Gigaパルフェ光とは?キャンペーンやメリット・デメリットを徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

Gigaパルフェ光とは?キャンペーンやメリット・デメリットを徹底解説

Gigaパルフェ光とは

光回線をいろいろ調べている方でも、Gigaパルフェ光という名前を聞いたことがない方は多いかもしれませんね。自治体や企業などに向けて防災備蓄・防災Wi-Fiといったサービスを提供する(個人向け通信販売もあり) 株式会社APPRIZEが販売する光コラボレーションの通信サービス。提供が開始されたのは2017年2月1日と、光回線としては新しいサービスです。

ちなみにサービスの販売は株式会社APPRIZEですが、提供元は通信回線の取次や家電・カーテンの販売などを行う株式会社G.I.N(ジーアイエヌ)。そのため毎月の請求も、株式会社G.I.Nから行われます。

Gigaパルフェ光の公式サイトはたった1ページのみ。仮にこのサービスを見つけたとしても情報が少なく、このサービスをえらぶべきか迷っている方が多いことでしょう。

Gigaパルフェ光の料金プラン

Gigaパルフェ光が公式サイトで紹介している光コラボレーションの料金プランは、月額3,980円のマンションタイプのみです。プランには回線の他、プロバイダー料金、さらには無線LAN機器も含まれます。

一方で戸建向け(ファミリータイプ)のプランの料金は、2018年3月現在、公式サイトには記載されていません。ファミリータイプについては、電話で問い合わせた顧客に対して案内すると書かれています。

個人的にコールセンターへ問い合わせて確認したところ、戸建向けは月額4,980円で提供するとのことでしたが、繰り返すように公式サイトに載せている情報ではないので、契約時に変更されている可能性もあります。興味のある方は、実際に問い合わせて確認してください。

※オペレーターの方によると、「しばらく料金を変更する予定はない」とのことでしたが、公式サイトでふれられていない以上、断言はできません。

ちなみに初期費用として必要となるのは登録料800円と、工事費用24,000円(土日祝日は3,000円追加)のあわせて24,800円~。またフレッツ光の回線を使った光コラボレーションのサービスなのでひかり電話もオプションとして提供しており、基本プランは月額950円、最大3時間分の無料通話がついたエースプランは月額1,950円です。

Gigaパルフェ光のキャッシュバックやキャンペーン

Gigaパルフェ光では、月額料金最大5ヵ月間無料のキャンペーンを展開中。月額3,980円なので、最大で2万円ほどお得になる計算です。

ちなみにコールセンターに確認したところ月額4,980円のファミリータイプでは、「無料の期間が最大3ヵ月になる」とのこと。ただし繰り返すように、これも公式サイトに記載されている情報ではないので、申込時に有効かどうかは分かりません。必ず申込時に電話で確認するようにしてください。

なお他社光回線サービスのように、高額なキャッシュバックが特典として提供されるキャンペーンは現在展開されていません。2017年10月1日~2017年12月31日までの間に、他社からの乗り換えで申し込んだ場合は、最大1万円のキャッシュバックが実施されていましたが、残念ながらすでにこのキャンペーンは終了しています。

※この点も、念のため電話で確認済です。

キャッシュバック額は、他社から乗り換え時の解約金(工事費の残債を含まず)が20,000円以下では5,000円、20,000円を超えると10,000円でした。

Gigaパルフェ光のメリット・デメリット

ここではGigaパルフェ光をえらぶメリット・デメリットを、ポイントごとにわかりやすくご紹介。Gigaパルフェ光を契約するか否か迷っている方は、こちらを参考にしてください。

▽【メリット1】キャンペーンがキャッシュバックと比較して手間なくお得

キャッシュバックキャンペーンの場合、お得ではあるものの指定された方法に従って振込先の銀行口座を登録するなど、受取のための手続きが必要。またもらえるのが契約からだいぶ先になったり、「契約してから○ヵ月(年)以内に解約すると無効」などの条件があったりすることもあります。

それと比較すると、Gigaパルフェ光の「最大5ヵ月無料」というのは、手軽にお得なのは魅力です。月額料金が約4,000円なので、手続きなど何もしなくても「2万円程度のキャッシュバックがもらえるのと同じ価値がある」とも言えますね。

▽【メリット2】料金体系がシンプル

シンプルというか公式サイトに掲載されているのはマンションタイプ「月額3,980円」のみですが、「○年の利用で●円引き」といったルールによって複数の料金体系がある他社と比較すると料金体系がシンプルでわかりやすいとは言えます。価格の把握が簡単ですし、迷うことがありません。

▽【メリット3】無線LAN込の月額料金と考えると他社と比べて少し安価

Gigaパルフェ光は月額料金が若干ではありますが、以下の通り他光回線サービスと比較して高めの部類に入ります。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
Gigaパルフェ光 (4,800円) 3,980円
BBエキサイト光
(BBexcite光)
4,360円 3,360円
OCN光 5,100円 3,600円
@nifty光 4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ただしGigaパルフェ光の上記価格は、他社で月額数百円程度(auひかりなら月額500円)する無線LAN機器も含まれたもの。それを考慮すれば、逆にお得とはいえます。

※Gigaパルフェ光で無線LAN機器を付与せず月額料金をさらに安くするプランはありません。

▽【メリット4】IPv4 over IPv6 IPoE方式を採用しているため設定が簡単

光回線では、一般的に「IPv6 PPPoE接続」という方式によりインターネット接続することが多いです。この方式では、光回線開通後の設定の際に機器へIDやパスワードの入力が必要。たいしてGigaパルフェ光が採用するIPv4 over IPv6 IPoE方式では、その必要がありません。開通後、機器を接続すると自動的にインターネットへ接続されるのです。また、IPv4 over IPv6 IPoE方式のインターネット接続は、高速で安定性が高いともいわれています。

▽【デメリット1】キャッシュバックや工事費無料のキャンペーンがない

他社光回線サービスでは、契約で数万円のキャッシュバックを行ったり工事費用を実質無料にしたりといったキャンペーンを展開していることが多いです。たいしてGigaパルフェ光では、すでに述べたようにキャッシュバックのキャンペーンが終了している上に、工事費が24,000円~かかってしまいます。仮に最大5ヵ月無料があっても、上述の通りこれでお得になるのは最大で2万円程度なので、残念ながら工事費の穴埋めにもなりません。

▽【デメリット2】スマホなどのセット割がない

Softbank光・ドコモ光・auひかりといった大手携帯キャリアが運営する光回線サービスでは、セット割を適用することでそれぞれのスマホ契約の月額料金を割り引くことが可能。割引の金額はスマホの契約のデータ通信量などによって異なりますが、おおよそ以下の通りです。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

Gigaパルフェ光に限りませんが、こういったスマホのセット割がないのはデメリットの1つといえます。

▽【デメリット3】他大手と比較してプロバイダーとしての実績が未知数

OCNやniftyといった名の知れた大手プロバイダーと比較すると、あまり知られていないGigaパルフェ光は実績が未知数な点は否めません。もちろんだからといって、サポートやサービスに不安があると断定できるものではありませんが、名の知れたプロバイダーの方が安心しておすすめできますね。

キャッシュバックやスマホとのセット割のあるauひかりのキャンペーン詳細はこちら

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

Gigaパルフェ光の評判

Gigaパルフェ光はユーザー数がまだ一定数に達していないのか、インターネットをいろいろと探してみましたが口コミや評判は見当たりませんでした。それだけにこのサービスの品質を推し量ることができません。上述もしましたがユーザー数の多い大手プロバイダーなどと比較して実績が未知数で不安が残りますね。