フレッツ光のモデムの設定方法や故障対応、返却方法について

フレッツ光を利用するには、モデムという装置が必要です。フレッツ光の場合はホームゲートウェイという名の装置がモデムのことで、電話の親機の近くに設置されているお弁当箱よりも一回り大きいサイズの機械がモデムです。

フレッツ光の工事の時にモデムが設置され、光ファイバーからモデムまでの配線や設定をしてくれますが、そこからパソコンまでの設定は自分でしなくてはなりません。この記事では初期設定の方法や、故障時の対応などを詳しく解説します。

モデムとは

モデムとは、インターネットを接続する際に必要な機器で、フレッツ光の場合は電話の親機の近くに設置します。

光ファイバーは、電線からあなたのお宅の電話の配管を通して入線され、モジュラージャックから部屋に入って来たあと、モデムまで接続されます。

そして、モデムから電話機までは電話線、モデムからパソコンまではLANケーブルという線や、無線でつながります。スマホやタブレットもフレッツ光で利用可能です。

つまりモデムは、光ファイバーを受け、電話やパソコン、スマホやタブレットが使えるように中継する司令塔のような存在なのです。

フレッツ光のモデムの設定方法

初期設定をNTTに依頼すると3,000円程度で設定してくれるのですが、家電量販店などの出張サービスは20,000円程度の金額がかかる場合があります。そこで、まずは自分で設定する場合の方法を紹介します。

初期設定と聞くと、何となく難しいように思えるかも知れませんが、何のための設定かといいますと、プロバイダから届いたユーザーIDやパスワードなどの情報を登録することが目的ですので、手順通り進めればそれほど複雑ではありません。

プロバイダとはインターネットに接続してくれる事業者のことで、あなたがフレッツ光に申し込んだ時に、フレッツ以外にも同時に申し込んでいる事業者のことです。(OCNやPlalaなど)

プロバイダから届いているユーザー情報を初期設定の前に手元に準備しましょう。プロバイダがどこか分からない場合は、フレッツ光を申し込んだ時の窓口に確認しておくと良いでしょう。

初期設定のパターンは2パターンありますので、それぞれを具体的に見て行きます。

1.パソコン1台の場合

2.パソコン複数台の場合

あなたに必要な方をご覧になってください。

1.パソコン1台の場合

パソコン1台の場合の初期設定を、Windows8の場合を例に解説します。

まずは「コントロールパネル」を開きます。コントロールパネルが表示されるとその中に「ネットワークとインターネット」という項目をクリックします。

画面右上の「表示方法」の項目が「カテゴリ」になっているのを確認し、「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。表示方法がカテゴリ以外の場合は、カテゴリに直してから進みましょう。

次の画面に進むと、「新しい接続またはネットワークのセットアップ」をクリックします。そうすると「接続オプションを選択します」という表示が現れますので、「インターネットに接続します」をクリックして次へ進み「ブロードバンド(PPPoE)」をクリックします。

もしも「既にインターネットに接続しています」と表示された場合は、「新しい接続をセットアップします」をクリックしましょう。

その後、プロバイダから発行されている資料を参考に、ユーザーIDやパスワードを入力すると設定完了です。

Window8以降ではほぼ同様の手順となります。

【初期設定の手順】

「コントロールパネル」
  ↓
「ネットワークとインターネット」
  ↓
「ネットワークの状態とタスクの表示」
  ↓
「新しい接続またはネットワークのセットアップ」
  ↓
「インターネットに接続します」
  ↓
「ブロードバンド(PPPoE)」
  ↓
ユーザーIDやパスワードを入力
  ↓
設定完了

2.パソコン複数台の場合

パソコンが複数台ある場合の設定は、まずはNTTから借りているモデム(ホームゲートウェイ)から各パソコンをLANケーブルという線でつなぎましょう。

その後は、フレッツ光の工事担当者が渡してくれる設定ガイドと付属のCD-ROMで簡単に設定することが可能です。

設定がスムーズにできるように、まずは以下の3つのものを準備しましょう。

・フレッツサービスお申込み内容のご確認

・設定ガイド

・プロバイダの書類

準備が整ったら、CD-ROMをパソコンに入れます。その後、「LANケーブルで接続する」をクリックし「インターネット接続設定」をクリックします。

「お客様ID・アクセスキーの入力」をすると自動的にプロバイダ情報が入力されます。手動で行うこともできますが、その場合はプロバイダから送られてくる書面に記載のユーザーIDやパスワードを入力します。

【初期設定の手順】

「CD-ROMをパソコンに入れる」
  ↓
「LANケーブルで接続する」
  ↓
「インターネット接続設定」
  ↓
「お客様ID・アクセスキーの入力」
  ↓
設定完了

※セキュリティツールが必要な場合はこの後インストール

モデムを設定する際の注意点

設定の時の注意点として、最も間違い安いのがプロバイダのユーザーIDとパスワードの入力です。

プロバイダの書面には、ユーザーIDやパスワードらしきものが複数書かれていて、どれが入力に必要なユーザーIDとパスワードなのか分からないという人がいらっしゃいます。

実際に試してみて接続できない場合には、選んでいるユーザーIDやパスワードが間違っている可能性がありますので、プロバイダから送られている書面をしっかりと確認しましょう。

無線で接続したい場合は無線ルーターが必要

パソコンを無線で利用したい場合には、利用される無線ルーターによってその方法が異なります。

モデム(ホームゲートウェイ)からパソコンまでを無線にしようと思うと、無線ルーターというお弁当箱サイズの機械が必要で、その相場は3,000円から20,000円程度とピンキリです。

フレッツ光の回線スピードが速くても、無線ルーターの性能が悪いと、快適にインターネットを使うことができませんので、スピードを求める人は性能の良い無線ルーターを買われると良いでしょう。

現在最も転送速度が速い規格は「IEEE802.11ac」ですので、「IEEE802.11ac」に対応している無線ルーターがオススメです。箱に書いてある対応で確認して下さい。

無線の設定は、フレッツ光の初期設定が終わってからとなります。大抵の無線ルーターの場合、付属CDで簡単に設定が可能です。

モデムが故障した場合はどうすればいい?

モデム(ホームゲートウェイ)が故障したかも知れないと思ったら、NTTに問合せをしてみましょう。もしも故障だった場合には、モデムを無料で交換してくれますので安心です。

ただし、NTTに問い合わせる前に、NTTのホームページで症状を診断することができます。

NTT西日本のサイトには、フレッツ光トラブル自己診断というページが用意されており、症状の項目を選択するだけで簡単に自己診断ができますので、おかしいなと思ったら、まずは自己診断がオススメです。

NTT東日本のサイトにも、サポート窓口があり、故障に関する問い合わせができるようになっていますので、故障かなと思ったら、一度問合せをしてみましょう。

ちなみに、ネットに接続できない場合にはフリーダイヤル0120-116-116から問い合わせることが可能です。

解約の際のモデムの返却方法は?

解約した場合には、モデム(ホームゲートウェイ)は返却しなければなりません。しかし、手間なく返却することが可能となっています。

というのも、解約するとNTTから機材の返却用の封筒が送られてきます。取り外した機材をこの封筒の中に入れて送り返すだけで返却は完了します。

何を返却すればいいの?と迷われる人もいらっしゃるかも知れませんが、ちゃんと返却するもののリストも一緒に送られて来ますので、迷うことはないでしょう。

まとめ

フレッツ光の初期設定は、NTTに依頼することや量販店に依頼することもできますが、一定の費用がかかってしまいます。それほど複雑ではありませんので、まずは自分でトライしてみましょう。

パソコンの台数によって設定方法も違いますし、無線で利用する場合には無線ルーターの無線ルーターが必要です。それぞれCD-ROMや設定ガイドがありますので、活用しながら設定をすると簡単です。

モデムの故障などの場合には無料交換をしてくれますので、安心して利用することができます。不明の場合はサポートが充実していますので、ぜひ活用してみてください。