メガエッグ光電話の利用料金や電話ルーターの設定方法を解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

メガエッグ光電話の利用料金や電話ルーターの設定方法を解説

メガエッグは中国地方で光回線サービスを提供しているブランドです。中国電力グループのエネルギア・コミュニケーションズ(略称:エネコム)が運営しています。

メガエッグは光電話サービスを提供していますが、光電話だけの契約プランはありません。光電話のサービスを利用するには「メガエッグ光ネット」に加入する必要があります。

光電話回線の料金体系ってわかりづらいですよね。いろいろな料金プランや割引があって、結局いくらなの?ってことも多いです。

また、業者ごとにさまざまなサービスやオプションがありますが、その中のどれを利用できるのかも把握しづらいです。

そこでこの記事ではメガエッグ光電話のサービスの内容や特徴、料金体系をわかりやすくまとめました。また、契約後の工事の日程や開通までの期間、慣れていない人にはわかりにくいルーターの設定方法なども詳しく解説しています。

メガエッグとの契約を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

メガエッグ光電話ってどんなサービス?

上述したようにメガエッグは主に中国地方でサービス展開をしています。山口県、島根県、鳥取県、広島県、岡山県の5県ですね。ただ、この5県なら必ずサービスを受けられるわけではなく、地域によっては対応していない場所もあるので、申し込む前には必ず自宅や事務所が対象エリアに入っているか確認しておきましょう。

メガエッグの特徴は?

メガエッグの特徴は、メガエッグとの契約料金の中に「回線使用料」、「プロバイダー料」、「セキュリティ料」が全て含まれていることです。

また、他社と比べて低料金でサービスを利用できるのもメガエッグの大きな特徴です。

他社の光回線では、プロバイダー業者とまた別に契約する必要があります。インターネットを利用するには光回線の契約だけでなく、その回線をインターネットに接続してくれる業者(プロバイダー)とも契約する必要があるのです。そして、2社と契約するとなると、申込みや手続きが複雑で費用も高くなりがちです。

対して、メガエッグは光回線とプロバイダー、1社で2つの事業を手がけています。ですから、メガエッグとの契約だけでネットを使えるようになるというわけです。

また、メガエッグは光回線とプロバイダー両方を運営することで、コスト削減を実現しています。これにより、低料金でのサービス提供を可能にしているのですね。

さらにネットの接続障害など、何らかのトラブルがあった場合にも迅速に対応することができます。

メガエッグ光電話の月額料金は?

前述したように、メガエッグの光電話サービスを利用するにはメガエッグ光ネットに加入する必要があります。戸建ての場合、キャンペーン割引などを適用すれば月額4,000円(以下、全て税抜き表示)から利用可能です。

そして、メガエッグ光電話は月額400円から利用可能です。光電話の基本料金は無料なのですが、必ずメガエッグのレンタルルーターを使う必要があり、その機器レンタル料が月額400円なのですね。

また、これは有線ルーターの場合です。無線ルーターをレンタルする場合はレンタル料は月額500円になります。

月々にかかる基本料金は以上になります。NTTの固定回線費と比べるとかなり安いですね。

他にも工事費などが必要

まず、メガエッグ光ネットを契約していない場合、光回線を自宅まで引き込む工事が必要になり、この工事費として35,000円かかります。この費用は期間限定キャンペーンなどで無料になる場合もあるので申し込み時にはチェックしておきましょう。

そして、メガエッグ光電話導入には基本工事費として3,000円かかります。これは初期費用なので支払うのは一度だけです。この費用は分割払いにすることも可能で、月々80円×34ヵ月+最終月280円の支払いになります。こちらもキャンペーンでほぼ無料にできることがあるので、申込み前にチェックしてみることをオススメします。

また、NTTから電話番号をそのまま引き継ぐ場合、番号割当手数料として初期費用2,000円が必要です。それに加えて、NTTへ休止工事費2,000円を支払う必要があります。

様々な有料オプションも

メガエッグ光電話には有料オプションもあります。以下にまとめておきます。料金は全て月額です。

・発信者番号表示サービス:200円

・非通知着信拒否サービス:200円

・割込通話サービス:300円

・転送電話サービス:500円

・迷惑電話着信拒否サービス:200円

・プラス050サービス:300円

プラス050サービスの利用には初期費用として1,000円必要になります。他のサービスは申込み1回につき1,000円かかります。ただ、1回の申し込みでいくつ申し込んでも費用は変わりませんのでまとめて申し込んだほうがお得というわけですね。

他の有料オプションとして、「2回線サービス」があります。これを使うと、1つのルーターで2つの電話番号を取得することができます。2世帯住宅などで別々の電話番号を使いたいときなどに便利ですね。

2回線サービスの利用料金は月額500円です。また、2つ電話番号を取得するには「プラスナンバーサービス」も利用する必要があり、こちらは月額100円かかります。

また、有料オプションがセットになった、よりお得なプランもあります。1回線サービスの場合なら、プラス050サービスと2回線サービス以外がセットになって月額600円で利用可能です。番号表示、非通知着信拒否、割込通話の3つのセットなら月額450円になります。

2回線サービスでは、番号表示、非通知着信拒否、転送、迷惑電話着信拒否の4つがセットになって月額800円で利用可能です。

メガエッグ光電話は工事は必要?

メガエッグ光ネット導入時には工事が必要になります。申込みをすると担当者から電話がきて、工事の日程調整をします。工事の際には立ち会いが必要です。問題がなければ工事は1~2時間程度で終わります。

マンションなどの集合住宅で、全部屋に回線が引かれている場合などは工事が必要ないこともあります。

申込みからインターネット開通まではおよそ1ヶ月程度かかります。利用開始予定日より余裕を持って申込みを行うようにしましょう。

また、工事内容は回線を宅内に引き込み、回線終達装置という機械に繋げるところまでです。その後のルーターの設定などは工事内容に含まれていないので注意しましょう。

設定が不安な場合は有料オプションになりますが、専門家が全て行ってくれるプランがあるので、忘れずに申し込んでおきましょう。

すでにメガエッグ光ネットを導入している場合は工事不要です。光電話利用の申込みを行うとメガエッグからレンタルルーターが配送されてきます。後は設定を行えばすぐに光電話を利用できます。

メガエッグ光電話ルーターの設定方法

ルーターの設定はややこしいですよね。知識がないとスムーズに行かないことも多くイライラしてしまいます。

ここからは光電話を利用するにあたり必要なルーターの設定をしていきます。順に設定していけば必ず上手くいきますよ。

ルーターとは?

まず、ルーターについて簡単に解説しますね。メガエッグ光ネットを導入すると宅内に回線終達装置という機械が置かれているはずです。これだけでもインターネットに接続することはできるのですが、このままでは1対1対応しかできません。

つまり、パソコンに回線終達装置を繋げると光電話ができなくなってしまうのです。その逆も同様です。

この問題を解消するためにルーターを使います。ルーターは1対多対応を可能にし、電話、パソコン、ゲーム、それぞれを一度に光回線に繋ぐことができるようにします。

今は多くの機械がネット対応していますから、ルーターの設置は必須だと言えるでしょう。

ルーターには無線タイプと有線タイプがあります。メガエッグからどちらかが届いているはずなので、さっそく設定をしていきましょう。

有線LANルーターの設定方法

メガエッグのレンタル有線LANルータの機種は「Aterm BH812V」です。

まず、配線から行っていきましょう。回線終達装置の「UNIポート」にLANケーブルを挿し、その先をルーターの「WANポート(青色で塗られている部分)」に挿しましょう。

次に、パソコンと繋いでいるLANケーブルは「WANポート」より上の灰色に塗られている端子に挿します。また、電話機から出ている電話線は「WANポート」より下の黒色に塗られている端子に挿します。

配線を終え、電源を入れると自動でルーターがインターネット接続の設定を始めます。そして、側面の灯っているランプが全て緑色になれば設定完了です。

無線LANルーターの設定方法

メガエッグから届く無線LANルーターは「Aterm WH832A」という機種になります。こちらもまず電源系の配線から行っていきましょう。回線終達装置、電話線の接続方法は有線ルーターとほぼ同じです。また、無線ルーターでもLANケーブルを繋ぐことで有線ルーターとして利用可能です。

基本的に有線のほうが接続環境は安定するので、状況に合わせて使い分けていくのも「アリ」です。

無線LAN機能を使用する場合、パソコンなどの対象機器が無線LAN子機を内蔵しているか、もしくは外側に取り付けてやる必要があります。無線LAN子機とは無線ルーターからの信号を受け取る機器です。無線ルーターが無線LAN親機ということですね。

最近のパソコンはほとんどが無線LAN子機を内蔵しているので問題はないかと思いますが、内蔵されていなかった場合は量販店に買いに行きましょう。

では、具体的な接続方法を解説していきます。

無線LAN子機が「らくらく無線スタート」に対応している場合

無線LAN子機には簡単なボタンの操作だけで無線LAN親機と接続できる機能がついていることがあります(らくらく無線スタート)。それを利用する場合の設定方法は以下です。

  1. 子機側の「らくらく無線スタート」を起動
     
  2. 「1分以内」にWH832Aの「らくらくスタートボタン」を押し、POWERランプが「緑点滅」に変わったらボタンを離します。
     
  3. しばらく待ち、WH832AのPOWERランプが「橙点滅」したら、もう一度WH832Aの「らくらくスタートボタン」を押し、「橙点灯」に変わったらボタンを離します。
     
  4. 10秒程度でPOWERランプが「緑点灯」に変わります。これで無線LAN設定は完了です。
     

各手順には時間制限があるので、順序通りにランプの色が変わらなかった場合はもう一度初めからやり直しましょう。

無線LAN子機が「WPS」に対応している場合

無線LAN子機がWPSに対応している場合もボタンの操作だけで無線接続が可能です。

  1. 子機側の「WPS機能」を起動
     
  2. 「1分以内」にWH832Aの「らくらくスタートボタン」を押し、POWERランプが「緑点滅」に変わったらボタンを離します。
     
  3. しばらく待つと、POWERランプが「オレンジ点灯」に変わります。その後、10秒程度で「緑点灯」に変わります。これで無線LAN設定は完了です。
     

こちらも時間制限があるので、上手くいかなかった場合は手順の初めからやり直しましょう。

手動による設定

「らくらく無線スタート」や「WPS」機能がないとき、また、それらの設定が上手くいかない場合は手動で設定を行いましょう。

  1. 子機側の無線LAN接続設定のページを開きます。パソコンの場合、機種によって違いがありますが、windowsならツールバーの右下に、macではメニューバーにネット接続のアイコンがあります。
     
  2. 接続可能な無線LAN一覧から、WH832A本体に貼り付けられているラベルに記載されている「SSID」と同じものを選びます。
     
  3. するとパスワードの入力が求められるので、同じくラベルに記載されている暗号化キーを入力しましょう。
     
  4. 数秒で接続が完了します。ブラウザなどを開いてインターネットに接続されていることを確認しましょう。
     

メガエッグ光電話を設定する際の注意点

光電話を利用するにはメガエッグのレンタルルーターを利用する必要があります。ただ、ネット接続だけなら自前で用意したルーターを使っても問題ありません。

電源を入れた後、灯っているランプが全て緑色になるまで電源を切らないでください。むやみにON、OFFを繰り返すと故障の原因になることがあります。

回線終達装置と光電話対応ブロードバンドルーター(レンタルルーター)の間に、別の無線LAN機器やハブなどを取り付けないようにしましょう。接続障害が起きる可能性や光電話が利用できなくなるおそれがあります。

また、電話回線に電話機を2台以上接続している場合は音質の低下や番号表示の不具合がおきることがあります。光電話で2台以上の電話機を使いたい場合はコードレス親子電話機などを使うことをオススメします。

他にも、ドアホンの応答に電話機を使っている場合などはメガエッグ光電話を利用できないことがあります。申込み前に機器メーカーや設置会社に確認しておきましょう。

メガエッグ光電話ルーターは機種変更できるの?

機種変更は可能です。有線ルーターから無線ルーターに変更したいときや、その逆の場合でも可能ですし、光電話を使わなくなり、自前のルーターで十分ならレンタルルーターを返却することもできます。

機種変更には変更手数料として3,000円必要になります。これもキャンペーンなどで金額が安くなることもあるのでチェックしておきましょう。

また、有線ルータから無線ルーターに変更した場合は月々のレンタル料が400円から500円になります。逆の場合も同様です。

機種変更の手順

  1. メガエッグ公式ホームページから機種変更の申込みをします。
     
  2. 申込み後、3日程度で新しいレンタルルーターが届きます。
     
  3. 新しく届いたレンタルルーターの配線、設定をし、通話試験を行いましょう。
     
  4. 今まで利用していたレンタルルーターを返却します。
     

レンタルルーター返却は必ず通話試験やネット接続を確認してから行いましょう。詳しい手順を忘れてしまっても、申込み時の受付完了メールに記載されているのでそちらで確認しましょう。

まとめ

メガエッグは中国地方だけのサービス展開ですが、キャンペーンを利用すればインターネットの月額料金を大きく抑えることができます。中国地方に住んでいる方はぜひ一度チェックしてみましょう。