TNCヒカリのキャンペーンや他光回線と比較したメリット・デメリットまとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

TNCヒカリのキャンペーンや他光回線と比較したメリット・デメリットまとめ

TNCヒカリとは

TNCヒカリは、静岡県内No1シェアを誇る地域密着型プロバイダ「TNC(TOKAIネットワーククラブ)」による光コラボレーションサービス(以下、光コラボ)のインターネット接続サービスです。一般的な光コラボと異なり、TNCヒカリが提供されているのはNTT西日本かつ静岡県内のみ。それ以外の地域の方は提供エリア外となり、TNCヒカリは申し込めません。

TNCの運営元は、株式会社TOKAIコミュニケーションズ。TNCヒカリ以外にも、格安SIMサービス「LIBMO」などを展開している事業者です。

TNCヒカリの料金

まず月額料金は以下の通りです。

コース 月額料金
ファミリータイプ 5,100円
マンションタイプ 3,800円

※2年バリューパック適用時
※2年バリューパック適用にはヒカリ電話などの契約が必要

他の光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
TNCヒカリ 5,100円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
@nifty光 4,500円
※3年目以降は5,200円
3,400円
※3年目以降は3,980円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

他のサービスと比べて月額料金に大きな差はないですね。TNCヒカリがお得か否かは、他の点を考慮して判断した方がよさそうです。

次に、TNCヒカリが提供する主なオプションサービスは以下の通りです。

オプション名 月額料金 詳細
ヒカリ電話 500円 光回線を使ったお得な電話サービス。固定電話宛の通話が国内一律3分8円など。
テレビオプション 660円 アンテナ不要で地上デジタル、BSデジタルのチャンネルを視聴できるサービス。
リモートサポート 500円 インターネットやパソコン、周辺機器の分からないことを電話や遠隔操作でサポートしてくれるオプション。

 

このオプションの詳細や料金は、他光コラボとかわりません。

次にTNCヒカリ契約に必要な初期費用は以下の通りです。

コース 契約事務手数料 標準工事費 初期費用合計
ファミリータイプ 3,000円 18,000円 21,000円
マンションタイプ 3,000円 15,000円 18,000円

※新設の場合。転用の場合は、工事が行なわれないので契約事務手数料3,000円のみです。

なお、くわしくは後述しますが、標準工事費はキャンペーンによって実質無料となります。ただ、同様のキャンペーンは、他光回線サービスでも多く展開しているので、特別TNCヒカリがお得とは言えません。

最後に解約時の違約金(解約金)について。月額料金の割引「2年バリューパック」には、24ヵ月の契約期間が設定されており、契約更新月以外に解約すると違約金(解約金)として12,000円が発生することになります。

違約金(解約金)についても、他社光回線と比較してみましょう。以下、他の主要な光コラボサービスの違約金(解約金)を参考までに記載します。

サービス名 契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光 2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光 30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光 2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

期間や金額の若干の差こそあれ、TNCヒカリの違約金(解約金)の負担が特別軽い、重いということはなさそうですね。この点は、他社光回線と比較してほとんど差がないといってよいでしよう。

TNCヒカリの特典やキャンペーン

TNCヒカリでは、以下にあげる4つのキャンペーン・特典を展開しています。以下、それぞれのキャンペーン・特典についてくわしく紹介します。

【1】契約事務手数料無料

TNCヒカリ契約時に生じる契約事務手数料3,000円が無料となります。ただしこのキャンペーン(安心To快適スタート割)適用には以下いずれかのオプションを契約する必要があります。

・ヒカリ電話

・TNCポケット及びTNCネットPCレスキュー隊

・TOKAI SAFE

【2】工事費実質無料

工事費について、ファミリータイプでは600円/月×30回払い(合計18,000円)が、マンションタイプでは500円×30回払い(合計15,000円)の分割が可能。そしてこの分の月額料金を割り引くことで工事費実質無料とするキャンペーンを展開しています。

なお工事費実質無料も契約事務手数料無料と同じ「安心To快適スタート割」の一部であり、ヒカリ電話などの契約が必須という条件はかわりません。

【3】他社プロバイダ・光回線の違約金(解約金)を最大10,000円までキャッシュバック

他社プロバイダ・光回線からTNCヒカリへの移行の際に違約金(解約金)が発生した場合に、その分を最大10,000円までキャッシュバックで負担してくれます。これも「安心To快適スタート割」のうちの1つの特典で、ヒカリ電話などの契約が必要です。なおキャッシュバックをもらうためには、他社プロバイダや光回線の違約金(解約金)の内容を証明するための明細の控えを、専用の申請書と一緒に送る必要があります。

【4】TNCヒカリ+LIBMOのセット割

LIBMOは、TOKAIコミュニケーションズが運営する格安SIMサービスです。TNCヒカリ+LIBMO(3GB/月以上のプラン)をセットで利用することで、月額料金が毎月最大300円割引となります。割引額はLIBMO側のプランによって以下の通り異なります。

プラン種別 割引額
ライトプラン なし
3GBプラン 100円/月
6GBプラン 200円/月
10GB/20GB/30GBプラン 300円/月

 

他社光回線のキャンペーン詳細はこちらから

NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

TNCヒカリのメリット・デメリット

▽まずメリットは?

LIBMOを使っている場合は、TNCヒカリを契約することでお得になるのはメリットといえるでしょう。契約事務手数料が無料となるのも、他社と比較した場合のメリットです。

▽それではデメリットは?

たいしてデメリットとしてまずあげられるのは、提供エリアがNTT西日本エリア(静岡県内)のみと狭いことがあげられます。他の光回線の多くのは、NTT西日本エリア・NTT東日本エリア両方での利用が可能です。

次のデメリットはサービスのお得さについて。上述したように月額料金で他社とほとんど差がない割に、キャンペーンや特典の内容がお得ではないです。

まず工事費実質無料については、多くのサービスで展開しているためTNCヒカリ特有のメリットとは言えません。

次に他社違約金(解約金)を最大1万円分キャッシュバックしてくれるキャンペーンですが、結論から言って他社の方がよりお得なキャンペーンを展開しています。このキャンペーンは当然「他社違約金が発生する」ことが前提ですが、多くの光回線サービスで、そういった条件なしに以下のようなキャッシュバックを行うキャンペーンを展開しているのです。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 35,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
ぷらら光 10,000円~55,000円 公式サイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

ご覧の通りお得な額も表に示した他のキャンペーンの方が大きいですし、TNCひかりのキャンペーンよりお得といえるでしょう。

最後に、格安SIM「LIBMO」とのセット割について。これも結論からいって他社光回線サービスの特典の方がお得。他社光回線では、大手携帯キャリアのセット割を展開しており、その際の割引額は以下の通りです。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

そもそも格安SIMは月額料金が安いとはいえ、TNCひかりで最大でも300円/月までしか割り引かれないのと比較すると、上記割引の方がずっとお得ですね。

たとえば、比較した中でauひかりであれば、TNCひかり同様、初期工事費実質無料のキャンペーンがある上に、最大で5万円のキャッシュバックがもらえて、なおかつauスマホの月額も最大2,000円割り引けるわけです。お得に契約したいなら、TNCひかりより他社光回線をえらんだ方がよいでしょう。