スマートBB光のキャンペーンはある?評判は?契約前に確認したいことまとめ

スマートBB光とは 

スマートBB光は、NTT東日本・NTT西日本の光回線を使って提供される光コラボと呼ばれるインターネット接続サービスの1つです。扱う光回線はフレッツ光と同品質ですが、フレッツ光サービスと異なりプロバイダー契約が一括で提供されます。

スマートBB光を運営するのは、大阪に本拠地をおく株式会社フォーチュン。スマートBB光の他に、プロバイダー運営・データ復旧・ネットショップのコンサルティングなど幅広く事業展開している会社です。

スマートBB光の料金詳細

まずスマートBB光の月額料金は以下の通りです。

項目月額料金
スマートBB光ファミリー
※戸建住宅向け
5,400円
スマートBB光マンション
※集合住宅向け
4,400円

 

その他、支払い方法によっては決済手数料が支払いごとに発生します。決済手数料の詳細は以下の通りです。

支払い方法決済手数料
クレジットカード0円
口座振替200円
NTTファイナンス200円
窓口払い300円

 

可能であれば、決済手数料がかからないクレジットカード払いにするのがおすすめです。

月額料金を他の光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名戸建住宅タイプ集合住宅タイプ
スマートBB光5,400円4,400円
ビッグローブ光4,980円3,980円
ぷらら光4,800円3,600円
OCN光5,100円3,600円
SoftBank光5,200円3,800円
ドコモ光5,200円4,000円
auひかり5,100円3,800円

 

ご覧の通りスマートBB光の月額料金は、他社光回線サービスと比較して高めです。特に集合住宅タイプでは、比較表の中でも最大で800円も他社より月額料金が高くなっています。くわえて支払い方法によっては、他社光回線サービスよりさらに200円も高くなる点にも注意が必要です。

次にスマートBB光で提供されるオプションに関して、他社光コラボ同様に光回線を使った電話サービス「スマートVBB ひかり電話」を月額500円~で提供しています。このオプションについては、他社光コラボとサービス内容・金額ともに同じで差はありません。

その他、スマートBB光独自のユニークなオプションとしては「家電割引」があります。こちらは家電製品を独自の割引価格で購入できるというオプションサービス。実際にどういった家電がどのくらいの価格で購入できるかは、都度サポートセンターへ確認するがありますが、ほしい家電がある方は問い合わせてみてもよいかもしれませんね。

次に、スマートBB光導入の際に必要となる初期費用は以下の通りです。

項目契約事務手数料工事費用
新設の場合3,000円3,000円~24,000円
転用の場合3,000円

 

最後に、スマートBB光を解約する際に生じる可能性がある違約金(解約金)の詳細は以下の通りです。

項目内容
契約期間3年
違約金(解約金)について3年ごとの契約更新月以外に解約した場合に違約金(解約金)が請求される。
違約金(解約金)の額は最初の3年間なら35,000円。初回更新後であれば30,000円

 

違約金(解約金)の内容を他社光コラボと比較してみましょう。他社光コラボの違約金(解約金)のルールの例は以下の通りです。

サービス名契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

ご覧の通りスマートBB光は他社光コラボと比較しても、契約期間が長い部類である上に、違約金(解約金)の額も大きいことがわかりますね。特に違約金(解約金)の35,000円という額は他社光コラボと比較して、ダントツで高くなっています。その分、解約しにくいことや解約時の負担が大きくなるのは、他社光コラボと比較した場合の大きなデメリットと言えるでしょう。

スマートBB光でキャンペーンや特典は展開されているか

まず結論から言うと、スマートBBではお得なキャンペーンや特典は展開されていません。他社光回線サービスでは、工事費用を分割払いとした上で同額の月額料金を割り引く「工事費実質無料」や高額なキャッシュバックキャンペーンを展開していることがありますが、そういったキャンペーンがスマートBB光ではありません。

そのためスマートBBでは、新設工事費分がまるまる他社光回線サービスと比較して高くなる可能性があります。さらに他社光回線サービスでは、例として以下のような高額キャッシュバックキャンペーンが展開されています。

項目キャッシュバック額備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン25,000円公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン30,000円公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン43,000円~50,000円KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン10,000円~28,000円・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

この表のキャッシュバック額の分、スマートBB光は「他社光回線サービスよりもお得でない」と言わざるを得ません。

たとえば上述のauひかりでは最大で5万円のキャッシュバックがもらえる上に、auひかりなら工事費実質無料のキャンペーンも利用できるので、それをあわせてれば(工事費を2万円として)7万円程度もスマートBB光よりお得、ということになります。

さらには他社光回線サービスでは、スマホ契約との「セット割」を展開していることが多いです。たとえば大手携帯キャリアのスマホ契約なら、以下月額料金を割り引くことが可能です。

キャリア名スマホ月額料金に対する割引額
au500円~2,000円
ドコモ500円~1,600円
ソフトバンク500円~1,000円

 

しかしスマートBB光では、セット割もないです。これらキャリアのスマホを持っているのであれば、セット割非対応の光回線サービスを契約すると、その分損をしていることになります。

スマートBB光の評判

スマートBB光は、残念ながらユーザーの評判も良くないですね。特に勧誘電話に関する悪い評判が多いです。電話口の営業マンはまるでNTTの代理店であるかのように振る舞い、現在の光回線サービスの料金もくわしく確認せず「今より安くなります」と甘い勧誘をすることがあるとのこと。

しかし上記で他社光回線サービスと比較したように、スマートBB光は実際月額料金も他社光回線サービスより高めですし、お得なキャンペーン・セット割もありません。くわえて解約時の違約金(解約金)も他社より高くつく可能性大です。仮にスマートBBの勧誘電話で申し込みを検討されている場合は、本当にお得になるのか確認されるとよいでしょう。

また通信速度に関する評判は少ないながら、よい評価でないのも気になります。もちろん光回線の通信速度は、同じサービスでもユーザーによって様々ですから少ない口コミをその通り受け取るわけにもいきませんが、逆に良い評判も見当たりません。通信速度を重視するなら、評価の定まった大手サービスをえらぶのが無難ですね。

スマートBB光はこんな人におすすめ

スマートBB光は、今まで比較したように他社光回線サービスよりも月額料金が高いですし、お得なキャンペーンが展開されているわけでもありません。またマイナーなサービスなのでユーザー数が少ない分、混雑がなく高速な通信速度を期待しがちですが、通信速度に関しては良い評判を見かけません。

そのため、残念ながら「こういう場合にはスマートBBをおすすめする」といったパターンは見当たらないですね。強いてあげるとすれば、家電割引でほしい家電が安く買える可能性があることでしょうか。ただ上述した通り公式サイトにはどんな家電がいくらで購入できるか記載がないため、都度、問い合わせて確認する必要があります。いずれにしろ、より安価に光回線サービスを使いたい場合、より実績のある評判のよい光回線サービスを契約したい場合は、他社をえらぶことをおすすめします。

評判の良い回線といえばauひかり!auひかりのキャンペーン情報はこちらからどうぞ
auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!