NURO光とフレッツ光を初期費用と月額料金面で詳しく比較

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光とフレッツ光を初期費用と月額料金面で詳しく比較

NURO光の利用を検討している方の中には、フレッツ光の存在が気になっている方も多いのではないでしょうか。フレッツ光といえば、日本で最もメジャーな光回線。NTTが提供している回線ということもあり、安定した人気を誇っています。

かたやNURO光は、日本最速の通信速度がウリの光回線です。総合的に見てフレッツ光とどちらが優れているのか、気になりますよね。そこで今回は、NURO光とフレッツ光を徹底比較。多様な角度から両者を比べてみることにしましょう。細かな点まで比較したうえで、どちらが優れているのかジャッジしてみてください。

→NURO光の詳細ページはこちら

→フレッツ光の詳細ページはこちら

NURO光とフレッツ光を初期費用・月額料金で比較

最初に比較するのは、NURO光とフレッツ光の初期費用。光回線の導入にかかる費用の安さは、回線選びにおける重要ポイントの一つですね。果たして両回線の初期費用は、どちらの方が安価なのでしょうか。

初期費用面で比較

NURO光の初期費用

NURO光の導入にかかる初期費用は、以下のようになっています。

・登録事務手数料・・・3,000円

・初期工事費・・・40,000円

NURO光の初期費用は、総額40,800円。初期工事費の高額さが目を引きますね。契約期間なしのプラン「G2」で契約した場合、この工事費を1,333円の30回払いで支払うことになります。月々の支払い額は安いとはいえ、2年半のローンを組むと考えるとあまり気楽に契約できる内容とはいえません。

一方、2年契約のプランである、「G2V」を契約した場合は話が別。工事費が分割払いとなる点は同じです。つまり、初期工事費が実質無料となるのです。となると、残る初期費用は800円の登録事務手数料のみ。導入時にかかる費用が3,000円なら、まだ気楽に申し込めそうですね。

フレッツ光の初期費用

続いて、フレッツ光の初期費用をチェックして見ましょう。

・契約料・・・800円

・初期工事費・・・18,000円

フレッツ光の契約料は800円。一方初期工事費は、NURO光の半額以下の18,000円となっています。数字だけを見ると、フレッツ光の方がリーズナブルな感じがしますね。

しかしご注意を。フレッツ光には、初期工事費が無料または割引になるおまけが用意されていません。二年契約の割引サービス「にねん割」を適用した場合も、初期工事費は満額を支払うことになります。初期工事費の支払い方法は、初回3,000円+毎月500円の30回払い。月々の支払い額が500円とはいえ、30回払いはちょっと長く感じてしまいますね。

以上の点を踏まえると、初期費用の安さではNURO光に軍配が上がるといってよいでしょう。ただし、工事費の支払いが終わらないうちにNURO光を途中解約した場合は、残金の一括清算が必要となります。解約のタイミングによっては、フレッツ光の工事費以上の出費が生じてしまうので要注意です。

光電話にかかる初期費用もチェック

NURO光とフレッツ光には、光電話サービスが用意されています。光電話の導入には、やはり初期費用が必要。両回線の光電話導入にかかる費用を比較してみましょう。

・NURO光でんわ・・・回線工事費=3,000円

・ひかり電話(フレッツ光)・・・交換機等工事費=1,000円

光電話の導入にかかる初期費用は、フレッツ光の「ひかり電話」の方が安価に設定されています。この点は、電話会社の強みといってよいでしょう。なお、アナログ回線の電話番号を光電話に引き継ぐ場合は、両回線ともプラス3,000円(回線休止と番号ポータビリティの工事費)が必要となります。

NURO光とフレッツ光の月額料金で比較

初期費用に続いて、NURO光とフレッツ光の月額料金を比較してみましょう。光回線選びにおける最重要ポイントを、ランニングコストとする方も多いはず。両者の月額料金は、どちらの方がリーズナブルに設定されているのでしょうか。

NURO光の月額料金

NURO光の月額料金は、選択したプランによって以下のように変わります。

・G2・・・7,124円/月

・G2V・・・4,743円/月

契約期間のないG2は、月額料金が7千円強とやや高め。この料金に前述の初期工事費1,333円がプラスすると、月々の支払い額は8,457円と高額になってしまいます。ちょっと手を出しにくい金額ですね。一方、2年契約のG2Vは、月額料金が5千円以下とリーズナブル。初期工事費も実質無料となるので、気軽に利用できそうです。

ちなみに、先ほどご紹介したNURO光でんわの月額基本料金は、500円となっています。G2Vと光でんわの組み合わせなら、月々5,243円で利用可能。上手に活用すれば、月々の通信費を安く抑えることができます。

フレッツ光の月額料金

フレッツ光の月額料金は、選択したプロバイダによって変わります。ここでは、NURO光と同じSo-netをプロバイダに選び、かつ「にねん割」を適用した場合の月額料金を見てみることにしましょう。

・基本料金5,200円+プロバイダ料1,000円-700円(にねん割)=5,500円/月

So-netのプロバイダ料金は月額1,000円。上記の組み合わせだと、NURO光よりも月額料金が高額になってしまいます。ただ、フレッツ光には月額料金500円のプロバイダも用意されているので、月々の料金を上記より500円安くすることも可能です。

付け加えていうと、「マンスリーポイント」の活用によって、月額料金を毎月100円安くすることもできます。以上の点を踏まえたうえで、フレッツ光の最安料金を割り出してみましょう。

・基本料金5,200円+プロバイダ料500円-800円(にねん割+マンスリーポイント)=4,900円

最安のプロバイダを選び、かつ割引をフル活用すれば、フレッツ光の月額料金も5千円以下に収まります。ちなみに、フレッツ光のひかり電話の月額料金は、NURO光でんわと同じく500円です。上記月額料金にプラスしても、月々の出費は5,400円に抑えられます。NURO光と同じくリーズナブルですね。

以上の点を踏まえると、月額料金の安さは僅差でNURO光の勝ちとなります。ただ、両者の料金差はたったの157円。どちらの光回線も、十分にリーズナブルだといってよいでしょう。

NURO光とフレッツ光の通信速度で比較

通信速度といえば、NURO光の得意分野。一方のフレッツ光も、かつてと比べて回線の高速化が図られています。果たして両者の通信速度は、どの程度違うのでしょうか。

NURO光の通信速度

NURO光の通信速度は、以下のようになっています。

・下り回線・・・最大2Gbps

・上り回線・・・最大1Gbps

NURO光の下り回線速度は最大2Gbpsと、国内の光回線では最速。一方の上り回線も、最大1Gbpsと十分に高速です。これだけの通信速度が出れば、かなり快適にインターネットを楽しめそうですね。

ただ、上記の速度はあくまで理論上の最大速度。気になるのは、実際の通信速度ですね。NURO光の利用者は、どの程度の通信速度を得ることができているのでしょうか。

口コミ情報をチェックすると、ユーザーによってNURO光の実行速度に関する感想は大きく2つに分かれるようです。たとえばネット上の口コミには「常時800Mbpsは出ている」とする感想がある一方で、「32Mbpsしか出ない」という感想も見られます。

光回線の通信スピードは環境によって大きく変わるため、このように感想がユーザーごとに違ってくるのも無理はありません。ただ、全体的に見ると、NURO光の通信速度に満足しているユーザーの割合は、かなり多くなっています。2Gbpsの実行速度こそ出ないものの、NURO光の通信速度は必要十分なレベルだと考えてよいでしょう。

フレッツ光の通信速度

2017年7月現在で、フレッツ光の通信速度は以下のようになっています。

・下り回線・・・最大1Gbps

・上り回線・・・最大1Gbps

「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」の登場により、フレッツ光は上りと下りともに最大1Gbpsの通信速度を実現できるようになりました。NTT西日本においても、「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」の名称で同様のサービスが提供されています。

ただ、やはり気になるのは実際の通信速度。ネット上の評判をチェックすると、フレッツ光の通信速度の評判は著しくないようです。「160Mbps以上出ている」といった好意的な評価も見られますが、「1Mbpsを下回ることが多い」という評価も散見されます。

前述のとおり、フレッツ光の普及率は約7割。これだけ普及率が高いと、各家庭の通信速度は遅くならざるを得ません。以上の点を考慮すると、やはり通信速度ではNURO光に軍配が上がります。

NURO光とフレッツ光の対応エリアで比較

本記事の最後に、NURO光とフレッツ光の対応エリアを比較してみましょう。まず、NURO光の対応エリアは、以下のようになっています。

・東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の一部エリアで利用可能

上記のとおり、NURO光の対応エリアは関東地方の1都6県のみとなっています。関東以外の地域では、NURO光を利用できません。これに対して、フレッツ光の対応エリアは以下のようになっています。

・全国のほとんどのエリアで利用可能

フレッツ光の対応エリアは、北は稚内市の宗谷岬、南は沖縄県石垣市の八島町まで広がっています。ハッキリ言ってしまえば、エリアの広さでフレッツ光に敵うインターネット回線は存在しません。必然的に、対応エリアの広さではフレッツ光に軍配が上がります。

以上の比較ポイントを総合すると、NURO光はフレッツ光に匹敵するかそれ以上の実力をもつ光回線といえそうです。ただし、利用できるエリアは関東地方のみ。この点はネックですが、関東にお住まいの方なら光回線にNURO光を選んで損はありません。本記事の内容を、ぜひ光回線選びに役立ててみてください。