@スマート光の徹底解説!キャンペーンや他光回線サービスとの比較

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

@スマート光の徹底解説!キャンペーンや他光回線サービスとの比較

@スマート光とは

@スマート光は、ヒカリアル株式会社が運営する光コラボによるインターネット接続サービスです。ユーザーから集めたアンケート内容の結果をもとに、分かりやすく使いやすい設計にした、という光コラボの中でも珍しい背景があるサービス。業界最安値の光回線ともいわれています。

ちなみにヒカリエル株式会社はネットワーク構築と共に、プロバイダー取次などの事業も行っている会社です。取次を行っている会社自身がプロバイダーとして光コラボのサービスを提供するというのも珍しいですね。

@スマート光の料金

ユーザーの声をもとにした「分かりやすく使いやすい」の成果が、@スマート光の料金体系にもあらわれています。「○年契約にすれば●円の割引をする」といったような分かりづらい条件はなく、@スマート光の月額料金は以下のみと、いたってシンプルかつスマートです。

回線タイプ 月額料金
戸建住宅向け(ホームタイプ) 4,300円
集合住宅向け(マンションタイプ) 3,300円

 

もちろん上記は、プロバイダー料金込みの金額です。別途特約をつけたり、契約後しばらくして料金があがったりすることもありません。

この月額料金を他社光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
@スマート光 4,300円 3,300円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
OCN光 5,100円 3,600円
@nifty光 4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ご覧の通り、ここで比較した他社光回線の中でも、@スマート光の月額料金はもっとも安いです。業界最安値といわれる根拠はここにあるのですね。

次に@スマート光の初期費用をみていきましょう。

・新規

契約事務手数料 代表的な工事費 合計
3,000円 ホームタイプ:18,000円
マンションタイプ:15,000円
18,000円~21,000円

 

・転用

契約事務手数料 代表的な工事費 合計
3,000円 3,000円

 

初期費用は他社光コラボのサービスと差はありません。

なお@スマート光には2年間の最低利用期間があり、この期間内に解約すると2万円の違約金が発生します。ただし、これは他社光回線のような「2年縛り」ではありません。

たとえば光コラボサービスの1つ「OCN光」では、2年間に1度の契約更新月以外に解約すると(2年経過していても)違約金として11,000円が請求されることになりますが、@スマート光では、契約から2年経過後であれば、いつ解約しても違約金が請求されることはありません。契約期間が自動更新されることもありませんし、解約時の撤去工事費も不要。これもユーザーの声を聞いた上で出来上がった「スマートな」料金体系の1つと言えるでしょう。

最後に@スマート光では、主なオプションとして以下を提供しています。

オプション名 月額料金 概要
ひかり電話 500円 光回線を使った電話サービス。NTT東日本・NTT西日本の「ひかり電話」にあたる。
@スマート・テレビ 660円 光回線経由で地上デジタル放送やBSデジタル方法をアンテナなしで視聴するサービス。NTT東日本・NTT西日本の「フレッツテレビ」にあたる。
リモートサポートサービス 500円 インターネット設定の困りごとや、パソコン・周辺機器の設定について電話や遠隔操作でサポートしてもらえるオプション。

 

これらオプションについても、フレッツ光や他光コラボと差はありません。

@スマート光のキャンペーンについて

@スマート光では工事費無料キャンペーンを実施中。通常ホームタイプで18,000円、マンションタイプで15,000円する工事費が0円となります。このキャンペーンを利用すれば導入する負担が少なく助かりますね。

なお工事費を30回程度の分割払いとした上で、毎月その分と同額の月額料金を割り引く「工事費実質無料」のキャンペーンを展開する光回線サービスは他にもたくさんあるので、この点については特に@スマート光がリードしているとは言えません。

次に他社光回線サービスでは、数万円の高額なキャッシュバックを行うキャンペーンを展開していることも多いです。その例として以下があげられます。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光の
キャッシュバックキャンペーン
10,000~33,000円 公式サイト経由での申し込み
auひかりの
キャッシュバックキャンペーン
43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光の
キャッシュバックキャンペーン
11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光の
キャッシュバックキャンペーン
10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

一方の@スマート光では、このようなキャッシュバックキャンペーンを残念ながら展開していません。キャッシュバックキャンペーンが適用できるような、代理店経由の申し込み方法も見当たらないです。この点は、他社光回線サービスと比較して、@スマート光が劣る点といえます。

他社光回線のキャッシュバックキャンペーンについて詳しくはこちら

NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法2018年2月最新版

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

@スマート光の評判

@スマート光の評判をみていくと、そのシンプルで安価な料金について満足しているユーザーの声が多く見受けられます。またサポートの丁寧さを称賛する声もあり、好意的な評価の方が多いようですね。

次に通信速度については、「快適に使えている」「安定して使えている」といった声も多い中、一部、「モバイル回線よりも遅い」といった声も見受けられます。@スマート光に限りませんが、環境の差などもあるので、全てのユーザーが同じように高速に使えるわけではありません。それは@スマート光も同じということでしょう。それをふまえ「快適に使えている」という声の方が断然優勢なように見受けられます。

@スマート光はこんな人におすすめ

すでに説明したように、@スマート光がいくら月額料金については最安級とはいえ、高額なキャッシュバックがもらえなかったり、スマホとのセット割がなかったりするのはデメリットです。仮に月額1,000円安くても、セット割でその穴埋めができる可能性もあります。また長い目でみて、月額料金の安さにより2年間で1,000円×24回=24,000円の節約ができたとしても、それを超えるキャッシュバックを提供するサービスもあります。

加えて、キャッシュバックとセット割の両方を適用できれば、さらに@スマート光よりお得になりますね。繰り返しになりますが、@スマート光の工事費無料のキャンペーンは、同様のキャンペーンを展開している他社サービスも多く必ずしも大きなメリットとはいえません。

その上で、@スマート光をえらぶメリットは、セット割や長期契約の割引適用、オプションの追加必須、違約金、撤去工事費といった細かい条件を一切合切考えなくても、月額料金が最安級で他光回線サービスの中でも「かなりお得に使える部類のサービス」であるということです。キャッシュバックやセット割、長期割引では、オプションの追加が必須だったり、専用の手続きをする必要があったり(手続きに漏れがあるとキャッシュバックの権利を失うなど)などのデメリットもあります。

ユーザーごとに、いろいろと細かい条件を組み合わせて考えれば、@スマート光よりお得なサービスをみつけられる可能性は高いです。しかし上述のような煩わしさなしに、「シンプルにスマートに」お得なサービスを使いたい、ということであれば@スマート光は検討したいサービスといえるでしょう。