NURO光で設置されるONUのポート開放手順と注意点を解説します!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光で設置されるONUのポート開放手順と注意点を解説します!

NURO光ではONUという光回線終端装置が自宅に設置されます。お弁当箱くらいのサイズの機器で、大抵の場合は電話の親機の近くに置かれ、光信号と電気信号の変換を行う必須の装置です。この記事ではNURO光で設置されるONUのポート開放方法を具体的に解説します。

ポート開放ってどういうこと?

ポート開放とは、正式にはポートマッピングとかポート転送設定といいますが、ポート開放という表現が一般的によく使われているので、分かりやすくポート開放という表現で解説したいと思います。

通常ONUは外部から応答するためのポートは塞がっている状態となっています。もしもポートが開きっぱなしだとセキュリティー面で危険だからです。とはいうものの、使用するアプリケーションによってはポートが空いていないと利用できないものもあるため、ポート開放をする必要となる場合があります。

ポート開放はご利用中のパソコンやゲーム機で設定するのではなく、ネットワークでの設定が必要のため、正しい手順をしっかりと確認しながら設定変更されることをおすすめします。

ここでは、NURO光で採用されているONUの機器ごとにポート開放の方法を紹介いたします。

0.1秒の反応の遅れが致命的になるようなオンラインゲームを楽しむためには、通信速度の速さに定評のあるNURO光であっても「ポート開放」する事をおすすめします。今からPS4の通信速度、反応速度をあげるためのポート開放の方法を解説します。

ZXHN F660Tのポート開放の方法

ZXHN F660Tでポート開放する手順は、まず設定画面を表示する必要があります。設定画面はお使いのブラウザのURLの窓に「http://192.168.1.1/」と直接入力することで表示されます。

すると、ログイン画面が現れますので、機器説明書を確認の上ユーザー名とパスワードを入力します。

次にポート開放をする機器のIPアドレスを固定します。IPアドレスの固定は「ネットワークと共有センター」→「プロパティ」→「インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)にチェック」→「プロパティ」→「次のIPアドレスを使う」で固定することができます。この時「終了時に設定を検証する(L)」はチェックを外しておきましょう。

IPアドレスの固定ができたら、ONU設定画面でアプリケーションの登録をする必要がありますので、「アプリケーション」→「ポートフォワーディングリスト」→「アプリケーションを追加するには、ここをクリックを開いてください。」の手順で進めます。

《アプリケーション登録》

アプリケーション名:(WOL)任意変更可能

プロトコル:TCP又はUDP又はその両方BOTHのどれかを選択

(開始)WANポート:ポート番号を入力

(終了)WANポート:(開始)と同じものを指定

(開始)マッピングポート:(開始)WANポートと同じものを指定

(終了)マッピングポート:(開始)WANポートと同じものを指定

《ネットワークドライブNASやネットワークカメラ用の80/TCPポートの設定例》

アプリケーション名:App1(任意)

プロトコル:TCP

(開始)WANポート:80

(終了)WANポート:80

(開始)マッピングポート:80

(終了)マッピングポート:80

アプリケーション設定が完了すると、ポート開放設定を追加することが可能です。「アプリケーション」→「ポートフォワーディングメニュー」のあと、WAN接続・内部ホストのIPアドレス、アプリケーションを指定し、追加ボタンを選んで完了となります。

HG8045jのポート開放の方法

HG8045jのポート開放の方法は、ブラウザのURLの窓に「http://192.168.1.1/」と直接入力し、ログイン画面を表示します。ユーザー名とパスワードを入力したら、上記「ZXHN F660Tの設定方法」と同様に、IPアドレスを固定します。

設定画面が開いたら、詳細設定メニューから「ポートフォワーディングメニュー」を開き、各項目の設定を行います。

《NASやネットワークカメラ用の80/TCPポートの設定例》

アプリケーション名:任意の名称を入力

デバイス:手動でIPアドレスを入力する

IPアドレス:192.168.1.50

LAN側TCP/UDPポート:80

プロトコル:TCP

開始ポート:80

終了ポート:80

リモートIP:すべてのIPアドレス

WAN接続:アクティブな接続名

これらを設定して最後に追加を選んで設定完了となります。

HG8045Dのポート開放の方法

HG8045Dのポート開放の方法も、IPアドレスを固定するところまでは「ZXHN F660T」のポート開放方法と同じなので、上記を参考にして下さい。

IPアドレスの固定ができたら、設定画面で「転送ルール」→「ポートマッピング」の順に開きます。

《ネットワークカメラやWEBサーバー用の80/TCPポートの設定例》

種別:カスタム

ポートマッピングを有効にする

WAN名:表示どおりの状態

開始外部ポート:80

開始内部ポート:80

開始外部送信元ポート:入力せず

マッピング名:server

内部ホスト:192.168.1.150

プロトコル:TCP

終了外部ポート:80

終了内部ポート:入力せず

外部終了送信元ポート:入力せず

外部送信元IPアドレス:入力せず

これらを設定して適用をクリックすると設定完了となります。

ZXHN F660Aのポート開放の方法

ZXHN F660Aのポート開放の方法は、ポート開放アプリケーションを登録するところまでは「ZXHN F660T」と同じなので、そこまでは上記を参考にして下さい。アプリケーションの登録が完了したら、以下のアプリケーション設定となります。

《ネットワークドライブNASやネットワークカメラ用の80/TCPポートの設定例》

アプリケーション名:App1

プロトコル:TCP

(開始)WANポート:80

(終了)WANポート:80

(開始)マッピングポート:80

(終了)マッピングポート:80

これらの設定後、追加をクリックすると設定が完了となります。

HG8045Qのポート開放の方法

HG8045Qのポート開放の方法も、IPアドレスを固定するところまでは「ZXHN F660T」のポート開放方法と同じなので、上記を参考にして下さい。設定画面が開いたら、「転送ルール」→「ポートマッピング設定」→「新規作成」の手順でポート開放を行います。

《WEBサーバもしくはNASやネットワークカメラ用の80/TCPポートの設定例》

種別:カスタム設定

ポートマッピングを有効にする

内部ホスト:192.168.1.20

プロトコル:TCP

外部ポート番号:80-80

内部ポート番号:80-80

これらを設定後、適用をクリックすると完了です。

PS4のbo3のポート開放する際のPS4側の設定について

①PS4のIPアドレスを確認してメモる

PS4のホーム画面から、設定→システム→システム情報と順番に進み、そこに表示されたIPアドレスをメモってください。

②PS4のIPアドレスを固定する

ポート開放するにはPS4側でIPアドレスを固定する設定を行わなければなりません。PS4のホーム画面から設定→ネットワーク→インターネット接続を確認→LANケーブルを使う→カスタム→手動と順番に進んでいってください。そこでIPアドレスには先ほどメモしたIPアドレスを入力。デフォルトゲートウェイにはIPアドレスの末尾を「1」に変更したものを入力。プライマリーDNSにはさきほどと同じ様に記入。セカンダリーDNSは入力しないでください。

NURO光で設置されるONUのポート開放に関する注意点

ONUのポート開放に関する注意点として、Windowsにとって重要なアプリケーションが使用しているポートを開放してしまった場合に、セキュリティー面でのリスクが発生します。ネットワークの正しい知識を付けてから設定する方が望ましいでしょう。

まとめ

NURO光でONUのポートは基本的には塞がっており、ポートを開放しないと利用できないアプリケーションがある場合には、自分で設定する必要があります。ポートを開放する方法は、そのONUの機器ごとに異なりますので、あなたの利用している機器に合わせた設定をする必要があります。よく確認してから設定をしましょう。 また、pptpという自宅や会社に専用線で接続できるようになる設定もNUROは難しいので注意してください。