NURO光で電話を契約したい人へ!使用中の電話番号は引き継ぎ可能

NURO 光 でんわは今までの固定電話の番号をそのまま使えるのかな…

NURO 光 でんわの基本料金はどれくらいなのかな?

「NURO 光 でんわ」では、これまで使用していた固定電話の電話番号を引き継ぐことができます。

今よりも安く光電話を利用できるなら、ぜひ利用したいですよね。光電話とは、光ファイバーを利用したIP電話サービスです。IP電話はアナログ回線と比べて料金が安いのが特徴です。

この記事では、「NURO 光 でんわ」の基本料金、利用できるまでの流れを紹介しています。

電話回線月額基本料金
NURO 光 でんわ北海道・関東500円(税抜)
東海・関西・九州300円(税抜)

「NURO 光 でんわ」は「NURO 光」のオプションです。

当サイトでは、NURO光の基本プランである「NURO 光 G2V」がおすすめしています

G2Vに申し込むなら、NURO光の公式特設ページの特典を検討してみてはいかがでしょうか。NURO光の公式特設ページでは、オプションに加入しなくても、充実した特典を受け取ることができます。

NURO 光 G2Vがおすすめな理由

  • オプションの申し込みが必要なし
  • 45,000円のキャッシュバック!
  • 基本工事費40,000円が実質無料

NURO光のボタン

NURO光の電話に切り替えても電話番号は引き継げる

光電話とは、光ファイバーを利用したIP電話サービスです。IP電話はアナログ回線と比べて料金が安いのが特徴です。

NTT東日本、NTT西日本では、固定電話の需要低迷、IP電話が従来の固定電話の契約数を超えたことなどを受け、2024年1月より順次IP網への切替を予定しています。

これまでアナログ回線を利用してきた人も、遅くとも2025年1月までにはIP網に切り替わります。NURO光への申込を検討するのであれば、今のうちに光電話にしておくのもいいかもしれません。

「NURO 光 でんわ」は、NURO光の提供元であるソニーネットワークコミュニケーションズと、ソフトバンク株式会社が提携し、サービスを展開しています。

よって、ソフトバンク携帯電話のパケット代が割り引かれたり、ソフトバンク携帯電話との通話が24時間無料になったりと、ソフトバンクユーザーにとってお得なプランも用意されています。

NTTの一般加入電話番号を持っている人であれば、「NURO 光 でんわ」に切り替えても、今使っている電話番号や電話機がそのまま使えます。

ただし、NTTひかり電話、auひかり電話といった、NTT一般加入電話番号以外で新しく提供された番号引き継ぐことができないので注意しましょう。

また、ファックスをつないで使っていた人は、機種によっては「NURO 光 でんわ」では利用できない場合もあります。

NURO光と他社回線の光電話を料金で比較!

NURO光以外にも、光電話を提供している回線事業者は複数あります。

料金やサービス内容はそれぞれ異なるので、「NURO 光 でんわ」に加入する前に比較しておくといいでしょう。

ここでは、NURO光、フレッツ光(NTT東日本・NTT西日本)、auひかり、ドコモ光、ソフトバンク光において、光電話オプションサービスの最安値を比べています

光電話月額基本料金通話料※
NURO 光 でんわ 500円(北海道・関東)
300円(東海・関西・九州)
7.99円/3分
NTT東日本・基本プラン 550円 8.80円/3分
NTT西日本・基本プラン 550円 8.80円/3分
auひかり電話 500円 8.00円/3分
ドコモ光電話 500円 8.00円/3分
ソフトバンク光・光電話(N) 500円 8.00円/3分

※国内一般加入電話・IP電話への通話を基準に掲載。ただしドコモ光電話の場合は市内通話。

光電話だけを見た場合、月額基本料金と通話料をあわせて考えると、「NURO 光 でんわ」は支出を抑えられることがわかります。東海・関西・九州エリアの月額基本料金が300円なのは、特に魅力的です。

なお、どの光電話にも、毎月「ユニバーサル料(ユニバーサルサービス料)」が請求されます。これは、公衆電話や緊急通報などを維持するためのもので、1回線あたり月2円を支払います(2020年1月改定)。

この他、初期費用として光電話の回線工事費、番号表示や着信転送などの付加サービスにかかる費用もかかってきます。

NURO光の電話ならソフトバンクスマホの月額料金が1,000円割引

ソフトバンクのスマホユーザーが「NURO 光 でんわ」にオプション加入すると、次の2つの特典が適用されるかもしれません。

  • おうち割 光セット
  • ホワイトコール24

「おうち割 光セット」は、ソフトバンクのスマホ、3Gケータイ、iPadの使用者が対象です。ソフトバンクで契約している料金プランによって、毎月の利用料から500~1,000円が割り引かれます

「ホワイトコール24」は、「NURO 光 でんわ」とソフトバンク携帯の国内通話料が24時間いつでも無料になるオプションです。

家族がソフトバンクユーザーであり、対象プランでスマホを利用していれば、通話料がぐっと抑えられるでしょう。

NURO光の電話はオプションの種類も豊富

「NURO 光 でんわ」は、さまざまな付加サービスを提供しています。具体的には以下の通りです。

付加サービス工事費月額
番号表示 1,000円 400円
番号通知リクエスト 1,000円 200円
キャッチ電話 無料 300円
着信お断り 1,000円 600円
着信転送 無料 500円

例えば、見知らぬ相手からの電話を取りたくない人は、「番号表示」や「番号通知リクエスト」を利用するといいかもしれません。

「番号表示」は、電話機のディスプレイに相手の電話番号を表示してくれるサービスです。非通知設定している電話は「ヒツウチ」などと表示されます。

非通知表示の相手に、電話番号を表示するよううながすサービスが「番号通知リクエスト」です。電話番号の前に「186」をつけてかけなおすよう、メッセージを流してくれます。

外出がちな人には、「着信転送」サービスもおすすめです。「NURO 光 でんわ」にかかってきた電話を、自分の携帯電話に転送することができます。

ただし、上の表からもわかるように、これらの付加サービスには、月額料金だけでなく工事費がかかるものもあります。複数のサービスを利用したいなら、パックで契約するといいかもしれません。

以下、パック契約の場合、工事費はすべて無料となります。

付加サービスパック月額
ベーシックパック
番号表示・番号通知リクエスト
600円
パック1
番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断り・着信転送
900円
パック2
キャッチ電話・着信お断り・着信転送
630円
パック3
番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断り
800円
パック4
キャッチ電話・着信お断り
530円

電話相手の番号をかならず通知させたいなら「ベーシックパック」、フリーランスで自宅が事務所を兼ねているなら「パック4」など、自分に合ったサービスを選ぶといいですね。

ただし、「NURO 光 でんわ」は1回線につき1番号のみ契約できます。電話番号が2つ以上契約できるサービスはありません

二世帯住宅で電話番号を分けたい場合、回線を2つ引く必要があります。

NURO光の電話が利用できるまでの流れを解説

「NURO 光 でんわ」をNURO光の回線と同時に申し込んだ場合、工事は2回で完了します。そもそもNURO光の回線工事は2回必要なので、電話にオプション加入しても、工事の手間は増えないということです。

ただし、NTTの一般加入電話番号を継続利用したいなら、番号ポータビリティが必要です。この場合、追加分を含め計3回の工事を行うことになります。

ここでは、「NURO 光 でんわ」利用開始までの流れを見ていきます。

光回線と光電話を同時に申し込む場合

NURO光で回線と電話を同時に申し込む場合、次のような手順をたどります。

  1. 申し込み
  2. 回線工事日の確定※約2週間後
  3. 宅内工事(TA設置)
  4. 屋外工事(TA設置)・光回線の利用開始
  5. 光電話の利用開始

工事は宅内と屋外の2回です。

新しい電話番号で契約する場合、屋外工事から約2営業日で利用開始できます。ただし、電話番号を引き継ぐ番号ポータビリティを希望する場合は、屋外工事後に2~3週間程度かかります

公式サイトによると、NURO光の回線工事は申込から1~2ヵ月かかるようです。地域の工事状況や繁忙期によっては、さらに時間がかかることも予測されます。

NURO光に申し込む際には、余裕をもったスケジュールを立てたいですね。

ちなみに、番号ポータビリティの工事予定はメールで連絡してくれます。新しく取得した電話番号、「NURO 光 でんわ」の利用開始予定日は、「NURO 光 ユーザーweb」で確認することができますよ。

また、開通工事には基本工事費40,000円が必要です。「NURO 光 でんわ」の回線工事費が3,000円なので、合計43,000円かかることになります。

回線工事の40,000円は、開通月の翌月から30ヵ月分割で請求されます。

なお、NURO光の公式特設ページから申し込むと、基本工事費が実質無料になります。毎月の分割請求分が割り引かれるしくみです。

NURO光公式特設ページでは、45,000円のキャッシュバックも受け取ることができます。

基本プランのG2Vで契約するなら、公式特設ページをぜひ利用しましょう。もちろん「NURO 光 でんわ」をオプション選択できますよ。

NURO光のボタン

NURO光の開通後に光電話を追加する場合

NURO光を利用している人が、後から「NURO 光 でんわ」を追加で申し込む場合の手順は以下の通りです。

  1. 申し込み
  2. 「NURO 光 でんわ」のTAが届く※約3日後
  3. 光電話の利用開始

新しい電話番号で申し込んだ場合、TA(テレフォニー・アダプター)が届いた後、約5日で利用開始できます。番号ポータビリティを行う場合は、2~3週間必要です。

だいたい1ヵ月後から光電話を利用できると思っていいでしょう。

なお、光電話を後から追加する場合も、回線工事費の3,000円がかかります。

番号ポータビリティを継続利用する場合の注意点

NTTの一般加入電話番号を継続利用したい人は、「番号ポータビリティ」を行います。

NTT加入電話以外の番号(NTTひかり電話、auひかり電話など)の場合、継続利用はできません。また、これまで利用してきた番号が、NURO光の提供エリア外のNTT局のものだった場合も、継続利用が不可能となります。

また、継続利用できるのは1番号のみです。これは「NURO 光 でんわ」で利用できる番号が1回線につき1番号のみだからです。

2番号以上を継続利用したい場合は、回線契約を増やす必要があるので注意しましょう。

まとめ

2025年1月までにはIP網に切り替わるため、NURO光に申し込む際には、光電話にしておくと便利かもしれません。

「NURO 光 でんわ」であれば、月額料金や国内一般電話の通話料が他社と比べてお得であることもわかりました。

また、ソフトバンクユーザーであれば、スマホの月額料金が割り引かれる「おうち割 光セット」、ソフトバンクの携帯通話料が無料になる「ホワイトコール24」もあわせて検討するとよいでしょう。

NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」を検討するのであれば、公式の特設ページから申し込むといいでしょう。45,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、「NURO 光 でんわ」のオプション選択も可能ですよ。

NURO光

NURO光
通信速度月額料金
2Gbps4,743円
キャッシュバック工事費
45,000円無料

おすすめポイント

  • 月額4,743円下り2Gbpsが使える!
  • Web申込み限定で45,000円のキャッシュバック!
  • 今だけ40,000円の工事費が実質無料

公式特設キャンペーンページ限定

お申し込みはコチラから