2017年7/25 NURO最新ニュースまとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

2017年8/2NURO最新ニュースまとめ

2017/8/2時点でのNURO最新事情

NUROモバイルが「データ通信前借り」サービスなどを開始

NUROモバイルは、毎月のデータ通信量を使い切った場合「来月分の通信量を前借り」することができるサービスを8/1発表しました。これは今までありそうでなかったサービスですね。

データ通信量の前借りサービスは、10MB以上1MB単位で申し込め、毎月の最終日の前日までならば何度でも前借りできるシステムになっています。

一度に前借りできる容量は2GBまでで、当然翌月のデータ通信量の総量を超える前借りはできませんので注意してください。

前借りの申し込みには特に事前受付などは必要なく、

  • マイページにログインして【データ前借り】のボタンをクリック
  • 前借り希望数量を入力
  • 前借り容量を確認→前借り完了

ととても簡単に前借りする事ができます。

【時間プラン】に新たに【深夜割プラン】が追加

NUROモバイルでは毎日5時間まで高速通信が使い放題な時間プランというのが存在したのですが、新たに【深夜割プラン】が登場。

時間プランが5時間で2,500円なのに対して、深夜割プランは1,500円。

深夜割プランは深夜1時〜6時の間高速通信が使い放題になるプランで、使用可能時間は5時間と同じなのですが、時間が制限される事で割安に利用出来るようになりました。

かなり夜行性の人間でなければ契約しにくいプランだと思いますが、1時以降によく使う人はこちらの夜行性プラン【深夜割プラン】を検討してみてはいかがでしょうか。

時間プランおよび深夜割プランでは、5時間を過ぎたり指定の時間帯を外れると、200kbpsに速度が制限されてしまうので注意してください。

音声通話かけ放題プランが5分→10分にバージョンアップ

nuroモバイルでは【nuroモバイル電話】を活用すれば月額800円で5分以内の音声通話がいくらでもかけ放題だったのですが、2017年8/1〜5分制限が10分制限にまで伸びました。

私は楽天モバイルの【楽天でんわ】を使用しているのですが、意外と5分以上しゃべる事が多く毎月追加料金を払っています。

ですが10分に伸びる事で追加料金を支払わなくても良くなるので、私自身もNUROモバイルに機種変更しようかと検討中です。

NUROモバイルの詳細ページはこちら

・プロゲーマー集団がNURO光を導入

SCARZという日本のプロゲーマー集団がいる。SCARZは日本を代表するプロゲーマー集団で、世界中の強豪とオンラインゲームで戦うため、コンマ1秒のラグが命取りになる事もあるという。LOL【League of Legends】などのオンラインゲームを一つの部屋で集まり、複数人複数台のPCでプレイするのだから、光回線のスペック、特に下りの通信速度は重要なんだとか。

http://www.scarz.net/

そんな彼らが愛用している回線がNURO光。彼らの場合は一般家庭とは違い、NURO光の付属のONU内臓ルーターから、1000Bese-Tの8ポートのLANケーブル【優先LANケーブルを8つ繋げられる】に繋いでいるそう。これらは4,000円くらいする家庭用のものを使用していたそうです。

従来はこの設備で十分対応てきていたが、やはり通信が混み合う夜中などにどうしてもタイムラグが起こったりしてしまったり、場合によっては接続自体が不可能であったりしたと言います。

そこで彼らが導入したのが【Nighthawk S8000】。これも上記と同じようなハブ機能を備え付けているのだが、ハブをこれに変えただけで劇的にラグが改善されたそうです。

NURO光で思うように速度がでなかったり接続がきれたりする人は、一度ONUやハブの見直しをしてみてはいかがでしょうか。

→執筆参照元:http://game.watch.impress.co.jp/docs/news/1067167.html

NURO光の詳細ページはこちら

NURO光がRBB SPEED AWARD2016の関東部門で2年連続No.1を受賞

RBB SPEED AWARDとは、株式会社イードが開催している、「モバイル回線、インターネット回線のスピードテストの数字を競い合う」毎年行われているコンテストです。NURO光は関東件の1都6県にしか提供していませんので関東のみになってしまいますが、2015年に引き続きのNo1は価値ある受賞だと思います。

FTTH(光ファイバー回線)の加入者数は2934万件、2017年度末には3000万件を突破予想

ICT総研は7/24に、【2017年度ブロードバンドサービスの市場動向】の市場調査結果を発表しました。光回線やケーブルテレビ、ADSLなどの合計加入者数が2017年末には3000万件と超える見立てだという。

2015年の光コラボ開始から右肩登りに推移している一方、ADSLは年々減少傾向にあるという。

NURO光のエリア拡大はまだ発表されておらず、不透明な部分が多いですが、関西圏や東海地方などにエリアを広げていくとなると、auスマートバリューやドコモ光セット割など、キャリアスマホの割引と戦わなくてはいけなくなります。我々ユーザーのためにもどんどんエリアを広げて価格競争を繰り広げてほしいと思います。

NUROモバイル1日5時間の高速通信使い放題の「時間プラン」などを発表

NURO光の子供分みたいな存在であるNUROモバイル。通常格安SIMは○GBで○円、というようなプランが主流ですが、NUROモバイルの時間プランは、1日のうちに「高速通信を5時間だけ使い放題」という新しいプランです。データ通信時間は、NUROのマイページにログインすれば「今日の使用時間は1時間で、残り4時間使用できます」のように表示されるのでカンタンにチェックできます。

月額料金はデータ通信SIMで月2,500円。高速通信か否かは自動的に判断されてカウントされるので、いちいちユーザー側で調整しなくても良いのがメリット。

NUROモバイルでは10GBのデータ通信SIMが2,300円で、時間プランであれば間違いなく10GB以上は使用できると思いますので、ヘビーユーザーの方はいかがでしょうか。

また、NUROモバイルは他社と同様に「5分電話かけ放題プラン」「パケットギフト」「初速バースト」も合わせて発表。5分かけ放題プランでは「nuroモバイルでんわ」を利用した5分以内の音声通話が何回でも無料となるプラン。

筆者は楽天モバイルの5分かけ放題プラン【850円】を契約しているのですが、案外5分を超えて電話してしまっていたりする事も多いので、長電話が多い人には向いていないかもしれません。

また、【パケットギフト】はmineが始めたサービスで、NUROもこれに追随するような形になりました。NUROマイページで10MB以上1MB単位でギフトコードを発行→相手がギフトコードを入力する事でデータを受け取る事が可能。

【初速バースト】とは、低速通信時や通信速度制限がかかっている時でも、インターネットに接続後数秒間は高速通信ができるシステム。画像が多いサイトや動画サイト見る事以外であれば割とスムーズにネットを楽しむ事ができるようになりました。