V6プラスで回線速度が速くなる!メリットデメリットや対応プロバイダをわかりやすく紹介☆

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

V6プラスで回線速度が速くなる!メリットデメリットや対応プロバイダをわかりやすく紹介☆

「光回線なのに速度が遅い」、「人気のドコモ光なのに夜になるとインターネットが不安定になる」そんな経験をしたり評判を聞いたことはありませんか?これらの原因はほとんどの場合、ドコモ光の回線ではなく契約しているプロバイダにあるんです。

といってもプロバイダのサービスが悪い訳ではありません。

インターネットを利用する為に信号がプロバイダを通過する際の、IPv4というパケット伝送方式によることが多いんです。その改善策として期待されすでに一部のプロバイダで利用提供されているのが、IPv6方式やIPv6プラスといったあらたな伝送方式です。

今回はIPv6プラスのしくみと利用できるプロバイダをわかりやすく紹介していきます。

V6プラスのメリットとデメリット

まずはV6プラスのメリットです。

V6プラスのメリット

回線が安定、高速アクセスが可能

V6プラスではISPによる認証が不要、プロバイダを経由しないのでトラフィックの混雑が起こりません。

要するに「回線速度が速く安定」するわけです。

例えば100MbpsのプランでもPPPoE認証での帯域制限が無い為、1Gbpsに近い速度が得られることだってあるんです。

料金が無料で手続きもカンタン

V6プラスは対応しているプロバイダに申し込むだけで、初期費用や月額料金また解約金もかかりません。

ただV6プラスに対応したルーターなどの通信機器が必要になる場合があります。

IPv4・IPv6を気にせず利用できる

IPv6接続になると、IPv6対応のサイトしか見られないという制約がありましたが、V6プラスではどちらにも対応するのでそんな心配は必要なし。

今までのIPv4方式でもIPv6のルートを通るので高速化が実現、とくに何も気にすることなく普通にインターネットが速く利用できます。

V6プラスのメリット、ひと言でいえば「無料で高速化」凄いでしょう。

ところがデメリットもあるんです。

V6プラスのデメリット

V6対応機器が必要

V6プラスはIPv6方式で接続するので、V6対応の装置が必要になります。

NTTがネクスト回線で提供しているHGW(ホームゲートウェイ)はV6対応なので大丈夫なのですが、Wi-Fi接続で利用する場合は、Wi-FiルーターもV6対応のものが必要になります。

特定ポートや固定IPが使えない場合がある

V6プラスでは特定ポートを使うサービス、例えばPS4のオンラインゲームなどは利用できません。

ただこれはV6プラスを利用出来ない時だけIPv4 PPPoEを使うという裏ワザもあるので、まったくダメということではないんです。

固定IPが使えない

IPアドレスには、一定期間でランダムに変わる「動的IP」と、自宅サーバーを指定したりリモート操作、WEBカメラなどIPアドレスを変えたくない場合に用いる「固定IP」がありますが、V6プラスではこの「固定IP」使えなくなります。

こんな時の為にプロバイダが用意しているオプションが「固定IPサービス」というものです。

またV6プラスの提供元であるJPNEも2017年7月から固定IP提供サービスを開始しています。

さらに通常はV6プラスをメインで利用し、固定IPが必要な時だけ利用する「マイIP」というサービスが、インターリンクという会社から提供されています。

こうしてみると、V6プラスのデメリットは何らかの形でフォローできることが解ります。

となるとますますハードルは低くなり、V6プラスの利用が身近なものになってきそうです。

ではV6プラスは実際どうすれば利用できるのでしょうか。

V6プラス対応のプロバイダは?

文中でも紹介しましたが、V6プラスはプロバイダのオプションとして提供されています。

ただこのV6プラスが利用できるプロバイダ(光回線含む)は、2017年12月現在まだあまり多くありません。またV6プラスのしくみ上現在利用できるのは、東西NTTのNGN(次世代ネットワーク)網を使った「フレッツ光」、「光コラボ」回線になります。

申し込みも簡単な上無料で利用できるV6プラスですが、今回はとくにスマホとのセット割などでもオトクになるオススメなV6プラス対応プロバイダ(光回線)を紹介します。

フレッツ光や光コラボの光回線上での、V6プラス対応のプロバイダ

・GMOとくとくBB

・@nifty

・BIGLOBE

V6プラス対応の光コラボ事業者(利用できるプロバイダ)

・ドコモ光(GMOとくとくBB)

・@nifty光(@nifty)

・BIGLOBE光(BIGLOBE)

・DMM光(DMM.com)

V6プラス相応のIPv6サービスを提供しているプロバイダ

・ソフトバンク光(Yahoo!BB) ※「IPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4」方式

いかがでしょう? V6プラスをオプション提供しているオススメなプロバイダは、まだこんなに数少ないんです。

ただ既にV6プラスを利用中のユーザーからは「圧倒的に回線が速くなった」とかなりの好評価。

とくに人気が故にトラフィックの停滞で回線速度に不満の多かったドコモ光の場合の反響は顕著です。

そもそもIPアドレスって何?

「IPアドレス」という用語を聞いたことはあるでしょう。

PCやスマホからインターネットに接続できるのは、インターネット申し込み時にプロバイダから「IPアドレス」という固有の識別番号を与えられているからなんですね。

IPアドレスは一般社会での固有の番地のようなものですから、世界中でIPアドレスがダブることのないよう世界共通の取り決めのもと、プロバイダはそれを利用者に割り当てる権限が与えられている訳です。

固有の番地のようなものと言っても、プロバイダとの契約内容にIPアドレスが記載されている訳ではありません。

というのも、一般的にプロバイダから割り当てられるIPアドレスは「動的IPアドレス」といって、プロバイダによってタイミングはまちまちですが「変化するIPアドレス」なんですね。

自宅インターネット回線や有名サイトのIPアドレスを体感してみよう

例えば今現在の自宅のインターネットIPアドレスを調べるには、次のリンク先をクリックしてみて下さい。

→「確認君+(Plus)」

「あなたのIPアドレス」という項目が、今使っている回線のIPアドレスです。

同時にプロバイダーや回線情報も表示されていますが、今回は参考までにしておいて下さい。

今度は今インターネットに繋いでいるPCやスマホのアドレス欄に、次の数字を入力して検索すると…(2017年12月現在)

→183.79.135.206

いつも見ているホームページが表示されますよね。これが現在のYahoo!JAPANのIPアドレスという訳です。

自分の端末からヤフージャパンにアクセスできるということは、固定回線にせよモバイル回線にせよプロバイダ契約しているからなんですね。

こうしてネットワーク間で通信を行なう為に、約束事や手順を定義づけたものを「プロトコル」といいます。

現在多くのプロバイダの接続サービスはプロトコルのひとつである「IPv4」という方式が用いられています。

IPv4プロトコルは、このよくわからない3ケタ4ブロックの数字の羅列(32ビットの10進数)であるIPアドレスを使っているのが特徴です。

IPアドレスが足りない!しかも渋滞発生? IPv4の限界と弱点

じつはここ数年の間にネット業界で問題視されているのが、このIPv4プロトコルの2つのネックなんです。

その2つの問題点とは

IPアドレスの枯渇(こかつ)問題。

先ほど紹介したIPv4プロトコルで割り当てられるIPアドレスは、理論上約43億個。

これを世界中でダブることなく割り当てている訳ですが、当初はこれだけあれば余裕と考えられていたんです。

それが予期せぬインターネットの利便性にともなう加速度的な普及で、アッという間に足りなくなってしまい、何とか置き換えの割り当て技術をとり入れようとしたのですが間に合わず、新規にIPアドレスを取得することが困難な状況になってしまったんです。

あらたにインターネットを契約したりサイトを公開することが難しくなってきたわけですね。

IPv4ではトラフィックが増えるとネットが渋滞する

こちらも今さらという風な事態ですが、IPv4プロトコルを利用してインターネットへの交通整理をしているのもプロバイダの役目です。

ネットワーク上の一定時間に流れるデータ量の事を「トラフィック」といいますが、これは道路を走るクルマの様なもの。

IPv4方式では、ひとつのプロバイダでアクセスが集中すると交通整理が難しくなり、トラフィックの渋滞が起きます。

渋滞が起こるとインターネットを利用する側としてはスムーズな閲覧が出来なかったり、ダウンロードに異常な時間がかかったりと、いろんな支障をきたしてしまう訳です。

「人気の回線・プロバイダなのに回線速度が遅い」のは、人気が故にアクセスが集中することによって、まさにこのトラフィックが渋滞しているということなんです。

IPv4の弱点を回避するIPv6の登場

そんなIPv4の枯渇/渋滞を補うべく登場したのが「IPv6プロトコル」なんです。

「IPv6」は、最近ではプロバイダ契約のオプションでも用意されているので、その名は聞いたことがあると思います。

では次の項で、IPv6の特徴をもう少し詳しく見てみましょう。

IPv6ではIPアドレスはほぼ無限

IPv4は32ビットで構成され約43億個が限界でしたが、IPv6は128ビットの構成でアドレスも長め、IPアドレスの数は340兆×1兆×1兆というもので、既に天文学的な数値なんです。

また、とくにIPアドレスを覚える必要もないので、長くても全く問題はありません。

IPv4のような限界を考慮する必要もなく、この豊富なIPアドレスをたんにインターネット接続だけでなく、今までできなかったネットワーク上のさまざまな用途への応用が期待されているんです。

これでIPv4では足りなくなったIPアドレスも充分潤うことになり、安心してインターネット契約が出来るということになります。

IPv4のような混雑がなくなり、回線速度が速くなる

IPv4方式では人気の光コラボであるドコモ光やソフトバンク光などのプロバイダでも、インターネットのアクセスが多い時間帯になると、そのしくみ上どうしても渋滞が発生しネット回線が遅くなってしまいます。

この混雑は、IPv4方式がフレッツ光回線網からインターネット網のネットワークに抜ける際の認証作業を行なうプロバイダのNTE(ネットワーク終端装置)にトラフィックが一極集中するために起こってしまうんです。

開門時の入場ゲートに殺到した客の混雑と似た様なものと思えばわかりやすいでしょう

ところがIPv6では認証作業の不要なGWR(ゲートウェイルーター)経由でインターネットにアクセスするので、このトラフィックの混雑がほぼ起こりません。

混雑が起こらないと当然回線速度は遅くならないというわけです。

IPv6接続のイメージ

IPv6の詳細な仕組みは省略しますが、ここではたんに「IPv6は渋滞が起こらず回線速度が速くなる」と知っておきましょう。

IPv6ではネットが利用できない? V6プラスとは

さて、IPv6がそんなに良いのならすぐにでも使いたいとなりますよね。

ところがそうはいかないのです。

じつはIPv6でも、IPv6に対応したサイトや機材でしか利用できないという大きな問題が一部にあるんです。

これでは何のためのIPv6かわかりませんよね。

そんなIPv6の3つ接続方式をみてみましょう。

IPv6 PPPoE(PPP over Ethernet)接続

→IPv4と同様「Ethernet上でPPP(Point to Point)セッションを作りユーザー認証を行なう」IPv6方式で導入が容易。「マルチプリフィックス問題(インターネットにつながらなくなる状態)」回避の為IPv6アダプタが必要。IPアドレスの枯渇を改善しただけで回線速度の向上は望めない。

IPv6 IPoE(IP over Ethernet)接続

→IPv6 PPPoEの欠点であるマルチプリフィックス問題を回避した接続方式。

ISPは「ネイティブ接続事業者」と接続、その後NGN(次世代ネットワーク)経由でインターネットに接続される。特殊な機材や設定は不要。

V6プラス(「IPv6 IpoE+IPv4 over IPv6」)接続

→NGNをアクセス回線としてISPを経由せずIPv6及びIPv4でも接続可能な方式。

ISP認証は不要で高速通信が可能。

JPNE(日本ネットワークイネイブラー株式会社)によって提供されている。

詳細なしくみや弱点はここでは省略しますが、なかでも最も注目されているのが3つ目の「V6プラス」で「次世代ネットワーク接続サービス」とも言われています。

JPNEによるV6プラスの概略図を見てみましょう。

このようにV6プラスでは、プロバイダによる認証やHGWの設定などが不要で今まで通りIPv4対応のサイトが閲覧できる訳です。

またJPNEでは次の様にコメントしています。

出典:JPNE

このV6プラスはJPNE社が提供してるのですが、我々の様な一般ユーザーは直接契約できません。

V6プラスを利用するには「JPNEと提携しているプロバイダと契約する」ことが必要になるんです。

このようにIPv6ならオススメは断然V6プラスですが、じつは少しばかりデメリットもあります。

次にV6プラスのメリット・デメリットを見てみましょう。

IPV6まとめ

IPv4からIPv6へ、さらにV6プラスへと進化を遂げるインターネットの高速化ですが、まだまだ導入が少ないことから今後が期待できるV6プラス。

今回はおもにIPv4からV6プラスへの変遷と、利用できるプロバイダをザックリ紹介しましたが、具体的な申し込み方法や必要機材、また利用する上での注意点なども順次紹介していきますのでお楽しみに♪

GMOとくとくBBとは