フレッツ光の料金体系を完全理解!結局合計料金はいくらになる?

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

フレッツ光の料金体系を完全理解!結局合計料金はいくらになる?

フレッツ光の月額料金は、全ての人に対して一律の金額というわけではありません。東日本エリアでの利用か西日本エリアでの利用かによっても変わってきますし、一戸建てでの利用かマンションの利用かによっても変わります。また、インターネットに接続してくれるプロバイダーをどこにするかによっても変わってきます。

このようにさまざまな要素があると、結局自分の場合はいくらかかるのかが分からないという人もいらっしゃいます。そこで、フレッツ光の料金について、初心者でも自分の場合がいくらなのか、スッキリと分かるように紹介します。

フレッツ光の初期工事費用は?

フレッツ光に加入した場合に必要な料金は、最初にかかる料金と月々かかる料金に分けられます。最初にかかる料金は契約料と初期工事費用で、月々かかる料金はフレッツ光月額利用料とプロバイダー料金です。まずはこの基本を知っておきましょう。

【最初にかかる料金】

契約料800円+初期工事費用18,000円

【月々かかる料金】

フレッツ光月額利用料+プロバイダー料金

初期工事費用とは、光ファイバーを自宅の中まで入線する工事のことで、18,000円のうち初回に3,000円、2回目以降は月々500円の30回払いとなっています。また、プロバイダーについては後ほど詳しく解説いたします。

フレッツ光の月額料金はどのくらい?

では、ここからはちょっと複雑に思ってしまう人が多い月額料金について紹介します。

フレッツ光の月額料金はNTT東日本とNTT西日本で異なる上、それぞれインターネットのスピードによっても変わってきます。

しかし、現在は従来のフレッツ光の速度の10倍を誇る1Gbpsというスピードのプランが主流で、従来の料金と数百円しか変わりませんので、このスピードのプランで解説をしたいと思います。

戸建てで利用する場合

【NTT東日本】

NTT東日本のフレッツ光の月額料金は4,600円です。実はこの料金は割引を適用後の料金です。

通常料金は5,700円なのですが、「ギガ推し!割引」という300円の割引が30カ月続く上、2年単位での利用を条件とした「にねん割」で700円割引、メンバーズクラブ会員のマンスリーポイント100円分が付いて、実質の月額が4,600円という計算となります。

【NTT西日本】

NTT西日本のフレッツ光の月額料金は3,810円です。この料金も通常5,400円に対して、1年目から6年目まで「もっともっと割」という割引が適用された場合の料金となります。

月額料金を知る上では、まずは東日本と西日本で料金が違うことを押さえておきましょう。この金額に後ほど解説するプロバイダー料金がプラスされます。

マンションなどの集合住宅で利用する場合

マンションの場合にはプランが3つあります。その3つとは「マンションミニ」「プラン1」「プラン2」の3つです。

どうして3つもあるかというと、マンションごとの現在加入状況や今後の見込みを考慮してNTTが料金体系を分けているからです。

現在の契約者と今後の見込みを含めて6名以上の場合はマンションミニのプランが適用され、8名以上の場合はプラン1、16名以上の場合はプラン2が適用されます。

あなたのお住まいがどのプランなのかはNTTのフリーダイヤル、0120-116-116に電話して確認すると教えてくれます。

マンションタイプの月額料金

マンションタイプの月額料金もNTT東日本とNTT西日本では料金が異なります。マンションミニの場合、NTT東日本が3,950円なのに対し、NTT西日本は3,420円です。

プラン1のは、NTT東日本が3,350円なのに対し、NTT西日本が3,050円です。プラン2も、NTT東日本が2,950円に対して、NTT西日本が2,530円と、それぞれ微妙に料金体系が異なります。

いずれも、この料金に対して後で解説するプロバイダー料金が別途必要です。

NTTフレッツ光の料金をまとめると

ここまでお読み頂いたフレッツ光の月額料金をまとめますと、以下のようになります。もしも途中で分からなくなってしまった場合は、ここでおさらいしてから続きをお読みください。

【NTT東日本】

・戸建て:4,600円

・マンション ミニ:3,950円+プロバイダー料金

・マンション プラン1:3,350円+プロバイダー料金

・マンション プラン2:2,950円+プロバイダー料金

※通信速度:最大概ね1Gbps

【NTT西日本】

・戸建て:3,810円

・マンション ミニ:3420円+プロバイダー料金

・マンション プラン1:3,050円+プロバイダー料金

・マンション プラン2:2530円+プロバイダー料金

※通信速度:最大概ね1Gbps

プロバイダーについて

さて、ここまでNTTのフレッツ光の料金を説明してきましたが、先ほどから出てきているプロバイダー料金というのが別途必要となります。

プロバイダーとは、インターネットの窓口的存在です。インターネットをする場合には、フレッツ光を申し込んだだけでは接続ができず、インターネットにつないでくれるプロバイダー契約も同時に必要となります。

しかし、プロバイダーは多くの事業者が存在するので、パソコンに詳しくない人が自分で選ぶのは難しいので、ちゃんとNTTがおすすめしてくれているプロバーダーに、フレッツ光と同時申し込みができるようになっています。

NTT推奨プロバーダーと料金

NTTが推奨しているプロバイダーは10社あり、戸建ての場合とマンションの場合で料金が異なる上、それぞれのプロバイダーごとに月額料金と特徴が異なります。

【戸建てで利用する場合のプロバイダー料金】

AsahiNet:月額780円・・・開通月無料、23カ月間は300円

BB.excite:月額500円・・・24カ月350円

Biglobe:月額1,000円・・・開通月+11カ月無料

WAKWAK:月額950円・・・23カ月500円

OCN:月額1,100円・・・開通月無料、商品券15,000円プレゼント、申し込み時のPC設定付き

Plala:1,000円・・・1か月無料+23カ月500円

So-net:月額1,000円・・・開通月無料+11カ月300円割引

DTI:月額951円・・・開通月無料+23カ月475円

@nifty:月額1,000円、開通月無料+16カ月無料

hi-ho:月額1,200円、開通月無料+11カ月100円

プロバイダーを月額料金で選ぶ場合はBB.exciteが最安値となりますが、メールアドレスが貰えませんので、フリーメールなどで対応しましょう。とにかく1年目の料金を抑えたい人はBiglobeがおすすめです。開通から11カ月はプロバイダー料金が無料となります。

また、セキュリティーがしっかりしていると定評のあるSo-netや、NTTグループとして知名度のあるPlalaとOCNも人気です。

【マンションミニの場合のプロバイダー料金】

AsahiNet:月額700円・・・開通月無料+23カ月500円

BB.excite:月額500円・・・24カ月350円

Biglobe:月額650円・・・開通月+11カ月無料

WAKWAK:月額600円・・・23カ月500円

OCN:月額810円・・・開通月無料、商品券9,000円プレゼント、申し込み時のPC設定付き

Plala:月680円・・・1か月無料+23カ月500円

So-net:月額900円・・・開通月無料+11カ月300円割引

DTI:月額680円・・・開通月無料+23カ月340円

@nifty:月額950円・・・開通月無料+16カ月無料

hi-ho:月額890円・・・開通月無料+11カ月100円

マンションタイプも同様に、BB.exciteが最安値です。全体的に戸建てよりも割安なのが特徴です。

【マンションプラン1の場合のプロバイダー料金】

AsahiNet:月額700円・・・開通月無料、23カ月500円

BB.excite:月額500円・・・24カ月350円

Biglobe:月額850円・・・開通無料+11カ月無料

WAKWAK:月額600円・・・23カ月500円

OCN:月額810円・・・開通月無料、商品券9,000円プレゼント、申し込み時のPC設定付き

Plala:月額800円・・・1か月無料+23カ月500円

So-net:月額900円・・・開通月無料+11カ月300円割引

DTI:月額680円・・・1か月無料+23カ月340円

@nifty:月額950円・・・開通月+16カ月無料

hi-ho:月額890円・・・開通月無料+11カ月100円

マンションプラン1をマンションミニの場合と比べると、Biglobeは200円、Plalaは120円上っていますが、他は特に変わりがありません。

【マンションプラン2の場合のプロバイダー料金】

AsahiNet:月額700円・・・開通月無料の上、23カ月500円

BB.excite:月額500円・・・24カ月350円

Biglobe:月額850円・・・開通月+11カ月無料

WAKWAK:月額600円・・・23カ月500円

OCN:月額810円・・・開通月無料、商品券9,000円プレゼント、申し込み時のPC設定付き

Plala:月額800円・・・1か月無料、23カ月500円、メールアドレス7個まで無料

So-net:月額800円・・・開通月無料+11カ月300円割引

DTI:月額680円・・・1か月無料+23カ月340円

@nifty:月額950円・・・開通月無料+16カ月無料

hi-ho:月額890円・・・開通月無料+11カ月100円

マンションプラン2をマンションプラン1と比較すると、So-netが100円安くなっていますが、他は特に変わりがありません。

付加サービスについて

ここまでの解説のとおり、フレッツ光でインターネットを使用と思ったら、NTTのフレッツ光の月額料金と、プロバイダー料金で利用することができるのですが、他にも追加料金でさまざまなサービスを受けることが可能です。

たとえば、全国一律8円の通話料が魅力の「ひかり電話」を追加する場合は別途月額500円、分からないことを随時質問したり、遠隔操作で助けてくれるリモートサポートも別途月額500円で加入することが可能です。

また、地デジのテレビ放送を光回線で見るフレッツテレビが別途月額660円、そのほか映像配信サービスが別途月額933円からラインナップされていますので、あなたの趣向にあった映画や番組を光回線を利用して楽しむことができるのです。

支払い方法と料金支払いのタイミングは?

フレッツ光の支払方法は3つのパターンがあります。請求書払いの場合と、口座振替の場合、クレジットカード払いの3つです。いずれかご都合の良い方法を選びましょう。

ただし、請求書払いの場合はプロバイダーが手数料を取ることもあるようなので、その時は口座振替かクレジットカードがお得です。特にクレジットカードの場合はカードポイントが貯まりますので、最もお得に支払をすることができるでしょう。

支払いのタイミングは、料金の計算日によって6パターンあります。

・料金計算期間が前々月21日~前月20日の場合:請求書は今月5日に発行。支払い期限は今月20日

・料金計算期間が前々月26日~前月25日の場合:請求書は今月10日に発行。支払い期限は今月25日

・料金計算期間が前月1日~末日日の場合:請求書は今月15日に発行。支払い期限は今月末日

・料金計算期間が前月6日~今月5日の場合:請求書は今月20日に発行。支払い期限は来月5日

・料金計算期間が前月11日~今月10日の場合:請求書は今月25日に発行。支払い期限は来月10日

・料金計算期間が前月16日~前月15日の場合:請求書は今月末日に発行 支払い期限は来月15日

請求書を見るとどのパターンか確認できますので、ご自身のパターンはしっかりと把握しておきましょう。

まとめ

フレッツ光を加入した時にかかる料金は、契約料と工事費用が初期費用としてかかり、その後は月々のフレッツ光利用料とプロバイダー料金が必要です。

フレッツ光利用料もプロバイダー料金も、NTT東日本かNTT西日本かによって異なりますし、戸建てでの利用かマンションでの利用かによっても異なります。

マンションの場合は3種類の料金体系がありますので、これらを複合するとものすごく多くの料金の組み合わせができてしまい、とても複雑に思えてしまいます。

しかし、あなたの利用パターンがどれに該当するのかを一つずつ見て行けば、ピンポイントで料金を割り出すことは簡単ですので、ぜひ一度あなたのパターンの月額料金をはじき出し、そしてフレッツ光の加入を検討してみてください。

割引特典などの恩恵もしっかり受けて、少しでもお得にインターネットを活用しましょう。