アパートでインターネットを使うためのおすすめインターネット回線を紹介

アパートでインターネットを使いたい!
賃貸でも使えるインターネット回線って?

アパートでインターネットを使うなら、以下の3つの選択肢があります。

  1. スマホ
  2. 固定回線(光回線)
  3. モバイルWi-Fi

ネットの利用量が少ない人は、スマホがあれば十分かもしれません。ですが、自宅に帰ってゆっくりインターネットを楽しみたい人、高画質で動画を視聴したい人、オンラインゲームで遊びたい人、などは、自宅用のインターネット回線があると便利です。

記事では、データ容量を気にせずにアパートでインターネットを楽しむ方法を解説しているので、参考にしてくださいね。

アパートで使えるインターネット光回線の種類と特徴

インターネットを利用する目的は人ぞれぞれですが、自宅でインターネットとなるとできるだけリラックスした状態で、余計な事を考えずにのびのび利用したいですよね。

しかし、賃貸のアパートだと自由にインターネット契約をするわけにはいきません。希望の回線が引けないこともあります。

アパートは一般的にオーナーや管理会社がインターネット接続を一括管理しています。建物ごと、指定の回線業者と提携している可能性もあります。

それはともかく、まずはアパートで利用できるインターネットの種類とその特徴を見てみましょう。

アパートでインターネットを利用するには、次の3つが考えられます。

  1. スマホ
  2. 固定回線(光回線)
  3. モバイルWi-Fi

それぞれの特徴を見ていきましょう

スマホの特徴とデメリット

スマホを利用すれば、端末でのネットやテザリングでPCをネットに繋げることもできます。当然アパートでも利用できますね。

スマホなら、そのキャリア(ドコモ・au・SoftBankなど)の利用可能エリアならどこでもネットが利用できます。

アパートやビルなどの建物内や屋外、郊外、利用可能エリアなら山や海の上でもネットにつなげることができます。

もちろん、スマホ本来の通話やSNS、写真や音楽にゲーム、カーナビや目覚まし、またアプリさえあればほぼ何でもできるので、「アパートでのインターネット」に限らず、便利なライフアイテムと言えるでしょう。

ただし、スマホでネットを利用するデメリットもあります。

スマホは万能ですが、アパート自体が利用可能エリア外やデッドスポットだと、基本的にはネットはできません。時々つながったとしても、通信が安定しないと快適にネットを楽しむことはできないでしょう。

また、最近ではエッジなしのフル画面も端末もありますが、それでもポケットに入れて持ち運べるスマホでは動画視聴やゲームをする際に迫力に欠けます。

PCをテザリングするにもスマホの場合限界が

アパートにスマホ環境しかない場合、PCをインターネットにつなぐにはスマホのテザリング機能を使うことになります。そもそも、スマホだけでも通信の安定感やデータ容量でヒヤヒヤしながら使っている上に、PCまで繋ぐとなるとスマホ側にかなりの負担がかかってしまいます。

ましてや同時に通話やSNSまでとなると…、テザリングはいざという時の応急処置としておいたほうがよさそうです。

固定回線の特徴とデメリット

インターネットの固定回線といえば、今は光回線が主流です。電柱から宅内に光ファイバーを引込み、ONU(光終端装置)やルーターなどを設置して、有線または無線LAN(Wi-Fi)でPCやスマホなどの端末に接続する方式が「固定回線」です。

フレッツ光、ドコモ光、NURO光などが有名ですよね。

光回線は、回線業者やプロバイダとの契約でインターネットが利用できる仕組みなので、その業者選びも後のインターネット環境を左右する重要なポイントになります。

光回線は、データ容量に上限がなく、通信速度も一般的に最大1Gbps程度あり、高速です。スマホやタブレットの利用もデータ量を気にすることなく利用できることが大きなメリットです。

また、ルーターを設置してWi-Fi環境を整えれば、1台のスマホだけでなく、タブレット、PCなど複数台の端末を同時にネット接続することができます。

ただし、光回線にもデメリットはあります。

スマホは4GやLTEといったモバイル回線を利用するので、利用可能エリアであればすぐに利用できますが、光回線は必ず開通工事が必要になります。

固定回線というくらいですから、しっかり腰を据えてインターネットを利用するには向いていますが、急な引越しがある人にとっては、回線工事を伴なうだけに気が重くなることもあるでしょう。

また、引っ越先で同じサービスが受けられるかどうかは事前調査も必要で、提供エリア外の場合は利用中のサービスを中途解約しなくてはならず、違約金を支払うことになることも考えられます。

固定回線は、エリアや建物によって利用できる回線業者が限られます。とくに、アパートなどの集合住宅では建物ごと回線業者と一括契約している場合もあり、下調べした希望の回線業者が使えない場合もあります。

モバイルWi-Fiの特徴とデメリット

モバイルWi-Fiは、いわば持ち運びできるインターネットサービスです。ポケットWi-Fi、WiMAXなど、様々なサービスがあります。

ポケットWi-Fiは、大手キャリアのモバイル回線を利用しているので、提供エリア内であれば工事不要でどこでもWi-Fi環境ができる便利なサービスです。

アパートでしっかりインターネット使いたい、となると気になるのは、回線速度とデータ容量ですが、WiMAXやポケットWi-Fiに代表される最近のモバイルWi-Fiはそんな点をクリアしたプランも続々と提供されています。

しかも、Wi-Fiなので複数台のスマホやPCなどの端末への同時接続が可能です。

モバイルWi-Fiにもデメリットはあるのでしょうか?

持ち運べるインターネット、ということはバッテリーが必要です。バッテリーが切れると当然使えなくなります。

ただし、アパートで利用するなら、バッテリーの心配はないでしょう。

また、スマホと同じモバイル回線を利用するので、利用可能なエリア以外では接続できなかったり通信が不安定になります。アパートで利用するなら、どのモバイル回線の電波が入りやすいか事前に調査しておくといいでしょう。

アパートでのライフスタイル&目的別おすすめインターネット環境は?

アパートで利用できるインターネットの種類と特徴はお分かりいただけたでしょうか。

アパートでのインターネット環境は、ライフスタイルや目的に合わせて選んでいくのがいいでしょう。

ここからは、ライフスタイルに合わせた最適なインターネット環境を提案していきましょう。

ネットをあまり使わない人はスマホで十分

以下のような人は、スマホのネット環境で十分でしょう。

・アパートに帰ってもゆっくりネットする時間がない
・PCはあまり使わず、スマホでSNSを見る時間が多い

一人暮らしで忙しく生活している人は、あまりネットに時間を割けないかもしれません。このような場合はスマホのデータ容量で間に合うでしょう。

あえて新しい回線を契約して自宅でのインターネット環境を増やす必要はないでしょう。

ただし、動画再生や各種ダウンロード、またオンラインゲームの利用が多い場合は、たっぷり使えるWi-Fi環境は必要かもしれません。

複数端末をつなげたいなら固定回線

アパートに家族で住んでいてそれぞれがスマホを使っている、またデータプランを家族で共有している人は固定回線を引くべきです。

光回線を引くためには、回線工事は必要ですが、引っ越しの予定がないなら工事をしてでも光回線を引いたほうが、快適にインターネットが使えるでしょう。

光回線のポイントは、何といっても複数端末が接続でき、使い放題のWi-Fi環境が作れることです。

家族全員が高速通信でネットにつなげられるので、データプランを共有して容量を気にすることはなくなりますよ。

また、スマホを家族全員同じキャリアにすれば、同キャリア系の回線にすることでスマホとのセット割が使えます。スマホとネットを合わせたトータルの通信費を節約することができるでしょう。

家族の場合を例にあげましたが、複数端末をネットに繋げる一人暮らし、アパートでネットをたくさん使うヘビーユーザーでも「複数端末が接続できる使い放題のWi-Fi環境」というメリットはほぼ同じです。

当分引越しの予定がないなら、アパートでも光回線を引く選択肢もありです。

スマホとのセット割・キャンペーンが魅力的なおすすめの光回線

光回線には様々な種類がありますが、選ぶときは現在使用しているスマホキャリアを軸に選ぶと、セット割により通信費を節約できます。また、キャンペーンでお得に申し込む方法も解説しているので参考にしてくださいね。

スマホがドコモなら、ドコモ光がおすすめです。

スマホがソフトバンクなら、NURO光とソフトバンク光がおすすめです。NURO光は、基本プランで最大2Gbpsを誇る人気の光回線です。

スマホがauなら、KDDI系列のauひかりがおすすめです。

セット割は、利用するとスマホの月額料金が500円~1,000円程安くなります。家族の回線も割引対象となることが多いので、家族で暮らしている人はキャリアと合わせることを意識してくださいね。

希望の固定回線が利用できないなら手軽なモバイルWi-Fi

ネット使い放題の固定回線は魅力的ですが、「工事」「建物自体の回線利用可否」「引っ越し」という問題がありました。

オーナーの許可が下りず、アパートで希望の固定回線を利用できない場合は、固定回線はあきらめざるを得ません。

そんな時の頼もしいインターネットサービスが「モバイルWi-Fi」です。

先に紹介したように、モバイルWi-Fiの特徴は、提供エリア内であれば工事不要でどこでもWi-Fi環境ができることです。

工事不要なので、どこのアパートでも大家や管理会社の許可も必要なくWi-Fiでインターネットが使えます。

様々な種類があるモバイルWi‐Fiの中でも、今回はWiMAXSAKURA WiFiを紹介します。

独自回線とau回線を組み合わせたWiMAX

WiMAXは、ほぼ全国のエリアで下りの最大通信速度440Mbpsでモバイル通信できるWi-Fiサービスです。

WiMAXは独自のネットワークでサービスを提供しています。ドコモ・SoftBank等の既存ネットワークを利用するクラウドSIMサービスや、SoftBankAirとは異なるネットワークなので、混雑が少ないのが特徴です。

アパートでスマホの通信速度が遅いなと感じる人は、WiMAXならスムーズに繋がるかもしれません。

WiMAXでは、独自のネットワーク以外に、au 4G LTEのネットワークも併用できます。auの通信エリアも活用できるので、WiMAXの電波が入りづらい場所、例えば地下鉄や地下街でも繋がりやすくなるでしょう。

また、WiMAXは月のデータ容量に上限がなく、思う存分インターネットを楽しめます。自宅で、PCやスマホ、アレクサなど複数端末に繋ぐことも、テレビでAmazonPrimeなどの動画サービスを楽しむこともできます。

データ容量無制限だと料金が気になる人もいるかもしれません。カシモWiMAXなら、ギガ放題プランが月額1,380円から利用可能です。

光回線だと、一般的に月に4,000円~5,000円かかるため、カシモWiMAXは安いと言えるでしょう。気になる人は、一度公式サイトをのぞいてみましょう。

利用期間の縛りなし!初心者にもおすすめのSAKURA WiFi

SAKURA WiFiは完全に使い放題のWi-Fiを利用することが出来るサービスです。

完全に使い放題なので、データ量を気にすることなく利用できます。

また、大手キャリア回線を利用しているので、安定したデータ通信ができます。

さらに、SAKURA WiFiなら、以下のようなメリットがあります。

SAKURA WiFiのメリット

  • 解約金無料
  • 利用期間1か月から使える
  • 全額返金保証
  • どれだけ使っても、ずっと月額3,680円

他の通信サービスには解約金が2万円近くかかるものや、同じポケットWi-Fiでも、1万円はかかるものがほとんどです。SAKURA WiFiは解約金が無料なので、利用期間を気にせずに契約することができます。

さらに、全額返金保証がついているため、サービスに満足できなかった場合は無料で返却することができます。

SAKURA WiFiなら、モバイルWi-Fiが初めての人でも安心して契約することができますね。

SAKURA WiFiの公式サイトはこちら

アパートでおすすめのインターネット回線まとめ

この記事では、アパートでのインターネット環境をライフスタイルに合わせて解説しました。

アパートでインターネットを使うなら、以下の3つの選択肢があります。

  1. スマホ
  2. 固定回線(光回線)
  3. モバイルWi-Fi

これらの選択肢から、自分に合ったものを選択してくださいね。

\キャンペーンが魅力的/
WiMAXランキング
Broad WiMAX
BroadWiMAXのバナー
  • WiMAX業界最安級!
  • 月額2,726円~使える
  • 全端末0円
  • 乗り換え違約金
    19,000円まで負担
カシモWiMAX
カシモWiMAXのバナー
  • 初月~1か月
    月額1,380円で使える
  • 最短当日発送
  • 全端末0円

GMOとくとくBB
GMOWiMAXのバナー
  • 最大30,500円
    キャッシュバック
  • 月額3,609円~使える
  • 全端末0円

置き型Wi-Fiもオススメ!
モバレコAir
モバレコAirのバナー
  • 17,000円
    キャッシュバック
  • SoftBank Airと同じ機能
  • だから安心で安い