NURO光を口座振替で支払うメリット&デメリット、申し込み方法まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光の支払い方法と口座振替で支払うメリット&デメリット、申し込み方法まとめ

NURO光の支払い方法は口座振替とクレジットカードだけ

NURO光の支払い方法は2種類。口座振替とクレジットカード払いのみとなっています。払込票を使ってコンビニ払いを行う場合もありますが、以下のイレギュラーな状況が発生した場合のみです。

・入会時に支払い方法の登録を行わなかった場合

・登録した支払い方法で請求を行えなかった場合

入会時に支払い方法を登録しなかった場合、利用代金を請求するためにコンビニ払込票が送られてきます。また、登録したクレジットカードで請求を行えなかった場合も同様です。たとえば、カードの解約や利用停止によって利用代金を請求できなかった場合に払込票による請求が行われます。

クレジットカードの更新手続きが遅れた場合も同様です。この場合は更新によってカードの番号が変わることで、通常の請求が行えなくなってしまいます。

コンビニ払いができるのは、上記のような状況が発生した場合のみ。通常の支払い方法として、コンビニ払込票による支払いを指定することはできません。基本的なNURO光の料金支払い方法は、あくまで口座振替とクレジットカード払いです。

なお、クレジットカードとよく似たものにデビットカードがありますが、こちらはNURO光の支払いに利用できません。

デビットカードはクレジットカードとは性質が大きく異なるカードです。カードに紐付けられた銀行口座から利用代金が即座に引き落とされるシステムになっており、カード所有者と加盟店の間にカード会社が介入しません。

このため、引き落とし口座の残高が不足していた場合に、料金の未払いが発生してしまいます。実際にかつてデビットカード払い利用者による通信料金の未払いが続出した時期がありました。このため多数の通信事業者が、支払い方法からデビットカード払いを削除しています。

NURO光評判についてはこちらから

口座振替のメリット、デメリット

NURO光の支払い方法は、クレジットカード払いと口座振替の2種類。クレジットカードを持っていない場合、支払い方法は口座振替一択となります。口座振替にはメリットがある一方、デメリットもあるので要注意です。まずはメリットについて見てみましょう。

・毎月自動的に利用料金を引き落としてくれる

・クレジットカードを持っていなくても申し込める

口座振替を申し込むと、毎月自動的に銀行口座からNURO光の利用料金が引き落とされます。払込票での支払いのように金融機関に出向く必要がありませんし、払い忘れる心配もありません。

クレジットカードを持たない人が利用できる点も、口座振替のメリットです。ネットユーザーの中には、クレジットカードが苦手あるいは嫌いという方もいるはず。そうした方でも、口座振替ならNURO光の支払いを行えます。では次に、口座振替のデメリットをチェックしてみましょう。

・引き落としの度に手数料を取られる

・引き落とし日前に残高を気にしなければならない

口座振替でNURO光の料金を支払うと、毎月手数料が発生します。手数料の金額は、請求明細書の発行を行う場合で300円、発行なしの場合で200円です。ひと月あたりの手数料は少額ですが、通年で考えると馬鹿にならない金額になります。

引き落とし日前に残高を確認する必要がある点も、口座振替のデメリットです。特に振替用に少額だけを入れておく口座を用意する場合は、毎月残高の確認や補充が必要となります。こうして口座振替のメリットとデメリットを見比べてみると、ややデメリットのほうが大きいといえるかもしれませんね。

ちなみに、口座振替用の銀行口座には、三菱東京UFJ銀行やゆうちょ銀行をはじめとするほとんどの銀行を指定できます。楽天銀行やジャパンネット銀行といった実店舗を持たない銀行も指定可能です。

口座振替の申し込み方法について

現状を見るに、So-netではあまり口座振替の利用を奨励していないようです。というのもNURO光の公式な申し込みフォームでは、支払い方法にクレジットカード払いしか選べないようになっているのです。

以前は公式ページからでも口座振替を選択できたようですが、現在に至るまでに何らかの事情で変更を行ったと考えられます。

とはいえNURO光の代理店では、現在も支払い方法に口座振替を選択できるようになっています。

つまり、口座振替での支払いは現在も可能ということです。口座振替での申し込みを検討している方は、一度NURO光の「お申し込み・ご相談フリーダイヤル」で問い合わせてみてください。電話番号は、0120-117-260となっています。

なお、代理店でNURO光を申し込んだ場合は以下2つの方法のいずれかで支払い方法の確認が行われます。

・音声自動応答システム

・「支払い方法登録申込書」の送付

音声自動応答システムとは、自動音声ガイダンスによって支払い方法の確認を行うシステムのこと。ガイダンスに沿って口座振替を選択すると、次にご紹介する「支払い方法登録申込書」が自宅に送付されます。

支払い方法登録申込書は、その名のとおりNURO光の支払い方法を登録するための用紙です。口座振替を利用する場合は、この用紙に金融機関情報や口座名義人などを記入のうえ、So-netに返送することになります。

以上の情報をまとめると、NURO光の支払いを口座振替で行う手順は以下のようになります。

1.フリーダイヤル(0120-117-260)に電話をかける

2.口座振替でNURO光を契約したい旨を伝える

3.口座振替が可能であれば、その場でNURO光の申込みを行う

4.回線開通後、So-netから支払い方法登録申込書が送られてくる

5.用紙に必要事項を記入して返送する

なお、ネット上には「口座振替ではキャンペーンが適用されない」とする情報を散見できますが、確かな情報ではありません。たとえば「ソニー製品プレゼントキャンペーン」のページには、口座振替での支払いを登録した利用者がキャンペーン対象となることが明記されています。実際に口座振替でもキャンペーンが適用されるかどうかは、先にご紹介したフリーダイヤルでご確認ください。

口座の中にお金が入っていなかった場合どうなるの?

口座振替でNURO光を契約した後に、うっかり口座への入金を忘れてしまう場合もあるかもしれません。もし引き落とし日に残高が不足していたら、どうなってしまうのでしょうか。答えは、「翌月に再振替が行われる」。うっかり残高不足を起こしてしまった場合は、次月の引き落とし日までに2ヶ月分の利用料金を振替用の口座に入金しておきましょう。

もし2ヶ月続けて残高不足を起こした場合は、NURO光の回線がストップしたうえでコンビニ払込票が送付されてきます。払込票には使用期限が記載されているので、期限までに延滞している料金を支払ってください。この段階で支払いを怠ると、強制退会となる可能性があるのでご注意しましょう。

なお、コンビニ払込票は、毎月7〜10日の間に発送されています。支払期限は当月の25日。もし払込票が届いたら、早めにコンビニで支払いを済ませましょう。以下のコンビニエンスストアが、NURO光の払込票に対応してます。

・セブンイレブン

・ローソン

・ファミリーマート

・ヤマザキデイリーストア

・ミニストップ

・サンクス

・サークルK

・コミュニティストア

・スリーエフ

・セーブオン

・セイコーマート

・ココストア

・ポプラ

上記のとおり主要なコンビニを網羅しているので、ご自宅や職場の近所で払込みができるはずです。くれぐれも、うっかり払い忘れて回線が解約とならないようにご注意ください。

その他の光回線の支払い方法について

NURO光以外の光回線には、クレジットカード払いや口座振替以外の支払い方法が用意されている場合があります。たとえばフレッツ光の場合は、「請求書による支払い」を選択できます。請求書による支払いとは、払込書で行う支払いのこと。毎月送られてくれる払込書を使って、コンビニや金融機関で回線利用料金を支払うことができます。

請求書による支払いでフレッツ光を利用していた方は、NURO光も同じ方法で支払いたいと思うかもしれませんね。しかし、先にも述べたように、NURO光の支払い方法はクレジットカードか口座振替のみとなっています。前節で登場したコンビニ払込票は、あくまで緊急時に送られてくるもの。通常の支払いを、コンビニ払込票で行うことはできません。

そもそも払込票での支払いは、回線事業者側とってデメリットの多い支払い方法です。払込票の送付に郵送料がかかりますし、未払いがあった場合には督促状を発送する手間や費用といった負担が生じます。こうした負担を避けるために、So-netをはじめとする多くのプロバイダは、払込票による支払いに対応していません。

このほかauひかりではVISAデビットカードでの支払いを可能としていますが、NURO光の利用料金はデビットカードで支払えません。何度も述べたように、NURO光の支払い方法は、あくまで口座振替とクレジットカードのみ。契約の際は、支払い方法の2択を迫られます。では、口座振替とクレジットカード払いは、どちらがお得なのでしょうか。問いの答えを、次節で詳しく見てみることにしましょう。

クレジットカードと口座振替ではどっちがお得?

NURO光の支払い方法には、クレジットカード払いと口座振替のどちらを選んだほうがお得なのでしょうか。結論から先に述べると、前者、つまりクレジットカードのほうがお得です。この結論に至る理由を知るために、カード払いを選ぶことで得られるメリットを見てみましょう。

・公式ホームページから契約を申し込める

・手数料は一切不要

・クレジットカードのポイントが貯まる

クレジットカードがあれば、NURO光の公式ホームページから回線の契約を申し込めます。またクレジットカードの登録は申込時に行えるので、回線開通後に登録作業を行う手間もかかりません。

支払に手数料がかからない点も、クレジットカード払いの利用で得られるメリットです。請求明細書発行ありで口座振替を利用した場合と比べると、クレジットカード払いは年間に支払う金額が3600円も安くなります。

これに加えて、クレジットカードでNURO光の利用料金を支払うと、利用額に応じてカードのポイントが貯まります。貯まったポイントをTポイントやnanacoといった共通ポイントに交換すれば、普段のお買い物に利用できて便利。還元率の高いクレジットカードであれば、利用料金の1%をポイントで取り戻すことができます。

以上のようにメリットの多いクレジットカードですが、やはりデメリットもあります。以下をご覧ください。

・年会費が必要となる

・審査を通らなければ利用できない

多くのクレジットカードは、利用に年会費がかかります。年会費の相場は、一般的なカードで1,200円前後、ゴールドカードで1〜2万円程度です。1,200円程度の年会費ならひと月あたりの負担額は100円ですが、それでもカード払いのお得感は薄れてしまいますね。

とはいえ、クレジットカードの中には、年会費が永年無料となっているものも多数あります。年会費のかからないカードさえ選べば、1つ目のデメリットは回避できるのです。

次のデメリットである審査については、カードの入会時に必ず実施されるので避けては通れません。ただ、一般的なクレジットカードであれば、アルバイト社員やパートタイムの方でも申し込み可能です。

また、デパートが発行しているカードには、専業主婦が申し込めるものもあります。銘柄やグレードにこだわらなければ、クレジットカードの審査を通ることは、それほど難しくありません。

このように、クレジットカードのデメリットは工夫次第で回避できます。デメリットさえ回避すれば、後に残るのはメリットのみ。以上の点から、口座振替よりもクレジットカード払いのほうがお得だといえるのです。

もし現在クレジットカードをお持ちなら、NURO光の支払い方法にはカード払いを選択してください。カードを持っていない人も、NURO光の支払いのために新たに契約して損はありません。

・NURO光を利用する人におすすめのクレジットカード

この記事の最後に、NURO光の支払いにおすすめのクレジットカード「P-one Wiz」をご紹介しておきましょう。P-one Wizは、ポケットカードが発行している年会費無料のクレジットカード。以下のようなメリットを備えています。

・年会費は永年無料

・ショッピング利用代金の1%が自動でキャッシュバックされる

・さらに0.5%のポイントが付与される

P-one Wizは、何年利用しても年会費がずっと無料です。しかも利用代金の1%が自動でキャッシュバックされるので、ポイント交換を行う手間をかけずに特典を受け取れます。クレジットカード初心者にとって、うれしい特徴ですね。

さらに、P-one WizをNURO光の支払いに使うと、利用額に応じて「ポケットポイント」が付与されます。付与されるポイントは、利用額1,000円ごとに1ポイント。1ポイントは5円に相当する価値があるので、ポイント還元率は0.5%です。

特典について簡単にまとめると、NURO光の支払いをP-one Wizで行うだけで、利用料金を1.5%安くできることになります。NURO光の月額利用料は4,743円ですから、毎月約71円の割引を受けられるのです。

…と、上記の数字だけを見ると、「大した割引じゃないな」と思うかもしれませんね。ここで、口座振替にかかる手数料を思い出してください。請求明細書を発行しない場合でも、毎月200円の手数料が必要となるのでしたね。この手数料があるため、支払い方法に口座振替を選んだ場合は、最低でも年間2,400円を余計に負担することになります。

一方P-one Wizなら、上記手数料をまるごとカットしたうえで、年間に71円×12=852円の割引きを受けることが可能です。つまり、P-one WizをNURO光の支払いに使うだけで、年間支払額が口座振替より2,400円+852円=3,252円も安くなるのです。

同じ支払いを3年間続けたとすれば、口座振替との支払額の差は9,756円。かなり大きい金額差ですね。これだけ支払額に差が生まれるなら、NURO光の支払いのためにP-one Wizを契約する価値は十分にあるといってよいでしょう。

もちろん、P-one Wiz以外にも年会費無料で使いやすいクレジットカードはたくさんあります。ぜひご自身でも情報をチェックして、NURO光の支払いに適したカードを選び出してください。

支払い方法の登録が遅いとキャッシュバックに影響する?

NURO光の支払い方法は、契約後に登録することも可能です。ただし、登録が遅くなると、前述のキャッシュバックに影響が出る場合があるので注意しなければなりません。通常、NURO光のキャッシュバックは、回線が開通してから4ヶ月後に行われます。しかし、開通から4ヶ月目になっても支払い方法の登録が行われなかった場合は、キャッシュバックを受ける時期が順延する場合があります。

→nuro光キャッシュバックキャンペーンの内容についてはこちらのページを参考にしてください。

また、あまりに長期間支払い方法の登録を放置すると、キャッシュバックそのものが取り消しになるかもしれません。確実にキャッシュバックを受け取りたいのであれば、支払い方法はできるだけ早く登録したほうが賢明です。

ただし、こちらのキャンペーンも支払い方法の登録に注意が必要。NURO光の開通から3ヶ月後の月末までに支払い方法を登録しなければ、キャンペーンの適用を受けられません。せっかくのプレゼントを逃さないように、契約後はいち早く支払い方法を登録しましょう。