ozzio光はキャンペーンが行なわれている?高い違約金(解約金)とは?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ozzio光はキャンペーンが行なわれている?高い違約金(解約金)とは?

ozzio光とは

ozzio光は、PCなどの量販店として知られる「PC DEPOT」が運営する光コラボのインターネット接続サービスです。プロバイダ込みのサービスであり、提供エリアはNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光と同じです。

ozzio光やPC DEPOTの有料サポートサービスに関しては、2017年に20万円を超える高額な違約金(解約金)をしていたことが社会的に問題になりました。このニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか。この解約金(違約金)の内容については後述します。

ozzio光の料金

ベースとなるozzio光のサービス本体の契約に関しては(少し料金が高いものの)ほぼ一般的であり、他光回線サービスと比較して解約金(違約金)が特別高いということもありません。まずozzio光の月額費用は以下の通りです。

項目 回線費用 プロバイダ料
(ozzioプロバイダ)
合計
戸建住宅向け 4,500円 1,000円 5,500円
集合住宅向け 3,500円 1,000円 4,500円

 

この月額料金を他社光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
ozzio光 5,500円 4,500円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
OCN光 5,100円 3,600円
@nifty光 4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ご覧の通り、他社光回線サービスと比較して500円~1,000円程度月額料金が高いです。これだけでも、PC DEPOTをえらぶ大きなデメリットといえますね。次に初期費用についてみていきましょう。

・新規

契約事務手数料 代表的な工事費 合計
3,000円 ホームタイプ:18,000円
マンションタイプ:15,000円
18,000円~21,000円

 

・転用

契約事務手数料 代表的な工事費 合計
3,000円 3,000円

 

初期費用については、他社光コラボと変わらず、特別高いということはありません。

次に解約時の解約金(違約金)について説明します。ここで紹介した標準的な契約をするだけであれば、契約期間の縛りは2年です。その上で、契約更新月以外の解約で10,000円の解約金(違約金)が発生します。他社のパターンを比較してみると、たとえばOCN光が同じように2年間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生するので、これも他社と比較して特別高いということもありません。

最後に、ozzio光の加入者が申し込むことができる多機能FAXを利用した固定電話サービス「スマホで自宅FAX確認&電話かけ放題プラン」について紹介します。このサービスでは、パナソニック製の多機能FAX機(KX-PD101DL)が提供され、スマホを固定回線の子機として利用したり、外出先からスマホで受信FAXを確認したりすることが可能です。

このプランでは、月300回までの通話が「かけ放題」(1回10分の電話・FAX送信)となり、料金が2,000円/月です。LINEなどでなく固定電話を使っている方、FAXの送受信をされている方は便利なサービスと言えるのではないでしょうか。ただし、このプランは3年間の最低利用期間があり、3年以内に解約すると、最大で28,000円の違約金(解約金)が発生します。※これもozzio光の違約金(解約金)が割高になる一因です。

ozzio光でキャンペーンは行われているのか

他社のようなキャッシュバックはありませんが、ozzio光を店舗で加入することで、10,000円分の商品割引が受けられるキャンペーン特典があります。またozzio光と一緒に同社のサポートサービスに加入することで、ozzio光の工事費の分割代金(500円/月)から、毎月300円ずつ割り引くキャンペーンも展開中。

PC DEPOTのサポートサービスのコースは複数ありますが、たとえばその中の1つ「マルチネットワークプラン」は、家でも外でもスマホでインターネット接続をするユーザー向けのサポートサービス。設定やトラブルの際の困りごとを最大5台まで電話や遠隔操作、さらには店頭でサポートしてもらえます。マルチネットワークプランの料金は以下の通りです。

・契約時

項目 費用
初回事務手数料 5,000円

 

・月額料金

項目 月額料金
1年プラン 5,800円
3年プラン 4,500円

 

・違約金(解約金)

項目 概要
1年プラン 加入月~11ヵ月目:20,000円※毎月1,250円ずつ減額
12ヵ月目以降:0円
3年プラン 加入月~35ヵ月目:25,000円※毎月417円ずつ減額
36ヵ月目以降:0円

 

他社光コラボでは、電話や遠隔操作での有料サポートを月額500円程度で提供しているのと比較すると、(店頭でのサポートはつかないとはいえ)月額料金が非常に高いですね。本体の光コラボの契約と同程度もしくはそれ以上の月額料金です。加えて、違約金(解約金)の額も20,000円以上と高額。20万円をこえる違約金とは、こういった付加的な契約が積み重なって発生したわけです。

それから公式サイトには掲載されていませんが、店舗ではここで紹介した商品割引・工事費割り引き以外のキャンペーンが展開されているようです。たとえば「さんねんMAXプラン」というキャンペーンでは、PC DEPOTの商品が5万円割引となる代わりに、3年間の最低利用期間が設定され、それ以前に解約すると違約金(解約金)が最大で8万円にもなります。

ちなみに他社光回線では、上記のような高額な違約金(解約金)が加算されることもなく、逆に以下のようなキャッシュバックキャンペーンを展開しています。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 10,000~33,000円 公式サイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円

他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

キャッシュバックであれば、PC DEPOTの商品割引と違って使い道は自由ですし、5万円の割引につられずに他のキャンペーンもチェックした方がよいでしょう。手続きに失敗してキャッシュバック受け取りに失敗するユーザーもときどきいるとはいえ、気を付けておけば問題ありません。ちなみにozzio光は、「代理店経由で申し込んでキャッシュバックをもらう」といったこともできません。

さらにozzio光では、au・ソフトバンク・ドコモの光回線サービスのような、スマホの月額料金が割引になるようなキャンペーン特典もありません。その点でも、他社光回線サービスの方がお得といえます。

キャンペーンや特典が充実している光回線ならこちら

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法2018年4月最新版

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

コミュファ光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!! 一番オトクなキャンペーンはコレ

ozzio光の評判

ozzio光は、上記のように違約金が高額になってしまうことから悪い評判が多いです。標準のozzio光のプランだけであれば、一般的な光コラボと価格や違約金(解約金)の内容が驚くほどは変わりません。(繰り返すように月額料金は多少高いですが…)

しかし有料サポートをはじめとした複数のオプションプランをすすめられ加入することにより、最初に書いた通り違約金が合計20万円になることもある、といわれたら不安にもなりますね。実際、ネットには既存ユーザーや、PC DEPOTを検討するユーザーの、不満や不安を訴える口コミが数多く見受けられます。

また違約金(解約金)の件以外にも、「サポートセンターにつながりにくい」「速度が遅い」といった口コミ・評判も散見します。逆に、良い評判や口コミはほとんどみかけません。

ozzio光に関する注意点

ozzio光自体は、一般的なコラボ光とあまりかわらない(それでも少し高めですが…)ものの、有料サポートや商品割引・購入などのオプションをどんどん追加することで、違約金(解約金)が膨大になる可能性があります。仮に申し込むのであれば、店員に逐一チェックして、各オプションの違約金(解約金)の内容を確かめ、十分に納得してから契約するべきでしょう。

また、たとえばPC DEPOTを使い慣れているなどで、他の商品購入と一緒にozzio光を申し込もう、と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、月額料金やキャッシュバックなどで他社光回線の方がお得になる可能性が高いです。ozzio光以外の他サービスの内容もよくチェックした上で、違約金(解約金)が膨大になる可能性もあるozzio光をえらぶか検討することをおすすめします。