フレッツ光の転用とは?知って得するフレッツ光の乗り換え方法

光回線-転用-アイキャッチ画像

転用とは?

「あれ?プロバイダーってNTTのフレッツ光につないでくれる業者だったはずなのに、どうしてプロバイダー自体が光回線のサービスを取り扱ってるの?」と、疑問に思う人がいるのではないでしょうか。実はこれはNTTとコラボして、NTTの光回線の設備を使い回しした光コラボというサービスなのです。そして、フレッツ光からこれらのサービスに乗り換えることを転用といいます。転用は事業者やユーザーにとってメリットがあるのでしょうか?転用について分かりやすく解説します。

転用についてもう少し厳密に紹介しますと、NTTから光回線サービスの提供を受けている事業者が、自社のサービスと組み合わせてサービスを展開することを光コラボレーションといいます。フレッツ光を使っている人が持っている固有のお客様IDや固定電話の電話番号はそのままで、光コラボレーション事業者のサービスに乗り換えることを転用と言います。

転用しても結局使っている光回線は同じNTTの光回線なのですが、契約は光コラボ事業者との契約に変更となります。そのため、転用する際はNTTと光コラボ事業者の両方に手続きが必要です。

転用って光コラボ事業者にとって得なことがあるの?

でも何だか不思議じゃありませんか?どうしてわざわざこのような仕組みが存在するのでしょうか?

実は光コラボには、事業者が独自のサービスをセットして販売できるというメリットがあるのです。

たとえばSo-net光の場合、auスマホやタブレットを持っていると割引になったり、WOWOW加入でキャッシュバックを受けることができるなど、ユーザー獲得に向けた独自のセットサービスが展開できるのです。また、獲得すればフレッツ光、NTTから手数料をもらえるので各事業者がこぞって付加価値の高いサービスを展開し、しのぎを削っているというカラクリです。

転用するユーザーのメリットについて

では、転用するユーザーにとってどんなメリットがあるのでしょうか。

まずメリットですが、上記に紹介したような事業者の独自サービスを受けられるということです。その上月額料金が安くなる場合があります。割引サービスとの兼ね合いや、事業者にもよりますが、転用することによって500円から1,000円程度安くなるケースが多いようです。代表的な割引のケースとして、

ソフトバンク光ドコモ光があげられます。(クリックすると各解説ページに飛びます。)

【割引サービスを考慮しない場合の通常月額料金(戸建て)】

フレッツ光 東日本エリア 5,700円

フレッツ光 西日本エリア 5,400円

【転用後の月額料金(戸建て)の例】

エキサイト光 4,360円

OCN光    4,650円

So-net光 5,200円

@nifty光 4,500円

ビッグローブ光 5,180円

ぷらら光 4,800円

他にも、NTTとプロバイダーの2つの窓口があって複雑だったものが1つになり、料金の支払いも1本化されるというメリットもあります。

転用するユーザーのデメリットについて

いい事尽くしの転用なのですが、実はデメリットも少しあります。

・フレッツ光よりも遅くなった

・問い合わせ窓口が繋がらない・対応が悪い

などのデメリットが報告されています。

フレッツ光よりも遅くなったという点については、どちらかというとプロバイダによる影響が大きいです。プロバイダごとに速度が変わったり(どのプロバイダは速いとか遅いとかは一概に言えません)するのが原因です。

NURO光ソフトバンク光など、プロバイダが固定されているサービスは別ですが、auひかりドコモ光など、自分でプロバイダを選べる光コラボは、後々プロバイダを変更できるのでその辺りは安心してください。

問い合わせ窓口が繋がりにくい問題

光コラボは2015年にサービスを開始したばかりであり、ユーザーの受け入れ態勢などがしっかりしていない可能性があります。

特にサービス開始直後は、ドコモ光やソフトバンク光に申し込みが殺到し、問い合わせ窓口が全く繋がらないという事態にもなりました。

しかし現在はユーザーの申込数も落ち着いてきており、サービス開始から2年以上経過して社内の体制がしっかり整ってきた事から、こういった「繋がらない」というクレームや悪評は減ってきています。

逆に最近リリースされた光コラボ製品は問い合わせ窓口が繋がりにくいと考えてもよいかもしれません。

キャッシュバックが少ない問題

転用による申し込みの場合、新規申し込みに比べるともらえるキャッシュバック金額が少ない事もデメリットのひとつにあげられます。新規契約であれば30,000円のところ、転用なら15,000円に減らされたりしてしまいます。

しかしキャッシュバック金額が少ない分、工事費がかからなかったりすぐに利用できたりするのがメリットですので、わざわざ一度解約してから新規契約したりする必要はありません。

転用する際の注意点について

次は転用する際の注意点を紹介します。

現在使っているプロバイダが転用に対応していなければ、他のプロバイダーに変更する必要があります。プロバイダーが変わると設備の状況からインターネットの速度に影響がでる場合もありますので、事前に対応プロバイダかどうかを確認しておきましょう。

また、現在貯まっているNTTのフレッツ光のポイントは無くなる点についても気をつけておきましょう。フレッツ光のポイントは毎月貯まっていき、IT関連商品やグルメなどの商品に交換ができますので、転用する前に商品に交換しておきましょう。

フレッツ光から転用する手続き方法について

転用手続きに必要なものとは、①フレッツ光のお客様ID②ひかり電話の番号(ひかり電話に加入していなければ連絡先の電話番号)③契約者名④フレッツ光を使っている場所の住所⑤フレッツ光の支払方法の5つです。

転用の申し込みは現在フレッツ光を契約している本人がする必要があります。転用する時には「転用承諾番号」というものが発行されますが、これは転用が完了するまで必要ですので、しっかりと控えておく必要があります。

転用承諾番号の受取から15日以内に、光コラボレーション事業者に申し込み手続きをします。スマホのMNPと同じで、その期日を過ぎると無効となってしまうので注意が必要です。

転用するのに工事は必要?

転用の場合は光回線の入線工事は原則必要ありません。転用後も設備自体は同じものを使うからです。そのため、通常必要な戸建て18,800円、集合住宅15,800円の工事費用は必要ありません。

フレッツ光の工事費用を分割払いしている場合には、転用後に光コラボの事業者に引き継がれますので、別途負担などはなくそのまま支払い続ける事になります。

転用する場合はフレッツ光の解約金はかかる?

転用する場合はフレッツ光の解約金は必要ありませんので、すんなりと乗り換えることが可能なのですが、転用に伴ってプロバイダを変更する場合は、プロバイダの解約金がかかることもあります。

プロバイダーの解約金は、契約期間やプロバイダによってバラバラなので一概にはいえませんが、5,000円〜1万円程度の解約金がかかる場合もあります。

ドコモ光はプロバイダを選べますがソフトバンク光はプロバイダがyahooBBのみのため、それ以外を使用しているとプロバイダを解約しなければならないという仕組みです。転用しただけではプロバイダは解約されませんので気を付けましょう。

転用を申し込んだ後キャンセルってできるの?

実は一度転用してしまうと、他の光コラボ事業者に転用することもできませんし、フレッツ光に戻すこともできなくなるので申し込み時には注意が必要です。

どうしてもフレッツ光に戻したかったり、別の光コラボ業者に移転したい場合は、契約した光コラボ事業者を一旦解約した上でフレッツ光や他の光コラボに新規申し込みしなければなりません。

もしもひかり電話を使っている場合は、解約と同時に電話番号が消えますので固定電話の電話番号が変わってしまいますので注意が必要です。ただし、転用の切り替えが完了する前であればキャンセルも可能ですので、その場合は早めにキャンセルを申し出ましょう。

転用申し込みをキャンセルする時の良くある理由

インターネットで調査していると、キャンセル理由にはこんな理由が多いようですので確認しておきましょう。1つはセールスなどがあって、よく分からないまま勢いで申し込んでしまったというパターンです。結局あとから冷静に考えてみると、転用するとデメリットが発生する場合もあります。

たとえば、現在使っているプロバイダが光コラボの事業者でなく、プロバイダの変更が必要で、メールアドレスが変わったり解約金がかかるなど、その人にとっての転用してもあまりお得じゃない事に気づくこともありますので、事前にプロバイダの解約金などは確認しておきましょう。

もう一点、転用後のサービスが自分には合わなかったというキャンセル理由もよくあるそうです。思ったほど光コラボ事業者の独自サービスや割引を使わなかったりすることもあります。

転用におすすめな光コラボ

昨今いろいろな光コラボが乱立していますが、一番ベーシックなのは上記2ブランドでしょうか。ご自身でご利用されているキャリアに合わせて選ぶと月々のスマホ代が割引されたりするので通常のフレッツ光を使用するよりもオトクに使えるはずです。

また、auひかりだけはフレッツ光回線ではないので転用ができませんので気を付けてください。

まとめ

転用は光コラボが展開する独自のサービスや価格メリットを享受することができる反面、ちゃんと自分に合ったサービスを選ばないと、不利益になってしまうので注意が必要です。ただ、工事費用がなくNTTの解約金もかかりませんので、すんなりと乗り換えることもできますし、プロバイダの変更が必要なければ弊害が少ないので、メリットの多い方法だといえそうです。

フレッツ光ユーザーが更に付加価値を付けたい場合におすすめの方法ですので、こういう方法があるんだと覚えておきましょう。