NURO光にアンテナ工事は必要?工事費や設置までの流れを解説

NURO光にアンテナ工事は不要です。

ただし、NURO光の利用者がテレビを視聴したいなら、以下2つの方法から選ぶ必要があります。

  1. アンテナ工事をする
  2. 「ひかりTV for NURO」にオプション加入する

NURO光は光ファイバーケーブルを個人宅に引き込んでいます(FTTH)。地デジが使用している電波帯域(UHF帯)とは異なるので、NUTO光を契約しただけではテレビを視聴できません。

しかし、オプションのひかりTVに加入すれば、アンテナ設置をせずに地デジやBS・CS放送を楽しめます。

NURO光に申し込むなら、テレビと光回線をつなぐ「ひかりTV for NURO」も一緒に検討したいですね。ひかりTVのオプション加入は、下のキャンペーンを利用して申し込めますよ。

光回線
特徴
申込
NURO光バナー
ここから申し込んだ方全員
45,000円キャッシュバック

この記事では、アンテナ工事が必要な場合、設置までの流れ、工事費などについて解説しています。「ひかりTV for NURO」の特徴もわかりやすくまとめているので、ぜひ参考にしてください。

NURO光はアンテナ工事が必要?

NURO光自体にアンテナ工事をすることが必要かと言われると必要ありません。しかし、NURO光自体にはテレビのサービスがありませんので、テレビのアンテナや契約が別にない場合はテレビを見るためにアンテナを設置するなどの必要があります。逆に言うとアンテナを設置しないとテレビは見られません。

テレビを見るには以下の2つの方法があります。

・UHFのアンテナを新たに設置する(だいたい10,000円から40,000円程度)

・ケーブルテレビなどを契約する(月額料金がかかる)

ケーブルテレビにはインターネット契約がついていることも結構多いので、NURO光があるとインターネット契約が重複することになります。また、ケーブルテレビは業者に連絡してケーブルを引くなどという工事が必要になります。そう考えると、やはりUHFのアンテナを設置する方が手軽にできる方法ということになります。

まとめると、以下のようになります。

  1. NURO光にはテレビのサービスがないので、テレビを見るなら他の方法を使う必要がある
  2. ケーブルテレビなどよりUHFアンテナを設置する方法が手軽である

今やTVはどこの家庭にも必須と言えます。もしアンテナなどがないのであれば、やはり手軽さなどを考えるとアンテナ設置がおすすめと言えるのではないでしょうか。

アンテナ工事の申し込みから設置までの流れについて

NURO光を契約しても、テレビを見るためにはアンテナの設置が必要なことはお分かりいただけたと思います。NURO光にはテレビのサービス提供はありませんので、テレビを見るためには必ずアンテナを設置する必要があるのです。

しかし、アンテナを設置するといっても、業者への申し込みや工事などは具体的にどうやって進めたら良いのでしょうか。以下で、アンテナ工事の申し込みから設置までを具体的に見ていきましょう。

設置するのは普通のテレビのUHFアンテナですので、街の電気屋や家電量販店、DIYショップなどいろいろなところで対応することが出来ます。インターネット経由でやってくれるところを探しても良いですし、電気屋や家電量販店にお願いしても良いでしょう。

流れとしては以下のようになります。

  1. 工事の申し込み
    →インターネットや電話で設置業者に工事の申し込みをします。
  1. 日程の調整
    →希望の工事日を伝えて、工事の日程調整をします。
  1. 工事と開通確認
    →工事をしてもらい、実際にテレビが映ることを確認します。
    アンテナ工事の流れは以上のようになります。ここまで終わるとテレビが見られるようになります。

NURO光のアンテナ工事料金はどれくらい?

UHFのアンテナ設置は、実はそんなに安いものではありません。電気屋や家電量販店といった工事業者によっても違いますが、おおむね30,000~40,000円見ておいた方が良いと思います。

これはアンテナ費用と設置工事費込みの値段ですが、だいたいどこの業者でも似たような感じだと思います。

ちなみに当然のことですが、マンションなどでもともとアンテナが用意されている場合にはアンテナ工事は必要ありません。しかし、その場合は光ファイバーの敷設で、管理会社の同意を得るなどかなり面倒な手続きが必要な可能性もありますので、注意しましょう。筆者も以前アンテナ工事をした際に管理会社や大家さんとの交渉など結構苦労した記憶があります。

工事はどの業者に頼めばいいのか?

アンテナ工事と言えば、普通は街の電気屋や家電量販店などでもできますが、NURO光を契約する場合は光ファイバーとテレビアンテナの両方の工事が必要になります。そこで便利なのが、光ファイバーとテレビアンテナの両方を工事してくれる業者です。

もともとテレビのアンテナがついている場合は、それをそのまま使えば良いのですが、テレビのアンテナもなく光ファイバーも敷設されていない場合は、両方をやってくれるこういった業者に依頼するのが、費用も安くなり、工事も一度に済ませてもらえるので非常におすすめです。

こういった業者はインターネットで「NURO光 アンテナ工事」などのキーワードで検索すると結構出てきます。

これらの業者は一度に光ファイバーの敷設とUHFアンテナの設置をやってくれるだけでなく、キャッシュバックなどお得なキャンペーンもやっている場合があるので、うまく使うとかなり費用を安く抑えることが出来ます。

まとめると、光ファイバーの敷設とUHFアンテナの設置を一度にやってくれる業者をお願いするメリットは以下のようになります。

・費用が安くなり、工事を一度に済ませてもらえる

・キャッシュバックなどをやっている業者もある

こういったことから、アンテナ工事を依頼するのであれば「光ファイバーの敷設とUHFアンテナの設置を一度にやってくれる業者」に依頼するのがおすすめです。

アンテナ工事をする上での注意点とは

ここまでNURO光を契約した時にテレビを見るために必要なアンテナの設置工事について、その流れや相場などを見てきました。

最後に、UHFアンテナ工事をする上で、何に注意しておく良いのかということについて見ておきましょう。注意点をしっかりと把握しておくことで無用なトラブルに巻き込まれることがなくなります。

  1. アンテナが本当に必要なのかどうか(現在配線されていないかどうか)を再確認
  2. 賃貸等の場合は管理会社に工事の可否を確認
  3. もともと電波の入りにくい地域でないかを確認
  4. CSアンテナなどは必要かどうか決めておく
  5. アンテナの価格、工事費を事前に確認しておく

まず、もっとも大切なことは「本当にアンテナ工事が必要なのかどうか改めて確認すること」です。マンションなどの場合、すでに共同のアンテナが引かれているケースもあります。もしアンテナがすでにあるのであれば、無駄な工事になってしまいます。

また、持ち家ではなく賃貸のマンションやアパートの場合は、アンテナ工事を行いたいということを管理会社に相談することが必要です。これを行っておかないと契約上のトラブルに発展してしまうケースもあります。

そして、これが実は盲点なのですが、ビルの谷間や地形上の問題でもともと電波が入りにくい、もしくはほとんど入らない地域があります。こういった地域であればアンテナに加えて電波を増幅するブースター装置を設置する必要があったり、そもそもブースターを設置しても受信できなかったりするケースがあります。もし、受信できない場合はケーブルテレビなど別の方法を考える必要も出てきます。これは、工事業者も知っているはずですし、電波状況の調査をしてもらえるはずです。設置の際に忘れずに確認しましょう。

また、CS放送などを見る場合はCSアンテナなどの別の装置が必要になりますので、事前に自分に必要なもの、工事をしてほしい内容を整理しておきましょう。

最後に、あらかじめ業者に申し込む際にアンテナと工事費でだいたいどれくらいか確認しておきましょう。こうすることであとから高額の工事費を請求されるなどというトラブルを避けることが出来ます。

「ひかりTV for NURO」に加入すればアンテナ工事不要

NURO光を契約して、アンテナ工事をせずにテレビを視聴したいなら、「ひかりTV for NURO」への加入を検討しましょう。

「ひかりTV for NURO」ならアンテナ設置の必要がないので、天候によって映像が乱れる心配もありません。高画質の映像をストレスなく楽しむことができます。

「ひかりTV for NURO」各プランの月額基本料金と視聴サービスは以下の通りです。

ひかりTV for NURO料金プラン月額基本料金(2ねん割の場合)視聴サービス
基本放送プラン 1,000円 ・地デジ
・BS
・基本サービス
テレビおすすめプラン 2,500円
(1,500円)
・地デジ
・BS
・基本サービス
・ベーシックチャンネル
ビデオざんまいプラン 2,500円
(1,500円)
・地デジ
・BS
・基本サービス
・ベーシック見放題
お値打ちプラン 3,500円
(2,500円)
・地デジ
・BS
・基本サービス
・ベーシックチャンネル
・ベーシック見放題

※2ねん割の場合3~24ヵ月目の月額基本料金。
※NHK BS1、BSプレミアムを視聴するには、NHK衛星契約が必要。

30,000~40,000円のアンテナ工事費や各種手続きなどを考えれば、「ひかりTV for NURO」の料金は決して高くないですよね。しかも、アンテナとは違い天候に映像が乱される心配もないので、お得と言えるのではないでしょうか。

「ひかりTV for NURO」へはNURO光の契約時に同時に申し込めます。45,000円のキャッシュバックを受け取れる公式特設ページから手続きを進めましょう。

光回線
特典
NURO光45,000円キャッシュバックキャンペーン
  • オプション契約なしで45,000円キャッシュバック
  • 新規工事費40,000円が実質無料

【まとめ】NURO光の契約者がアンテナ工事をするなら

NURO光の契約者がインターネットで動画を楽しむだけなら、アンテナ工事は必要ありません。しかし、地デジやBS・CS放送を視聴するには、以下の方法を検討する必要があります。

  1. アンテナ工事をする
  2. 「ひかりTV for NURO」にオプション加入する

アンテナ工事をするなら以下の点をチェックしましょう。

  1. アンテナが本当に必要なのかどうか(現在配線されていないかどうか)を再確認
  2. 賃貸等の場合は管理会社に工事の可否を確認
  3. もともと電波の入りにくい地域でないかを確認
  4. CSアンテナなどは必要かどうか決めておく
  5. アンテナの価格、工事費を事前に確認しておく

アンテナ工事には30,000~40,000円ほどかかってしまうかもしれません。しかも、アンテナが天候の影響を受けると、映像が乱れてしまうこともあります。

「ひかりTV for NURO」なら、アンテナ工事をせずに地デジやBS・CS放送を視聴できます。NURO光の公式特設ページから申し込めば45,000円のキャッシュバックも受け取れるのでお得ですよ。

\キャンペーンが魅力的!/
光回線ランキング

NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 最大通信速度
    下り2Gbps

ドコモ光
ドコモ光GMOとくとくBB
  • プロバイダ部門
    顧客満足度No.1
  • 新規工事費が無料
  • 最大20,000円
    現金キャッシュバック
  • ドコモスマホが
    家族全員分割引

ソフトバンク光
  • ネット会員数No.1
  • 難しい手続き一切なし
  • 通信速度が1Gbps

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業