NURO光が遅い…!速度が遅いときの3つの原因と対処法を解説

NURO光が遅い原因解説の画像
スマ男くん
NURO光って速度が最速って聞いてたのに、遅い気がするのですが… 
学園長
NURO光は、他の回線の2倍の通信速度なのじゃが、機器や周りの環境によってはその最高速度を引き出せないこともあるんじゃ。

NURO光が遅くなる原因

  • 回線を繋ぐLANケーブルやルーターが2Gbpsまで対応していない
  • 使っているパソコン機器が古い

ほとんどの場合、光回線というよりそれを仲介する媒体自体に問題があるケースが多いです。

このように光回線が遅くなる原因と簡単な解決法を把握してさえおけば、NURO光は他の光回線と比べて、通信速度と料金ともにスペックが高く人気です。

さらに今だけ、NURO光を申込むと35,000円のキャッシュバックがついてきます!

NURO光

NURO光の特徴

  • 35,000円キャッシュバック WEB申し込み限定
  • 40,000円の工事費無料
  • 9,000円分の設定サポートサービスが無料

NURO光の通信速度について

NURO光は下り最大2Gbpsの高速通信が使い放題の光回線。フレッツ光などの光回線が1Gbpsな事を考えると、単純に2倍の最大速度を誇るということです。ネットでは「NURO光はクソ速い。次元が違う。」との書き込みも見かけます。

しかしこの数字はいわゆる「ベストエフォート」と言ってあくまでも伝送損失や環境要因を排除した最大理論値なので参考程度にしてください。

NURO光の通信速度の実測値について

下り最大2Gbpsと日本最速をうたっているNURO光ですが、実際はどのくらいの通信速度なのでしょうか?

埼玉の仙人というYouTuberがNURO光の速度計測を行っていましたので参考程度にご覧ください。

今回の実験では、ダウンロード500Mbps、アップロード400Mbpsくらい出ていました。かなり速い・・・

このYOUTUBERの人はNURO光から広告費をもらっていないと思うのでステマでもなんでもなく単純にこれくらいスピードが出たのではないでしょうか。これくらい出ていればYOUTUBEやニコニコ動画、huluなどの動画サービスはもちろん、オンラインゲームでもラグなしで楽しめそうですね。

また、ファイル配布ソフトであるtorrent(トレント)なども使用可能です。*取り扱いに注意

NURO光の回線は安定している?

NURO光の回線は他社の回線に比べてかなり安定しているといわれているのですが、その大きな要因としてはダークファイバーという回線が利用されていることとNURO光ユーザーがまだ少ないことの2点が挙げられます。

まず回線についてですが、フレッツ光などは共有型サービスをとり入れることによって、限られた光回線を効率よく利用することができ、月額利用料金もおさえられているわけです。しかし、利用世帯が密集しているエリアやマンションなどでは、夜など、回線をマンション全体が集中して使う場合、どうしても回線が混みやすくなって遅くなる事が多いです。

その点、NURO光はダークファイバーというNTTの未使用の回線を使用しているため、その特性上回線が混むことはありません。詳細な技術解説は長くなるのでここでは省略しますが、例えるなら新幹線のグリーン席のようなもの。帰省ラッシュでも旅行—シーズンでも楽勝でゆったりできるわけです。

また、NURO光自体がフレッツ光に比べるとユーザーが少ない点も通信速度が安定しやすい要因です。

NURO光の通信速度が速くて安定しているのは、最大速度が2Gbpsだからではなくて、上記のような事があるので安定して速い回線を使用できる仕組みです。

戸建の家庭などでNURO光のONUを一回に配置していて、中継機やハブなどを使用して2階3階につなぐ場合は、それらの機器が1000BASE-Tに対応していないと通信速度が落ちてしまうので気を付けましょう。

また、NURO光のONUにはLANポートが複数ついていると思うのですが、その場合2台につなぐとそれぞれが1Gbpsずつの速度に半分になってしまうのでご注意ください。これはポートをデュアルにしてリンクアグリゲーションしたりチーミングしたりはできなくなっていますので1G以上にするのは不可能なのでご注意ください。また、フレッツ光ネクスト・フレッツ光プレミアム・BフレッツではNGNという次世代ネットワークを使用していますが、NURO光はNGNを使用していません。

NURO光の口コミを見てみる

NURO光の2Gbpsって他の光回線と比較してどれくらい速いの?

ここまででNURO光の通信速度の速さや回線の安定について述べてきました。ところが「NURO光に回線を替えたのに通信が速くなった感じがしない」と、首を傾げるユーザーもいるようです。

NURO光はリンクアグリケーションやリーミングという高等技術を使用せずに最大2Gbpsの速度を誇るのが特徴なのに、なぜ従来の回線との違いを感じられない程度の速度なのでしょうか。

NURO光本来の実力を知るために、2Gbpsの通信速度が具体的にどのくらいの速さなのかをご説明したいと思います。

まず「2Gbps」の「Gbps」とは、「Gigabit per second」を略した言葉です。つまり「下り最大2Gbps」とは、「1秒間に最大2ギガビットのデータをダウンロードできますよ」という意味なのです。

では2ギガビットとは、どのくらいのデータ量なのでしょうか。答えを知るために、まず「ギガビット」を1つ小さい単位である「メガビット」に換算してみましょう。2ギガビットをメガビット単位に言い換えると、2,000メガビットとなります。

次に2,000メガビットを、通常のデータ容量計算で使われる「バイト」に変換してみましょう。通常、1ビットは0.125バイトとして計算されます。

これを2,000倍すると、2,000メガビット=250メガバイトという計算になりますね。つまり下り最大2Gbpsとは、1秒間に250メガバイトのデータをダウンロードできる通信速度なのです。

下り最大2Gbpsの速度が出ていれば、約19秒でDVD一枚分(4.7GB)のデータをダウンロードできます。片面1層のブルーレイディスク1枚分のデータ(25GB)でも、100秒でダウンロード可能。

このように見てみると、いかに下り最大2Gbpsという通信速度が驚異的な速さなのか理解できるのではないでしょうか。

…とここで、「そんな驚異的な通信速度は絶対出てないよ」というNURO光ユーザーの声が聞こえてきそうですね。

下り最大2Gbpsとは、あくまでも理論上の最高速度。実際にNURO光ユーザーが報告している通信速度の平均は100Mbps〜900Mbps程度と、2Gbps(=2,000Mbps)には遠く及びません。

また、xperiaやiPhoneなどのスマホ端末では当然2Gbps近い速度は実現できず、他の光回線とあまり変わらない通信速度になってしまいます。

とはいえ、100Mbps以上の通信速度が出ているなら、従来の回線よりはかなり快適にネットを利用できているはず。

もしNURO光を使っていて通信速度に不満を感じているなら、下記にてご紹介する方法で回線速度の平均を計測してみてください。

また、NURO光forマンションでは同じ時間に同じマンションの住民が一斉にNURO光の回線を使用した場合、一時的に遅くなる可能性がありますので注意してください。

さてここからはNURO光が遅い場合の原因とその対策をいくつか紹介していきたいと思います。

通信速度が遅い原因その①LANケーブルが回線速度を落としているかも?

前節でご紹介した測定を行って思いのほか通信速度が出なかったとしても、いきなりSo-netに苦情の電話を入れるのは早計です。もしかするとNURO光の回線ではなく、パソコンや周辺機器に問題があるかもしれません。

たとえばLANケーブルで接続を行っている場合は、ケーブルの品質に問題がある可能性があります。というのもLANケーブルにも規格が複数あり、ものによってはNURO光の高速通信を十分にパソコンまで伝えられない場合があるからです。

LANケーブルの規格は、ケーブルの表記で確認できます。もしケーブルに「CAT5」と表記されているなら、LANケーブルが通信速度を低下させている可能性が大。というのも、CAT5(カテゴリー5)という規格のLANケーブルは、100Mbs以上の通信を行えないからです。

せっかく下り最大2Gbpsの通信回線が自宅まで届いているのに、LANケーブルで速度を100Mbps以下に抑えてしまっては意味がありません。

これでは自主的に取水制限をするようなもの。いち早くLANケーブルを、高速通信に対応したものに取り替えましょう。LANケーブルには、先にあげたCAT5以外に以下のような種類があります。

  • CAT5e(カテゴリー5e)・・・1Gbpsまで対応可能
  • CAT6(カテゴリー6)・・・1Gbpsまで対応可能
  • CAT6a(カテゴリー6a)・・・10Gbpsまで対応可能
  • CAT7(カテゴリー7)・・・10Gbpsまで対応可能

ユーザーに実測されているNURO光の通信速度は、速くても900Mbps程度。上記のLANケーブルであればどれでも1Gbpsの通信速度に対応できるので、NURO光の高速通信をパソコンに伝達できます。

ただ、LANケーブルのスペックをギリギリまで引き出すような使い方を行なうと、データ化けが起きる場合があるので要注意。NURO光の場合は既存の回線より通信速度が速いので、CAT6a以上のLANケーブルを使ったほうが無難です。

ちなみに、LANケーブルは線が柔らかい「より線タイプ」よりも、硬めの「単線タイプ」がおすすめ。単線タイプはノイズに強く、データを高速かつ正確にパソコンまで伝えることができます。

硬めのケーブルがどうしても扱いにくい場合は、性能のよいフラットタイプのLANケーブルを選んでください。フラットタイプなら、線が柔らかくてもデータ化けのリスクを少なく抑えることができます。

ただし長い距離をLANケーブルで配線する場合は、やはり単線タイプの使用がおすすめです。

通信速度が遅い原因その②LANポートが対応していないかも?

「LANケーブルを替えたけど、やっぱり通信速度が遅い」という場合は、パソコンのLANポートの性能をチェックしてみてください。LANポートとは、パソコン本体にあるLANケーブルを差し込む部分です。

お使いのパソコンが古いモデルである場合は、LANポートが1Gbps以上の高速通信に対応していないかもしれません。

パソコンのLANポートの規格は、OS上で簡単に調べることができます。以下で、Windows10搭載パソコンのLANポートをチェックする手順を見てみましょう。

  1. スタートボタンを右クリックして、表示されたリストからコントロールパネルを選択
  2. 「ネットワークとインターネット」を選択
  3. 「ネットワーク共有センター」内にある「アダブターの設定の変更」を選択
  4. 「ローカルエリア接続」もしくは「イーサネット」を選択
  5. 「詳細」をクリック

以上の手順で、ローカルエリア接続のプロパティをチェックできます。表示されたプロパティの説明欄を確認してみてください。もしGBEあるいは1000BASE-T、Gigabitといった表記が見られるなら、お使いのパソコンは1Gbps以上の高速通信に対応しています。

続いて、OSX搭載のパソコン(Mac)のLANポートを確認する手順を見てみましょう。

  1. 画面左上にあるリンゴマークをクリック
  2. 「このMacについて」をクリック
  3. 「サポート」タブ内にある「技術仕様」をクリック
  4. ブラウザに使用中のMacの技術仕様ページが表示される
  5. 表示されたページ内に「ギガビットEthernetポート」の表記があることを確認する

技術仕様ページに「ギガビットEthernetポート」の表記があれば、お使いのMacは1Gbps以上の高速通信に対応していることになります。

LANポートが高速通信に対応していない場合の対処法

LANポートが1Gbps以上の高速通信に対応していない場合は、以下のいずれかの方法で対処することができます。

  • パソコン本体を買い替える
  • LANポートを取り替える
  • 高速LANポートを外付けする

LANポートが1Gbps以上の通信速度に対応していないということは、そのパソコンはやや古いものであるはず。予算があるならば、買い替えを検討してみるのもよいでしょう。

2番目にあげたLANポートの取り替えは、パソコンの専門知識がない方にはおすすめできません。またパソコン本体を分解した時点で、メーカーの保証が受けられなくなる場合があるので注意してください。

3番目にあげた対処法は、多くの方にとって現実的なものといえるでしょう。外付けLANポートは、2,000円強で手軽に購入できます。ただし1Gbps以上の通信に対応した外付けLANポートを繋げたからといって、必ずしも1Gbps以上の通信を行えるとは限りません。

たとえば、お使いのパソコンがUSB2.0までしか対応していない場合は、実現できる通信速度は最高480Mbpsに制限されてしまいます。この場合はいかに高性能な外付けLANポートを使っても、NURO光の高速通信を100%活かせません。

とはいえ、外付けLANポートの使用によって少しでも通信速度の改善が見られるなら、速度が遅い原因は本体のLANポートにあるのだと判断できます。2,000円程度の出費で不満の原因を特定できるなら、外付けLANポートを購入する価値は十分にあるといえます。

通信速度が遅い原因その③Wi-Fiが対応していないかも?

NURO光とパソコンをWi-Fiで接続している場合、パソコン側が特定のWi-Fi規格に対応していないことで通信速度が低下するケースがあります。ここで、各Wi-Fi規格と通信速度の関係について見てみましょう。

  • IEEE802.11b・・・・・最大11Mbpsまで対応可能
  • IEEE802.11g・・・・・最大54Mbpsまで対応可能
  • IEEE802.11a・・・・・最大54Mbpsまで対応可能
  • IEEE802.11n・・・・・最大600Mbpsまで対応可能
  • IEEE802.11ac・・・・・最大867Mbps~6.93Gbpsまで対応可能

以上のように、100Mbps以上の通信に対応できるWi-Fi規格は「IEEE802.11n」と「IEEE802.11ac」のみとなっています。

ちなみにNURO光の契約時に提供されるONUは、無線LAN接続時の最大通信速度が450Mbps。この高速無線通信を100%活かすには、IEEE802.11nかIEEE802.11acに対応した端末が必要となります。

ではここで、お使いのパソコンがどのWi-Fi規格に対応しているのか調べる方法を見てみましょう。1例としてWindows10搭載パソコンで、対応Wi-Fi規格を調べる方法をご紹介します。

  1. コントロールパネルを開いて「システムとセキュリティ」を選択
  2. 「システム」を選択
  3. 画面左側のリストから「デバイスマネージャー」を選択
  4. 一覧から「ネットワークアダプター」を探してダブルクリック
  5. 表示されたネットワークアダプターの中から普段使っているものを見つけてダブルクリック
  6. プロパティが表示されるので、「詳細設定」をクリック
  7. 左側のリストに対応している通信規格が表示される。

以上の手順でリストに通信規格が表示されたら、「802.11nモード」の表記を探してみてください。表記が見つかれば、お使いのパソコンはIEEE802.11nの通信に対応しています。

「802.11nモード」の表記が見つからない場合は、「ワイヤレスモード」と書かれた項目を探して選択してみてください。ウインドウの右側に、対応しているWi-Fi規格が表示されるはずです。

なお、Macの場合は前節でご紹介した「技術仕様ページ」で、対応しているWi-Fi規格を調べることができます。もしお使いのパソコンがIEEE802.11nかIEEE802.11acに対応していない場合は、パソコン本体を買い替えるか、有線LANで接続するといった対策をとってみてください。

使用するLANケーブルについて

NURO光サービスを利用する方はONUにLANケーブル(カテゴリー5e)が同梱されているので、そちらを使用するといいでしょう。

通信速度が遅いときの対策①周辺機器の電源を切ってみる

パソコンやONUの電源を一度切って、しばらくしてから電源の入れ直しをしてみましょう。まずはONU(NURO光用のホームゲートウェイ)の電源を入れます。しばらくしてランプが緑色に点灯したら、配線の順番通りにほかの機器も電源を入れます。

LANケーブルで有線接続している方は、まずONU、次にパソコンの電源を入れれば完了です。

この作業によって速度が改善されることもありますので試してみてください。

通信速度が遅いときの対策②ハードディスクの最適化

長くパソコンを使っていると、ハードディスク内の様々なデータが分割して保存されるため、ファイルの読み込みが遅くなったりしますが、最適化(デフラグ)を行うことでファイルの読み込み速度が改善される可能性があります。

最適化(デフラグ)の方法※Windows7の場合

    • 全てのアプリケーションを終了させておく

    • 「スタートボタン」をクリックして「コンピューター」をクリックする

    • ローカルディスクを選択し右クリック、プロパティを選択

    • タブから「ツール」を選択

    • 「最適化する」をクリック

    • 「ディスクを分析」をクリック

  • 最適化が必要な時は「最適化」をクリック

デフラグは1〜6時間以上かかるので、その間パソコンの操作はせず、電源は絶対に切らないようにして下さい。

通信速度が遅いときの対策③周辺機器のファームウェアをアップデートする

ファームウェアとは電子機器に組み込まれているハードウェアの基本的な制御を行うためのソフトウェアです。

ルータ等、周辺機器を最新のファームウェアにアップデートすることで接続性が向上し、さらに快適なネット環境にすることができます。これらのメンテナンスを随時行うことで速度が改善されることもあります。

その他通信速度が遅いときの対策

  • OSバージョンが最新なのか確認
  • 複数立ち上がっているソフトを終了
  • ブラウザを最新バージョンにアップデート
  • ブラウザのキャッシュをクリアにする
  • セキュリティソフトが速度を遅くしている可能性があるので、一旦止める

NURO光の回線速度が不安定な時の対策方法

回線速度が途中でよく切れたりと不安定な時は、まずはONUや無線ルーターを確認してみてください。ルーターやONUで赤色のランプが点滅していたりすると何かしら問題がある可能性があります。

上記のソネットのページに接続が不安定な時の対策方法が詳しく書かれていますのでこちらをご確認ください。

ただし、回線が不安定な時はPCおよびルーター、ONUを再起動するだけで解決する場合が非常に多いです。

NURO光の通信速度を測定する方法とは

インターネット回線の速度は、NURO光のホームページに用意された「NURO オリジナル通信速度測定システム」で簡単に測定できます。以下で測定を行う手順をご紹介するので、実践してみてください。

  1. NURO光のホームページにアクセス
  2. トップページで「NURO光」を選択
  3. 画面を一番下までスクロールさせて、特集の項目にある「光回線スピードチェック」をクリック
  4. STEP1の「速度チェック」をクリック
  5. ページ上部のオリジナル通信速度測定システムの「NURO」と書かれたバナーをクリック
  6. 回線情報登録画面で情報を登録する(登録はスキップも可能)
  7. 測定設定で測定したい方向をチェックし、「測定ページへ」をクリックする
  8. 「測定開始」をクリックする
  9. 約40秒後に測定結果が表示される(測定精度を高に設定した場合)

以上の手順で、実際の下り回線と上り回線の速度を知ることができます。回線速度の測定結果の下には「測定品質」という項目がありますが、こちらは安定した測定が行われたかどうかを示す数値だと思ってください。

測定品質の数値が高いほど、信頼できる測定結果ということになります。通信速度の平均を調べたいのならば色々な時間帯で複数回テストを行ってください。

なお、通信速度の測定結果は、計測する時間帯によって大きく変わる場合があります。より正確な回線速度を知りたい場合は、複数の時間帯で計測を行ってみてください。

ベストエフォート値とは?

NURO光の売りの一つに下り最大速度2Gbpsとありますが、これはベストエフォート値なので実際にこの速度が出るわけではありません。では、このベストエフォートとは何なのでしょうか。直訳すると「最善努力」です。

つまり最大の結果が得られるように努力するが性能に関しての保証はしないということですので、最大だと2Gbpsの速度が出るはずだけど回線の状況次第では出ないです、ということなのです。