デイリー光のサービス概要やキャンペーン・評判の徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

デイリー光のサービス概要やキャンペーン・評判の徹底解説

デイリー光とは

デイリー光(神戸新聞社with丸紅テレコム)は、NTT東日本・NTT西日本の光回線を使った光コラボと呼ばれるインターネット接続サービスの1つです。コラボ光なので、フレッツ光と異なり光回線・プロバイダ―の一括契約もできます。

デイリー光はデイリースポットを発行する株式会社神戸新聞社と、marubeni光を展開する丸紅テレコム株式会社の業務提携により提供されるサービス。通信速度や安定性など通信品質はmarubeni光とかわりません。

デイリー光の料金プラン

デイリー光の月額料金は以下の通りです。

項目 月額料金
デイリー光 ファミリータイプ
※戸建住宅向け
※西日本エリア
5,330円
デイリー光 マンションタイプ
※集合住宅向け
※西日本エリア
3,680円
デイリー光 ファミリータイプ
※戸建住宅向け
※東日本エリア
5,330円
デイリー光 マンションタイプ
※集合住宅向け
※東日本エリア
3,830円

※プロバイダ―(MarubeniBB)料金込みの金額です。

月額料金を他の光回線サービスと比較してみましょう。

サービス名 戸建住宅タイプ 集合住宅タイプ
デイリー光(西日本) 5,330円 3,680円
デイリー光(東日本) 5,330円 3,830円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり 5,100円 3,800円

 

戸建住宅向けは、他社光回線と比較して若干高めですが、大きな差はありません。

次にデイリー光で提供するオプションは以下の通りです。

項目 月額料金 概要
デイリー光電話 500円~ 光回線を使った通話料が安価な電話サービス
デイリー光テレビ 660円~ 光回線を使い、アンテナ不要で地上デジタル/BS/CS放送が視聴可能なテレビサービス
Mリモートサポート 500円~ パソコンや周辺機器の操作で分からないことがあった際に、電話や遠隔操作でサポートしてもらえるサービス

 

これらオプションサービスは、他光コラボでも同じ品質・同じ価格で提供されており差はありません。

次にデイリー光の初期費用は以下の通りです。

項目 契約事務手数料 工事費用
新設の場合 2,000円 2,000円~19,000円
転用の場合 2,000円

 

次に解約時の解約違約金(以下、違約金(解約金))について。にねん割(2年契約)適用し2年ごとの契約更新月以外に解約した場合、9,500円の違約金(解約金)が請求されることになります。

これを他社光回線と比較してみましょう。

サービス名 契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光 2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光 30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光 2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

ご覧の通り、違約金(解約金)の条件は、他社光回線サービスと比較して若干安いといえます。

デイリー光の特典やキャンペーンについて

デイリー光では、以下3つの加入特典を提供するキャンペーンを展開しています。

・デイリー電子版(パソコンコース/月額1,890円) 2ヵ月分無料

阪神タイガースの情報を豊富に掲載するスポーツ新聞「デイリースポーツ」のオンライン版。PC・iPhone・iPad・Androidで参照可能

・デイリーオリジナルグッズ 4点セットプレゼント

阪神タイガースにちなんだ「とらボックスティッシュ」「とらのしっぽマフラータオル」「とらのしっぽ綿棒」「デイリー阪神V紙面レジャーシート」の4点セット

・あしや竹園 特選但馬牛詰合せ(1Kg)

プロバイダ―とセットで申し込みの場合に但馬牛の詰合せをプレゼント

一方他社光回線サービスでよくあるような、以下のような高額キャッシュバックのキャンペーンは展開されていません。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 30,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

商品プレゼントと現金キャッシュバックという違いがあるので一概に比較できませんが、「使い方が自由な現金キャッシュバックの方がよい」と考える方が多いのではないでしょうか。

ちなみに、あしや竹園 特選但馬牛詰合せ(1Kg)は楽天市場で約9,000円(2018年4月時点)でした。それにデイリー電子版(パソコンコース/月額1,890円)×2ヵ月分=3,880円、その他のプレゼントの合計を2,000円程度とすると、だいたい15,000円分の価値になります。こうしてみると金額面でも、上記キャッシュバックの方がお得なようにみえますね。

またデイリー光では他光回線でよく展開されているような工事費実質無料のキャンペーンがありません。工事費実質無料のキャンペーンでは、標準の工事費用を分割払いとした上で、それと同額の月額料金を割り引くことで、実質的に工事費が0円となるキャンペーンです。デイリー光で光回線を新設すると、標準工事費分がまるまる他社光回線と比較して多くかかってしまう、ということになります。

くわえてデイリー光では、他社光回線サービスが提供しているような、マスホ契約とのセット割もありません。たとえば大手携帯キャリアのスマホとセット割が適用できる場合であると、以下月額料金の割引が可能です。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
au 500円~2,000円
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

大手携帯キャリアのスマホをもっているのであれば、デイリー光で上記割引を適用できないとすると「その分損をしている」ということになります。

デイリー光の評判

デイリー光に関しては、それほどユーザー数が多くないのかインターネット上で評判や口コミが見受けられません。

一方デイリー光と同様に丸紅テレコム株式会社が運営し、品質が変わらないと想定される別の光コラボサービス「marubeni光」は、通信速度に関して悪い評判が目立っています。中には、夜間などの混雑時間帯に1Mbpsでないという評判も。

通信速度は環境によっても大きく変わるので、これをもって一概にデイリー光が必ず遅いとはもちろん言えません。しかし通信速度を重視するのであれば、より評判の安定した大手プロバイダ―のサービスの方がおすすめしやすいですね。

デイリー光はどんな人におすすめなのか

上記で比較したように、デイリー光は他社光回線サービスと月額料金はほぼかわらない一方で、他社のような高額キャッシュバックや工事費実質無料、スマホとのセット割といったキャンペーンや特典がありません。そのため通信費用を節約したいのであれば、他社光回線サービスの方がおすすめです。

また通信速度に関しても、デイリー光と同じ品質と想定されるmarubeni光のユーザーの評判がよくありません。そのため通信速度を重視するユーザーにデイリー光はおすすめしにくいです。デイリー光には、他社光回線サービスにないような特別なオプションもありません。

これらをふまえデイリー光をおすすめするとしたら、以下にあてはまる方です。

・通信速度に関してあまりこだわりがない

・阪神ファンでデイリースポーツに思い入れがある

・阪神を思わせるオリジナルグッズのプレゼントが欲しい

こういった条件にあてはまるならデイリー光を契約してもよいのではないでしょうか。そうでなければ、他社光回線サービスと改めて比較検討されることをおすすめします。

キャッシュバックや工事費無料キャンペーンなどの特典がおとくな光回線をお探しならauひかりがおすすめ
auひかりのキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番お得な申し込み先はここだ!