アパートでインターネットを使うためのおすすめインターネット光回線を紹介

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

アパートでインターネットを使うためのおすすめインターネット光回線を紹介

アパートでインターネット「スマホがあるから大丈夫」なんて思っていませんか?

確かにスマホならどこでもインターネットが出来る訳ですからとくにアパートだからと意識する必要はありませんよね。

でもよ~く考えてみて下さい。アパートでインターネットをするということは自宅でインターネットをするということですよね。

自宅に帰ってまでデータ制限を気にしながらスマホを使っていたのでは、ゆっくり落ち着いてネットサーフィンもできません。

ましてやPCやゲームをネットに繋ぐのにスマホのテザリングでなんて、おちおちダウンロードもできません。

またその為にデータプランのグレードアップなんてのも何だか本末転倒だし。

今回はそんな悩みを解消すべく、アパート暮らしで効率的でおすすめなインターネット光回線の環境を紹介していきます。

アパートで使えるインターネット光回線の種類と特徴

インターネットを利用する目的は人ぞれぞれですが、自宅でインターネットとなるとできるだけリラックスした状態で、余計な事を考えずにのびのび利用したいですよね。

アパートといえば賃貸住宅なので、希望通り自由自在にインターネット契約をするわけにはいきません。

またアパートは、オーナーさんや管理会社の一括管理。建物ごとどこかの回線業者と提携している可能性だってあります。

そんなことも頭に描きながら、まずは制約を度外視したアパートで利用できるインターネットの種類とその特徴を見てみましょう。

アパートでインターネットを利用するには、次の3つが考えられます。

・スマホ

・固定回線

・モバイルWi-Fi

スマホの特徴とデメリット

スマホはどこでもインターネットが出来るのがウリなので、当然アパートでも使えます。

◆特徴

スマホキャリアの利用可能エリアならどこでもネットが利用できます。

アパートやビルなどの建物内や屋外、郊外、利用可能エリアなら山や海の上だってネットが出来ちゃいます。

もちろんスマホ本来の通話やSNS、写真や音楽にゲーム、カーナビや目覚まし、またアプリさえあればほぼ何でもできるので、「アパートでのインターネット」に限らず、万能のライフアイテムと言えるでしょう。

◆デメリット

いくらスマホ万能とはいえ、アパート自体が利用可能エリア外やデッドスポットだと、基本的にはネットはできません。時々つながったとしても、ギクシャクして使い物になりません。

また、最近ではエッジなしのフル画面もありますが、それでもポケットに入れて持ち運べるスマホでは迫力に欠けます。自宅アパートに帰ってまで、チマチマ小さな画面でネットを見るのもどうもいただけません。

PCをテザリングするにもスマホの場合限界が

アパートにスマホ環境しかない場合、PCをインターネットにつなぐにはスマホのテザリング機能ということになりますよね。そもそもスマホだけでも安定感やパケット代でヒヤヒヤしながら使っている上に、PCまで繋ぐとなるとスマホ側にかなりの負担がかかります。

ましてや同時に通話やSNSまでとなると…、テザリングはいざという時の応急処置としておきましょう。

固定回線の特徴とデメリット

インターネットの固定回線といえば今は光回線が主流ですが、ADSLやCATVなど、電柱から宅内にケーブルを引込み、ONU(光終端装置)やモデム(アナログデジタル変換装置)などを設置して、有線または無線LAN(Wi-Fi)でPCやスマホなどの端末に接続する方式が「固定回線」という訳です。

◆特徴

固定回線は回線業者やプロバイダとの契約でインターネットが利用出来る様になるので、その業者選びも後のインターネット環境を左右する重要なポイントになります。固定回線を引いておけば、無線ルーターを設置すれば自宅がWi-Fi環境になります。

スマホやタブレットなどもデータ量を気にすることなく「回線速度が速くて無制限に使い放題」となることが大きなメリットです。

またWi-Fi環境となれば1台のスマホだけでなく、複数台の端末を同時にネット接続することができます。

◆デメリット

スマホは4GやLTEといったモバイル回線を利用するので、利用可能エリアであればすぐに利用できますが、固定回線は現在主流の光回線にせよADSLにせよ必ず工事が必要になります。

固定回線というくらいですから、しっかり腰を据えて利用するには向いていますが、急な引越しなどいざ移転となると回線工事を伴なうだけに気が重くなります。

また移転先で同じサービスが受けられるかどうかは事前調査も必要で、不可な場合は最悪現在利用中のサービスが中途解約で違約金、なんてことも考えられます。

また、固定回線はエリアや建物によって利用できる回線業者が限られます。とくにアパートなどの集合住宅では建物ごと回線業者と一括契約している場合もあり、下調べした希望の回線業者が使えない場合もあるんです。

モバイルWi-Fiの特徴とデメリット

モバイルWi-Fiルーターとは、いわば「持ち運びできるパーソナルWi-Fiスポット」です。

◆特徴

大手キャリアのモバイル回線を利用しているので、提供エリア内であれば工事不要でどこでもWi-Fi環境が出来てしまうスグレモノなんですね。

アパートでしっかりインターネットとなるとモバイルWi-Fiの場合気になるのは、やはり回線速度とパケット制限ですが、Wi-MAXやポケットWi-Fiに代表される最近のモバイルWi-Fiはそんな点をクリアしたプランも続々と提供されているんです。

しかもWi-Fi環境ですから複数台のスマホやPCなどの端末への同時接続が可能です。

◆デメリット

移動できるということはバッテリーが必要ということ、バッテリーが切れると当然使えなくなります。

ただ今回はアパートでの利用がテーマなのでバッテリーの心配はないでしょう。

スマホと同じモバイル回線を利用するので、利用可能なエリア以外では接続できなかったり通信が不安定になります。ことアパートで利用となると、バッチリ通信できるエリアや建物でない場合はそ、こに住む限りずっと通信の不安定感に悩まされることになります。

またスマホには「一定の通信料を超えると通信速度がグンと遅くなる」通信制限がありますが、モバイルWi-Fiにも同様に通信制限があります。

通信制限とはキホン「3日で10GB」というもので、データ量を追加購入し対応する場合もありますよね。

また提供会社やプランによっては「月間データ容量上限なし!」「速度制限なし」とうたっているものもありますが、これらはあくまで「月間GB」に対しての無制限。

やはり3日で10GBの制限は残っているんです。そんな訳で現在完全無制限のモバイルWi-Fiはありません。

アパートでのライフスタイル&目的別おすすめインターネット環境は?

アパートで利用できるインターネットの種類と特徴はお解り頂けたでしょうか。ひと口にアパート暮らしと言っても、人それぞれにライフスタイルがありますよね。忙しくて「夜寝に帰るだけの場所」の人もいれば「解放感たっぷりにリラックスできる場所」の人、「会社指定なので仕方なく」、「たんに駅に近いので」などといった場合もあるでしょう。

また行く行くはマンションや一戸建てを目指して家族で仮住まい、「大学に通う数年間だけ」、「男の秘密基地」、「愛人との逢瀬の場」などなど、あげればきりがありません。

これに伴うアパートでのインターネット環境も同じです。

ではここからは、ライフスタイルに合わせた最適なインターネット環境を提案していきましょう。

スマホで充分な場合

毎日忙しくてアパートに帰っても疲れを癒すのが精一杯、のんびりネットなんて見る余裕もなく必要ならスマホで済ませるし、ネットよりもSNSがほとんど」

というアパート一人暮らしのよくあるパターン。こういう場合は、スマホで充分事足ります。

あえて自宅でのインターネット環境を増やす必要はないでしょう。

ただ、動画再生や各種ダウンロード、またオンラインゲームの利用が多いなどといった場合は、やはりじっくりたっぷり使えるWi-Fi環境は必要かもしれません。

複数端末orパケ無制限で長く住むなら固定回線

アパートに家族で住んでいてそれぞれがスマホを使っている、またデータプランを家族で共有している、さらに近い将来引越しなど移転の予定もないなら迷わず固定回線を引くべきです。固定回線といえば光回線にADSLやCATV。

すべて回線工事は必要なものの、移転の予定がないなら撤去工事を想定しなくていいので、工事をしてでも固定回線がいいでしょう。

固定回線オススメのポイントは、何といっても「複数端末が接続できるつなぎ放題のWi-Fi環境」です。

家族全員が「アパートに居るときはスマホからのインターネットもつなぎ放題で高速」なわけですから、これはもうデータプランの共有や家族割どころの域ではないでしょう。

しかも有線LANを含めた複数端末ということは、スマホをはじめPCやゲーム、TVやネットワーク家電もすべてひとつの固定回線契約で利用出来る訳ですから、効率イイですよね。

またスマホを家族全員同じキャリアにすれば、同キャリア系の回線にすることでスマホとのセット割までついてくるので、ヘタをすれば固定回線の月額料金が浮いてしまうんです。

家族の場合を例にあげましたが、複数端末をネットに繋げる一人暮らし、アパートではネット三昧といったヘビーユーザーでも「複数端末が接続できるつなぎ放題のWi-Fi環境」といったメリットはほぼ同じです。当分引越しの予定がないなら、アパートでは固定回線がオススメということになりそうです。

スマホとのセット割・キャンペーンがオトクなオススメの光回線

NURO光最新キャンペーン内容

ソフトバンク光最新キャンペーン内容

auひかり最新キャンペーン内容

ドコモ光最新キャンペーン内容

希望の固定回線が利用できないならモバイルWi-Fi

固定回線をかなり推しましたが、「工事」「建物自体の回線利用可否」「移転」という問題がありました。

建物自体が希望の固定回線を利用できない場合は、利用できるキャリアを変更する方法もありますが、いつ引越しになるかわからないなど工事があるのはどうも、という場合は固定回線はあきらめざるを得ません。

そんな時の頼もしい代替インターネット回線が「モバイルWi-Fi」です。

先に紹介したように、モバイルWi-Fiの特徴は「提供エリア内であれば工事不要でどこでもWi-Fi環境が出来てしまう」ことでしたよね。

工事不要ですからどこのアパートでも大家さんや管理会社の許可も必要なくWi-Fiでインターネットが使えるワケです。

今もっとも熱いモバイルWi-Fi

モバイルWi-Fiとはもっとも標準的な表現です。

他にもモバイルルーター、Wi-Fiモバイルルーター、モバイル無線LANルーター、ポータブルルーター、ポータブルWi-Fiルーター、ポータブル無線LANルーター、ポータブル無線ルーター、ポケットWi-Fi、ワイマックスなどと、一部商品名や回線名を含めながらいろんな言われ方をしていますが、すべてモバイルWi-Fiには変わりありません。

またキャリ各社各様に独自のモバイルネットワーク回線を使ってサービス提供しています。

キャリア モバイルネットワーク回線
au(UQ WiMAX) WiMAX、WiMAX 2+、au4G LTE
Docomo FOMA(3G)、LTE、LTE-Advanced、PREMIUM 4G
Yahoo!Wi-Fi SoftBank 3G、SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G AXGP
Y!mobile SoftBank 3G、SoftBank 4G LTE、SoftBank 4G AXGP

 

回線名を見てもピンと来ないかもしれませんが、それぞれに周波数帯の違いや電波の特徴、またそれにより繋がりやすさや通信速度なども変わってきます。

なかでもオススメなのは、通信品質が安定していてコスパに優れているWiMAX(ワイマックス)です。WiMAXは一部のPC等ではアクセサリツールの一部として内蔵しているモノもあるように、もっとも信頼のおける定番のモバイルWi-Fiなんですね。

またWiMAXを扱う通信業者や販売代理店も多々あるのですが、よりオトクで安定したサービス体制を提供し評判のいいオススメブランドは「ブロードワイマックス」でしょう。

「固定回線が無理なら何でもいいや」とバックアップ的な位置づけにもとらえられるアパートでのインターネット環境・モバイルWi-Fiですが、同じ利用するなら固定回線にひけをとらないクオリティ&スペックを目安に選びたいですね。

→ブロードワイマックスについて詳しくはコチラ

アパートでおすすめのインターネット光回線まとめ

ライフスタイルに合わせたアパートでのインターネット環境をさまざまに紹介してきましたがいかがでした?

「スマホは外、アパートではWi-Fi」これをキホンに、快適なネット環境を目指してみて下さいね♪

→人気の格安スマホ・ランキングはコチラ

→人気の光回線・ランキングはコチラ

→人気のワイマックス・ランキングはコチラ