スマートライフ光のキャンペーンやサービス概要・評判の徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

スマートライフ光のキャンペーンやサービス概要・評判の徹底解説

スマートライフ光とは

スマートライフ光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線を用いたいわゆる「光コラボ」によるインターネット接続サービス。フレッツ光の回線品質そのままに、光回線とプロバイダ契約がまとめて提供されます。

そしてスマートライフ光を運営しているのは株式会社トリニアス。インターネット接続サービスの提供元としてはあまり聞いたことがないかもしれませんが、コールセンターの運営などが主な事業内容の会社です。

スマートライフ光の料金プラン

スマートライフ光は他光コラボ同様に戸建向のファミリープラン、集合住宅向けのマンションプランがある他、セキュリティがセットになったプランがあります。プロバイダ契約のみがセットになったプランを「セットプラン」、プロバイダ契約に加えくわえてセキュリティがセットになったプランを「セットプラン+」といいます。

それぞれの月額料金は以下の通りです。

▽ファミリータイプ

項目 月額料金(通常) 3年割適用時の月額
スマートライフ光
セットプラン
6,200円 5,380円
スマートライフ光
セットプラン+
6,318円 5,498円

 

▽マンションタイプ

項目 月額料金(通常) 3年割適用時の月額
スマートライフ光
セットプラン
4,900円 4,380円
スマートライフ光
セットプラン+
4,918円 4,398円

 

ご覧の通りセットプランとセキュリティがセットになったセットプラン+では、月額料金の差がほとんどないので、セットプラン+をえらんだ方がよさそうですね。

ちなみに公式サイトに大きく表示されている月額料金は上記より数百円程度安くなっています。他光回線サービスの料金と比較している方は、一瞬「安いな!」と感じるかもしれませんが、これはプロバイダ費用なしの金額。

小さくその旨の注意書きはあるものの、紛らわしくなっているのでご注意ください。わたしが確認した限り、プロバイダ費用込みの金額は利用規約のPDFファイルにしか掲載されていませんでした。

加えて、スマートライフ光では支払い方法ごとに以下支払手数料が請求される点にも注意が必要です。

支払い方法 料金
口座振替 100円
クレジットカード払い 100円
コンビニ決済 500円
※初回のみ100円

 

この分だけ、月額料金が高くなることになります。ちなみにこの支払手数料についても利用規約にしか記載がみつかりませんでした…。契約してからはじめて請求されていることに気づく、といったユーザーも多いのではないでしょうか。

以下、スマートライフ光と他光回線サービスの月額料金を比較してみましょう。スマートライフ光はプロバイダ契約がセットになった「セットプラン」(3年割適用)の金額を記載します。

サービス名 戸建住宅 集合住宅
スマートライフ光 6,200円 4,900円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ご覧の通り、他社光回線と比較して月額料金が1,000円程度高くなっています。しかも上記スマートライフ光は支払手数料抜きの金額なので、それを足せばさらに差が開くことになります。

次にスマートライフ光が提供する主なオプションと月額料金は以下の通りです。

オプション名 月額料金 概要
スマート光電話 500円 光回線を経由した電話サービス
スマートライフTV 660円 光回線を利用することによりアンテナなしで地上デジタルやBS・CSの放送が楽しめるサービス

 

これらオプションの内容と月額料金は、他光コラボと同じで差はありません。

次にスマートライフ光の初期費用は以下の通りです。

▽新設の場合

契約事務手数料 800円
開通工事費(工事費用) ファミリータイプ(戸建向け):18,000円
マンションタイプ(集合住宅向け):15,000円

 

▽転用の場合

契約事務手数料 3,000円
開通工事費(工事費用)

 

次に解約時の違約金(解約金)について説明します。スマートライフ光では、基本となる契約に36ヵ月の最低利用期間があり、期間内に解約すると15,000円の違約金が請求されることになります。くわえて3年割を適用する場合は、3年間の契約期間が設けられ、3年ごとの契約更新月以外に解約をした際の違約金(解約金)は9,800円です。つまり3年以内に解約することにより、合計で24,800円の違約金(解約金)が請求されるわけです。

この契約期間や最低利用期間の縛りは他社光回線と比較しても厳しいと言わざるをえません。参考までに他社光コラボの契約期間や違約金(解約金)の例を以下に記載します。

サービス名 契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光 2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光 30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光 2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

いかがですが? 比較した中では、契約期間の長さは最も長く、3年以内に解約した際の違約金(解約金)は最も高いです。

スマートライフ光のキャンペーンやキャッシュバック

まず結論から言うと、スマートライフ光ではお得になるようなキャンペーンや特典はありません。強いてあげるとすれば、3年割がそれにあてはまるかもしれませんが、他社光回線でも同様の割引はしていますので、メリットというまでもありませんね。

一例として他社では以下にあげるようなキャッシュバックのキャンペーンを展開していることが多いです。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 30,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

一方で、スマートライフ光では上記のようなキャンペーンが展開されていないため、その分、損をしている、ということにもなります。

さらに他社光回線サービスでは、数万円の工事費用を分割払いとして、同額の月額料金を割り引くことにより実質工事費無料とするキャンペーンを展開している事業者が多いです。しかし残念ながら、スマートライフ光ではそういったキャンペーンは展開されていないので、新設の場合は他社光回線と比較して2万円弱の工事費用分がまるまる他社と比較して損ということになります。

それからスマートライフ光では他社光回線であるようなスマホとセットにした月額料金の割引もありません。他社光回線のセット割では、以下金額が毎月のスマホ料金から割り引くことが可能です。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

対象のキャリアのスマホをお持ちであれば、スマートライフ光を契約することで、本来割り引かれるはずの上記金額分が損になる、というわけです…。

スマートライフ光の評判・口コミ

スマートライフ光は、2017年11月にリリースされたばかりのサービスですが、インターネットに寄せられた口コミや評判を見ていくと、まぎらわしい案内の勧誘電話がかかってきたと訴えるユーザーの数が多いことに驚きます。勧誘電話の営業マンは、「NTTフレッツ光が新しくなります」と言い、あたかもNTTの代理店のような口ぶりで話をするので勘違いして転用の手続きをしてしまう方が多いようです。

確かに転用することでフレッツ光より安くなるケースもありますが、現在はフレッツ光もさまざまな割引プランを用意しているので必ずしも安くなるとは限りません。いずれにしろ、誤解を招くような勧誘電話で多くのユーザーが不満を訴えています。

スマートライフ光(株式会社トリニアス)の勧誘電話があった際は、すぐに転用に飛びつかず、この記事を参考にするなどしてじっくり他光回線サービスと比較されるのがおすすめです。万が一、あやまって契約してしまった際には、速やかにサポートセンターまで解約の電話をするようにしましょう。

契約書面が届いてから8日以内に手続きをすれば、初期契約解除制度により違約金などが発生せずに解約することができます。

ちなみに、スマートライフ光は始まって間もないサービスであるためか、この記事を執筆している2018年4月時点で通信速度に関する評判は少ないです。ただ少ないながらも「スマートライフ光にかえたら1Mbps未満の速度になった」という評判もみかけます。もちろん通信速度は環境によるので一概に遅くなるとは言えませんが、注意が必要ですね。

結局、スマートライフ光は他社光回線と比較しておすすめか

これまでまとめた情報を振り返ると、スマートライフ光は他光回線サービスと比較して月額料金や違約金(解約金)が高いですし、工事費用が無料とならないので新設の場合は初期費用も高いです。さらにスマホの月額料金が安くなるような特典もないので、他光回線をえらんだ方が大幅に費用を節約できるでしょう。

またスマートライフ光をえらぶメリットとなるようなオプションは見当たりませんし、ことさら通信速度が速くなるといった評判もみかけません。(少ないですが遅くなった、という評判はみかけます。)

このことからスマートライフ光は、他社光回線と比較してあまりおすすめできません。仮にフレッツ光からの転用を検討されるのであれば、他光回線サービスをえらぶことをおすすめします。

他社光回線のキャンペーン詳細はこちら

NURO光キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ

auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法