フレッツ光の選べる3つの支払い方法や請求書についてスッキリ理解

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

フレッツ光の選べる3つの支払い方法や請求書についてスッキリ理解

「フレッツ光の支払はどうすればいいの?」「プロバイダの支払は別途必要なの?」「滞納したらどうなるの?」

フレッツ光の利用を検討している場合、このような素朴な疑問が出てくる人もいらっしゃるかと思います。フレッツ光の支払方法には選択肢がある上、ウェブ上で金額を確認する方法もあります。滞納した場合にはどうなるのかも含め、フレッツ光の支払について詳しく紹介します。

フレッツ光の支払い方法は選べる?

フレッツ光には3つの支払方法があります。1つは請求書による支払い、もう1つは口座振替による支払い、最後の1つはクレジットカードによる支払いです。まずは、それぞれの支払方法について、具体的な内容を解説していきます。

■請求書による支払い

請求書による支払いを選択した場合は、NTTから送られて来た請求書を利用して支払いする必要があります。送られてくる請求書には、払込用紙がくっついています。それをコンビニエンスストアや銀行、郵便局などに持参することで、その場で支払うことが可能です。クレジットカードを持っていない人や、毎回キッチリと確認しながら支払いたい人にオススメの方法です。

《支払い可能な場所》

・コンビニエンスストア

※「NTT東日本電話料金窓口」「NTTファイナンス料金窓口」の表示

・銀行

・郵便局

・信用金庫

・信用組合

・商工中金

・農林中金

・労働金庫

・その他金融機関

ちなみに、フレッツ光の払込用紙はペイジーを利用可能です。つまり、パソコンやスマホ、携帯電話からや、ATMからの支払することができます。

■口座振替による支払い

毎回払込用紙が届いて、いちいち支払に行くのが面倒だという人には口座振替による支払いがオススメです。

口座振替は、毎月あなたの預金口座から自動的に利用料金が引き落とされるので、わざわざコンビニエンスストアや金融機関に行かなくてもキッチリ支払ができます。多忙の場合はうっかり支払い忘れていたということもあるでしょうから、口座振替は便利です。

誤った金額が引かれてないかや、毎月ちゃんと金額を見て確認したいという人は、預金通帳に記載が残りますので、確認することも可能です。利用料金の内訳を含んだ請求書や、前月分の領収書が自動引き落としされる前に届きますので、事前確認も可能です。ただ、紙媒体の場合、100円から150円の費用や発送手数料がかかりますので、後ほど説明するWeb明細の利用がお得です。

■最後の1つはクレジットカードによる支払い

クレジットカードでの支払いは、クレジットカードのポイントが貯まるのでお得な支払方法です。ひょっとしたら、引き落としまで時間差のあるクレジットカード払いに抵抗がある人もいらっしゃるかも知れませんが、最近では公共料金や社会保険ですらクレジットカードで支払えますので、クレジットカード払いが当たり前の時代となっているのかも知れません。毎月支払うものですので、塵も積もれば山となるように、長期的に考えるとポイントがたくさん貯まってお得です。

支払いはweb明細のがオススメ

フレッツ光には、Webビリングというサービスがあります。Webビリングとはインターネットで請求書などの情報を確認するサービスで、請求書などの紙媒体の発行をやめることで、発行手数料の節約が可能です。

《紙媒体の料金》

口座振替のお知らせ:100円

料金請求書:150円

利用料金の案内(クレジットカード払い):100円

紙媒体の場合は、過去の明細を再確認しようとすると自宅に保管しておかなくてはなりませんが、Webリビングの場合は過去12カ月分の請求情報が保存されているので、わざわざ紙媒体を保管しなくても過去にさかのぼって確認することができます。支払い証明書が必要な場合には発行することも可能です。

また、請求書の場合は送られてくるまで時間差があり、1カ月たたないと確認ができませんが、Webビリングは前日分から確認が可能ですので、リアルタイムに確認することができます。

※NTT東日本エリアでは「@ビリング」、NTT西日本エリアでは「Myビリング」

フレッツ光とプロバイダの支払をまとめることは可能?

インターネットを利用するにはフレッツ光の契約と、インターネット接続事業者であるプロバイダとの契約の2つが必要です。つまり、NTTへの支払以外に、プロバイダにも支払が必要なのです。もしもNTTが口座振替で、プロバイダはクレジットカード払いなど、支払方法も別だったりすると管理がしにくいですよね?

そこで、それらをまとめてNTTファイナンスが利用料を回収してくれる回収代行という方法があります。NTTファイナンスがフレッツ光のインターネット利用料、ひかり電話、プロバイダ料金をまとめて請求してくれるので、支払う側も管理が楽となります。このサービスはOCNやPlala、So-netやビッグローブなどの大手であれば大抵は可能なのですが、中には利用できないプロバイダもありますので注意が必要です。

また、フレッツテレビという映像サービスを利用する場合に、NHKの受信料とスカパー!の料金はまとめることができませんので、頭の片隅に入れておきましょう。

フレッツ光の料金を支払期限までに払い忘れたらどうなる?

支払い期限までに支払いを忘れてしまった場合はどうなるのでしょうか?その場合はインターネットが利用できなくなってしまいます。もしもインターネットが利用できなくなった場合は、速やかに支払うことでインターネットが復旧します。まずはNTTファイナンスに連絡して相談してみましょう。大抵の場合、支払い期日を約束することで、数時間でインターネットが復旧しますが、約束の期日を過ぎると即刻インターネットが停止します。

フレッツ光の料金を滞納し続けてしまったらどうなる?

支払いを滞納し続けた場合は、3か月滞納すると強制的に解約されるので注意が必要です。もしも強制的に解約となった場合には、将来的に入会ができなくなる可能性もありますし、悪質な場合には裁判所から通知が来ることもあるようです。そのようなことにならないように、利用料金の支払いは当然のことと認識しておきましょう。

ちなみに、クレジットカード払いをしていた場合には、信用情報に傷がついてしまう恐れがあります。信用情報に傷が付くと、今後クレジットカードを作れなくなったり、借金ができなくなる可能性があります。そうなると、住宅ローンを組めないというリスクも出てきますので、支払いに足してはシビアに考えておくことが大切です。

支払方法を後から変更することは可能?

支払い方法は後から変更することが可能です。一旦、支払方法を決めたからといって、ずっとその方法を取る必要はないので安心していただければと思います。変更はNTTの公式サイトから手続きが可能で、「請求書による支払い」「口座振替による支払い」「クレジットカードによる支払い」の項目から選択することができます。

ただ、これを見る限りでは、新しい手続きであって、変更手続きではないと思ってしまう人がいらっしゃるようですが、新しい支払い方法の手続きをすることで自動的に変更が完了し、以前の方法は停止されますので問題なく変更することが可能です。

まとめ

フレッツ光の支払方法は、「請求書による支払い」「口座振替による支払い」「クレジットカードによる支払い」の3つから選択することができますので、あなたにとって最も便利な方法を選んでいただくことが可能です。後から変更することもできますので、他の方法を希望する場合は公式サイトから手続き可能となっています。

発行費用がかかる紙媒体の請求書は、Webビリングを利用することで節約をすることができます。滞納しないようにしっかりとチェックしておきましょう。