ひかりゆいまーるのサービス内容やキャンペーンについて徹底解説!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

ひかりゆいまーるのサービス内容やキャンペーンについて徹底解説!

ひかりゆいまーるとは

ひかりゆいまーるは、NTT西日本の光回線を用いた光コラボによる、最大通信速度1Gbpsのインターネット接続サービスです。くわしくは後述しますが、ひかりゆいまーるは沖縄に根差したサービスであり、提供エリアも沖縄県内に限られます。

ひかりゆいまーるを運営するのは、沖縄通信ネットワーク株式会社。1996年の創業で、光ファイバーをはじめとした通信技術により、沖縄県内の公共施設やショッピング施設などのネットワークを繋げてきた会社です。

ひかりゆいまーるのエリア

上述した通り、ひかりゆいまーるは沖縄県内限定のサービスです。そして提供エリアは、2018年4月現在、以下にあげる地域に広がっています。

宮古島市、石垣市、久米島町、与那国町、国頭村、金武町、宜野座村、本部町、今帰仁村の全エリア、南城市、名護市、糸満市、沖縄市、北中城村、嘉手納町、中城村の一部エリア

提供エリアは今後も拡大する見込みです。

ひかりゆいまーるの料金プラン

ひかりゆいまーるの料金プランは以下の通りです。

項目 月額料金
戸建住宅向け
※ネットのみ
5,200円
戸建住宅向け
※ネット+電話
5,700円
集合住宅向け
※ネットのみ
3,800円
集合住宅向け
※ネット+電話
4,300円

 

ひかりゆいまーるは当初電話サービスに対応していませんでしたが、2018年2月から光回線を使った電話サービス「ひかりゆいまーる電話」を提供開始しました。ひかりゆいまーる電話オプションの月額料金は500円~で、他社光コラボサービスと差はありません。

ちなみに他社光コラボで提供している光回線を使ったテレビサービス(フレッツテレビ)は、ひかりゆいまーるでは対応していません。なぜなら沖縄県がフレッツテレビの提供エリアではないからです。

ひかりゆいまーるの月額料金を他社光回線サービスと比較してみましょう。以下、ネットのみの契約で比較しています。

サービス名 戸建住宅タイプ 集合住宅タイプ
ひかりゆいまーる 5,200円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円
ぷらら光 4,800円 3,600円
OCN光 5,100円 3,600円
SoftBank光 5,200円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
auひかり ちゅら(※) 5,100円 3,900円
auひかり 5,100円 3,800円

※auスマートバリュー加入者の場合

他社光回線と比べて大差はないですね。

次にひかりゆいまーるを導入するのにあたって必要な初期費用は以下の通りです。

項目 契約事務手数料 標準工事費用
新設の場合 3,000円 0円~21,000円
転用の場合 3,000円

 

最後に解約違約金(以下、解約金・違約金)について。ひかりゆいまーるには2年の契約期間が設定されており、2年ごとの契約更新月以外に解約すると9,500円の違約金(解約金)が請求されることになります。違約金(解約金)についても他社光コラボと比較してみましょう。

サービス名 契約期間の縛り違約金 (解約金)の内容
OCN光 2年間(24ヵ月間)の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
So-net光 30ヵ月間の契約期間の縛りがあり、契約更新月以外の解約で11,000円の違約金が発生
ビッグローブ光 2年契約と3年契約あり。2年契約では24ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で9,500円の違約金が発生。3年契約の場合は、36ヵ月間の契約の縛りがあり、契約更新月以外の解約で20,000円の違約金が発生

 

ご覧の通り他社の条件と並べてみると、ひかりゆいまーるの契約期間や違約金(解約金)の条件は、比較的ゆるくてユーザーにとって負担が少ないと言えそうです。契約期間が2年と短めで、なおかつ違約金(解約金)の額が若干ですが少ないです。

ひかりゆいまーるのキャンペーンやキャッシュバック

ひかりゆいまーるでは、契約と同時にauスマートバリューに加入することで、20,000円の現金キャッシュバックを行うキャンペーンを実施中です。

※auスマートバリュー未加入の場合のキャッシュバック額は10,000円となります。

auスマートバリューとは、auスマホ利用者が指定のインターネット回線とauスマホの契約をセットにすることで受けられる、スマホ月額料金の割引(セット割)です。auスマートバリューでは、auの月額料金が毎月500円~2,000円(割引額はスマホ契約のプランによる)割引となります。

なお高額なキャッシュバックを行うキャンペーンは、他社光回線サービスでも以下の通り実施しています。

項目 キャッシュバック額 備考
ビッグローブ光のキャッシュバックキャンペーン 25,000円 公式サイト経由での申し込み
OCN光のキャッシュバックキャンペーン 16,000円~18,000円 OCN光 販売代理店「ブロードバンドナビ株式会社」経由での申し込み
NURO光のキャッシュバックキャンペーン 30,000円 公式特設キャンペーンサイト経由での申し込み
au ひかり ちゅらのキャッシュバックキャンペーン 10,000円~20,000円
※他社光回線からの移行なら50,000円~60,000円
auひかり ちゅら公式サイトからの申し込み
auひかりのキャッシュバックキャンペーン 43,000円~50,000円 KDDI正規代理店「株式会社NNコミュニケーションズ」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能
ドコモ光のキャッシュバックキャンペーン 11,000円~15,500円
※他にdポイントが5,000円~10,000円もらえる
・GMOとくとくBB経由の申し込み
・「ひかりTV(2ねん割)」もしくは「スカパー」の同時申し込みが条件
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーン 10,000円~28,000円 ・ソフトバンク光正規代理店「株式会社エヌズカンパニー」経由の申し込み
※ネットのみの申し込みでもキャッシュバックが可能

 

ご覧の通り、サービスによってはひかりゆいまーるより高額なキャッシュバックを行う光回線サービスもあります。特にauスマホを使っていない場合は(他社のスマホ契約をしている場合は)、他社光回線を契約した方がお得になる可能性が高いですね。ちなみにドコモやソフトバンクでもセット割があり、以下の通りスマホ月額料金を割り引くことが可能です。

キャリア名 スマホ月額料金に対する割引額
ドコモ 500円~1,600円
ソフトバンク 500円~1,000円

 

ドコモでスマホを契約中ならドコモ光で、ソフトバンクでスマホを契約中ならソフトバンク光やNURO光で上記割引を適用できます。

一方、ひかりゆいまーると同様にauスマートバリューが適用できるサービスとして、auひかり ちゅら(こちらも沖縄限定のサービス)やビッグローブ光があげられます。ただし、他社光回線からの乗り換えの場合は、auひかり ちゅらの方が最大で4万円もキャッシュバック額が多いです。またビッグローブ光もひかりゆいまーるよりキャッシュバックが多くなっています。さらにビッグローブ光では工事費実質無料のキャンペーンも行っているので、新設の場合はひかりゆいまーるよりお得です。

ひかりゆいまーるの評判

光コラボはえらぶサービスによって通信速度に大きな差が生じることがあるので、評判や口コミによって事前にチェックしたいところではあります。しかしひかりゆいまーるはマイナーな回線であるためか、残念ながらユーザーの口コミは見当たりません。それを考えると、ユーザーの評判が多い上に、通信速度に関する評判が高い大手サービスをえらんだ方が安心とはいえるでしょう。

ひかりゆいまーるはこんな人におすすめ

ひかりゆいまーるはauユーザーがお得に使えるサービスです。とはいえ同じauスマートバリューに対応した光回線サービスの中でも、auひかりちゅらやビッグローブ光など、キャンペーンでよりお得に使える可能性が高いサービスがあります。

また同じ沖縄県内でも、場所やサービスによっては提供エリア内でないこともありえます。auユーザーは、提供エリア内で、なおかつよりお得なキャンペーンを展開しているサービスをえらぶとよいでしょう。一方auユーザー以外であれば、手持ちのスマホの種類に関係なくキャッシュバックがもらえる他社光コラボサービスなどをえらんだ方がお得でおすすめです。

ソフトバンクスマホユーザーにはソフトバンク光がおすすめ
ソフトバンク光のキャッシュバックキャンペーンを徹底比較!一番オトクな申し込み方法