フレッツ光の最近のキャッシュバック事情とお得な申し込み方法まとめ

フレッツ光のキャッシュバックは、その金額がどんどん目減りしています。しかし、今でも時折高額なキャッシュバックを目にすることがあります。どこから申し込めばお得なキャッシュバックを受けることができるのか?注意点とともに解説します。

また、個人だけでなく、法人の場合の特典も紹介しますので、あなたが個人事業主やSOHOで利用する場合には参考にしていただければと思います。

フレッツ光のキャンペーン事情

フレッツ光に加入する時には、高額なキャッシュバックが付くというイメージがありませんか?確かに2015年の春ごろまでは、キャッシュバックの特典はとても高額でした。家電量販店や代理店のサイトで、積極的なキャッシュバック戦略が取られていました。

しかし、光回線の普及にともない、キャッシュバックの額は段階的に目減りし、2016年に入るとキャッシュバックの特典がなくなった所も増えています。

キャッシュバック特典が目減りした代理店の例

たとえば、2015年の春に60,000円のキャッシュバックをしていたグローバルラインやネットナビという代理店は、既にキャッシュバックは終了し、40,000円強のキャッシュバックを付けていたSパートナーズやラプターもキャッシュバック特典はありません。

69,000円の高額キャッシュバックを誇っていたユーエヌも、2016年に入ると条件付きで10,000円のキャッシュバックとなりました。

このように、キャッシュバックはどんどん目減りしていますので、少しでもお得にフレッツ光に加入しようと思ったら、まだキャッシュバック特典を付けているところから、早めに加入することがおススメです。

まずは、今でもまだキャッシュバックをしている代理店を紹介しましょう。

どこでフレッツ光に申し込むと高額キャッシュバックがもらえる?

高額のキャッシュバックキャンペーンでオススメは、ベストリンクという代理店からの申し込みです。現在(2016年12月)でも最大60,000円のキャッシュバックを受けることができます。

ただし、最大の60,000円は、マンションでの利用で所定のオプションサービスの加入が条件となっています。

実は、高額キャッシュバックを受ける際には、オプションサービスの加入が条件となっているところが大半ですので、注意が必要なのです。では、その注意点について具体的に見て行きましょう。

キャッシュバックに申し込む際の注意

高額キャッシュバックを受ける際にはオプションサービスの加入が必須条件となってることが多く、結果的に月額料金が割高となってしまいます。

たとえば、先ほど紹介したベストリンクの場合、60,000円のキャッシュバックを受けようと思うと、マンションでの利用を前提に「ひかり電話 もっと安心プラン+Toppa!プレミアムTV with U-next+NTTカード」のオプションを付ける必要があります。

これらのオプションはどんなオプションなのか、順番に紹介します。

  • ひかり電話 もっと安心プラン

月額3,900円の追加で、4,800円分(30時間相当)の通話料が付き、通常8円/3分の通話料が7.2円/3分となります。

  • Toppa!プレミアムTV with U-next

映画やドラマ、アニメその他の動画配信サービスで、月額料金は980円から。

  • NTTカード

年会費無料のNTTのクレジットカード。

これらのオプションを付けることで60,000円のキャッシュバックとなりますので、これらを使わない場合には、キャッシュバックのメリットはあまりありません。実際にこれらを使う人はキャッシュバックを受けるメリットは大きいといえるので、利用シーンを検討してから申し込みをしましょう。

オプションに加入しなくてもキャッシュバックをもらえるところはある?

では、これらのオプションに加入することなく、キャッシュバックを受けれるところはないのでしょうか?実は今紹介したベストリンクでは、インターネットのみの申し込みでも5,000円のキャッシュバック特典があります。

これは戸建ての場合もマンションの場合も共通なので、オプションサービスを付けたくない場合におススメです。

他にもアウトカンパニーという代理店サイトでも、オプションなしで5,000円キャッシュバックがありますので、お得にフレッツ光に加入することができます。

どこで申し込むとキャッシュバックが早くもらえる?

キャッシュバック特典がある場合、どうせなら少しでも早くもらいたいですよね?代理店によってキャッシュバック時期の遅い早いがありますので、早くキャッシュバックをくれるところを紹介します。

実は上記で紹介したベストリンクとアウトカンパニーは、キャッシュバックも早くもらえる代理店の代表格でもあります。

ベストリンクの場合、工事完了から約3か月以内にキャッシュバックの適用が受けれます。工事が完了すると申し込み書類が送られてきますので、90日以内に書類を返送することで受けることができます。

アウトカンパニーはさらに早く、開通確認が取れ次第、翌々月末に振込みが行われます。

キャッシュバックが早いこともこの2社のメリットといえるでしょう。

法人キャンペーンはさらに高額!

ここまで個人がフレッツ光を利用する場合を紹介して来ましたが、法人での利用の場合はキャッシュバック特典が高額となります。

たとえばSOHOや個人事業主の場合、そのことを知らずに個人でインターネットを申し込む人がいらっしゃいますが、実は法人として申し込みをしたほうがキャッシュバックの恩恵が大きいのです。

法人利用でオススメの代理店サイトはラプターで、NTT東日本のフレッツ光に申し込む場合は、ネット利用だけでも30,000円のキャッシュバックが付きます。

月額1,500円で480円分の通話料やキャッチフォン・ナンバーディスプレイなどのサービスが付いている「ひかり電話エース」に加入すると、キャッシュバックは40,000円となりますので、電話をよく使う人にはオススメです。

NTT西日本のフレッツ光に申し込む場合は、ネットのみで40,000円、ひかり電話エースも加入すると45,000円のキャッシュバックとなります。

法人の場合の月額料金はどうなるの?

フレッツ光を法人で利用する場合には、月額料金は個人の場合と違いがあるのでしょうか?フレッツ光の月額料金はNTT東日本とNTT西日本では異なります。

【NTT東日本】

・戸建て:4,600円

・マンション:2,950円+プロバイダー料金

※マンションはプラン2の場合

【NTT西日本】

・戸建て:3,810円

・マンション:2530円+プロバイダー料金

※マンションはプラン2の場合

いずれもフレッツ光の月額料金と、プロバイダというインターネットにつないでくれる事業者の月額料金が必要です。

プロバイダは数あるのですが、法人契約の場合は通信障害になりにくいOCN(月額 戸建て1,100円 マンション810円)がオススメです。

そして、実は法人契約であっても個人契約であっても、フレッツ光の月額料金に違いはありません。

もしも自宅で仕事をしている人の場合は、法人契約をすることによってより多くのキャッシュバックの恩恵があるでしょう。

まとめ

フレッツ光のキャッシュバックはどんどん目減りしているのが現状となっています。しかし、今でもまだキャッシュバックをしている所はありますので、せっかくですから少しでもお得に加入しましょう。

ただし、高額キャッシュバックの場合は、オプションサービスの加入が条件となっているところがほとんどですので注意が必要です。

法人の場合はオプションなしで高額キャッシュバックの恩恵を受けれるところもありますので、自宅で仕事をしている場合には検討してみましょう。