メガエッグ光を解約する方法と注意点、発生する解約金について

メガエッグ光の解約方法

メガエッグ光を解約するには、メガエッグお客さまセンターへ電話をかける必要があります。電話以外で解約することはできません。ネット上での解約はできませんので、注意しましょう。

お客さまセンターの電話番号は、0120-505-898です。引っ越しなどによる契約変更の際にも、こちらの電話番号にかけることになります。こちらの電話番号は年中無休ですが、受付時間は朝9時から夜9時までに限られます。

電話をかければ解約の手続きを進めてくれますので、解約しようと思ったら電話をかけると良いですね。

メガエッグ光を解約する際の注意点

続いて、メガエッグ光を解約する場合の注意点を解説します。解約には様々な注意点がありますので、よく読んでおきましょう。

  • メガエッグには最低利用期間がある場合もある

メガエッグには、契約したタイミングによっては最低利用期間が存在します。

平成27年2月以降に申し込んでいる場合は最低利用期間がありませんが、それ以前に契約している場合は最低利用期間が2年に設定されています。

契約から12ヶ月経っていなければ11000円、13ヶ月〜24ヶ月以下なら9000円の解約金が発生するので注意しましょう。

ただし、後ほど詳しく解説しますが、メガエッグ光には複数年契約のプランがあります。複数年契約割引における解約金が別に請求される場合は、この解約金を支払う必要はありません。

  • 解約月の利用料金は日割りになる

メガエッグ光では解約月も月額料金が発生しますが、解約月の料金は日割りになります

そしてこれに加えて、複数年契約割引の更新月でない場合はその解約金も請求されることとなります。さらに解約に伴う工事費もかかるので、解約したときはけっこうな金額の費用がかかると考えた方が良いでしょう。

  • 光テレビなども契約している場合、それらの解約も必要

メガエッグでは光テレビや光電話も契約できますが、これらはインターネット回線とセットで利用できるオプションサービスです。そのため単体で契約することはできないので、メガエッグ光を解約する際はこれらの解約も行うことになるでしょう。

光テレビなども解約金などがかかりますし、工事も必要です。これらを契約している場合は注意が必要ですね。

メガエッグは初期契約解除もできる

メガエッグは、初期契約解除を行うことができます。契約申込書を送ってから自宅に登録内容確認書が届きますが、届いた日から8日経過するまでであれば、書面によって契約解除を行えます。

初期契約解除を行う場合は博多北局 郵便私書箱第10号 株式会社エネルギア・コミュニケーションズ メガ・エッグお客さまセンター宛に書面を送付しましょう。問い合わせを行う場合は、フリーダイヤルの0120-505-898に電話すればOKです。

契約をしたもののやはり契約はやめておきたいと思った場合は、すぐに初期契約解除の手続きをしましょう。

メガエッグ光を解約すると解約金はかかる?

さて、メガエッグ光を解約すると違約金がかかります。先ほど説明したとおり最低利用期間を過ぎておらず、なおかつ複数年契約割引が適用されていないプランを契約しているならその解約金がかかるわけですが、複数年契約割引のプランを契約しているならその解約金がかかります。

複数年契約割引とは、ギガ王・メガ王や光ネットホームライトを契約する場合に適用される割引です。3年契約と5年契約の2種類があり、どちらを契約しているかで違約金も変わってきます。

そしてもう一つ、集合住宅か戸建住宅かによっても解約金が変わりますので注意しましょう。

・メガエッグ光ネット[ホーム]の3年契約の場合の解約金

利用期間1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目以降
メガ王15000円10000円10000円15000円10000円10000円10000円
ギガ王30000円20000円19000円30000円20000円10000円10000円

 

・メガエッグ光ネット[ホーム]の5年契約の場合の解約金

利用期間1年目2年目3年目4年目5年目6年目以降
メガ王・ギガ王30000円30000円30000円20000円10000円10000円

 

5年契約の場合も3年契約の場合も、6年目以降は解約金が10000円になります。

マンションで契約する場合は、メガエッグ光ネット[マンション]での契約になり、解約金も変わります。こちらはギガ王・メガ王ともに、解約金の設定は同じです。

・メガエッグ光ネット[マンション]の3年契約の場合の解約金

1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目以降
スタンダードコース3500円2500円2500円3500円2500円1500円1500円
ファミリーコース7000円5000円5000円7000円5000円3000円3000円
ファミリーコースプラス7000円5000円5000円7000円5000円3000円3000円

 

戸建住宅の場合に比べると解約金はかなり抑えられていますね。特徴は、2年目と3年目で解約金が変わらないことでしょう。

・メガエッグ光ネット[マンション]の5年契約の場合の解約金

1年目2年目3年目4年目5年目6年目以降
スタンダードコース11000円9000円7000円5000円3000円3000円
ファミリーコース17000円14000円11000円8000円5000円5000円
ファミリーコースプラス17000円14000円11000円8000円5000円5000円

 

5年契約の場合、ちょっと最初の2年間程度の解約金が高めに設定されています。

最後に、例えば3年契約の場合3GBまでは下限の月額3410円、10GBまで従量課金制で10GB以上使ったら6210円といった二段階定額のしくみを取っているメガエッグ光ネット[ホームライト]における解約金を解説します。

・メガエッグ光ネット[ホームライト]の解約金

1ヶ月目2ヶ月目3ヶ月目4ヶ月目5ヶ月目6ヶ月目7ヶ月目以降
3年契約12000円8000円4000円12000円8000円4000円4000円
5年契約20000円16000円12000円8000円4000円4000円4000円

 

5年契約では、6ヶ月目以降は4000円の解約金です。

  • 契約更新月を過ぎると、解約金があがる

メガエッグの3年契約を行う場合、もしも3年経った段階で解約するのであれば、契約更新月に解約を行いましょう。契約満了日の翌日から60日以内であれば、解約金なしで解約可能です。3年契約なら3年ごと、5年契約なら5年ごとに解約金がかからない契約更新月がありますので、基本的にはそのタイミングでの解約がおすすめです。

ただし今すぐ解約したいのであれば、解約金を支払ってでも解約した方が良いこともあるでしょう。今から契約更新月までに支払う月額料金と解約金、どっちが安上がりかを確認して決めると良いですね。

引っ越しの場合も違約金などはかかるの?

メガエッグは、引っ越しで設備を移転することが可能です。条件は、引っ越し先が対象エリアであることです。平成29年の1月31日までは、引っ越しの手続きが無料になるキャンペーンが行われています。移転工事費がかかりませんので、お得ですね。ただし光電話も利用する場合は、その移転工事費2000円が発生します。

申し込みからすべての手続きが終わるまでには、1ヶ月から最大2ヶ月程度かかります。本来なら7000〜10000円の移転工事費がかかりますので、キャンペーンが行われていない期間に引っ越しをする場合は注意しましょう。ちなみに移転の申し込みは、インターネットから行うことができます。

メガエッグ光は使わないときに中断できる?

メガエッグ光は、しばらく使わない場合に利用を中断できます。しばらく出張で家を空ける場合などに便利ですね。ただし光テレビは中断できません。複数年契約以外で契約している場合は中断ができませんが、それ以外の人なら中断が可能です。中断にはできる条件があり、それは2年以上契約していることです。中断中は月額料金が500円で、一時中断手数料は初回のみ発生、金額は5000円です。もしも長期間家を空けるけれどまた引き続き光回線を使う場合は、中断という方法もありますよ。

ちなみに中断から3年経過すると、通常料金に戻ります。そしてメガエッグ光電話を契約している場合は同時中断になりますので、こちらも気をつけましょう。また、メガエッグ光電話は中断中も通常料金が発生します。

メガエッグ光を解約すると撤去工事などは必要?

メガエッグ光を解約する際に、撤去工事はあります。撤去工事の内容によっては、解約金に加えて追加で費用が発生することもありますので注意しましょう。宅内の機器の撤去は無料ですが、引き込み線を撤去する場合は、10000円がかかります。そしてメガエッグ光に追加でメガエッグ光テレビを契約していたら、こちらの撤去工事も必要になります。工事費は9000円、チューナー撤去1台につき3000円かかります。

まとめ

メガエッグ光は、電話で解約手続きをすることになります。引っ越しの場合は、インターネットからも手続きが可能です。解約金や撤去工事費などが発生することがあるので、事前にいくらかかるかをお客さまセンター等で確認しておくと良いでしょう。