早くフレッツ光から転用したい!光コラボを利用する3大メリットとは

フレッツ光 転用 アイキャッチ画像
学園長
転用とはフレッツ光から他の光回線に乗り換えることじゃよ!

フレッツ光では、「新規申し込み」と「他の光回線への転用」どちらとも利用することができます。

中でも「他の光回線への転用(光コラボ)」の場合、高額なキャッシュバックキャンペーンを受けることができるかつ、ほとんどの場合今の料金よりも安く利用することができます。

転用可能な光回線と料金比較

フレッツ光では、他の光回線に乗り換えるとができる光コラボレーションを行っています。

光回線月額(戸建て)月額(集合住宅)
フレッツ光¥6,200¥4,250
@nifty光¥4,500¥3,400
Rakuten光¥4,800¥3,800
ビッグローブ光¥4,980¥3,980
OCN光¥5,100¥3,600
Softbank光¥5,200¥3,800
So-net光プラス¥5,580¥4,480

フレッツ光から転用する3大メリット

では、転用するユーザーにとってどんなメリットがあるのでしょうか。

メリット1:代理店の独自サービスを受けられる

代理店独自の月額料金が安くなる場合があります。割引サービスとの兼ね合いや、代理店にもよりますが、転用することによって500円から1,000円程度安くなるケースが多いようです

メリット2:料金の支払いが簡単になる

フレッツ光 光コラボ 支払い 画像

他にも、NTTとプロバイダーの2つの窓口があって複雑だったものが1つになり、料金の支払いも1本化されるというメリットもあります。

メリット3:スマホ割が適用される

フレッツ光転用 画像

現在使用している端末会社によって、割引されるサービスとなっています。

例えば、Softbankの端末を使用している方は、ソフトバンク光の回線を使用することで、お得に利用することができます。

フレッツ光から転用するデメリット

デメリットの中にフレッツ光よりも遅くなるという口コミもありますが、その点に関しては、どちらかというとプロバイダによる影響が大きいです。プロバイダごとに速度が変わったりするのが原因です。

転用を利用しようと考えているユーザーにとって、転用するデメリットとしては、

  • 解約の場合電話番号の変更になる
  • フレッツ光に戻すことができない
  • フレッツ光のポイントが残っている場合無効となる

というデメリットが発生します。ポイントに関しては、転用前に使い切ると無効にならずに済みますね。

キャッシュバックが少ない問題

転用による申し込みの場合、新規申し込みに比べるともらえるキャッシュバック金額が少ない事もデメリットのひとつにあげられます。新規契約であれば30,000円のところ、転用なら15,000円に減らされたりしてしまいます。

しかしキャッシュバック金額が少ない分、工事費がかからなかったりすぐに利用できたりするのがメリットですので、わざわざ一度解約してから新規契約したりする必要はありません。

フレッツ光から転用する手続き方法について

転用手続きに必要なものとは、①フレッツ光のお客様ID②ひかり電話の番号(ひかり電話に加入していなければ連絡先の電話番号)③契約者名④フレッツ光を使っている場所の住所⑤フレッツ光の支払方法の5つです。

転用の申し込みは現在フレッツ光を契約している本人がする必要があります。転用する時には「転用承諾番号」というものが発行されますが、これは転用が完了するまで必要ですので、しっかりと控えておく必要があります。

転用承諾番号の受取から15日以内に、光コラボレーション代理店に申し込み手続きをします。スマホのMNPと同じで、その期日を過ぎると無効となってしまうので注意が必要です。

転用するのに工事は必要?

転用の場合は光回線の入線工事は原則必要ありません。転用後も設備自体は同じものを使うからです。そのため、通常必要な戸建て18,800円、集合住宅15,800円の工事費用は必要ありません。

フレッツ光の工事費用を分割払いしている場合には、転用後に光コラボの代理店に引き継がれますので、別途負担などはなくそのまま支払い続ける事になります。

転用する場合はフレッツ光の解約金はかかる?

転用する場合はフレッツ光の解約金は必要ありませんので、すんなりと乗り換えることが可能なのですが、転用に伴ってプロバイダを変更する場合は、プロバイダの解約金がかかることもあります。

プロバイダーの解約金は、契約期間やプロバイダによってバラバラなので一概にはいえませんが、5,000円〜1万円程度の解約金がかかる場合もあります。

ドコモ光はプロバイダを選べますがソフトバンク光はプロバイダがyahooBBのみのため、それ以外を使用しているとプロバイダを解約しなければならないという仕組みです。転用しただけではプロバイダは解約されませんので気を付けましょう。

転用を申し込んだ後キャンセルってできるの?

実は一度転用してしまうと、他の光コラボ代理店に転用することもできませんし、フレッツ光に戻すこともできなくなるので申し込み時には注意が必要です。

どうしてもフレッツ光に戻したかったり、別の光コラボ業者に移転したい場合は、契約した光コラボ代理店を一旦解約した上でフレッツ光や他の光コラボに新規申し込みしなければなりません。

もしもひかり電話を使っている場合は、解約と同時に電話番号が消えますので固定電話の電話番号が変わってしまいますので注意が必要です。ただし、転用の切り替えが完了する前であればキャンセルも可能ですので、その場合は早めにキャンセルを申し出ましょう。

転用申し込みをキャンセルする時の良くある理由

インターネットで調査していると、キャンセル理由にはこんな理由が多いようですので確認しておきましょう。1つはセールスなどがあって、よく分からないまま勢いで申し込んでしまったというパターンです。結局あとから冷静に考えてみると、転用するとデメリットが発生する場合もあります。

たとえば、現在使っているプロバイダが光コラボの代理店でなく、プロバイダの変更が必要で、メールアドレスが変わったり解約金がかかるなど、その人にとっての転用してもあまりお得じゃない事に気づくこともありますので、事前にプロバイダの解約金などは確認しておきましょう。

もう一点、転用後のサービスが自分には合わなかったというキャンセル理由もよくあるそうです。思ったほど光コラボ代理店の独自サービスや割引を使わなかったりすることもあります。

また、auひかりだけはフレッツ光回線ではないので転用ができませんので気を付けてください。

まとめ

転用は光コラボが展開する独自のサービスや価格メリットを享受することができる反面、ちゃんと自分に合ったサービスを選ばないと、不利益になってしまうので注意が必要です。ただ、工事費用がなくNTTの解約金もかかりませんので、すんなりと乗り換えることもできますし、プロバイダの変更が必要なければ弊害が少ないので、メリットの多い方法だといえそうです。

フレッツ光ユーザーが更に付加価値を付けたい場合におすすめの方法ですので、こういう方法があるんだと覚えておきましょう。