D.U光ってどんなサービス?キャンペーンや他サービスとの比較まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

D.U光ってどんなサービス?キャンペーンや他サービスとの比較まとめ

D.U光とは

D.U光は、大和ハウス工業株式会社の賃貸住宅「D-room」入居者が利用できる、光回線によるインターネット接続サービスです。NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光回線を利用しています。

D.U光の提供元は、大和ハウス工業株式会社と同じ大和ハウスグループのD.U-NET株式会社であり、D.U光の料金は毎月の家賃と一緒に支払いが可能。また入居前に申し込むことができるので、D-room入居者にとっては便利なサービスであることは間違いないでしょう。

D.U光の料金

まずD.U光を利用する場合に、毎月かかる利用料金は以下の通りです。

項目 月額料金
設備利用契約金 750円※最大24回払い
D.U.光 利用料金 ファミリータイプ:4,200円
マンションタイプ:3,180円
プロバイダ料金 ▽U-Pa!をプロバイダとしてえらぶ場合
ファミリータイプ:780円
マンションタイプ:730円

▽IIJをプロバイダとしてえらぶ場合
ファミリータイプ:1,100円
マンションタイプ:890円

合計 ▽ファミリータイプ
U-Pa!:5,730円※25ヵ月後は4,980円
IIJ:6,050円※25ヵ月後は5,300円

▽マンションタイプ
U-Pa!:4,660円※25ヵ月後は3,910円
IIJ:4,820円※25ヵ月後は4,070円

 

たいして、初期費用として発生するのは、新規契約事務手数料800円のみ。オプションを追加する場合は別ですが、D.U.光のインターネット接続では工事費用は発生しません。なお、光回線を使った電話サービス「ひかり電話」は多くの光コラボサービス同様に月額500円~で提供されています。

※土日祝日に工事をする場合は、工事費として3,000円が発生

最後に解約時に生じる違約金(解約金)について。結論から言うと、D.U.光には契約期間や最低利用期間という縛りがなく、いつ解約しても違約金(解約金)が請求されることはありません。また上述の通りインターネット回線だけの契約であれば工事費用も発生しないので、他社光回線のように、解約後に分割払いが終了していない分の工事費を支払う、といったこともないです。解約時の負担が少ないのはユーザーにとっては大きなメリットで、気軽に導入しやすいですね。

※撤去工事が必要な場合に限り、回線撤去工事費が発生することがあります。撤去工事が必要でない場合は、ユーザー自身で回線終端装置などの設置機器を返却することになります。

D.U光でキャンペーンは行われているのか

他社光回線サービスでは、加入特典として高額なキャッシュバックがもらえるキャンペーンを展開していることが多いですね。一方D.U.光では、残念ながらキャッシュバックをはじめとした入会キャンペーンは展開されていません。また他社光回線サービスでよくあるような、大手携帯キャリアや格安SIMとのセット割によるスマホ月額料金の割引もありません。キャンペーン特典が目的なら、D.U.光はおすすめできないですね。

D.U光と他社光回線のサービスを比較

以下、さまざまな観点からD.U光と他社光回線サービスを比較してみましょう。

月額料金の比較

他社光回線サービスと月額料金を比較します。

※D.U光ファミリータイプについては戸建住宅タイプとして、マンションタイプは集合住宅タイプとして比較します。

サービス名 戸建住宅タイプ 集合住宅タイプ
D.U光
(プロバイダがU-Pa!の場合)
5,730円
※25ヵ月後は4,980円
4,660円
※25ヵ月後は3,910円
D.U光
(プロバイダがIIJの場合)
6,050円
※25ヵ月後は5,300円
4,820円
※25ヵ月後は4,070円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

ご覧の通り、D.U.光は設備利用契約金(月額750円)が加算される分、最初の24ヵ月は他社光回線サービスより割高ですね。一方、設備利用負担金の支払いが完了する25ヵ月目以降は、他社光回線と大きな差はありません。

キャンペーンや特典に関する比較

結論から言って、キャンペーンや特典の点からみると、D.U.光は他社と比較して大きな差があると言わざるを得ません。たとえば、他社では以下参考例にあるような高額なキャッシュバックキャンペーンを用意していますが、D.U光にはありません。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 30,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

その上、他社光回線では、セット割によるスマホ月額料金の割引ができることがありますが、D.U光にはそれもありません。参考までに、セット割が適用できる場合、大手携帯キャリアでは以下割引が可能です。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

たとえばauのセット割では、光回線1回線につき最大でスマホ10契約分の月額料金を割引くことができるので、家族4人でauスマホ利用なら最大毎月8,000円の割引になります。このように、ユーザーのスマホ契約の内容次第によっては、セット割で馬鹿にならない金額の節約が可能です。それがない分、D.U光はお得でない、と言わざるを得ませんね。

実効速度についての評判

昨今では、最大通信速度1Gbpsの光回線サービスが多く、D.U光もその1つです。そして言うまでもなく、これはあくまで最大通信速度なので実際の通信速度(実効速度)がこのとおりでるわけではありません。

その上で、ユーザーの評判をきいていると、一口に最大1Gpbsの光回線サービスといえども実効速度はまちまち。中には数Mbps~1Mbps未満しかでないといったサービスから、au光・ドコモ光・ソフトバンク光のように数十Mbps~数百Mbpsの通信速度がでているといった評判のよいサービスまであります。

その点、D.U光の実効速度に関するユーザーの評判はどうかというと、残念ながらあまりよくありません。利用のマンションや使う時間帯により差がある可能性もありますが、1Mbpsを切ることがあるといった口コミや評判がちらほらと見受けられます。(逆によい評判はみあたりません。)

使ってみなければわからないところですが、D.U光に他の光回線サービスのような高速な通信速度はあまり期待しない方がいいかもしれません。可能であれば、加入する前に、そのマンションでの通信速度は実際どうなのか、不動産屋さんや他の加入者の方に聞いてみるとよいですね。

D-roomに入居した場合D.U光に加入すべきなのか

入居前に申し込めたり家賃と一緒に払えたりするのはD.U光が他にないメリットです。また契約期間の縛りもありませんから、手軽に「インターネットを使いたい」という方や、1~2年未満での短期間の利用になると想定される場合には向いているでしょう。

一方で他光回線サービスと比較すると、特に設備利用契約金(750円/月)が続く契約24ヵ月目までは月額料金が割高。数万円の高額なキャッシュバックやスマホ月額料金が割引となるセット割もありません。そのため通信費用をできるだけ節約したい、という方であれば、D.U.光より他光回線サービスをえらぶことをおすすめします。

また通信速度を重視する場合も、D.U光はおすすめしにくいですね。D.U光ユーザーの実効速度に関する評判がよくないためです。混雑時や時間帯になどにより下り1Mbpsもでないといった声も見受けられます。

通信速度を求めるなら、auひかり・ドコモ光・ソフトバンク光といった実効速度に定評のあるサービスをえらんだ方が無難でしょう。手軽さが気に入ってD.U光を検討している場合は、少なくとも不動産屋さんや他の加入者の方にその賃貸住宅での実効速度がどのくらいか聞いてみることをおすすめします。物件によっては、快適に利用できているかもしれません。

auひかりのキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちら
auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!

ソフトバンク光のキャンペーンについて詳しく知りたい方はこちら
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法