JANIS光のキャンペーンやサービス内容を徹底解説!

JANIS光とは

JANIS光は、NTT東日本の光回線を使って提供される光コラボのインターネット接続サービスの1つです。全国で利用できるほとんどの光コラボサービスに対して、JANIS光が申し込めるのは長野県のフレッツ光提供エリアのみ。NTT西日本及びNTT東日本の中でも他県では申しこめません。地元に根差したサービスといえます。

提供元はプロバイダーサービスの他、システムインテグレーション・ネットワークサービスの提供を行う株式会社長野県協同電算。その事業の1つとして、長野県内の農家向けのJA長野県農業情報サービス「AGRINET(アグリネット)」を運用しています。アグリネットの利用者がJANIS光を契約すると、JANIS光の月額料金が毎月100円割引となります。

JANIS光の料金

まずJANIS光の月額料金は以下の通りです。

項目月額料金
JANIS光 ファミリー
※戸建住宅向け
5,100円
JANIS光 マンション
※集合住宅向け
4,100円

 

アグリネット加入者は、上記より月額料金がさらに100円引きとなります。これを他光回線サービスの月額料金と比較してみましょう。

サービス名戸建住宅タイプ集合住宅タイプ
JANIS光5,100円4,100円
JANIS光
※アグリネット加入者
5,000円4,000円
ビッグローブ光4,980円3,980円
ぷらら光4,800円3,600円
OCN光5,100円3,600円
SoftBank光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,800円

 

こうして比較してみても、JANIS光の月額料金は他社光回線と比較して、戸建て向けプランは同じぐらい、集合住宅向けプランに至っては若干高いぐらいですが大差がないといってよいですね。

なおJANIS光では他光コラボと違い、ひかり電話などのオプションサービスを提供していません。仮にひかり電話が使いたい場合は、NTT東日本に直接申し込むことになります。(JANISに取り次いでもらうこと自体は可能)

NTT東日本にひかり電話を申し込んだ場合の月額料金は500円~で、他光コラボサービスで申し込んだ場合とサービス内容・費用共にかわりません。

次にJANIS光の初期費用は以下の通りです。

項目契約事務手数料工事費
光回線新設の場合3,000円0円
フレッツ光からの転用の場合3,000円2,000円~18,000円

 

最後に解約時の解約違約金(以下、違約金・解約金と略します)について。JANIS光の最低利用期間は1ヵ月であり、1ヵ月未満で解約した場合は、初期費用+1ヵ月分の月額料金のみ請求されることになります。その他、違約金(解約金)はかかりません。2~3年の契約期間がもうけられて、契約更新月以外に解約すると1~2万円程度の違約金(解約金)が請求される他社光回線サービスと比較するとユーザーにやさしいですね。

ただし後述するキャンペーンを適用した場合、別途違約金(解約金)が請求されることがあります。くわしくは別途解説します。

JANIS光の割引やキャンペーンについて

JANIS光では新規申込のユーザーに限り初期費用最大31,000円分を割り引くキャンペーンを展開中。割引となる費目や料金は以下の通りです。

費目料金
標準工事費最大18,000円
事務手数料3,000円
訪問設定料10,000円

 

なお、転用の場合は、事務手数料3,000円のみキャンペーン適用で無料となります。

ただしこのキャンペーンを適用する場合、24ヵ月の最低利用期間が設定され、仮にそれ以前に解約すると20,000円の違約金(解約金)が請求されることになります。

JANIS光のメリット・デメリット

以下、他社光回線と比較下場合のJANIS光のメリット・デメリットを1つずつ解説します。他社光回線との比較にお役立て下さい。

【メリット1】初期費用に関するキャンペーンが他社より充実

工事費無料は他社でも同様のキャンペーンを展開していることが多いので、特別JANIS光に限ったメリットとは言えないでしょう。

ただし他社光回線の場合は、数万円の工事費用を分割払いとした上で、それと同額の月額料金を割り引く「実質工事費無料」といった内容がほとんど。仮に分割払い終了前に解約してしまうと、分割払いの残金は割引なしで支払わなければならないので、その分、JANIS光の方がユーザーにとってはお得です。

契約事務手数料3,000円が無料になるキャンペーンも他社ではほとんど行っていません。訪問設定は、ちょっと設定に慣れているユーザーなら使わないことも多いと想定されますが、無料となるキャンペーンはプロバイダーによっては行っていないことも多いです。これらの点については、他社光回線と比較してメリットといえるでしょう。

▽【メリット2】契約期間のかわりに最低利用期間による縛りがある

上述した通り、キャンペーン適用なしの状態では最低利用期間が1ヵ月のみで違約金(解約金)なし、キャンペーン適用時には2年間の最低利用期間が設定され、最低利用期間内の解約で20,000円の違約金(解約金)が発生します。

他の光コラボサービスと違約金(解約金)の条件や額を比較してみましょう。

サービス名契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

2年という縛りがあった上で20,000円の違約金(解約金)が発生するのは、他社より一見条件が厳しくみえるかもしれません。しかしながらJANIS光で設定されているのは契約期間ではなく最低利用期間なので、2年経過後であればいつ解約しても違約金(解約金)はかかりません。

一方、その他の契約期間が設定されたサービスでは、2年・3年の契約期間経過後でも、契約更新月以外の解約では違約金(解約金)が発生します。そのためその分JANIS光より解約時の負担が大きくなる可能性が高いといえます。

▽【メリット3】アグリネットと連携した割引がある

上述の通り農家向けのJA長野県農業情報サービスであるアグリネット利用で、月額料金の割引があるのはメリットといえます。農家の方は、月額100円ですがお得にJANIS光が利用できます。

▽【デメリット1】割引キャンペーンが充実していない

初期費用に関する割引は上述の通り他社光回線サービスより内容がよいですが、その一方でJANIS光では、残念ながら以下参考例のような高額なキャッシュバックを実施するキャンペーンを展開していません。

項目キャッシュバック額備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン25,000円公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン30,000円公式特設サイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン43,000円~50,000円KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン10,000円~28,000円・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

上記表にある通り、他社光回線では高額なキャッシュバックキャンペーンを実施していることが多いので、その分だけ単純にJANIS光よりお得と言えます。キャッシュバックの有り無しで、数万円もの費用の差がでてしまうのは大きいですね。

▽【デメリット2】スマホとのセット割がない

他社光回線サービスでは、au・ドコモ・ソフトバンクのような大手携帯キャリアや格安SIMのスマホプランとセットにした割引が行なわれていることも多いです。そういったサービスでは、スマホの月額料金が割引となります。参考までに、大手携帯キャリアのプランの場合の割引額は以下の通りです。

キャリア名スマホ月額料金に対する割引額
au500円~2,000円
ドコモ500円~1,600円
ソフトバンク500円~1,000円

 

割引額は、スマホプラン側のプランによってかわります。

JANIS光には、残念ながらセット割が使えません。大手携帯キャリアを契約している場合は、上記割引が使えない分JANIS光を使うと損、ということになってしまいます。

▽【デメリット3】大手プロバイダーの方が安心して使える

JANISはプロバイダーとしてはマイナーな部類に入ります。光コラボはえらぶプロバイダーによって通信速度に大きな差が生じることがありますが、JANIS光はユーザーが少ないことから、通信速度に関する評判も少ないです。

たいして誰もが名を知る大手プロバイダーでは、通信速度の評判などを比較的チェックしやすいので「ここは通信速度が速そうだな」など事前にチェックすることが可能。大手の方がインターネット回線用の設備が充実している可能性も高いでしょう。そういったことから、大手プロバイダーを使った方が、契約してからの安心感があるのは否めません。

JANIS光はどんな人におすすめ

まず通信費用を節約したいということであれば、キャッシュバックやスマホとのセット割が適用できる他社光回線サービスをえらんだ方がよいです。一方でJANIS光は長野県の農家向け情報サービス「アグリネット」とのセット割があるなど長野県密着のサービスです。地元のサッカーチームのホームゲームのチケットが当たるキャンペーンなども、プロバイダー全体で行っています。

そのため地元の企業を応援したい方や地元に根差したサービスの方が安心、という方はJANIS光をえらぶのもよいのではないでしょうか。

工事費無料やキャッシュバックキャンペーンなどが充実しているNURO光の詳細はこちら
NURO光キャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方はコレ