【大ウソ】NURO光の評判や口コミが悪いのは全部ウソです!その証拠と根拠を見てみてください

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

【大ウソ】NURO光の評判や口コミが悪いのは全部ウソです!その証拠と根拠を見てみてください

NUROの悪い評判、悪い口コミは全部ウソか勘違いです

NURO光の悪い評判や悪い口コミをネット上で多数見つかります。そのほとんどがユーザーの勘違いや悪徳業者のウソです。このページではNURO光のそんな悪い評判、口コミを否定し、いかにNURO光が素晴らしいかを解説していきたいと思います。

NURO光の速度が遅いという評判について

NURO光が遅い!2Gbpsなのに他の光回線と変わらないじゃないか!という評判についてこれはほとんどがユーザーの勘違いです。 

NURO光は確かに最速2Gbps!とうたっていますが、あくまでもこれは限界速度。常に2Gbps付近のスピードでネットを使えると勘違いしている人が多すぎます。さらに、NURO光が遅い!!と悪い評判や口コミを立てている人のほとんどは「無線LANでNURO光を使用している」ということです。 

NURO光の最高速度は確かに2Gbpsですが、無線LANで使用した場合の最高速度は450Mbps、つまり他の光回線となんら変わりないんです。この事実を知らない人が多すぎて驚いてしまうのですが、NURO光が遅いとか他の光回線を変わらない、なんて悪い評判を書き込みまくっている人はこの事実を知らないだけなので、新規申し込みする人は速度面について心配しなくても良いです。

NURO光のキャッシュバックが受け取れない

NURO光は新規申し込みで35,000円の現金を受け取れるキャンペーンを行っているのですが、このキャッシュバックを受け取れない!みたいな悪い評判も耳に入ってきます。ただこれもユーザーが悪いだけでNURO光は悪くありません。NURO光のキャッシュバックを受け取るには指定の手続きが必要で、この手続きを行わないとキャッシュバックを受け取ることができません。キャッシュバックの手続き方法などにでついては→こちらのページをご参照ください。

解約金が高いという悪い評判について

NURO光の解約金が高い!という悪い評判もみかけます。しかし、NURO光の解約金は契約付き以外での解約で9,500円。他の光回線と比べてもむしろ安い方の部類に入るのですがなぜこのような悪い評判が流れてしまうのでしょうか。これにはカラクリがあります。

SNSや2chのスレ、アンケートの結果で見るソネットのNURO光評判まとめ-2016〜2018

当サイトではコスパが日本最強と名高いソネットのNURO光を実際に使用しているユーザーへインタビューを行ったり、2chのNUROのスレッドを見たり、TwitterなどのSNSを見たりしてNURO光ユーザーの本当の声をたくさん集めてまとめました。
良い評判や悪い評判も少しずつご紹介してみますので参考程度に見ていってください。

また、NURO光は価格.com(価格コム)の「ネット回線満足度ランキング2017」の関東・甲信越エリア部門で1位を獲得するほど評判が良い光回線です。

▶︎最新のリアルタイムNURO光評判はこちらのページをチェック!

NURO光のスペックや料金について詳しく知りたい人はこちら

NURO光のTwitterでの評判まとめ

以上、2017年5月現在で目立つツイートをまとめてみました。みなさんのツイートを見ていると大方速度には満足している人が多く、またNURO光から乗り換えて通信速度が遅くなり、後悔している人のツイートもちらほら。

悪い評判やツイートも中にはあるのですがその多くが工事が遅い事についてや契約から1ヶ月以上かかるなどというという評判でした。NURO光は関東関西東海限定なのですが、2月後半〜4月前半までの引越しラッシュで契約数が爆発的に増える事で一時的に工事の日程を決めにくかったり遠い日程しか空いてなかったりするみたいです。なのでNURO光を使い出す時期が決まっている人の場合は早め早めに申し込む事をおすすめします。

NURO光に限った話ではなく光回線の工事は2月〜4月の引越しシーズンや、9月や毎月の月末などは必ず混み合うのでできるだけ早く申し込んで早めに工事日を決めてしまう事をおすすめします。

NURO光の2ch(2ちゃん)での評判まとめ

2ch(2ちゃん)はネットリテラシーが高く、また通信速度などの品質に大してかなり厳しい目を持っているので、このような光回線の評判を調べるのにもってこいの掲示板です。少しですが参考になる評判をまとめてみました。また、検索すると「NURO光2chまとめ」なども出てくるので気になる方は参考にしてください。

先ほどTwitterでは工事が遅いという評判が多いと書きましたが、上記のように5月の後半ごろから工事日の予約はとりやすくなってきているようですね。通信速度に関してはおおむね速くて満足しているという評判が多かったです。

ですがさすが2ch、NURO光の通信速度を持ってしても遅い使い物にならないとの評判も出てきていました。東京都内にどんどんNUROユーザーが増えてきたので東京都内では少しずつ通信速度が落ちてきたのでは?という評判も見かけました。

通信速度についてはそれぞれの速い遅いの基準にもよるのですが、0.1秒単位のズレで勝敗が決まってしまうオンラインゲームをする場合などを除いて、一般使用する上では十分すぎる通信速度が出ているとの評判がほとんどでした。

またNURO光では障害頻度はそんなに多くはないのですがたびたび通信回線障害が発生しており、ときには長時間回線障害が解消されないケースもあるようです。

NURO光を高く評価する声がある一方で、なぜ真逆ともいえるような悪評が存在するのでしょうか。回線速度に関する評判が2つに分かれる理由として、ユーザーがベストエフォートを理解していない事とユーザーのネット使用環境が悪いなどの可能性があります。

ベストエフォートを理解していないネットユーザーはネット回線の速度に不満を抱きがちです。ベストエフォートとは品質の保証なしで提供されるサービスの方式。NURO光もベストエフォート方式で提供される通信サービスとなっています。

…とここで、「品質を保証しないってどういうこと?」という疑問の声が聞こえてきそうですね。ここで少し、ベストエフォートについて説明しておきましょう。

たとえば、最高速度を時速400kmとする車があったとします。もしこうした車を買っても、誰しもが時速400kmで走れるわけではないですよね。一般道路には信号もありますし、アスファルトはサーキットのように整っていません。

また、車の運転技術は、ドライバーごとにバラバラです。つまり、理論上は時速400kmの速度が出る車も、その力はごく限られた状況でしか発揮されないのです。

とはいえ、この車が時速400kmを出せる性能をもっていることも事実。つまりこの車は、「実際にスピードを出せることを保証できないが、最高の状態なら時速400km出せる車」なのです。

これをNURO光に当てはめると、「実効速度としての保証はできないが、理論上は下り最大2Gbpsを出せる回線」となります。こうした方式でサービス提供を行うのが、ベストエフォートというわけです。さらに2Gbpsの通信速度を生かせるのは有線接続の場合のみで、ONUから無線で接続する場合は最大速度は450Mbpsです。

ベストエフォートを理解しないユーザーがNURO光を契約することで、「なんだ、2Gbpsも出ないじゃないか」という評価が生まれます。ただ、ベストエフォートを理解していても、実効速度が30Mbpsでは不満を抱くのも無理はありません。

超高速通信がウリのNURO光も、使用環境によっては回線速度が大幅に低下します。環境次第では、30Mbps程度の速度しか出ない場合もあるでしょう。

とはいえ、ネットの使用環境は工夫次第で改善できます。たとえばLANケーブルをハイグレードタイプに替えるだけで、実効速度が大幅に上がる場合があるのです。こうした知識をユーザーが身につけることで、NURO光の回線速度に対する悪い評判も多少は減るかもしれません。

また、最大通信速度が2Gbpsだとしても、周辺機器であったりサーバー自体がそもそも2Gbpsに対応していな場合が多いのでそこまで2Gbpsを実感出来ることはないのかもしれません。 

NURO光の通信回線障害に関する評判については、So-netが努力して減らしていくしかないでしょう。いくら通信速度が速くても、通信回線障害でしょっちゅう使えなくなっては役に立ちません。この点は、NURO光に課せられた今後の課題といえます。

NURO光の悪い評判を書きまくっているブログなどについて

SNS全盛の時代とはいえ、ブログの数も昔に比べてかなり増えていますね。その中にはNURO光の悪い評判について書いているブログがたくさんあるのですが、そのブログの感想を鵜呑みにしないほうが無難です。中には自分で実際に使用してみた結果、NURO光が他の光回線と比べて良くないという結論になっている人もいますが、ほとんどの人は「悪口をむちゃくちゃ書いてアクセスをたくさん集めるのが目的」な人です。良い評判よりも悪い評判、過激な表現をしたほうがブログのアクセス数は増えますから、ブログを書いている人は「NURO光はゴミ回線だ!!」なんてかなり大げさに書いている事が多いので参考程度に読むようにしましょう。

NURO光の使用可能エリアについての評判

NURO光についての評判を見ると、対応エリアに不満を抱えている人が多いことがわかります。逆に対応エリアについてのよい評判はあまり見ることができません。

なぜNURO光はエリアについて評判が悪いのでしょうか。その理由を知るためにエリアに関する良い評判と悪い評判をチェックしてみましょう。「前はエリア外だったから加入を諦めてたけど、久しぶりに調べたらエリアに入ってた」「地道ながら、対応エリアは少しずつ広がっているらしい」などエリア拡大の恩恵を受けて喜びの評判を書き込んでいる人もいます。

NURO光の対応エリアは徐々に広がりつつあり、2017年11月現在は関西東海までもエリアが拡大されています。エリア外だった地域が数カ月後に対応エリアに入るケースも少なくありませんし、少数ではあるもののこの点を評価した声をネット上で見ることができるのです。では次にNURO光の対応エリアに関する悪い評判を見てみましょう。「早く東北で使えるようにしてほしい」「関西まで対応範囲を拡大してください」「NURO光に加入しようと思ったら対応エリア外だった・・」「近所の人が利用しているのに、ウチはエリア外ってどういうこと?」など使用可能エリアの狭さ、また関東関西東海エリア内なのに契約できない悲しさを嘆いている悪い評判が目立ちます。

NURO光の対応エリアに関する評判の多くが対応エリアの狭さを嘆く内容となっています。ネット上で特に多く見られるのがエリア外の地域から寄せられる対応エリア拡大を希望する声。

NURO光は関東圏限定の光回線となっていましたが、2017年11月現在で関西二府三県と東海四県へのエリア拡大が発表されました。今後エリア内で契約不可能な地域へのエリア拡大も期待できるのでご自宅がエリア外の場合はもう少し待ってみてはいかがでしょうか。

順次拡大しているとはいえ使用可能エリア圏内でもNURO光の対応エリアに含まれない場所は少なくありません。このためエリア内に住むネットユーザーからも、対応エリアに関する悪い評判は発信されています。

とはいえエリア圏内でNURO光を利用できている方はたくさんいるはず。なぜこうした方々は、対応エリアを高く評価する声をあげないのでしょうか。

たとえば、生まれたときから日本に住んでいる人は、日本のよさをなかなか実感できませんよね。同じように、NURO光ユーザーの多くはNURO光の対応エリアに住んでいることのありがたみを実感しにくいと考えられます。たまたまNURO光の対応エリアに住んでいたために、エリアの広さについて考える機会がないのです。

となれば対応エリアについての評判を書き込むのは、NURO光を利用できない方だけとなります。こうした理由からネット上のNURO光の対応エリアに関する評判は、マイナスな内容のものが中心になると考えられるのです。

NURO光の契約や解約についての評判

NURO光の契約や解約に関する評判もやや悪い内容のものが多くなっています。とはいえ肯定的な評判もないわけではありません。ネット上にはNURO光の契約や解約に関する以下のような良い評判を見ることができます。「サイトデザインがシンプルで申込みしやすかった」「キャンペーンでPS4もらえてマジ感激」など申し込み時のキャンペーンの評判も高いです。

NURO光のウェブサイトはデザインが優れており、申込み手続きも迷うことなく進められるようになっています。ネット上でもこのデザイン性の高さを評価する声は少なくありません。

また、契約時に受けられるキャンペーンについての評判もネット上で散見できます。特にプレイステーション4をプレゼントするキャンペーンは評判が上々。ゲーマーを中心に多くのユーザーに喜ばれています。

では次にNURO光の契約と解約に関する悪い評判をチェックしてみましょう。「工事の連絡が来ない・・・」「開通するまでに2ヶ月かかった」「工事担当者の対応が最悪」「引越しで解約しないといけないのは正直辛い」など工事に関しての悪い評判が目立ちました。

NURO光の開通に2ヶ月以上を要したというユーザーはやはり少なくないようです。工事担当者の対応が悪いという意見もネット上で散見できます。

また引越し時に回線を解約しなければならないことを不便に感じているユーザーも多数存在します。こうした点はぜひNURO光に改善してほしいところですね。

料金が安い事についての評判

NURO光の料金についての評判は、肯定的なものが大半を占めています。以下のような評判をSNSに投稿するユーザーは少なくありません。「超高速回線なのに月額料金が安い!」「ルーターとセキュリティソフト込みでこの値段はうれしい」「コスパ最高!」「通信速度はともかく料金が安くなったのがよかった」

ネット上にはNURO光のコストパフォーマンスの高さを評価する声が多数寄せられています。NURO光G2VプランはONUとセキュリティソフト込みで4,743円と安価。コスパ抜群だといってよいでしょう。もっと安くなってほしい!という声も見られますがこれ以上の高望みは正直難しいでしょう。

この一方でネットには以下のようなNURO光の料金についての悪い評判も見ることができます。「工事費が高い」「NURO光の工事費ってほかの回線の倍ぐらいしてない?」「解約したら高額な工事費の支払が発生するよな。これって事実上の違約金では?」

NURO光の工事費は4万円。ほかの光回線の工事費と比べるとかなり高額です。工事費の支払い方法は30回の分割払い。キャンペーンの適用で実質無料となりますが、30ヶ月以内に回線を解約した場合は残金を一括精算しなければなりませんのでご注意ください。工事費は仕方ないとはいえもう少し安くしてほしいところですね。

以上の特徴をもつことから、NURO光の工事費はユーザーからの評判がよくないようです。途中解約による残金支払を事実上の違約金と受け取るユーザーは少なくありません。NURO光の利用を検討している方にとっても工事費の高額さは気になるところですね。

ただし30ヶ月以上NURO光を利用すれば工事費はペイできますからあまりネット上の悪い評判を気にする必要は無いのかもしれません。

NURO光とプロバイダのソネットの評判は?

では最後にNURO光とプロバイダSo-netの口コミや評判をまとめてみましょう。

NURO光は本当に速い

NURO光は本来下り2Gbpsの速度で提供しているわけですから、例え現状1GbpsマックスのLAN端末であっても、まるでスーパーカーで一般国道を走っているようなもの、余裕ですよね。いざとなればアウトバーンやサーキットでもその性能が発揮できるというものです。

利用者の実測値も200Mbpsから400Mbps辺りで落ち着いているようですから、極端な通信回線障害がなければ実行速度も概ね良好といえるでしょう。またこれに帯同するプロバイダSo-netもNURO光の高速回線が活かせているといえるでしょう。

ドコモ光のようにシェアの高い回線では、ユーザーが集中しすぎて本来のフレッツ光回線の実効速度すらおぼつかないこともあることから、NURO光やSo-netには今後も回線の混雑だけは避けてほしい所です。

サポートも問題なし

NURO光のサポートは、NURO光・So-netと区分けすることなく「NURO光サポートデスク」「NURO光テクニカルセンター」として専用の窓口を設けています。とくに回線がNURO光、プロバイダのことはSo-netなどと意識することなくスムーズに問い合わせできるのは嬉しいですね。

この辺りは窓口は1本化しているもののほとんど電話がつながらないと悪評のソフトバンク光には大いに見習って欲しいものです。

また若干問い合わせ時の電話がつながりにくいSo-net自体(光コラボのプロバイダとして)の問い合わせには、さすがにSo-net側も声の大きさを懸念したのか「チャット」での対応も用意されていて、これが意外と使えると評判です。先のソフトバンクにもじつはチャット窓口があることを一応フォローしておきますね。

・NURO光サポートデスク(契約内容/設定など)0120-65-3810 9:00~18:00

・NURO光テクニカルセンター(NURO光でんわ/通信回線障害受付など)0120-300-260 9:00~21:00

・NURO光マンションサポート(契約内容など)0120-440-260 9:00~21:00

・So-netの会員サポート(光コラボなど)0120-80-7761 9:00~18:00

NURO光forマンションの評判・口コミについて

NURO光では3階建以上のマンションにお住まいの方はNURO光よりもさらに安いNURO光forマンションを契約する事ができます。

東京都内では導入済みのマンションがチラホラ出てきていますが、それでもまだ導入済みのマンションは少ない様です。NURO光forマンションが導入されるには、同じマンションにNURO光forマンションを利用したい人が4人以上「NURO光にリクエスト」を送る事でNURO光側からマンションの管理会社または管理人に連絡が行って初めてスタートするらしいです。

ですがもしNURO光forマンションが導入されているマンションがあればそれはかなりラッキーだと思っていただいて大丈夫です。日本で最も通信速度の速いNURO光が月額1,900円〜から利用する事ができるのですから。NURO光forマンションについてはこちらのページに詳しく書いてます。

SNS上でも探してみましたがNURO光のマンションタイプの評判口コミについてはあまり見つけられませんでした。

NURO光の10Gプランの評判まとめ-本当に実測10Gbpsも出る?

NURO光は最大10Gbpsという通常のNURO光の約5倍の速度の10Gプランという規格のサービスを開始しています。利用できる条件は通常のNURO光とは少し異なります。サービス提供エリアは東京都・神奈川県の一部エリアのみとかなり狭く、対象住居は戸建てと5階建て以下の集合住宅のみになります。また、料金は通常よりも高い月々6,480円となっています。(現在は一年間3,980円でお試しできるキャンペーン中)

NURO光以外の光回線では最大1Gbpsという規格が多いため、ほぼ10倍の速度で利用する事ができる規格なのですが、実際問題10倍のスピードを出すには厳しいだろうというのが当サイトの見解です。家電量販店の「ノジマ」の一部店舗ではこの10Gbpsを体験できるそうなので、気になる方は一度お試しあれ。

10Gプランを利用している人自体少ないのでネットやSNSで色々検索しましたが評判はあまり見つからなかったので、どうしても気になる方はノジマでお試ししてから契約する事をおすすめします。

NURO光の知恵袋で良くみる評判や不具合の報告について

NURO光は2013年に登場した新しいサービスですので、その分不具合やトラブルなども多く報告されています。

知恵袋や教えてgooなどの質問サイトでは工事内容や乗り換え時の手続き、悪質な勧誘についての評判などの質問がかなり多かったです。NURO光は工事内容が従来のフレッツ光などと少し違いますし、使用している回線も「ダークファイバー」と呼ばれる違う回線ですし、悪質な営業代理店も残念ながら多数存在しています。この記事を読んでいる人は知恵袋や教えてgooで質問する前に当サイトの検索機能を使って調べてみてください。