フレッツ光とYahoo!BB光、ソフトバンク光の違いについて

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

フレッツ光とYahoo!BB光、ソフトバンク光の違いについて

フレッツ光とYahoo!BB光withフレッツ、ソフトバンク光はどう違うのでしょうか?

NTTがフレッツ光の設備を他社に貸し出すことを光コラボレーション事業(以下コラボ光)といいます。借りた事業者はフレッツ光の設備を使いながら、独自のサービスを展開することが可能で、ソフトバンク光もコラボ光の1つです。

でも、ソフトバンクにはYahoo!BB光withフレッツというサービスもあり、なんだかややこしいですよね?そこで、これらの違いを紹介し、ソフトバンク光へ乗り換えるメリットやデメリットを解説します。

「フレッツ光」と「Yahoo!BB光withフレッツ」と「ソフトバンク光」の違いは?

インターネットを利用する場合、フレッツ光のようなインターネット回線の契約と、インターネットに接続してくれる事業者であるプロバイダ契約の2つが必要です。

プロバイダはOCNやPlalaなどが有名ですが、Yahoo!も有名なプロバイダの1つに数えられています。

もしも、フレッツ光のプロバイダをYahooにした場合には、Yahoo!BB光withフレッツを利用していることになります。つまり、Yahoo!BB光withフレッツは、NTTのフレッツ光を利用し、プロバイダをYahooにした時のサービスとなります。

それに対して、ソフトバンク光はコラボ光のサービスなので、ソフトバンクが光回線のサービスもプロバイダも一括して取り次いでいるサービスです。

・Yahoo!BB光withフレッツ : フレッツ光(プロバイダがYahoo)

・ソフトバンク光 : コラボ光(NTTの回線をソフトバンクが借りて独自サービス)

Yahoo!BB光withフレッツからソフトバンク光に転用するメリット

Yahoo!BB光withフレッツに比べ、ソフトバンク光は月額料金お得です。フレッツ光の設備を使用しているため、どちらも性能は同等でありながら、ソフトバンク光に乗り換えた方が月額料金が安くなるので、出費を抑えたい人は乗り換えがオススメです。

ソフトバンクの携帯を利用してる場合はさらに料金が安くなる上、ソフトバンク携帯を利用している家族の人数によっては、割引額が大きくなります。

乗り換える場合には、Yahoo!BB光withフレッツを解約するのではなく、NTTに転用の申し込みをします。転用することで、フレッツ光の解約金などをかけずに乗り換えることが可能です。

では、具体的にYahoo!BB光withフレッツとソフトバンク光の月額料金を比較してみましょう。

Yahoo!BB光withフレッツとの月額料金比較

Yahoo!BB光withフレッツとソフトバンク光の月額料金を比較すると、戸建ての場合もマンションの場合も、ソフトバンク光の月額料金に安さの軍配が上がります。

《Yahoo!BB光withフレッツの月額料金(NTT東日本の場合)》

・戸建て向け:フレッツ光ネクスト回線利用料(4,500円)+Yahoo!BBプロバイダ料金(1,200円)=合計5,700円

・マンション向け:フレッツ光ネクスト回線利用料(2,400円)+Yahoo!BBプロバイダ料金(950円)=合計3,350円

※割引適用時の料金、マンションは設備状況によって料金が異なります。

《ソフトバンク光の月額料金》

・戸建て向け:5,200円

・マンション:3,800円

さらに、ご家族もソフトバンク携帯の場合は、「おうち割 光セット」という割引が適用されます。

《おうち割 光セット》

家族1人の場合1,522円割引

家族2人の場合3,044円割引

家族3人の場合4,566円割引

家族4人の場合6,088円割引

ソフトバンク携帯を利用していなくても料金メリットはありますが、ソフトバンク携帯を利用している場合には、そのメリットは大きくなります。

また、ソフトバンクユーザー同士が無料通話をするためのBBフォンという電話サービスもあり、よく固定電話をする相手がBBフォンユーザーの場合は、電話代も安くなります。

Yahoo!BB光から転用する際のデメリットと注意点

転用する場合はメリットばかりではありません。多少のデメリットも覚悟しておきましょう。

考えられるデメリットは2つあり、1つは一度転用してしまうと、二度とYahoo!BB光withフレッツには戻せないこと、もう1つはNTTの会員プログラムによるポイントが失効してしまうことです。

まず、転用後にYahoo!BB光withフレッツに戻せないとはどういうことかといいますと、Yahoo!BB光withフレッツからソフトバンク光に転用することは手軽で簡単なのですが、一旦転用したら元に戻せないルールとなっています。

そのため、転用後に戻したくなった場合は一旦Yahoo!BB光withフレッツを解約する必要があります。

ポイントプログラムの失効とは、NTTの会員プログラムに入会している場合、利用状況によるポイントが貯まります。商品やサービスに交換したり、月額料金に充当することができるポイントですが、転用時には失効してしまいます。

もったいないので、転用の申し込みをする前に交換しておきましょう。

初期費用にはいくらかかる?

Yahoo!BB光withフレッツからソフトバンク光に転用するには、初期費用は一体いくらくらいかかるのでしょうか?結論からいいますと、事務手数料3,000円のみです。

NTTのフレッツ光の初期費用は、契約料800円と初期工事費用が必要です。戸建ての場合の工事費用は18,000円、マンションの場合の工事費用が15,000円となり、いずれも初回に3,000円、次月以降30回の分割払いとなります。

しかし、ソフトバンク光に転用する場合には、既にフレッツ光の入線工事が終わっていますので、新たな工事費用はかかりません。

ただ、現在ご利用のプロバイダの解約金はかかる可能性がありますが、今回の記事はYahoo!BB光withフレッツからソフトバンク光への乗り換えの場合ですので、プロバイダの解約金もかかりません。

Yahoo!BB以外のプロバイダから転用した場合は解約金はいくら必要?

参考までに、Yahoo!BB以外のプロバイダを利用している人が、ソフトバンク光に転用する場合の注意点を紹介しておきます。

この場合は現在お使いのプロバイダの解約金がかかる可能性があります。プロバイダごとによって期間や解約金の金額がことなります。

《プロバイダの解約金の期間と料金例》

OCN:2年以内の解約の場合、解約金5,000円

Plala:解約金なし

@nifry:2年以内の解約の場合、戸建て3,000円、マンションなし

BIGLOBE:2年以内の解約の場合、解約金5,000円

So-net:解約金なし

ASAHIネット:1年以内の解約の場合、解約金2,000円

DTI:解約金なし

これらのプロバイダを利用している場合は、利用期間を調べてからの転用をオススメします。

Yahoo!BB光から転用する方法

Yahoo!BB光withフレッツからソフトバンク光に乗り換える手順を紹介します。

先ずはNTTのサイトから転用の申し込みをするか、NTTに電話して申し込みをします。お客様IDや契約内容の詳細が必要ですので、フレッツ光に申し込んだ時の資料を事前に準備しておきましょう。

転用の申し込みをすると、15日間有効の転用承諾番号が発行されます。有効期限までの間にソフトバンク光に手続きをしましょう。

ソフトバンク光に申し込むと、NTTとソフトバンクの間で手続きが行われて、転用が完了します。

まとめ

Yahoo!BB光withフレッツは、フレッツ光のプロバイダにYahooを選んだ場合のサービスです。それに対し、ソフトバンク光は光コラボレーション事業のサービスで、フレッツ光の設備を利用し、独自のサービスを展開しています。

性能は同じですが、料金メリットはソフトバンク光に軍配が上がるため、現在Yahoo!BB光withフレッツを利用されている場合は、転用をオススメします。

ソフトバンク携帯を利用している場合は、さらに割引となりますので、お得にインターネットと携帯を利用することが可能です。