フレッツ光ネクストの速度性能と速度の改善方法について

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

フレッツ光ネクストの速度性能と速度の改善方法について

フレッツ光ネクストは、超高速インターネットのため、快適にインターネットを利用することが可能といわれています。

しかし、サイトやパンフレットの速度表記には「最大1Gbps」のように、あくまでも「最大」の場合です。本当に速度は早いのでしょうか?実際に計測した結果をもとに詳しく解説します。

フレッツ光の速度の改善方法についてはこちら

フレッツ光ネクストの速度って速いの?

フレッツ光ネクストは、高速インターネット回線と安定した品質が売りですが、使う人や利用環境によっては、速度が遅いと感じる人もいらっしゃるようです。そういうと「サイトやパンフレットに通信速度1Gbpsと書いてあるのに、遅いなんておかしいじゃないか」と思う人もいらっしゃるかも知れませんが、サイトやパンフレットには「最大」の文字が付いており、利用環境によっては大幅に速度が落ちる可能性があるとも補足されています。

つまり、利用しているパソコンの性能や光回線とパソコンの間の機材や配線、マンションなどでの設置方式によって、速度性能はゴロっと変わることがあるのです。

利用環境によってどれくらい性能の差があるのかを紹介しますがその前に、規格上の1Gbpsの速度がどれくらいの速さなのかを知っていただくことから解説したいと思います。

フレッツ光ネクストの規格上の理論速度を解説

フレッツ光ネクストの規格上の1Gbpsという速度がどれくらいの速さなのか、強引な例えですが、時速で例えたいと思います。

光回線が登場する以前は、高速インターネットとしてフレッツADSLというサービスが普及していました。これは光ファイバー回線ではなく、従来の電話線、つまりアナログ回線でした。

この時の速度性能は、時代にもよりますが1Mbpsから50Mbpsという速さでした。Mbpsを時速に置き換えたらどうなるでしょう?徒歩から原付バイクよりちょっと早い速度というイメージでしょうか?それが、光回線が出始めたころには100Mbpsというスピードに上がりました。時速に直すと私鉄の特急列車くらいかと思います。

これだけでも従来のアナログ線を遥かに上回る通信速度を誇っていたのですが、フレッツ光ネクストハイスピードタイプが登場し、200Mbpsという速度を実現しました。時速に例えると新幹線に近い速度となったのです。

そして現在、NTT東日本とNTT西日本ともに、1Gbpsという速度性能を実現し、時速でいうと飛行機くらいの速度性能となったのです。

ちょっと強引な例えだったかも知れませんが、時速に例えると何となくフレッツ光ネクストの速さがイメージできるのではないでしょうか?

  • NTTのインターネット回線サービスの変遷と時速の例え

・フレッツADSL(アナログ回線):1Mbps~50Mbps・・・原付バイク

・Bフレッツ、フレッツ光プレミアム:100Mbps・・・特急列車

・フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ:200Mbps・・・新幹線

・フレッツ光ネクスト ギガファミリー/マンション スマートタイプ /隼(NTT東日本)、フレッツ光ネクスト 隼(NTT西日本):1Gbps・・・飛行機

速度性能に影響を与えていると考えられる原因

これだけの速さを誇るフレッツ光ネクストですが、こんなに高速なのに速度が遅いという人が出てくる原因は一体何なのでしょうか?その環境要因を考えてみましょう。

環境要因はいろいろありますが、最も一般的にいわれているのは「パソコンの性能」「LANケーブルの性能」「無線ルーターの性能」「プロバイダの設備」が挙げられます。

  • パソコンの性能による影響

いくら回線が高速だったとしても、パソコンの性能が低ければ高速インターネットのメリットを受けれない場合があります。例えるなら、大きな水道管が自宅まで大量の水を運んでくれているけれど、蛇口から出てくる大量の水を受ける洗面器が小さいというようなものです。

パソコンのスペックもインターネットの速度には重要な要素です。

  • LANケーブルの性能による影響

LANケーブルは、電話の親機の近くに設置してある「モデム」という装置から、パソコンまでを繋ぐケーブル線のことです。LANケーブルの性能が低いと、大きな水道管が自宅まで大量の水を運んでくれているけれど、蛇口が細くて水の出が悪いというようなものです。

少なくとも「カテゴリー5」という規格以上のものがオススメです。もちろん「カテゴリー6」や「カテゴリー7」は値段が上がりますが、よりオススメです。

  • 無線ルーターの性能による影響

無線ルーターの性能が低い場合も速度性能は落ちます。大きな水道管が自宅まで大量の水を運んでくれているけれど、それをバケツリレーで他の部屋に運ぶためのバケツが小さくて、なかなか水を運べないようなものです。

現在最も転送速度が速い規格は「IEEE802.11ac」ですので、箱に記載の「IEEE802.11ac」対応の無線ルーターがオススメです。

  • プロバイダの設備による影響

インターネットを利用する場合、NTTの光回線の契約だけでなく、インターネットに繋いでくれるプロバイダという業者との契約も必要です。

いくら光回線の速度が速くても、プロバイダの設備が整っていなければ速度性能は落ちます。

大きな水道管が自宅まで大量の水を運んでくれているけれど、水道管から自宅までを繋ぐ水道管が小さいようなものです。

パソコンやLANケーブル、無線ルーターの性能が良いのに、インターネットの速度が出ない場合は、プロバイダの変更も検討してみましょう。

フレッツ光ネクストは戸建て、マンション、オフィスそれぞれで速さは違うの?

フレッツ光ネクストは戸建て、マンション、オフィスによって速さは違うのでしょうか?

基本的に、利用環境は戸建てかマンションとなります。オフィスの場合は戸建てのオフィスかマンションの一室のオフィスかによって、どちらかに分類されます。

結論からいいますと、戸建ての場合とマンションの場合では、速度が変わる可能性が大きいようです。なぜなら、マンションでの利用時にはマンションの設備状況によって「VDSL方式」「LAN配線方式」「光配線方式」の3つの方式があり、これらの違いによって速度性能の違いが発生するからです。

では、それぞれの方式について見て行きましょう。

・VDSL方式

VDSL方式とは、マンションまでは光ファイバーで繋ぐけれども、各部屋までは既存の電話線を利用するという方法です。

電話線は電子レンジなどのノイズを受けやすいため、速度が落ちる場合があります。

・LAN配線方式

LAN配線方式は、マンションまでは光ファイバーだけれども、各部屋まではLANケーブルを利用するという方式です。VDSL方式に比べるとノイズの影響は受けにくいようです。

・光配線方式

光配線方式は、マンションの各部屋まで光ファイバーを入線する方法で、上記2つの方式よりノイズの影響を受けにくいので、通信速度が安定します。

ちなみに、戸建ての場合は光配線方式とどうように、自宅に直接光ファイバーを入線するため、通信速度が安定している方法だといえるでしょう。

フレッツ光ネクストの速度を実際に測定してみる

実際にフレッツ光ネクストを利用している人は、一体どれくらいの速度が出ているのでしょうか?あくまでも一例ですが「radish」という速度計測サイトのデータを参考に、実測値を紹介したいと思います。

計測は全て最大1Gbpsのサービスで比較いたします。

《事例1》

速度:486.6Mbps
測定時刻: 2016/12/31(Sat) 7:35
使用回線: 光ファミリーギガラインタイプ
プロバイダ: OCN
測定地: 埼玉県熊谷市

《事例2》

速度:907.4kbps
測定時刻: 2016/12/31(Sat) 0:00
使用回線: NTT西 フレッツ 光ネクスト 隼
プロバイダ: ぷらら
測定地: 石川県金沢市

《事例3》

速度:264.4Mbps
測定時刻: 2016/12/30(Fri) 23:07
使用回線: NTT西 フレッツ 光ネクスト マンション 隼 光配線方式
測定値:大阪府大阪市

《事例4》

速度:196.7Mbps
使用回線: NTT西 フレッツ 光ネクスト ファミリー 隼
プロバイダ: BIGLOBE
測定地: 福井県福井市

このように、同じフレッツ光を利用していたとしても、速度性能の実測値は大きく変わります。速度性能を求めるには光回線以外の要因も改善する必要があるのです。

まとめ

フレッツ光ネクストの速度は1Gbpsを誇り、快適なインターネットを実現させてくれます。ただし、1Gbpsは最大値のため、利用環境によっては大幅に速度性能が落ちる可能性があります。

パソコンの性能やルーター、プロバイダによって速度は変わりますので、万一思ったような速度が出ない場合には、先ずは原因を究明し、改善策を取る必要があるでしょう。