broad光ってどんなサービス?キャンペーンはあるの?

broad光とは

broad光は、株式会社リンクライフが手掛ける、光コラボによるインターネット接続サービスです。他の光コラボと同様に、プロバイダ契約もセットになっていて、broad光の契約だけでインターネットに接続することができます。光回線による電話やテレビなどのサービスもあります。

ちなみに株式会社リンクライフとはどんな会社か、知らない方も多いかもしれませんね。broad光以外にもLTEやWiMAXによるインターネット接続サービスも運営する会社で、インターネット接続事業については一定の実績があります。

broad光の料金

broad光のプランは、戸建住宅向けの「broad光 ファミリータイプ」と集合住宅向けの「broad光 マンションタイプ」の2種類です。まずbroad光の初期費用は以下の通りです。

※ファミリータイプ・マンションタイプ共に同じです。

契約事務手数料工事費総額
3,000円24,000円27,000円

 

他の多くの光コラボが、工事費についてファミリータイプでは「18,000円」、マンションタイプでは「15,000円」なのと比較すると、若干高めに設定されています。

次にbroad光の月額費用は以下の通りです。

項目月額費用
broad光 ファミリータイプ5,180円
broad光 マンションタイプ4,080円

 

これを他社の光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名戸建住宅集合住宅
broad光5,180円4,080円
ビッグローブ光4,980円3,980円
OCN光5,100円3,600円
@nifty光4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,800円

 

こうして比較してみると、broad光は他社と比較して月額料金も少しではありますが、高めですね。

その他、broad光では、以下のような他光コラボ同様のオプションサービスも提供しています。サービス内容・料金共に他社の光コラボのサービスとほぼ同じです。

オプション名月額費用詳細
broad光でんわ500円~光回線を使った電話サービス。NTT東日本・NTT西日本が提供するひかり電話と同じ内容のサービス。
broad光テレビ680円(※)光回線経由で、地デジやBSのテレビ番組が視聴できるサービス。NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ・テレビに相当するサービス。
broad光サポート500円インターネットやパソコン、スマートフォン、タブレット、プリンタなどの周辺機器に関する困りごとを、電話や遠隔操作でサポートするサービス。

※フレッツ・テレビは他の光コラボで月額660円で提供されることが多いですが、broad光は月額料金が記載の通り月額20円だけ高くなっています。

broad光のキャンペーンについて

他社光回線では、工事費の実質無料や高額なキャッシュバック特典などを行うキャンペーンが展開されていることがあります。しかしbroad光公式では、残念ながらそういったキャンペーンを展開しておりません。調べた限り代理店はあるものの、代理店独自で同様のキャンペーンを展開していることもないようでした。そのため、broad光は「どこで申し込むのがお得」ということもなく、公式サイトで申し込むとよいでしょう。

一例として他社では、公式サイトや代理店を通して以下のようなキャッシュバックキャンペーンを展開しています。

項目キャッシュバック額備考
ビッグローブ光の
キャッシュバックキャンペーン
10,000円~33,000円公式サイト経由での申し込み
auひかりの
キャッシュバックキャンペーン
43,000円~50,000円KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光の
キャッシュバックキャンペーン
11,000円~15,500円
※他にdポイントが
5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光の
キャッシュバックキャンペーン
10,000円~28,000円・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

上述したように月額費用もbroad光が高めであり、broad光には工事費の割引もないので、他社光回線サービスの方がお得ですね。さらにドコモ・au・ソフトバンクのそれぞれの光回線サービスは、各会社のスマホとセットで契約することにより、スマホの月額料金を以下のように毎月割り引くことができます。

キャリア名スマホ月額料金に対する割引額
au500円~2,000円
ドコモ500円~1,600円
ソフトバンク500円~1,000円

 

broad光では、同じようなスマホのセット割もありません。これらを総合して考えると、他社光回線の方が通信費用を節約することができます。

他社光回線のキャッシュバックキャンペーンについて詳しくはこちらから。

NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法2018年2月最新版

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

コミュファ光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!! 一番オトクなキャンペーンはコレ

broad光のメリット・デメリット

他の光コラボサービス同様に回線+プロバイダがセットになって、1つの契約でインターネット接続できるのは、broad光をえらぶメリットの1つといえるでしょう。その他、broad光では、Windows・Mac・Android対応の容量無制限のクラウド型データバックアップ「AOSBOX for PC」(月額500円)というオプションを提供しています。同じようなオプション(しかも容量無制限)を提供する光コラボはあまりみかけませんので、これもメリットです。

たいしてデメリットとしては以下があげられます。

▽他社光回線の方がキャンペーンや特典が充実している

すでに説明したように、実質工事費無料やキャッシュバックといったキャンペーンがないのは、大きなデメリットです。

▽月額料金が若干高い

上述したように、broad光は他社光回線サービスと比較すると若干月額料金が高めです。

▽スマホのセット割がない

au・ドコモ・ソフトバンクといった大手携帯キャリアとのセット割がありません。

▽他社光コラボと比較して契約期間の縛りが長めで違約金(解約金)が高め

broad光は契約期間の縛りが30ヵ月に設定されており、契約更新月以外の解約で違約金(解約金)として10,000円がかかります。それと比較して他社光コラボでは、違約金(解約金)が少なめ、もしくは契約期間の縛りが短いです。

サービス名契約期間の縛りと
違約金(解約金)の内容
OCN光2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光2年契約と3年契約あり。
2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。
3年契約の場合は、36ヵ月の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

上で比較した中では、ビッグローブ光の3年契約プラン以外は、解約時の違約金(解約金)の条件がbroad光より概ねよいです。

broad光はこんな人におすすめ

broad光より他社光回線サービスの方がキャンペーンや割引の特典などが充実しており、残念ながらbroad光はコストパフォーマンスが高いとはいえません。broad光には、スマホのセット割もないです。

そんな中、他の光コラボ・光回線サービスと比較してbroad光をえらぶメリットをあげるとすれば、AOSBOX for PCのような他社にないオプションを提供していることぐらいでしょうか。とはいえ、繰り返すように光回線の費用としては他社よりも高くなってしまうので、このオプションのためにbroad光を契約するのは、あまり強くはおすすめできません。