NURO光を引っ越し後も使いたい!手続き・費用・キャンペーンを解説

引っ越し先でもNURO光を使いたい!

今の契約はそのままで移転手続ができるのかな?

引っ越しをするとき、NURO光は一度、退会(解約)しなければなりません。NURO光を退会すると、継続契約をしている場合は契約解除料(違約金)が、工事費の支払いが終わっていない場合は残債が請求されます。

また、再契約をすれば、契約事務手数料も発生します。

この記事では、引っ越し先でもNURO光を継続利用したい人が、解約によって発生する負担をなくすための方法を紹介しています。NURO光を引っ越し先で使うには、以下の2つの特典を利用するのがおすすめです。

  • NURO光公式特設ページ
  • 移転特典

NURO光公式が提供するキャッシュバックのうち、最も高額なのは特設ページの45,000円特典です。45,000円もあれば、たとえ1~2ヵ月目での解約であっても、契約解除料や工事費残債の負担もほぼなくなるでしょう。

NURO光公式特設ページから申し込むと、キャッシュバックの他にも、40,000円の基本工事費が実質無料になる特典、So-net設定サポートが1回無料になる特典を受け取ることができます。

キャンペーン名内容
NURO光公式特設キャンペーン申し込んだ人全員に45,000円キャッシュバック
移転特典契約解除料、工事費残債、契約事務手数料が0円

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

NURO光は引っ越し時に解約必須!違約金や工事費残債について

NURO光は移転手続きができません。

引っ越し先でもNURO光を使い続けたい場合、一度退会(解約)して、新しい住所で再契約をする必要があります。

NURO光を引っ越し先で使い続けるためには、費用がかかります。例として、NURO光の基本プラン「NURO 光 G2V」の解約・再契約にかかる費用の例は以下の通りです。

プラン名NURO 光 G2V
解約金(契約解除料) 9,500円
基本工事費残債 最大40,000円※1
契約事務手数料 3,000円※2

※1 開通月に解約した場合
※2 再契約の初期費用

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

また、引っ越しするなら、新居でNURO光が利用できることを確認しておく必要もあります。

次に、NURO光の提供エリアを紹介していきます。

引っ越し先の提供エリアを確認しよう

引っ越し先でもNURO光を使いたければ、まずは提供エリアを確認しましょう。

NURO光は、北海道、関東、東海、関西、九州でサービスを提供しています。都道府県別にすると下記の通りです。

NURO光の提供エリア(2020年9月時点)

  • 北海道
  • 関東…東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海…愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西…大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 九州…福岡・佐賀

※一部地域をのぞく

NURO光は、2019年12月に北海道エリアでのサービス提供を開始しました。また、すでに提供エリアだった関東と九州でも、未対応市区の一部でサービスを開始しています。

このように、エリア拡大中のNURO光ですが、対象外の地域も多いのが現状です。よって、引っ越し先の住所がエリア内かどうかは、NURO光公式サイトで調べておくといいでしょう。

また、マンションの場合、建物にNURO光が導入されていれば「NURO 光 for マンション」に申し込むことが可能です。導入されていなければ「NURO 光 G2V(マンションミニ)」を検討しましょう。

G2V(戸建て/マンションミニ)であれば、提供エリアはNURO光公式特設ページで簡単に確認することができます。NURO光公式特設ページの「新規お申し込み・エリア確認」で検索してみてください。

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

NURO光を引っ越し先で再契約!キャンペーン特典を上手に利用する方法

NURO光を解約・再契約するには費用がかかります。G2V(戸建て/マンションミニ)の場合、以下の金額が発生する可能性があるので注意が必要です。

プラン名NURO 光 G2V
解約金(契約解除料) 9,500円
基本工事費残債 最大40,000円※1
契約事務手数料 3,000円※2

※1 開通月に解約した場合
※2 再契約の初期費用

こうした費用を抑えるために、再契約するときに以下2つのキャンペーンを利用するとよいでしょう。

  • NURO光公式特設ページ(G2Vへの申込者が対象)
  • 移転特典(G2V・G2利用者で、G2Vへの申込者が対象)

どちらもNURO光公式のキャンペーンなので、安心して利用できます。ただし、2つの特典は併用できないので、どちらかを選んで申し込む必要があります。

2つの特典内容は以下の通りです。

公式特設ページ ・45,000円キャッシュバック(オプション加入なし)
・基本工事費40,000円が実質無料
・So-net設定サポートが1回無料
移転特典 ・契約解除料9,500円が無料
・基本工事費の残債(最大40,000円)が無料
・移転先の契約事務手数料3,000円が無料
・移転先の基本工事費40,000円が実質無料
・So-net設定サポートサポートが1回無料

これだけでは、わかりにくいですね。2つの特典の違いを比較してみます。

公式特設ページ

  • 45,000円キャッシュバック

移転特典

  • 契約解除料9,500円が無料
  • 基本工事費の残債(最大40,000円)が無料
  • 移転先の契約事務手数料3,000円が無料

基本工事費の残債がゼロの場合、契約解除料と移転先の事務手数料が無料になるより、キャッシュバックを受け取るほうがお得になります。

2つの特典のどちらを選ぶかは、基本工事費の残債で決まってくると言えるでしょう。

解約・再契約にかかる費用を計算してキャンペーンを選ぼう

NURO光公式特設ページ、移転特典のどちらを選んで引っ越しするかは、基本工事費の残債で決めるといいでしょう。

NURO光公式特設ページのキャッシュバックは45,000円です。また、移転特典で無料になる契約解除料と契約事務手数料の合計は12,500円です。

つまり、工事費残債が32,500円より安いのであれば、キャッシュバック特典を受け取ったほうがよいことになります。

45,000円-12,500円=32,500円

では、工事費の残債が32,000円より安くなるのは、何ヵ月目からでしょうか。計算してみました。

解約月工事費の残債
1ヵ月目 40,000円
2ヵ月目 38,649円(残29回)
6ヵ月目 33,317円(残25回)
7ヵ月目 31,984円(残24回)

上の表から、7ヵ月目以降の解約であれば、NURO光公式特設ページでキャッシュバック特典を受け取ったほうがよいことがわかりますね。45,000円を受け取ればおつりもきます。

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

開通月から6ヵ月目までの解約であれば、移転特典を利用したほうがいいでしょう。

キャンペーンの特典を受け取れるのはいつ?申込から適用までの流れを解説

引っ越し先でもNURO光を使いたい人に向け、2つの特典を紹介してきました。再契約で検討したいキャンペーンは以下の通りです。

  • NURO光公式特設ページ
  • 移転特典

どちらも、NURO光公式が提供するキャンペーンです。

どちらの特典を選ぶかは、退会(解約)時に発生する基本工事費の残債によります。工事費の残債を計算したところ、6か月目までの解約なら移転特典、7ヵ月目以降の解約なら公式特設ページの特典を受け取るとよいという結果になりました。

ここでは、2つの特典の受け取り方について説明していきます。

公式特設ページの45,000円を受け取る方法

NURO光公式特設ページから、G2Vプランを申し込むと、オプションに加入しなくても45,000円のキャッシュバックを受け取れます。

キャッシュバックは「ソネット de 受取サービス」を介して受け取ります。手順は以下の通りです。

  1. 開通月から2ヵ月後の中旬に、So-netメールアドレスに案内が届く。
  2. メールに記載されたURLにアクセスし、So-netのユーザーIDとパスワードを入力する。
  3. 画面に従って口座を指定する。
  4. 手続き完了メールを受け取る。

上記の手順に従えば、開通月から2ヵ月後には45,000円を受け取ることができるでしょう。

ただし、開通から2ヵ月後の月初までに、月額利用料などの支払い方法が登録されていなければ、案内メールは届きません。その場合、支払い方法を登録した翌月にメールが届きます。

なお、過去に「NURO 光」の特典を受けたことがある人は、対象外となってしまうので注意が必要です。

スムーズにキャッシュバックを受け取るためにも、注意点をしっかりと理解して申し込みましょう。

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

移転特典を受け取るための方法

移転特典を受け取るためには、NURO光の「コース変更」から、契約中のプランを解約する必要があります。

引っ越し先で再度コースに申し込めば、移転特典を受けることができます。

ただし、移転特典が受けられるのは、以下2つの条件を満たす人に限られています。

  1. G2VあるいはG2を契約中であること
  2. 転居先でG2Vを選択して再契約すること

どちらもあてはまるなら、移転特典に申し込むことができるでしょう。ただし、過去にG2V対象の特典を受け取ったことがある人は、対象外となってしまいます。

NURO光を引っ越し先で再契約する際の注意点3つ

最後に、NURO光を一度解約し、引っ越し先で再契約する場合の、注意点についてまとめます。

引っ越し前に確認しておきたいのは、以下の3つです。

  1. 転居先はNURO光の提供エリアか
  2. キャンペーン適用対象のプランか
  3. 撤去工事が必要かどうか

まず、転居先でNURO光を申し込めるかどうかを確認しましょう。NURO光はサービス提供エリアが限られています。

NURO光の提供エリア(2020年9月時点)

  • 北海道
  • 関東…東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬
  • 東海…愛知・静岡・岐阜・三重
  • 関西…大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良
  • 九州…福岡・佐賀

※一部地域をのぞく

新居の住所が決まっている場合は、NURO光公式サイトで検索をするといいでしょう。

G2V(戸建て/マンションミニ)に申し込む場合は、NURO光公式特設ページでエリアを検索することができます。「新規お申し込み・エリア確認」に住所を入力すれば、NURO光に申し込めるかどうか簡単にわかりますよ。

引越し先での利用もオトクに!

お申し込みはコチラから

また、この記事で紹介した2つのキャンペーン、NURO光公式特設ページと移転特典は、どちらも対象プランがあります。

どちらのキャンペーンも、申込プランはG2V(戸建て/マンションミニ)です。特典を受け取りたければ、G2Vプランを再契約する必要があります。

さらに、賃貸物件に住んでいる人は、NURO光を解約する場合、原状回復工事が必要かどうかを、管理会社または家主にたずねる必要があります。

原状回復をするなら、NURO光に撤去工事を依頼しなければなりません。撤去工事費は10,000円です。

まとめ

この記事では、引っ越し先でもNURO光を継続利用したい人向けに、2つのキャンペーンを紹介してきました。

おすすめのキャンペーンは以下の2つです。

  • NURO光公式特設ページ
  • 移転特典

引っ越しをするとき、NURO光は一度、退会(解約)しなければなりません。NURO光を退会すると、継続契約をしている場合は契約解除料(違約金)が、工事費の支払いが終わっていない場合は残債が請求されます。

また、再契約をすれば、契約事務手数料も発生します。

2つのキャンペーンの選び方は、基本工事費の残債です。工事費の残債が32,000円より安くなる7か月目以降の解約であれば、NURO光公式特設ページがおすすめです。

NURO光公式特設ページから申し込むと、45,000円のキャッシュバックの他、基本工事費40,000円が実質無料になる特典、So-net設定サポートが1回無料になる特典を受け取ることができますよ。

NURO光

NURO光
通信速度月額料金
2Gbps4,743円
キャッシュバック工事費
45,000円無料

おすすめポイント

  • 月額4,743円下り2Gbpsが使える!
  • Web申込み限定で45,000円のキャッシュバック!
  • 今だけ40,000円の工事費が実質無料

公式特設キャンペーンページ限定

お申し込みはコチラから