enひかりってキャンペーンはある?メリット・デメリットは?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

enひかりってキャンペーンはある?メリット・デメリットは?

enひかりとは

enひかりは、2017年9月にサービス開始した、光コラボレーションモデルのインターネット通信サービスです。アクセス回線としてフレッツ光を利用し、プロバイダがセットになっているので、enひかりを契約していれば別途プロバイダを契約する必要はありません。

「シンプル&安く」がモットーのサービスであり、いろいろな割引があって複雑な他社光回線と比較すると、料金体系は確かにシンプル。費用については「最安値水準の安さを実現」とうたっています。

そしてenひかりを運用するのは、株式会社縁人。あまり知られていない事業者ですが、enひかり以外にもUQ WiMAXやauひかりなどのインターネット通信サービスを手掛けています。

enひかりの料金

繰り返すようにenひかりの料金体系は非常にシンプル。他の光回線の料金表や割引の注意書きなどをじっくり調べたことのある方は、驚くことでしょう。

まず契約時に必要な費用は以下の通りです。

・新規に光回線を敷設する場合

事務手数料 工事費 合計
3,000円 訪問工事あり(屋内配線を新設):15,000円
訪問工事あり(屋内配線新設なし):7,600円
訪問工事なし:2,000円
5,000円~18,000円

 

・フレッツ光からの転用での申し込みの場合

事務手数料 工事費 合計
2,000円 なし 2,000円

 

次に月額料金は以下の通りです。

項目 月額料金
enひかりマンションタイプ
※集合住宅向け
3,300円(※)
enひかりファミリータイプ
※戸建て住宅向け
4,300円(※)
【オプション】enひかり電話 500円
【オプション】enひかりテレビ 600円

※プロバイダ料込の金額です。

enひかりでは、他社光回線のように、「●年契約で、月額料金を○円割り引き」といったシステムが一切ありません。そのためにシンプルな価格体系を実現しているわけです。

その他、enひかりでは以下オプションも提供しています。

オプション名 概要 月額料金
enひかりリモートサポート パソコンや周辺機器の困りごとを、年中無休(9時~21時)にて電話もしくは遠隔操作でサポート 500円
enひかりライフサポート 迷惑電話・勧誘の対処方法など、特に高齢者に向けた生活サポートサービス 500円

enひかりはキャンペーンを行っているのか

確認しましたがenひかりでは、他社光回線サービスが行なっているようなキャッシュバック・工事費実質無料といったキャンペーンは実施されていません。enひかりを取り扱う代理店を見当たらず、代理店独自のキャンペーンのようなものもありません。そのため申込は全て公式サイトから行うことになります。

キャンペーンなどの割引や特典がなく、あくまでシンプルな価格体系で提供される光コラボレーションサービス。enひかりはそういった意味で、非常にわかりやすいサービスといえます。

キャッシュバックや特典を重視する方はこちらのサービスがおすすめです。

NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

enひかりのメリット・デメリット

ここではenひかりを契約するメリット・デメリットをまとめて紹介。光コラボレーションのサービス選定中の方は、サービスのメリット・デメリットをおさえるとえらびやすくなります。

【メリット1】契約期間・最低利用期間がなく違約金を請求されることがない

enひかりは、契約期間や最低利用期間といったルールがありません。裏を返せば、長期契約を前提にした割引がない、ということではありますが、そのために「契約期間や最低利用期間が終了する前に解約して違約金をとられた」なんてこともないわけです。

これは利用者にとってはありがたいポイントですね。特に単身赴任などで、1~2年未満の短期での利用になる可能性があるケースでは、高額な違約金を請求されることがないのは大きなメリットと言えるでしょう。

【メリット2】価格がシンプルで分かりやすい

料金については上述しましたが、繰り返すようにenひかりは条件別の割引などがなく価格設定がシンプルでわかりやすいのがメリットといえます。契約期間などを前提とした割引があるサービスでは、逆に言うと割引前の料金は割高です。そのため「割引がない」ことは、enひかりのデメリットとは言えず、かえって「ユーザーにとってわかりやすく親切」と言えるでしょう。

【メリット3】他社と比較して月額料金が安い

enひかりの月額料金を他社の光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
enひかり
(en光)
4,300円 3,300円
BBエキサイト光
(BBexcite光)
4,360円 3,360円
OCN光 5,100円 3,600円
@nifty光 4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ご覧のように他社と比較しても、enひかりの月額料金は安いです。なおこの中でBBエキサイト光はenひかりと同様に、契約期間・最低利用期間がない光コラボレーションサービスです。ただし月額料金は若干ですが、enひかりの方が安くなっています。その他は、契約期間ごとの割引がきいた上にこの金額ですから、enひかりの月額料金の安さは際立っていますね。

【メリット4】モバイルWi-Fiレンタルを安価に利用可能

enひかりを運営する株式会社縁人は、enひかりとは別にモバイルWi-Fiのレンタルサービスを運営しています。そしてenひかりの利用者は、このサービスで1泊2日以上のレンタル契約をすると、3泊4日分が無料で追加に。つまり1泊2日のレンタル契約をすれば、同じ金額で4泊5日利用できるわけです。ちなみにレンタル料金は1日390円~、他に往復送料として870円が必要となります。

仮に1泊2日の旅行であっても、機器を受け取ったり返却したりするための日数が余分に1~2日は欲しいところ。モバイルWi-Fiのレンタルを検討されている方にとって、このサービスは助かるでしょう。

【デメリット1】高額なキャッシュバックがない

他社光回線では、契約にあたって数万円のキャッシュバックが設定されていることがあります。そのため長い目でみると、仮にenひかりの方が月額料金は安くても、キャッシュバック込みの総額では他社光回線の方がお得ということもありえます。

たとえば入会にあたって5万円のキャッシュバックがもらえるパターンを想定してみましょう。その光回線サービスにおいて、enひかりより仮に月額料金が1,000円高かったとしても、2年間で多く支払う料金は24,000円ですから、5万円のキャッシュバックがもらえるサービスの方がお得、とは言えます。

ただし高額なキャッシュバックをもらうためには、専用の手続きをしたり有料オプションの加入が必要だったりすることも。もしその手続きに失敗すると、キャッシュバックの権利を失ってしまうことさえあります。

そういったケースと比べると、「多少高くなってもenひかりの方が気軽で安い」とは言えますね。

【デメリット2】工事費用無料のキャンペーンがない

他社光回線では、工事費を分割払いにした上で、その分の月額を割り引いて「実質工事費無料」といったキャンペーンが展開されていることがあります。キャッシュバックがない点と同じく、そういった光回線サービスと比較すると、enひかりは初期費用が高くなってしまうことは否めません。

【デメリット3】スマホなどのセット割がない

他社光回線では、スマホなどの同じ会社の契約をすることでセット割による割引がきくことがあります。たとえばau・ドコモ・ソフトバンクでは、光回線サービスとセットにすることで、スマホの月額料金にたいして以下金額の割引が適用されます。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

【デメリット4】プロバイダのメールアドレスがつかない

他光回線サービスでは、プロバイダからメールアドレスがもらえることがほとんど。一方のenひかりには、残念ながらメールアドレス提供のサービスがありません。

ただし、このことはデメリットではあるものの、それほど気にならない方が多いのではないでしょうか。現代ではGmailやYahooメールと言ったフリーメールを使う方が増えており、以前のようにこれらフリーメールで使えないサービスはほとんどなくなっています。

むしろプロバイダを解約すると使えなくなるメールアドレスより、プロバイダを問わず使えるフリーメールの方を使いやすく感じる方も多いでしょう。Gmail・Yahooメールと言ったフリーメールはWebメールをはじめとした機能も充実しています。

enひかりはこんな人におすすめ

これまで説明したように、enひかりは契約期間や違約金といった煩わしいルールがなく、他社と比べて月額料金がやすいのがメリット。その一方で、高額なキャッシュバックや工事費無料、スマホなどのセット割がなく、キャンペーンの適用や持っているスマホの業者によっては、長い目でみると他光回線サービスよりお得でない可能性があるのがデメリットです。

ただし、そういったキャンペーン・割引などを考慮してなくても、簡単かつ手軽で安価なのがenひかりといえます。そのため「難しいこと考えるのが面倒だし契約期間に惑わされたくない。わかりやすくて安いサービスがよい!」といった方には、enひかりがおすすめしやすいですね。

また繰り返すように最低利用期間・契約期間がないので、数ヵ月~1年・2年未満の短期利用が前提であれば、仮にキャッシュバックのキャンペーンなどがあったとしても、enひかりの方がお得である可能性が高いです。最低利用期間・契約期間が設定されているサービスでは、短期での解約で違約金を請求される上に、数ヵ月での解約ではキャッシュバックの権利が無効になるためです。また工事費無料のキャンペーンについても、仮に短期で解約した場合は、その時点でキャンペーンが無料となり、分割払いとした工事費の残金を一括で支払わなくてはならなくなります。