;

フレッツ光でスカパーを見る方法とメリット、料金プランについて

フレッツ光は、速度が早い光回線なので、初心者からヘビーユーザーまでが満足できるインターネット回線として普及しています。

そんなフレッツ光ですが、実はインターネットだけでなくテレビも見ることができ、中でも専門チャンネルが多くて人気のスカパーを、光回線を通じて見れることに驚かれる人もいらっしゃるようです。

フレッツ光でスカパーを見るにはどうすればいいのでしょうか?詳しくまとめます。

フレッツ光でスカパーが見れるの?

フレッツ光にはテレビサービスがあります。普段見ている地上波のテレビ番組はもちろんのこと、BSデジタル放送や専門チャンネルであるCS放送を楽しむことができます。

フレッツ光でCS放送はオプション利用となりますが、テレビ好きにはたまらないスカパーを契約することになり、映画やドラマ、スポーツや音楽など、さまざまなチャンネルからお好きなものを選んで視聴することが可能です。

さらに、画像が繊細で大迫力の映像の4K放送の専門チャンネルもありますので、充実したテレビをふんだんに楽しむことができるサービスです。

スカパーを見るための条件とは?

フレッツ光でスカパーを楽しむにはフレッツ光の加入と、フレッツテレビというサービスに加入が条件となります。

フレッツテレビとは、光ファイバー回線を通じてテレビのデータを配信してくれるサービスで、アンテナも不要ですし、テレビの横に置く専用端末も要らないという特徴があります。

直接光ファイバー回線でデータを配信するため、ノイズが少ないという特徴もあります。

フレッツテレビによって地デジ、BSが見れるほか、オプション加入でスカパーを楽しむことが可能となります。

《フレッツ光でスカパーを楽しむ契約条件》

フレッツ光(インターネット)+フレッツテレビ+スカパー

フレッツテレビでスカパーを利用するメリット

フレッツ光でスカパーを見るメリットは、テレビまわりがスッキリすることと、自宅の外観がキレイなこと、映像品質が良いことが挙げられます。

スカパーを見るために加入するフレッツテレビは、専用端末が不要と紹介しましたが、専用端末が不要ということは、専用端末用のリモコンも不要ということです。

テレビまわりの機材や余分なリモコンのゴチャ付きがなく、スッキリとした環境で見ることが可能です。

また、直接光ファイバー回線でデータを配信するので、アンテナがなく、自宅の外観もスッキリとし、さらに荒天時にも映像が荒れる心配がありません。高品質のテレビ映像を安定して楽しむことができます。

スカパー利用時の料金は?

フレッツ光でスカパーを見るための料金は、フレッツ光でのインターネット料金と、フレッツテレビの月額料金の他に、スカパーの基本料金と、あなたがチョイスする専門チャンネルの料金がかかります。

《フレッツ光でスカパーを見る場合の料金》※NTT東日本ギガファミリーの場合

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+各チャンネルの視聴料(371円~)

パックチャンネルの料金プラン例

スカパーのチャンネルは1チャンネルから視聴可能ですが、たくさん見たい人向けのパックや、映画やスポーツチャンネルだけをピックアップしたパックなど、趣味に合わせたパックを選ぶことも可能です。

《スカパーのチャンネルラインナップの例》

・スカパーを1チャンネルだけ見る場合

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+専門チャンネル視聴月額料金(371円~)

・スカパー光パックHD ハイビジョン66チャンネル

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+スカパー光パックHD ハイビジョン66チャンネル(3,762円)

・映画&スポーツ!プレミア7

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+映画&スポーツ!プレミア7(3,795円)

・スポーツセレクション

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+スポーツセレクション(2,916円)

・プロ野球セット

インターネット利用にかかる月額料金(5,100円~)+フレッツテレビの月額料金(660円)+スカパー基本月額料金(390円)+プロ野球セット(3,980円)

初期費用はいくらかかるの?

フレッツ光でスカパーを見るためには、フレッツ光に加入時の初期費用と、フレッツテレビを接続する時の初期費用がかかります。

まだフレッツ光を利用していない人が新規加入する場合と、既にフレッツ光を利用している人が追加でフレッツテレビに申し込む場合では初期費用は異なります。

また、戸建てで利用する場合とマンションで利用する場合でも初期費用は異なりますし、テレビの台数によっても初期費用は変わります。ちなみに自分でテレビ接続ができる人の場合は工事費は安くなります。

【フレッツテレビの初期費用合計】※NTT東日本の場合

《新規でフレッツ光を申し込む場合(戸建ての場合)》

・自分でテレビ接続する:戸建て24,600円

・テレビ1台まで接続工事の場合:戸建て31,100円

・テレビ4台までの接続工事の場合:戸建て44,400円

《新規でフレッツ光を申し込む場合(マンションの場合)》

・自分でテレビ接続する:マンション21,600円

・テレビ1台まで接続工事の場合:マンション28,100円

・テレビ4台までの接続工事の場合:マンション41,400円

《すでにフレッツ光を利用している人が追加で申し込む場合(戸建てマンション共通)》

・自分でテレビ接続する:10,300円

・テレビ1台まで接続工事の場合:16,800円

・テレビ4台までの接続工事の場合:30,100円

スカパーって録画できるの?

フレッツ光でスカパーを見る場合、録画をすることができるのかという疑問を持っている人が多いようですが、ちゃんと録画は可能です。

ただし、市販の録画機がCS放送に対応していなければなりません。見分け方は録画機に「110°CS DIGITAL」というマークがあれば録画可能ですので、覚えておきましょう。

フレッツでのスカパーのサービス提供エリアは?

フレッツ光でスカパーを見るためにはフレッツテレビの提供エリアである必要があります。フレッツ光の提供エリアは現在以下の通りとなっています。

《NTT東日本での提供エリア》

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域

《NTT西日本での提供エリア》

大阪、和歌山、京都、奈良、滋賀、兵庫、愛知、静岡、岐阜、三重、広島、岡山、香川、徳島、福岡、佐賀の各府県の一部地域

ただし、サービス提供エリアだったとしても、設備の都合で待たなければならなかったり、利用できない場合もありますので、NTTに問合せて確認してみましょう。

スカパー申込から利用までの流れ

申し込みはNTTのホームページか、フリーダイヤル0120-116-116から可能です。

ホームページからの申し込み時には、フレッツ光契約済みか未契約かを選択する項目がありますので、どちらかを選択肢て申し込みましょう。電話の場合はオペレーターの質問に答えながらの手続きとなります。

別途工事日の連絡があり、工事が終わると視聴可能となります。

まとめ

フレッツ光にフレッツテレビというサービスを付けると、地デジやBSが見れるだけでなく、スカパーを楽しむことが可能です。

フレッツ光でスカパーを利用すると、映画やドラマ、スポーツなどの専門チャンネルを楽しむことができるほか、アンテナや専用端末なしでスカパーを視聴することができます。

荒天時でも安定した映像と、テレビまわりがスッキリとするメリットもありますので、スカパーを見たい人は、フレッツ光での視聴をオススメします。

あなたの趣味に合った専門チャンネルやパックを選んで、有意義なテレビライフをエンジョイしませんか?