NURO光をアパートで使うなら大家の許可が必要!工事内容もくわしく解説

NURO光の工事をアパートの大家さんに許可を取るポイントの画像

アパートでもNURO光を契約できる?

NURO光の開通工事は大家さんに許可を取る必要があるのかな…

賃貸物件でNURO光の開通工事を行う際には、大家または管理会社へ事前に許可を取りましょう。

この記事では、開通工事にあたり、どのような許可が必要かについて紹介しています。また、NURO光公式がすすめる許可の取り方についても説明します。

実は、すでにアパートに「NURO 光 for マンション」が導入されていれば、許可を取る必要はありません。まず、forマンションが導入されているかを大家に確認しましょう。

for マンションが導入されていなければ、「NURO 光 G2V(マンションミニ)」への申込が必要です。G2Vを契約する場合、宅内と屋外の2回開通工事があります。大家や管理会社へは、工事内容を具体的に伝えることで、理解を得ることができるでしょう。

工事の手間はありますが、NURO光のG2Vプランなら下り2Gbpsの高速インターネットを他のアパート住人と共有せずに独占して使うことができます。回線の混雑を心配せずに、快適なネット環境が実現できるでしょう。

NURO光のG2Vに申し込むなら、Web限定キャンペーンを行っているNURO光公式特設ページがおすすめです。オプションに加入しなくても、45,000円キャッシュバックを受け取ることができます。

NURO光のボタン

工事の許可をもらうことが難しい」場合は、NURO光以外の光回線を選択するのも手です。

たとえばドコモ光なら、インターネットの混雑を避けられるIPv6に対応しており、回線速度に定評があるプロバイダから申し込むことで安定した通信が期待できます。

また、フレッツ光の回線が導入済みのアパートなら工事をせずに利用することができ手軽です。

ドコモ光に申し込むなら、プロバイダ部門オリコン顧客満足度第1位のドコモ光GMOとくとくBBがおすすめです。回線速度に定評があり、また特典も充実しています。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

アパートにNURO光が導入されていたら工事の許可はいらない

アパートやマンションといった集合住宅に住んでいる人が、NURO光を検討するなら、以下2つのプランから選ぶのがおすすめです。

  • NURO 光 for マンション
  • NURO 光 G2V(マンションミニ)

forマンションは集合住宅向けのプラン、G2VはNURO光の基本プランとなっています。

まずは、アパートに「NURO光 for マンション」が導入されているかどうかを、大家または管理会社に問い合わせてみましょう。NURO光公式サイトで住所検索してもいいですが、直接問い合わせたほうが確実ですよ。

forマンションが導入されていれば、自宅内の工事をすればNURO光を開通できるため、事前に許可をとる必要はないでしょう。

forマンションが建物に導入されていなければ、G2Vを選ぶといいでしょう。ただし、G2Vを契約すると開通工事が発生するので、大家や管理会社の許可が必要です。

工事が必要なG2Vプランに申し込む場合は、NURO光公式特設ページのキャンペーンを検討してみましょう。45,000円のキャッシュバックが受け取れるだけでなく、基本工事費40,000円実質無料になる特典もありますよ。

NURO光のボタン

アパートで利用できるNURO光の2つのプラン

アパート住まいの人がNURO光を契約したいなら、「NURO 光 for マンション」もしくは基本プランの「NURO 光 G2V(マンションミニ)」を検討しましょう。

2つのプランの違いは以下の通りです。

プラン名NURO 光 for マンションNURO 光 G2V(マンションミニ)
月額基本料金1,600円
※別途Hands-up会費300~900円/月が必要
4,743円
最大通信速度上り1Gbps
下り2Gbps
上り1Gbps
下り2Gbps
継続契約※2年2年
開通工事1回(宅内)2回(宅内・屋外)
基本工事費40,000円40,000円

※契約期間内の解約は9,500円の契約解除料が発生

2つのプランは最大通信速度が同じですが、月額基本料金、開通工事の回数・内容は異なります。

forマンションの導入条件は、同じ建物内に4人以上の契約者がいることです。4人以上が集まったら、Hands-upという設備導入・管理のための任意団体が設立できます。

Hands-upが設立されれば、建物への設備導入工事ができる、というしくみです。Hands-up加入者が増えるごとに1人が負担する会費が安くなるので、月額料金も安くなります。

また、入居しているアパートにforマンションが導入されている場合、屋外工事はすでに終えている状況です。よって、新しい契約者は宅内工事1回でNURO光を開通できます。

まずは、アパートにNURO光が導入されているかどうかを、大家または管理会社に問い合わせてみましょう。

forマンションが導入されていなかった場合、通信速度が同じG2V(マンションミニ)を検討しましょう。G2VはNURO光の基本プランで、戸建てと集合住宅どちらにも対応しています。

G2Vは宅内・屋外2回の開通工事が必要です。

契約する前に、必ず大家または管理会社に許可を取りましょう。許可を得ないまま工事を行うと、トラブルに発展する可能性があるので要注意です。

では、次に、許可を得るための伝え方を紹介します。NURO光公式が推奨する方法なので、ぜひ参考にしてください。

NURO光を導入したい人が大家に許可を得るための4つの伝え方

アパートへG2V(マンションミニ)を導入する許可を得たいときは、NURO光が推奨する4つの伝え方を心がけましょう。

  1. 光回線の導入はNTTが行うと伝える
  2. 工事という言葉を使わない
  3. 管理者の立ち会いも可能と伝える
  4. 退去時の撤去を約束する

(NURO光公式ブログより)

NURO光の開通工事は、宅内をSo-netが、屋外をNTTが担当します。

そこで、「NURO光を宅内に導入する作業は、NTTが担当します」と伝えましょう。作業を担当するのが信頼度の高いNTTだと知れば、相手も安心するのではないでしょうか。

「工事」という表現を避けることもポイントです。

工事と聞くと、壁に大きな穴を開けたり、壁紙をはがしたりすると思われるかもしれません。アパートの貸主は傷がつくことをいやがります。

「配線作業をします」や「配線の簡単な取り付けを行います」といった説明であれば、相手も必要以上に不安にならないでしょう。

また、NURO光の開通工事は、大家や管理会社の立ち会いも可能です。立ち会いの可否を聞かれたらOKと答えましょう。

ただし、工事の日程は、かならず管理者に合わせる必要はありません。作業日が決まったら「この日に立ち会いしていただけます」と伝えるといいでしょう。

立ち会い可能と知るだけで、相手は安心します。

さらに、退去時の原状回復を約束すると、許可を得やすくなります。賃貸物件を明け渡す際には、入居前の状態に戻すことが求められるためです。

NURO光の撤去工事費は10,000円です。退去時用に確保しておくといいですね。

NURO光をアパートでに導入するための工事内容と開通までの流れ

「NURO 光 for マンション」も「NURO 光 G2V(マンションミニ)」も、開通には工事が必要です。ただし、工事回数に違いがあります。

プラン名NURO 光 for マンションNURO 光 G2V(マンションミニ)
開通工事1回(宅内)2回(宅内・屋外)

forマンションの場合は、すでに建物にNURO光が導入されているため、宅内工事1回で済みます。しかし、forマンションが導入されておらず、G2V(マンションミニ)を契約することになった場合は、電柱から光ケーブルを引き込む屋外工事が必要です。

ここでは、2つのプランの工事について、くわしく説明していきます。

「NURO 光 for マンション」開通までの流れ

「NURO 光 for マンション」に申し込めるのであれば、アパートにはすでに設備が導入されている状況です。申し込む際に調整が必要なのは、宅内工事日のみとなります。

宅内工事では、アパートの共用部分から自室まで配線の配線を行うことになります。手順は以下の通りです。

  1. アパート共用部分のMDF(主配線盤)から、棟内の配管を利用して光ケーブルを自室に引き込む
  2. 光コンセントを取り付ける
  3. 光コードの配線を行う
  4. ホームゲートウェイ(無線LANルーターを搭載したONU)を設置する

申し込みは個人で行います。申込時に宅内工事の希望日を選択した場合、3~4日ほどで返答がきます。

当日は、ホームゲートウェイの設置場所などを確認します。工事には本人、または本人と連絡が取れる家族などが立ち会うようにしましょう。

「NURO 光 G2V」開通までの流れ

G2V(マンションミニ)に申し込む場合は、宅内と屋外の2回工事が必要です。

工事を2回に分ける理由は、それぞれ担当が違うからです。1回目の宅内工事はSo-netが、2回目の屋外工事はNTTがそれぞれ行います。

手順は以下の通りです。

1回目・宅内工事

  1. 光キャビネットを取り付ける
  2. 光キャビネットから宅内へ光ケーブルを引き込む
  3. 光コンセントを取り付ける
  4. 光コードの配線を行う
  5. ホームゲートウェイ(無線LANルーターを搭載したONU)を設置する

内容は、forマンションの宅内工事とほぼ一緒です。

光キャビネットの取り付け、光ケーブルの引き込みでは、外壁にビス留めする場合があり、1ヵ所4mmほどの穴が開きます。これらの穴は、退去時に撤去工事を行えば埋めてもらえます。

2回目・屋外工事

  1. 電柱から光ケーブルを引き込む
  2. 光ケーブルと光キャビネットにつなげる
  3. 電柱から引き込んだ光ケーブルと、宅内に引き込んであった光ケーブルを接続する

電柱から引き込んだ光ケーブルは、外壁の引留金具に取り付けます。金具の設置にはビス留めが必要です。

以上の作業が終われば、NURO光を使い始めることができます。

G2Vは、申し込みから開通まで1~2ヵ月ほどかかります。申込地域の工事状況、繁忙期などが原因で、さらに時間がかかることもあり得ます。

開通まで期間があっても、大家や管理会社へは、申し込み前に許可を得ておくようにしましょう。トラブルにならないよう、事前に対策しておくことがベストです。

「NURO 光 G2V」なら工事費が実質無料になる

アパート住まいの人がG2V(マンションミニ)を申し込むなら、NURO光公式特設ページからがおすすめです。

NURO光公式特設ページの特典は以下の通りです。

  • 45,000円キャッシュバック(オプション不要)
  • 基本工事費40,000円が実質無料
  • So-net設定サポートが1回無料

基本工事費は、NURO光を開通した翌月から、30回に分けて請求されます。その毎月の請求額分が割り引かれるため、実質無料となるのです。

工事の分割請求額と特典割引額は、以下の通りです。

区分開通2ヵ月目開通3~31ヵ月目
基本工事費割賦1,351円1,333円
特典割引額-1,351円-1,334円

工事費実質無料だけでなく、45,000円のキャッシュバックも魅力的ですね。他社回線の違約金を補てんすることもできそうです。

G2Vに申し込むなら、ぜひ一度NURO光公式特設ページをのぞいてみましょう。

NURO光のボタン

NURO光に申し込む前に提供エリアを確認しよう!

実は、NURO光は全国展開をしていません。NURO光が使える都道府県は以下のとおりです。

NURO光の提供エリア(2020年9月時点)

  • 北海道
  • 関東…東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海…愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西…大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 九州…福岡・佐賀

※一部地域をのぞく

残念ながら、提供エリア外だった場合は、他の光回線も検討しましょう。アパートでも、光回線を引くことで今の通信環境から速度や安定性は格段にアップするでしょう。

おすすめは、ドコモ光GMOとくとくBBで申し込むことです。

ドコモ光×GMOとくとくBBがおすすめな理由

  • 新規申込で5,500円~20,000円キャッシュバック
  • 新規工事料19,800円が無料
  • 高品質Wi-Fiルーターがずっと無料でレンタルできる

NURO光と同じように、IPv6通信で混雑を避けるインターネット接続が可能で、エリアも全国に対応しています。

NURO光に申し込めない人や工事ができない人は検討してみてくださいね。


まとめ

この記事では、アパート住まいの人に向け、おすすめのNURO光プランを紹介してきました。

アパート住まいであれば、以下2つのプランからを検討しましょう。

  • NURO 光 for マンション
  • NURO 光 G2V(マンションミニ)

2つのプランの違いは以下の通りです。

プラン名NURO 光 for マンションNURO 光 G2V(マンションミニ)
月額基本料金1,600円 ※別途Hands-up会費300~900円/月が必要4,743円
最大通信速度上り1Gbps 下り2Gbps上り1Gbps 下り2Gbps
継続契約※2年2年
開通工事1回(宅内)2回(宅内・屋外)
基本工事費40,000円40,000円

※契約期間内の解約は9,500円の契約解除料が発生

forマンションの導入条件は、同じ建物内に4人以上の契約者がいることです。4人以上が集まったら、Hands-upという設備導入・管理のための任意団体が設立できます。

Hands-upが設立されれば、建物への設備導入工事ができる、というしくみです。Hands-up加入者が増えるごとに1人が負担する会費が安くなるので、月額料金も安くなります。

アパートにforマンションが導入されていなければ、G2V(マンションミニ)に申し込むほうが、ハードルが低いと言えそうです。

G2Vであれば開通工事が2回必要になります。工事を行うことを、事前にアパートの大家または管理会社に伝え、許可を得ましょう。

NURO光は許可を得やすい伝え方を公開しています。ポイントは以下の4つです。

  1. 光回線の導入はNTTが行うと伝える
  2. 工事という言葉を使わない
  3. 管理者の立ち会いも可能と伝える
  4. 退去時の撤去を約束する

(NURO光公式ブログより)

工事という言葉を使うと、大きな穴を開けたり、壁紙をはがしたりといった行動が連想され、許可を得にくいかもしれません。簡単な取り付け作業をすること、必要であれば立ち会いも可能だということを伝え、相手を安心させましょう。

G2Vプランに申し込むなら、NURO光公式特設ページのキャンペーンを利用することをおすすめします。公式特設ページの特典は以下の3つです。

  • 45,000円キャッシュバック(オプション不要)
  • 基本工事費40,000円が実質無料
  • So-net設定サポートが1回無料

オプション加入なしで45,000円のキャッシュバックを受け取れたり、工事費が実質無料になったりします。一度特設ページをのぞいてみましょう。

\キャンペーンが魅力的!/
光回線ランキング

NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 新規工事費が無料
  • 最大通信速度
    下り2Gbps

ドコモ光
ドコモ光GMOとくとくBB
  • プロバイダ部門
    顧客満足度No.1
  • 新規工事費が無料
  • 最大20,000円
    現金キャッシュバック
  • ドコモスマホが
    家族全員分割引

ソフトバンク光
  • ネット会員数No.1
  • 難しい手続き一切なし
  • 通信速度が1Gbps

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業