ひかりJにはキャンペーンがある?メリット・デメリット徹底解説

ひかりJとは

ひかりJは、日本ネットワークイネイブラー株式会社(JPNE)による光コラボの通信サービスです。ちなみに日本ネットワークイネイブラー株式会社という名前は聞いたことがない方が多いかもしれませんね。KDDIやビックローブ、ニフティといった日本の名だたる通信事業者が共同で出資・発足した通信事業者です。ひかりJの提供の他、NTT東西のフレッツ網とIPv6を使ったインターネット接続(IPv6 IPoE)の通信事業者への提供などを行っています。

ひかりJの料金

まず月額費用からみていきましょう。

タイプ月額料金合計
ホームタイプインターネット5,200円+ひかりJ電話 500円5,700円
マンションタイプインターネット4,000円+ひかりJ電話 500円4,500円

 

ご覧のように、ひかりJは基本的にインターネットと電話サービス(ひかりJ電話)がセットとなって提供されます。ただし、NTT西日本のユーザーに限り、インターネットのみでの申し込みが可能です。なお、契約期間は2年間に設定されており、契約更新月以外の解約ではホームタイプでは13,000円、マンションタイプでは8,000円の違約金(契約解除料)が生じます。

次に、ひかりJの月額料金と、他光回線の月額料金を比較してみましょう。電話サービスはだいたいどこも500円/月で提供されているので、インターネットの月額料金で比較します。

サービス名戸建住宅集合住宅
ひかりJ5,200円4,000円
ビッグローブ光4,980円3,980円
OCN光5,100円3,600円
@nifty光4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,800円

 

ご覧の通りインターネットの月額料金に関しては、他光回線と同じぐらいで差はあまりないですね。

なおひかりJでは、他の光コラボサービスと同様に、電話以外にも以下オプションサービスを利用することが可能です。

オプション名月額費用詳細
ひかりJ・テレビ660円アンテナなしで地デジ・BSの全てのチャンネルが楽しめるサービス。NTT東日本・NTT西日本のフレッツテレビと同じ。
リモートサポートサービス500円インターネットの設定からスマートフォン、周辺機器の設定にいたるまで電話や遠隔操作で手厚くサポートしてくれるオプション。

 

次にひかりJの契約に必要な初期費用をみていきましょう。

契約事務手数料光回線工事費合計
3,000円0円3,000円

 

ご覧のようにひかりJは工事費無料。以前はホームタイプの場合18,000円、マンションタイプの場合15,000円の工事費が発生していましたが、2017年6月以降の申し込みでは新たに開始された「初回工事無料ブログラム」が適用され、工事費無料で契約できるようになりました。

他光回線でも工事費無料とするサービスはありますが、中にはキャンペーンなどがなく2万円程度の工事費が満額請求されるサービスもあります。そういったサービスと比較すると、ひかりJは申込しやすいサービスといえますね。

ひかりJキャンペーンや特典

まず残念ながら、ひかりJでは他社でよく展開しているような数万円のキャッシュバックキャンペーンは展開されていません。ひかりJで利用できるキャンペーン・特典は以下の通りです。

・工事費無料

繰り返すようにひかりJではホームタイプ(18,000円)・マンションタイプ(15,000円)の工事費が無料に。なお他光回線で請求されるような土日休日の割増料金(3,000円)についても無料となります。ただし、この特典は1回線に1回のみの適用となるので注意しましょう。

・auスマートバリューが適用

auスマホユーザーがひかりJを申し込むと、auスマートバリューが適用され、以下の通りauスマホの月額料金が割引されます。

※割引の内容は、auひかりなど他の光回線とセットで利用する場合と同じです。

プラン名割引額(毎月)
auピタットプラン
(シンプル:1GBまで)
割引対象外
auピタットプラン
※スーパーカケホ/カケホ:2GBまで
※シンプル:1GB超~2GBまで
500円
auピタットプラン
※スーパーカケホ/カケホ/シンプル
2GB超~20GBまで
1,000円
auフラットプラン20/301,000円
データ定額10/13/30最大2年間:2,000円
3年目~:934円
データ定額5/8/20最大2年間:1,410円
3年目~:934円
データ定額2/3934円
データ定額1最大2年間:934円
3年目~:500円

キャッシュバックキャンペーンの充実している光回線はこちら

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法2018年2月最新版

NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

ひかりJのメリット・デメリット

ここでは、ひかりJをえらぶか否かの判断材料になるように、メリット・デメリットをまとめて紹介します。光回線サービスえらびの参考にしてください。

▽【メリット1】工事費が無料

これはすでに書いた通りですね。ひかりJでは基本となる工事費用の他、土日休日の割増料金も無料となります。

▽【メリット2】auスマートバリューが適用可能

これも書いた通り。auスマホユーザーは注目です。

▽【メリット3】接続設定にID/パスワードの入力が不要

一般的な光回線のサービスでは、インターネットの接続設定にあたって、ルーターなどに専用のID・パスワードの入力が必要でした。その点ひかりJでは、サービスから提供されたひかり電話ルーターを接続するだけで、インターネットへ接続できます。ネットワークの設定に慣れていない方は、特に助かるでしょう。なお、場合によってはひかりJ でもPPPoE接続形式をとり、ID・パスワードの入力が必要になることもあります。

▽【デメリット1】キャッシュバックがない

この点が、ひかりJをえらぶ最も大きなデメリットといえるでしょう。すでにみたように、月額料金は他社光回線とそれほど変わらない上に、ひかりJと同様に工事費を実質無料とする事業者も多いです。そのため長い目で見ると、これらに加えてキャッシュバックがもらえる光回線サービスの方が、ひかりJより大幅にお得に使えるわけです。

たとえばひかりJと同様にauスマートバリューが適用できる「auひかり」では、工事費実質無料なのに加え、50,000円のキャッシュバック(※)がもらえるキャンペーンが展開されています。

※KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由での申し込みの場合

▽【デメリット2】電話契約が必須(東日本のユーザーについて)

他社光回線では、電話の契約をせずにインターネットのみ契約できることが多いです。しかしながらひかりJでは、(東日本ユーザーに限り)電話の契約が必須となります。たとえば一人暮らしなどで固定電話を使わない方は、使い辛いですね。

▽【デメリット3】メールアドレスが未提供

多くの光回線サービスでは、プロバイダーサービスの一環としてユーザーにメールアドレスを提供しています。しかしながらひかりJではメールアドレスを未提供。ユーザーがメールを利用するためには、ヤフーメールやGmailといったフリーメールを取得するなどの必要があります。

とはいえ、サービスを解約すると使えなくなってしまうプロバイダー提供のメールアドレスより、フリーで利用できるヤフーメール・Gmailが使われることが多くなっています。これらのメールアドレスの機能性もアップし、以前のように「フリーメールは登録できない」といったサービスも少なくなっていることから、あまり不便は感じないでしょう。