スマモバ光ってどんなサービス?キャンペーンやメリット・デメリットを徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

スマモバ光ってどんなサービス?キャンペーンやメリット・デメリットを徹底解説

スマモバ光とは

スマモバ光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線を使った光コラボによるインターネット接続サービスの1つ。光コラボなので、プロバイダも回線と一緒に一括で契約可能です。

運営元のスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社は、他にもドコモ回線を使った格安SIMのサービスを展開していることでも知られています。くわしくは後述しますが、この格安SIMサービスとセットにした割引も展開している点にも注目のサービスです。

スマモバ光の料金プラン

スマモバ光は、他光コラボ同様に戸建住宅向けプラン(ファミリープラス)・集合住宅向けプラン(マンションプラス)があり、それぞれの月額料金は以下の通りです。

※プロバイダ料金込みの金額です。

項目 月額料金
ファミリープラスプラン 6,200円
マンションプラスプラン 4,800円

 

月額料金は他社光回線と比較して高いですね。以下、比較表で実際どのくらい他社光回線と差があるのかみてみましょう。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
スマモバ光 6,200円 4,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

戸建住宅向け・集合住宅向けいずれも、他社光回線と比較して月額約1,000円高いですね。

次にオプションについてみていきましょう。スマモバ光が提供する主なオプションの内容は以下の通りです。

項目 月額料金 概要
スマモバ光電話 550円 光回線を経由したIP電話サービス。
スマモバ光テレビ 660円 光回線を利用することでアンテナなしで地上デジタルやBS・CSの放送がみられるサービス。
スマモバリモートサポート 500円 パソコンや周辺機器の困りごとを電話や遠隔操作でサポートするサービス。

 

他光コラボサービスが提供するオプションと内容はほぼ変わりません。ただ他社光コラボでは、スマモバ光電話にあたるようなIP電話のサービスをだいたい月額500円で提供しているところ、スマモバ光電話に関しては50円高くなっています。

次にスマモバ光を契約する際に必要となる初期費用は以下の通りです。

・新設の場合

登録事務手数料 スマモバ光契約料料 標準工事費用
3,000円 800円 24,000円

※標準工事費用は戸建住宅向け・集合住宅向け共に同じ。

 

・転用の場合

登録事務手数料 スマモバ光契約料料 標準工事費用
3,000円 800円 0円

 

他社光回線サービスでは、「スマモバ光契約料」にあたる料金が請求されることは少ないので、その分スマモバ光の初期費用は高いですね。加えて標準工事費用も他社より高め。たとえば同じ光コラボのOCN光では、戸建て向け18,000円、集合住宅向け15,000円であるところ、スマモバ光では戸建・集合住宅いずれも24,000円です。

最後に解約時の違約金(解約事務手数料)について。スマモバ光では24ヵ月の契約期間が定められており、契約更新月以外に解約すると9,975円の違約金が請求されることになります。この条件は他の光コラボと比較して若干ではありますが、ユーザーにとってゆるいです。以下参考までに、他光コラボの違約金の例を記載します。

サービス名 契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光 2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光 30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光 2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

上記と比較すると契約期間は比較的短く、違約金の額も少しですが他社より安価です。

スマモバ光のキャッシュバックやキャンペーン

スマモバ光が展開しているキャンペーン特典は、スマモバの格安SIM契約とセットにした割引のみです。この割引では、まずスマモバ光の月額料金が最大2年間1,000円割引(インターネット割)となります。

上記で比較した通り、他社光回線サービスと比較してスマモバ光は月額料金が約1,000円高いため、この割引によってようやく他社とほぼ同等に並びます。他社光回線より安くなるわけではありません。それに2年後は、この割引がきれて他社より月額料金が高い状態に戻ってしまいます。

くわえて、スマモバの格安SIMサービスの中でも、スマモバ光とセットになるのが「LTE使い放題プラン」「ギガプレミアムプラン」「スマートリッチ25プラン」であれば、それらプラン側の月額料金も以下の通り安くなります。

契約している家族の人数 1回線あたりの割引額
1人 200円/月
2人 300円/月
3人 400円/月
4人 500円/月

 

家族4人で割引が適用されれば、割引額の合計は500円/月×4人分で2,000円になります。

一方、キャッシュバックのキャンペーンは展開されていません。

スマモバ光のメリット・デメリット

他光回線サービスと比較した場合の、スマモバ光のメリットはスマモバの格安SIMサービスとのセット割があることでしょう。スマモバの格安SIMサービスが1人あたり毎月200円~500円引かれるのはお得ではあります。

またセット割の対象となる「LTE使い放題プラン(通話プランなら月額3,480円)」は、毎月のデータ通信量に上限がありません。スマホでのインターネット接続で速度制限に悩まされていた方の注目が集まるプランです。ただ通信速度に関する評判は、大手携帯キャリアの方がよいので、速度重視であればあまりおすすめできないですね。

くわえて月間データ通信量での速度制限はないものの、3日間で3GBのデータ通信量を消費すると、翌日の深夜0時まで速度制限が行なわれ通信速度が最大200Kbpsとなります。そのため湯水のごとくデータ通信量を消費できるプランというわけでもないです。

一方、スマモバ光をえらぶデメリットとして、以下3つがあげられます。

▽月額料金が他社より高い

上述した通りです。仮にスマモバのセット割を適用して毎月1,000円割引になったとしても、それで他社光回線とほぼ同等の水準。スマモバを契約していなければ最初から1,000円高いわけですし、仮に契約していたとしても2年後以降は他社より高い金額で光回線を使うことになります。

▽工事費用無料やキャッシュバックなどの割引がない

他社光回線では、数万円の工事費用を分割払いとして、なおかつそれと同額の月額料金を割り引くというかたちで工事費実質無料としているケースが多いです。しかしながら、同様の割引がスマモバ光にはありません。そのためスマモバ光の標準工事費用24,000円分を他社より余計に支払わなくてはならないことになります。

また他社光回線サービスでは以下に例であげるような高額なキャッシュバックを行うキャンペーンを展開しています。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 35,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

スマモバ光ではキャッシュバックキャンペーンがないため、他社光回線を契約するのと比較するとその分、損になってしまうわけです。

▽格安SIMの割引額が高くはない

上述したスマモバとのセット割ですが、この割引があること自体はメリットといえるものの、その割引額は同様のサービスを行う他社と比較しても残念ながら少ないです。

たとえば、大手携帯キャリアのセット割では、1回線あたり以下の金額が割り引かれます。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

スマモバ光の割引額が最大で500円のところ、大手携帯キャリアの割引額は最小でも500円。この差は大きいと言わざるをえませんね。スマモバ自体は、使い放題のプランでも通話プランで月額3,480円と安価なので、一概に大手携帯キャリアの割引と比較することはできないとはいえ、割引額で見劣りするのは否めません。

以上のように、スマモバ光は他社光回線と比較してコストパフォーマンスがよいとは言えないので、通信費用を節約したいのであれば、他の光回線がおすすめです。

一方で例えば他社のスマホ料金がデータ通信量を使い過ぎて高額になっているような場合に、スマモバのLTE使い放題プランで毎月数千円程度の節約になる、といった方であれば、スマモバ光はおすすめできます。

NURO光ならキャッシュバックもスマホの割引もあるのでおすすめです。NURO光のキャンペーンについて詳しくはこちら
NURO光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ