NURO光の契約手数料や工事費用など使えるまでにかかるお金まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光の契約手数料や工事費用など使えるまでにかかるお金まとめ

NURO光の工事費用や契約手数料など初期にかかる費用まとめ

NURO光への加入に必要な初期費用として、初期工事費用と契約手数料があげられます。両費用の金額は、以下のようになっています。

・初期工事費・・・40,000円(30ヶ月の分割払いで請求)(契約から30ヶ月は毎月1,333円割引をうけられるので実質負担なし)

・契約手数料・・・3,000円(利用開始月の翌月に一括請求)

初期工事費の支払い方法は、月々1,333円の30回払いに固定されています。総支払額は4万円と高額。ただし「G2Vプラン」で契約した場合は、キャンペーンが適用されて工事費が実質無料となります。

一方3,000円契約手数料は、キャンペーンで無料とはなりません。とはいえNURO光は開通月の月額基本料金が無料なので、浮いたお金を契約手数料の支払いに回すことができます。

NURO光のプラン詳細について詳しく知りたい人はこちらから

NURO光の工事内容について詳しく知りたい人はこちらから

NURO光の解約金について詳しく知りたい人はこちらから

■他回線との費用比較

出費を抑えつつ光回線を導入したいなら、初期費用の安い回線を選びたいところですね。NURO光の初期費用は、ほかの回線と比べて低価格と考えてよいのでしょうか。答えを知るために、ライバル回線であるフレッツ光とauひかりの初期費用をチェックしてみましょう。

・フレッツ光の初期費用・・・工事費用18,000円、契約料800円

・auひかりの初期費用・・・工事費用37,500円、契約料3,000円

フレッツ光は、工事費用と契約料共に安価に設定されています。これに対してauひかりの初期費用は、NURO光とほぼ同額です。

ただし、auひかりの工事費用は、インターネットとIP電話を同時に申込むことで実質無料となります。一方フレッツ光の場合は、工事費用の割引がありません。条件さえクリアすれば、フレッツ光よりauひかりのほうが、初期費用を安価に抑えられます。

次に、auひかりとNURO光の初期費用を比較してみましょう。先に触れたように、両者の工事費や契約料の金額に大差はありません。しかし、auひかりとは違い、NURO光は電話サービスへの加入といった条件なしで工事費用を無料にできます。

総合的に見れば、NURO光の初期費用はかなり安価。導入コストを抑えつつ光回線を契約したいなら、NURO光を選ぶ価値は十分にあります。

G2プラン・G2Vプランの月額料金について

初期費用に続いて、NURO光のランニングコストもチェックしておきましょう。NURO光の継続的な使用にかかるコストは、契約するプランによって変わります。以下をご覧ください。

・NURO光G2プラン・・・月額基本料金7,124円

・NURO光G2Vプラン・・・月額基本料金4,743円

G2Vプランは2年契約を前提とする料金プランです。契約年数が決まっているため、契約期間のないG2プランよりも安価な料金設定となっています。

G2Vプランの基本料金は、公式特設ページのキャンペーンを適用することでさらに安く抑えることも可能です。キャンペーン適用した場合の、月額基本料金は2,980円とかなり安価。ただし、この料金でG2Vプランを利用できるのは、開通12ヶ月目までです。開通13ヶ月目から31ヶ月目までは、工事費の割賦額に相当する1,333円の割引のみとなるのでご注意ください。

■ライバル回線との料金比較

続いて、NURO光とライバル回線の月額基本料金を比較してみましょう。ここでも比較対象として、フレッツ光とauひかりの月額基本料金をピックアップします。

・フレッツ光の月額基本料金・・・実質4,900円(契約1年目・プロバイダパック利用時)

・auひかりの月額基本料金・・・5,100円(ずっとギガ得プラン1年目)

上記のフレッツ光の料金は、「にねん割」を適用したうえで、マンスリーポイントを料金払いに利用した場合のものとなっています。

マンスリーポイントとは、フレッツ光を利用することで付与されるNTT独自のポイントサービスです。契約年数に応じて毎月付与されるポイントが上がっていき、最大で毎月500円分のポイントを得られるようになっています。

なおフレッツ光は、月額基本料金にプロバイダ利用料が含まれていません。ここでは便宜上、月々500円で利用できるプロバイダパックをプラスした金額を月額基本料金としています。

次に、auひかりの月額基本料金の詳細を見てみましょう。「ずっとギガ得プラン」とは、3年目まで毎年割引額が100円ずつアップする、長期契約者向けのプランです。契約3年目以降は、月々4,900円で回線を利用し続けることができます。

ここで、NURO光の月額基本料金を思い出してみましょう。2年契約のG2Vプランは、月額基本料金が4,743円と安価でしたね。長期的に見ればフレッツ光のほうが安くなるものの、契約3年目に入るまではNURO光のほうが低料金で利用できます。

フレッツ光やauひかりとNURO光の間に、大きな料金差はありません。とはいえ、2年を目安に回線を利用するのであれば、3つの回線のなかでNURO光が最も低コストであることは確かです。

NURO光10Gbpsの料金プランについて

NURO光では通常2Gbpsのところ10Gbpsというよく分からないくらいの速度を誇るサービスも展開中。こちらはマンションタイプは存在していません。

月額料金はやはり割高の6,480円。工事費や初期費用などは通常のNURO光の料金とかわりありません。10GbpsプランでNURO光から提供されるONUは「NURO光10G w」というONUで、10Gbpsの通信が可能な10G優先ポートがついている事が特徴です。

月額料金も割高なため、オンラインゲームなどで0.1秒単位のラグを気にする方のみがこちらのプランを検討すれば良いでしょう。