NURO光を引っ越しした後も継続利用する方法と注意点まとめ

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光を引っ越しした後も継続利用する方法と注意点まとめ

引っ越し先でもNURO光を利用したい場合は一度解約するしかない?

「引越し先でも引き続きNURO光を利用したい」「オフィス移転が決まったけど移転先でもNURO光を使いたい」と引越しが決まったNURO光ユーザーの多くが、このように考えるのではないでしょうか。一度下り最大2Gbpsの快適な通信を体感してしまうと、従来の光回線には戻れないですよね。

ところがNURO光のホームページを見ると、回線の移転手続きを行っていない旨が記載されています。つまりNURO光は引越にともなう回線の移転に対応していないのです。

NURO光を引越し先で利用したい場合は、今まで使ってきた回線を解約して新居や新オフィスでNURO光を再契約するしかありません。残念ながら今のところ、この方法以外にNURO光を継続利用する手段がないのが現状です。

→NURO光の解約方法について詳しく知りたい人はこちら

…とここで、「じゃあ解約手数料はどうなるの?」という疑問の声があがりそうですね。引越しが理由である場合も更新月以外での解約に対しては解約手数料が発生します。G2Vプランの解約手数料は9,500円と、決してお安くありません。

これに加えて、新たにNURO光に加入する際は、3,000円の契約事務手数料の支払いが生じます。引越し時はただでさえ出費がかさみがち。回線の再契約に1万円以上の負担がともなうのは、正直手痛いですね。

ちなみにauひかりやフレッツ光は回線の引越しに対応しています。引越し先で継続して回線を利用するのであれば解約手数料は発生しません。

ただしフレッツ光の場合は、回線の引越しにともない移転工事費が発生します。移転工事費の金額は、NTTの東西をまたがない場合で9,000円、東西をまたぐ場合で18,000円です。

auひかりの場合も、移転にともなって引越し先での回線工事費が発生します。とはいえ引越し時は新規加入者向けの割引が適用されるため、工事費は実質無料です。回線の引越しに対する対応は、auひかりが優れているようですね。

引っ越しして再度申し込めばキャッシュバックは貰える?

NURO光の公式サイトを見ていると、申し込み時にキャッシュバックを貰えるのは「新規にso-netを申し込む人限定」と書いてあります。ということは、「引っ越しで不本意に解約してしまうのに、次回申し込み時は30,000円キャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを受けられないのか?」をいう問題が発生してしまいますね。

その点をso-netに問い合わせしたところ、公式サイトには書けませんがその場合はキャッシュバックや工事費無料のキャンペーンを適用できます。とのことでした。

0120-117-260

とは言え、公式としてはそのような場合は「キャッシュバックはダメです」と書いてあるので、解約して申し込む前に一度上記NURO光の問い合わせ番号に連絡してみてください。

NURO光のキャッシュバック内容についてはこちらのページをご参考ください。

NURO光でんわの引越しについて

NURO光でんわを利用している場合、引越しにともなって電話番号が変わってしまう可能性があります。ご利用中の電話番号がNURO光でんわで取得したものである場合は、解約によって電話番号が消滅してしまうのです。 オフィスなどでNURO光でんわを使用していて番号が変わってしまうのが困るという方は事前にso-netに相談してみてください。

他方、アナログ回線時代から使っている電話番号であれば、番号ポータビリティによって引越し先で継続利用できます。ただし番号ポータビリティを行うには、NTT加入権を復活させなければなりません。NTT加入権の復活には、2,000円〜10,000円の手数料がかかります。

加入権の復活にかかる手数料の金額は、NTTに問い合わせてみなければわかりません。通常は2,000円で収まりですが、引越し先の状況によっては1万円以上の工事費が請求される場合もあるようです。あまり工事費が高額なようであれば、電話番号の変更を検討したほうが賢明かもしれません。

なお、引越し先でNURO光でんわの番号を引き続き利用するには、以下の手順で回線の解約と再契約を行う必要があります。

1.NTT加入権の復活手続きを行う

2.引越し先の住所でNURO光およびNURO光でんわの申込みを行う

3.引越し先でNURO光とNURO光電話が開通

4.NTT加入権を休止するとともに、新居のNURO光でんわに電話番号を移す

6.旧宅のNURO光を解約する

電話番号の移し替えが完了する前に旧宅のNURO光を解約してしまうと、電話番号が消滅してしまう可能性があります。とはいえ都合によっては、上記手順を守れない場合もあることでしょう。

たとえば、新居でNURO光が開通するまでに旧宅を引き払わなければならない場合は、先に旧回線を解約しなければなりません。この場合は、新しい回線で新たに電話番号を取得することになります。番号ポータビリティでの電話番号引き継ぎは、少し実践が難いかもしれませんね。

工事費の残額支払いがデメリット…

NURO光の初期工事費は、キャンペーンで実質無料となります。しかし、全30回の支払期間内に回線を解約した場合は、残り支払回数に応じて残金を一括精算しなければなりません。

たとえばNURO光の契約から1年後に、回線の解約が必要になったとします。この時点での工事費の残り支払い回数は18回。月々の工事費分割支払額は1,333円なので、一括精算が必要となる金額は18回×1,333円=23,994円となります。

この金額に解約手数料をプラスすると、合計額は33,494円。回線の再契約にともなう経済的負担がキャッシュバックの金額を超えてしまいます。光回線の解約にともなう負担と聞くと、解約手数料のことだけを考えてしまいがち。しかし実際は、工事費の一括精算額のほうが解約手数料より高額になる場合があります。

引越しにともなってNURO光を再契約する際は、どのぐらいの経済的負担が生じるのかをまず計算しましょう。そのうえで、契約後は忘れずに、キャシュバックを受け取るようにしてください。

賃貸から引越しする場合の注意点

賃貸住宅でNURO光を利用している場合は、引越し時の解約にともなう経済的負担が大きくなる可能性があります。というのも、設備を撤去するための工事費を、利用者が負担しなければならない場合があるのです。

賃貸住宅を退去する際は、物件を原状回復する必要があります。大家さんの判断によっては、NURO光の設備を撤去するように指示されるかもしれません。こうなると、So-netに撤去工事を依頼することになります。

撤去工事にかかる費用は1万円。とはいえ、撤去を指示されているにも関わらず設備を放置して退去するとトラブルの元となります。裁判沙汰にでもなれば、1万円どころの騒ぎではありません。

退去時にNURO光の設備を撤去するように言われたら大人しくSo-netに撤去工事を依頼しましょう。

なお、ONUやTAといったレンタル機器は、引っ越し先で回収してもらうことが可能です。ただし回収先の変更は、電話でなければ申込めません。都合によって回収のタイミングが引越し後になりそうな場合は、前述したSo-netサポートデスクで、その旨を伝えるようにしてください。

引っ越しでの再契約は一度コールセンターでアドバイスを聞くべき

NURO光のコールセンターに電話すれば、再契約に関するアドバイスを受けることができます。

ここまでにお伝えしてきたことは、全てコールセンターのオペレーターから教わることができるのです。前節で電話での解約をおすすめしたのは、まさにこのため。オペレーターからアドバイスを受ければ安心して解約と再契約を行えるはずです。

ちなみに、NURO光の解約手続きには「解約」と「退会」の2種類があります。前者はNURO光の回線のみを解約するもので、後者はSo-netのサービス全体の利用をやめるための手続きです。

解約を選んだ場合、So-netのアカウントは引き続き利用できます。ただ、この状態でキャッシュバックキャンペーンを利用できるかどうかは、オペレーターに聞いてみなければわかりません。こうした質問を行うためにも、NURO光の解約手続きは電話で行うようにしてください。