NURO光とドコモ光を速度や料金面から全てを徹底比較!

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光とドコモ光を速度や料金面から全てを徹底比較!

NURO光とドコモ光の概要と比較

まずはじめに、NURO光とドコモ光それぞれの概要をザックリ知っておきましょう。

●NURO光は落ちこぼれを再生させた熱血野球チームのような回線

NURO光は言わずと知れたプロバイダ大手のSo-netが提供するインターネット回線サービスです。下り最大2Gbpsを誇る高速回線とリーズナブルな料金で、関東圏では今もっとも旬な光回線です。

NURO光の詳細については当サイトの専用コンテンツで詳しく解説していますが、今回はドコモ光との比較という部分でその特徴を随所にとり上げていきます。

NURO光の回線は、フレッツ光のダークファイバー(余剰光回線)を安く手に入れ、海外の技術をとり入れつつ独自の技術を付加させた、いわば「落ちこぼれ再生熱血野球チーム」のようなものなんです。

たとえが極端なので少々大げさに聞こえるかもしれませんが、現実にチームにおいては優勝までこぎつけたようなもの、叩き上げで築いたストイックな光回線は、数多くの論評や口コミでも高評価を得ています。

何もなかった草っ原の土壌から、回線速度評価サイトでも「RBB SPEED AWARD 1位」という実績をあげているわけですから大したものです。

●ドコモ光はエスカレーター式のエリート官僚チーム

片やドコモ光は、いわずと知れたNTTグループの純潔エリート官僚チームのようなもの。独占状態だったフレッツ光から光コラボへのユーザー編入も想定通りに順調、現在も光コラボ加入世帯シェアではダントツ1位と快調です。

敷かれたレールをそのまま進む王道の展開に、安定安心をもとめるNTTブランド志向一途なユーザーが迷うことなくすんなりと加入してくれるわけですから、これほどカンタンな営業展開もないわけです。

何やら星飛雄馬と花形満のような比較展開になりそうですが、経緯はともかくあくまで「いかに気持ちよくネットが使えるのか」つまりは甲子園優勝に競り勝たなければならないわけですね。

NURO光とドコモ光の料金比較

では早速料金を比較してみましょう。

●NURO光の料金

NURO光の料金プランには「プロバイダ(So-net)」と「セキュリティソフト」、「無線ルーター」のオプションが「無料で標準装備」なんです。

通常のプロバイダや回線業者では、セキュリティソフトが月額300円~500円、WiFi機能の追加で月額約500円程度別途必要なわけですが、これだけでも月額約1,000円程度がオトク、これは大きいですね。

これをふまえた利用料金は、

プラン 月額利用料金
戸建てタイプ 4,743円
マンションタイプ 1,900円~2,500円

※基本工事費は40,000円(30ケ月分割)
※基本事務手数料 3,000円(利用開始月に請求)
※2年契約、契約解除料は9,500円
※マンションタイプは3階建て以上(マンションにNURO光導入済み要)

こんな感じです。マンションタイプでは建物の環境要因もあり制約もありますが、標準的な戸建てタイプがプロバイダ・Wi-Fi・セキュリティ込みで4,743円というのは、コスパ抜群ともいえるでしょう。

●ドコモ光の料金

ドコモ光は申し込み時にプランを選ぶ必要があり、少しばかり悩む必要があります。

・タイプA(ISP料金一体型) 戸建て5,200円、集合住宅4,000円

・タイプB(ISP料金一体型) 戸建て5,400円、集合住宅4,200円

・単独型(ISP料金別)     戸建て5,000円、集合住宅3,800円

基本的にはこの3つの中から選びます。他にも三重県のCATVエリアに特化した「タイプC」や、ネットをあまり使わない場合の2段階定額サービス「ドコモ光ミニ」がありますが、ここでは省略します。またNURO光と同基準比較の為、2年契約の場合の料金をあげています。

タイプの違いは内に含まれるプロバイダ候補の違いだけです。

それぞれのタイプの特徴とポイントは、

◆タイプA
プロバイダ料金が含まれたプランで、プロバイダは次の18社の中から選べます。
ドコモネット、ぷらら、So-net、ビックローブ、DTI、BBExcite、エディオンネット、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、光コアラ、ANDLINE、@ネスク、hi-ho、GMO、IC-net、タイガースネット、TiKiTiKi、UPa! 計18社

◆タイプB
プロバイダ料金が含まれたプランで、プロバイダは次の7社の中から選べます。
ASAHIネット、@ニフティ、TCOM、TNC、OCN、WAKWAK、@ちゃんぷるネット 計7社
※上記対応プロバイダのデータは2017年4月現在
※プロバイダによっては、法人名義での契約が不可な場合も有り。

◆単独タイプ
ドコモ光のフレッツ光回線のみの提供で、プロバイダはフレッツ光に対応しているプロバイダを自分で用意します。

◆タイプC
三重県のCATV(ケーブルテレビ)利用者向けのプランです。
プロバイダは次のCATV2社。エリアによって決まります。
シーティーワイ、ケーブルネット鈴鹿

◆ドコモ光ミニ
利用頻度の少ない時は安く多い時は定額になる2段階定額サービスで、プロバイダはフレッツ光に対応しているプロバイダを自分で用意します。

●NURO光とドコモ光の同じ土壌での料金比較としては

NURO光が2年縛りの戸建てプランで4,743円、ドコモ光の2年縛り戸建てプランでは5,200円~5,400円ということで、プロバイダ込みでこの時点ではNURO光に軍配。

さらにNURO光では無線LANとセキュリティが標準装備、ドコモ光では無線LANは月額100円~300円の有料オプション、セキュリティは12ヶ月間無料の後月額250円の有料となるので、両者の差はさらに広がりやはり料金面ではNURO光が有利になります。

NURO光とドコモ光の通信速度の比較

NURO光の通信速度はアピールとしては下り2Gbpsで、実際の多くのNURO光ユーザーの実効値は800Mbps前後が最も多いようです。

先にあげた通信速度比較サイトのRBB SPEED TESTにおいてもその評判は高いものが多く、速度のゆらぎやバラつきのほとんどない安定感のあるもの。文句のつけようがないですね。

これに対し光コラボのエリート官僚・ドコモ光の通信速度といえば、これがじつに多種多様な評判なんです。

というのも、2015年に光コラボがスタートした時点のドコモ光は快調な滑り出しで、同じフレッツ光回線でも料金が安くなるとのことで加入者が殺到。この時点では「快適、サクサクで満足」、「プロバイダも選べていい」、「転用で余分な費用要らず」という高評価でした。

ドコモケータイとのセット割を強調し始めたころから、状況がおかしくなってしまいます。当時の口コミの多くは「なんだか夜がヤバい」、「イッキに重くなった」、「プロバイダのせい?」などとさまざまな悪評や憶測まで飛び交う始末です。

回線速度のあまりの悪評にようやくドコモ光も腰を上げつつあるのか、直近の評価をみると少しばかり盛り返した感はあるようです。事実先ほどのRBBサイトでも光コラボ部門ではようやく70~80Mbpsをはじき出して、日計ではちらほらとベスト3入りを果たしているようです。もちろん油断はできませんが。

そんなわけで、NURO光とドコモ光の回線品質の違いは明らか、NURO光が圧倒的にオススメとなります。

NURO光とドコモ光のサービス・エリア面での比較

さて次にサービスや提供エリアを比べてみましょう。

●サービス窓口の対応面での比較

NURO光のカスタマーはその回線速度と同様、スムーズなものといえそうです。というのもNURO光はまだまだ発展途上中で、CMなどによってようやく認知度が高まり加入者が急増中という状況であり、セット売りでますます加入者が増え忙しくなったドコモ光と比べれば、まだまだユーザー対応がやりやすいという皮肉なメリットがあるからなんです。

本来NURO光は大手プロバイダのSo-netが運営するサービスプランのひとつで、So-netの窓口対応を利用していたのですが、さすがにSo-netだけではドコモ光同様その利用者数からいけば対応はパンク状態。そこでNURO光の専用窓口を設けることで対応しているわけです。

これに対しドコモ光のサポート窓口は、回線の利用者数による品質の悪化と同様「利用者が増えれば増えるほど遅くなる」といった、これまた皮肉な余波が顕著で、「まったく電話がつながらない」、「光コラボになってショップの窓口に相談してもわかっていないし、たらい回し」あげく「プロバイダに回された」となんて最悪なものもあります。

そんなわけで現況としてはサービス窓口の対応面ではやはりNURO光が有利ですが、この先加入者がうなぎ上りに増えていった場合の対応にも、アンテナを張っておき詳しく報告していきたいと思います。

●提供エリアの比較

ことさら言うまでもないですが、ドコモ光はフレッツ光回線を使った光コラボですから、NTT東西エリアでの全国対応です。

片やNURO光の提供エリアは未だ関東エリア・関西エリア・東海エリアのみ。正確には、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県・兵庫・大阪・京都・滋賀・奈良・愛知・岐阜。三重・静岡で一部エリアを除くというもの。

提供エリアの比較では、圧倒的にドコモ光ということになります。

NURO光とドコモ光の比較まとめ

あらためてNURO光とドコモ光を比較していると、ネット回線を選ぶ際の基本3原則は「安い・速い・サービス面の充実」だけでなく「提供エリアの充実」というもうひとつのポイントが必要ではと思えてきますよね。

ただその点を除けば今回の比較、労せずしてNURO光の圧倒的有利となることが判明したという結論になりそうです。