

長くなるとポイントがボケてくるのでここからはそれぞれの特徴をザックリと紹介していきますね。

So-net光

一度はきいたことのある大手プロバイダSo-netは、長年コラボする回線に併せて多様に独自のサービスをとり入れて親しまれてきました。

それだけに自社提供の光コラボもユーザーにウエイトを置いた万全のサービスが期待できます。

  • So-net光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,200円

・マンション 4,100円

  • So-net光の決め所

・老舗ならではのノウハウ

・ソニーグループの技術力

・細やかなサービスとアフターフォロー

OCN光

NTTグループ傘下の大手プロバイダOCNの光コラボ。

So-net同様老舗ならではの万全のサービス体制と、格安SIMの「OCNモバイルONE」との併用割引も魅力。

  • OCN光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 6,200円

・マンション 4,700円

  • OCN光の決め所

・NTTグループという知名度からの安心安定感

・OCNモバイルONEとのセット割

BIGLOBE光

大手PCメーカーNECが提供するプロバイダ系の光回線。

多くの家電店でPC購入とともにススメられるのもメーカー系ならではなんです。

ユーザーが多いだけに蓄積したノウハウからサービス面でも期待できます。

  • ビッグローブ光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,180円

・マンション 4,080円

  • ビッグローブ光の決め所

・家電メーカーならではのPC関連を含めたアフターフォロー面の充実度

・BIGLOBEスマホとのセット割

@nifty光

@niftyも老舗大手のプロバイダだけに、利用したことのある人も居るのでは?

So-netやOCN同様、何かとその名を耳にするプロバイダは安心感とサービス面の充実を想像してしまいます。

  • ニフティ光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,200円

・マンション 3,980円

  • ニフティ光の決め所

・知名度からくる安心感

・auスマホとのセット割

U-NEXT光

映像・音楽配信が充実のUSENが提供する光コラボだけに、エンタメ系のオプションはかなり充実。

光回線とスマホ3回線のの使い放題「スーパーファミリーバリュー」は月額10,000円で結構オトクなんです。

  • U-NEXT光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 4,980円

・マンション 3,480円

  • U-NEXT光の決め所

・映画やドラマ、アニメに音楽配信などエンタメ好きにはたまらないコンテンツが充実

・U-mobileとのセット割

【ほぼ全国版】一部の地域を除いてほぼ全国で使える人気の光回線はコレ!

フレッツ光の様な全国網羅ではないけれど、エリア拡充もまだまだ現在進行中。

同グループ他社とのテリトリー面での制約もあり、広げように広げられないしがらみを持ちながら全国版に値する知名度とシェアを誇るのが、誰もが知ってる「auひかり」です。

auひかり

「ほぼ全国版」と銘打ったのはそんなどうしようもない理由なんですが、多くの方は全国版と認識しているようです。

auひかりは現在、その加入者数からいけばまだまだ上昇中といった状態で、僅かではありますが他社より料金が安い点と、何より回線品質が良いという点がウケています。

とくに回線速度はすこぶる評判がよく、あの最大最速2Gbpsで他社を寄せ付けないNURO光の次に名を連ねるのが、auひかりなんです。

その理由はやはりフレッツ光や光コラボが利用しているフレッツ光回線でなく、独自(自社)回線ということ。

無理して詰め込まない分回線の混み合いがなく、環境によってはベストエフォートに近い速度が叩き出せるわけなんですね。

コスト面と速度面にくわえて人気の加速度を増すのが、自社auスマホとのセット割「auスマートバリュー」の存在です。

auスマホとのセット割は他の光回線とも数多く提携しているわけですが、こちらはなんといってもその元締め。

同じスマートバリューでも、サービス内容の濃さはやはり真似できません。

  • auひかりの月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,100円

・マンション 3,800円

  • auひかりの決め所

・回線速度を含む回線品質の良さ

・auスマートバリューでのコアなスマホセット割

・大手ならではの安心感

→auひかりの最新キャンペーン情報

【エリア限定版】エリア限定の人気光回線はコレ!

光回線でエリア限定なのは、やはり光回線網の範囲つまり設備上の制約からくるものです。

エリア限定の光回線は全国区ほどの知名度は無い反面、じつはその地域に行けば凄い人気だったなんて光回線が多いんですね。

テレビのキー局→ローカル局とは全然意味も内容も違う、オリジナリティ満載のエリア限定版光回線の魅力を知っておきましょう。

西日本一帯を網羅する電力系光回線

エリア限定版光回線で典型的なものといえば「電力会社系」光回線です。

電力系傘下の会社が運営しているわけですから、そのエリアはやはり電力網と同じです。

電力系の光回線は、独自回線とプロバイダ一体型という特異性を活かし、安定した回線品質と低コストをウリにしている点が特長です。

エリア限定ということでよく「地域密着型で細やかなサービス」なんて言われますが、これはたんにイメージからくるもので、実際そんなことはありません。

現在電力系の光回線は5社、西日本全域がどこかに属します。

サービス名 電力会社と運営会社名 提供エリア
コミュファ光 中部電力系グループ
■中部テレコミュニケーション
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
eo光 関西電力系グループ
■ケイオプティコム
大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県、福井県、和歌山県
MEGAEGG 中国電力系グループ
■エネルギアコミュニケーションズ
広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
ピカラ 四国電力系グループ
■ST Net
広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県
BBIQ 九州電力系グループ
■九州通信ネットワーク
福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

 

では早速電力系光回線の料金とポイントを見てみましょう。

ちなみに電力系の光回線はすべて、auスマホとのセット割対象です。

また電気代とのセット割など各種電力関連でのサービスが多いのも特徴です。

コミュファ光

東海地方では人気度ナンバーワンの光回線です。

auひかりの禁猟区(KDDI同士の協業制限地域)な為回線速度も速く料金も安いauひかりのスペックを求めるユーザーは、コミュファ光を選んでいます。

  • コミュファ光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,500円

・マンション 5,500円

  • コミュファ光の決め所

・東海地方に居てauひかりに入れない

・電気代とのセット割を受けたい

eo光

こちらは関西電力系の近畿2府4県と福井県をカバーする光回線です。

やはりauひかりの禁猟区となる上、中心部ではとくに人口も多いことから利用者が多い人気の光回線になっています。

近畿圏でのお客様満足度ナンバーワン「ベストキャリア」(RBB主催)を10年連続で受賞しています。

  • eo光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,500円

・マンション 5,500円

  • eo光の決め所

・近畿地方に居てauひかりに入れない

・電気代とのセット割を受けたい

MEGAEGG(メガエッグ)

中国電力網をカバーする光回線です。

料金もリーズナブルで回線速度も速いことから、フレッツ光からの乗り換え組が急増中。

また何故かメガエッグは、一度離脱したユーザーがUターン復帰するパターンが多いと思ったら、アフターフォローがしっかりしていました。

利用者を放っておかない丁寧な対応は脱帽モノです。

  • メガエッグの月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,710円

・マンション 4,581円

  • メガエッグの決め所

・auひかりの提供エリアだが頑張っている

・電気代とのセット割を受けたい

・アフターサービスが充実している

Pikara(ピカラ)

四国全域をカバーする四国電力系の光回線です。

こちらも顧客満足度ナンバーワン8年連続の人気光回線なんです。

四国はauひかりも利用できますが完全網羅ではない為、網羅するピカラのパワーは絶大、料金体系もシンプルでauひかりより実質料金が安いことから、メリットの多いピカラの利用が多いんですね。

  • ピカラの月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,200円

・マンション 4,000円

  • ピカラの決め所

・セキュリティが標準装備

・四国では定番的存在

・電気代とのセット割を受けたい

BBIQ(ビビック)

よくBBQと勘違いする人がいますが「BBIQ」はれっきとした九州電力系の光回線です。

九州在住のスタッフが困りごとなどやトラブルなどの対応にスタンバイ、細やかなサポート体制が人気です。

  • ビビックの月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 5,800円

・マンション 5,800円

  • ビビックの決め所

・セキュリティが標準装備

・マンションでも各戸LAN方式でスピード劣化がない

・電気代とのセット割を受けたい

関東エリアに加えて関西、東海へエリア拡大した日本代表にしたい大トリ級大人気光回線NURO光

NURO光

もうひとつのエリア限定版人気光回線といえば関東関西東海圏の「NURO光」で、現在の提供エリアは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の一都六県。に加えて関西二府三県東海四県にまで拡大。

一部未開通ですが、順次エリア拡充中なので圏内なら待てば利用出来そうです。

NURO光は大手プロバイダのSo-netが運営、光コラボ系、キャリア系、電力系など○○系といった系統に属さない独自路線をひた走っています。

So-netは光コラボも提供していますが、NURO光は商品のひとつとはいえ別格なんです。

利用している光回線はフレッツ光回線のダークファイバー。

つまりフレッツ光で使い切っていない余剰未使用回線を利用し、独自の技術を詰め込んで進化版光回線を開発しサービス提供しているんです。

これにかかる投資コストも半端ではない様で、まずは首都圏から徐々に徐々に攻めているわけなんですね。

その戦略は功を奏し、下り最大2Gbpsの圧倒的速度と魅力的な低料金で利用者は急増、今やエリア拡充を急ぐ声であふれている、そんな人気光回線なんです。

該当エリアで光回線に圧倒的クオリティを求めるなら迷わずNURO光でしょう。

  • NURO光の月額料金(2年更新の場合)

・戸建て 4,743円

・マンション 4,743円

  • NURO光の決め所

・無線LAN/セキュリティが標準装備

・世界最速下り2Gbps

・特設サイトでキャッシュバックも充実

→NURO光の最新キャンペーン情報

おすすめのインターネット光回線まとめ

自分の住んでいる地域での最適な光回線の選択、見えてきました?

メジャー光回線はスマホを持っていればショップに行くと必ず勧められるほど有名ですが、とくに関東関西東海圏のNURO光や各地方の電力系光回線の評判の良さにはあらためて驚かされます。

かといって捨てきれない全国版光コラボ系光回線の数々に、ホント迷ってしまいますよね。

今回は住んでいる地域で本当にふさわしい光回線を選ぶことをテーマとしたため、利用開始期間がオトクになる初期割引料金やキャッシュバックキャンペーンなどには触れていませんが、それぞれに専用カテゴリーを設けていますので、興味を持ったらそちらも参考にしてみて下さい。

→キーワード検索で光回線のことがなんでもわかるサイトはコチラ

実際にはどの光回線も独自のキャンペーンで、利用しやすい料金プランを打ち出している場合が多いんですよ♪