nifty光の通信速度が遅くなる原因と改善方法について

nifty光は速いのか?

インターネットでのnifty光のレビューでも触れましたが、nifty光の速度は概ね満足度が高かったです。これは、インターネットサービスを提供する会社として重要な部分でしょう。ご利用回線の種類にもよりますが戸建てタイプやひかり配線方式のマンションタイプでは最大で下り1Gというギガタイプが利用可能です。

しかし、ご利用のマンションタイプでVDSL方式、LAN方式でインターネットをご利用の方は設備上このタイプは利用できません。その為速度も下り100M~200Mとなりますが、これは建物の設備上の問題となります。提供できる範囲でnifty光の速度は概ね満足できるという感想が多かったです。

nifty光の速度に関する注意点

インターネットの速度についてお話するときは「ベストエフォート」のことをご説明する必要があります。

この「ベストエフォート」とは最大速度および持続性については保証せず、可能な場合にのみ最大限の速度と品質でインターネットサービスを提供しますよという意味です。この説明はNTTフレッツ光や各プロバイダーや光コラボレーションの各社ホームページにも必ず記載されている注意点なのでご覧になったことがある方もいるでしょう。

簡単にご説明すれば、「ベストエフォート」とは最大下り200Mや1Gという数値は必ず出るという保証はしません、速度も何時も一定でご利用できるとはお約束できません、という意味になります。

インターネットは多くの方が利用されています。たとえ戸建てタイプであったとしてもお住まいの地域でインターネットを利用する人が多ければ回線が混み速度が遅くなります。

例えば夜の7時以降など帰宅された方がインターネットを利用し始めると速度が落ち、早朝や深夜などインターネットを利用する人が少ない時間帯ではスピードが速くなったりすることを体験された方は多いのではないでしょうか?このように、状況によりインターネットの速度は常に変化しています。

「ベストエフォート」とは多くの方と共有する回線として安価に提供できますが速度については保証しませんよ、という意味なのです。

この状況を踏まえた前提でインターネットの回線速度を考える必要があります。回線が混み合って遅いというのはなかなか改善しないと思います。しかし、深夜や早朝に利用してみてそれでも遅い場合はやはりnifty光の故障かサポートへ連絡をされて相談される方が良いでしょう。

機器も長年利用していれば劣化も考えられます。その場合のご注意としてはもともとNTT回線で機器もNTTが工事して設置したからとNTTフレッツ光の故障センターへ連絡しても、残念ながら対応はできないということです。

あくまでインターネットサービスを受けているnifty光へサポート依頼をしてください。契約をしている会社で故障などのサポートを受けることになります。

しかし、故障などはあくまでユーザーに提供しているルーターやモデムまでのトラブルには責任を持って対応しますが、その機器以降の接続やトラブルには対応しません。その場合はテクニカルサポートに相談となります。

これはnifty光にも「@niftyまかせて365」というサポートがありますし、パソコンメーカーや購入した家電量販店でも同様のサポートが提供されているので、お困りの方はこのようなテクニカルへご相談くださいね。

nifty光の速度を実際に計測してみる

インターネットの速度を測るサイトは沢山あります。

・Radish Network Speed Testing

・BNRスピードテスト

・ブロードバンドスピードテスト

このあたりが割と利用者が多いのではないでしょうか?

私が良く利用しているのはRadish Network Speed Testing です。

このサイトでは東京サーバーと大阪サーバーでいずれかお住まいの近くのサーバーを選びます。

その後測定ボタンを押せば簡単に測定結果が表示されます。

各サイト測定方法の内容はほとんど同じです。

また、プロバイダー別や地域別でのレビューをご覧になりたい場合は「みんなの測定結果」をみてみましょう。

その場合の絞り込み方法をご案内します。

回線種別では光ファイバー FTTHを選択しキャリアはNTTフレッツ 回線タイプは契約しているタイプを選びプロバイダーを@niftyを選択。

検索をすると全国のniftyのスピードのレポートが確認できます。

スピードを測るときは曜日や時間帯を変えて何度か測ってみましょう。

またルーターやモデムとPCをLANケーブルで接続時のスピードと無線利用時のスピードなど環境やその日の回線の込み具合で速度変化することがわかると思います。

このサイトではniftyのスピードは最高500Mという結果があり、価格コムでのレビューをみても同じく500M以上出たという方も何人もいるのです。

これだけのスピードであれば満足されている方も多いはずですね。

このスピードテストを行うときの推奨ブラウザはGoogleChromeかFirefoxです。

興味の有る方は一度測定をしてみてはいかがでしょうか?

 

この記事を読んだ皆様の中には「nifty光」が光コラボレーションして回線業者になったのにキャリアはNTTフレッツを選ぶの?と不思議に思う方もいるでしょう。

それは、契約は一本化されてNTTフレッツ光からnifty光に契約を移行したとしても光コラボレーションの場合は回線はNTTが提供していることは今までと変わりないためです。

光コラボレーションとしてあくまで契約が一本化されたにすぎないからなのです。

nifty光で新規工事、または回線切替工事はNTTの工事者がお伺いするのはその為です。

nifty光が遅くなる原因

パソコンや無線環境の変化がないのに段々遅くなってきた、あるいはある時期から遅くなりその後改善がみられない。こんな場合もやはりサポートへ相談しましょう。

機器のエラーやマンションの配線のトラブルが原因となる場合もあります。

その他の原因としてはADSLインターネットサービス終了の方向になってきて光回線に切り替えている方々が多くなってきていることがあります。

光回線に切り替えるユーザーが増え回線が混み合ってくれば遅くなる原因の一つになるでしょう。

集合住宅であるマンションタイプでは一層その傾向が強いと言えます。

マンションタイプでは一旦マンションの集合装置にインターネット回線が引き込まれそこから各部屋へ分岐されるので戸建てタイプよりはスピードが落ちるはずです。

それでも、あまりに遅い場合は故障センターやサポートに連絡してみましょう。

連絡をする際にはインターネットで簡単に測れるスピードテストの内容を控えてご相談されると良いと思います。

nifty光の速度を改善する方法

設備的に改善が厳しい場合もあります。

先にご案内したように「ベストエフォート」でご利用いただいていると回線の混み合いは個人の力では解決できるものではありません。

しかし、回線の故障もないがやはりインターネットが遅い。

そんな場合は利用環境を見直してみましょう。

切り分けとして、有線でLANケーブルをPCとルーターやモデムに接続した状況でのスピードと、無線ルーターを介してのスピードにどの程度の差があるのか?

また、利用している機器の無線規格が同じスペックのもので統一されているか。

一例としてあげれば従来の無線規格11nとギガ対応の11acの無線規格の統一です。

ルーターもギガ対応のホームゲートウェイ11ac対応でパソコンもWin10などで同じ11ac規格に統一されている。

でも間に入る無線ルーターが従来規格の11n対応だとこの遅い方の規格に対応したスピードしかでません。

また最近はスマートフォンやタブレット利用者が多くインターネットも無線利用が大前提になってきています。

その為、無線が飛ばないまたスピードが遅いというお悩みも多くなってきました。

良く聞くのは1階にルーターが設置されて2階まで無線を飛ばして利用したい。

こんな場合もなかなかスピードが出ないと思います。

家の中での改善策としては無線の場合は中継器を間に置いて利用するのが第一選択肢となるでしょう。

大容量のデータを利用する映像用の無線ルーターなども各種店頭に並ぶ様になってきています。

電器店などでこのような無線ルーターや中継器を購入する場合は利用しているnifty光のルーターの型番、パソコンの年式・OS・型番などを控えてご相談し機器を選ばれると良いと思います。

でも、無線ではなくどうしても有線でルーターとパソコンをつなぎ速度を確保したい場合もありますよね。

そんな場合はLAN配線の工事をすることになります。

有線LANケーブルを2階まで通すとなるとちょっと大がかりな配線工事になります。

もともと、1階から2階へケーブルを通すような配管などないお宅では壁などに穴を開けて通すこともあります。

費用としての目安ですが基本工事料金としては、電気工事屋さんでLANケーブル配線の工事を依頼すると概ねケーブル1本10,000円程度工事料金が発生します。

どうしても無線で安定せず有線での利用希望なら、このような工事が必要な方もいるでしょう。

まとめ

今回の記事はnifty光についての速度を中心にまとめ速度が遅くなる原因や環境なども含めてご案内をしました。

インターネット利用時の速度は、お手持ちのパソコン機器や回線設備など様々な要素が関係します。

そのためすぐ改善する場合もありますが、マンションなど集合住宅の方は設備上なかなか改善できない場合もあります。

しかし、自分でできる範囲内で多少改善の余地があれば、快適な環境でインターネットを利用するためにサポートと相談しながら試してみてはいかがでしょう。

皆様のご参考になれば幸いです。