NURO光にルーターの準備は必要ない?自前のルーターは役に立つのか

更新日:2020/02/19

「NURO光にはルーターが必要ないって聞いたけど本当?」
「NURO光を導入するならONUをレンタルしないといけないの?」

NURO光を契約すると、ホームゲートウェイ(ルーター機能付きのONU)が無料でレンタルできます。ルーターの準備は必要ありません。

ただし、無線LANの最新規格IEEE802.11ac対応ルーターを持っているなら、利用すると便利な場合もあります。
最新規格を持っている人はコチラ

この記事では、NURO光でレンタルできるONUのスペックについて紹介しています。また、すでにルーターを持っている場合、使用できるかどうかについても考えていきます。

快適なインターネットライフを実現するため、ルーターの性能について検討してみましょう。

NURO光では無料でルーター機能付きのONUが貸し出される

ONU(Optical Network Unit)は日本語で光回線終端装置といい、光信号とデジタル信号を相互変換する役割があります。

ONUは光回線を利用するために必要です。光コンセントに接続することで光回線に接続できます。

また、インターネット回線を、家庭内の複数端末で共有するための機器をルーターと呼びます。

NURO光を契約すると無料でレンタルできるホームゲートウェイは、無線LANルーター機能を搭載したONUです。ONUとルーターが一体化しています。

つまり、NURO光では、ONUが1台あればWi-Fiが利用できるというわけです。

ONUと無線LANルーターの2つを設置すると場所を取ります。ホームゲートウェイだけであればすっきりと収納できそうです。

NURO光で無料レンタルできるONUは、 全部で6種類あります。このうち無線LANが最新規格のものは3種類です。

【NURO光のONUと無線LAN規格】

機種無線LAN規格
ZXHN F660TIEEE 802.11a/b/g/n 2.4GHz
HG8045jIEEE 802.11a/b/g/n 2.4GHz
HG8045DIEEE 802.11a/b/g/n 2.4GHz
ZXHN F660AIEEE 802.11a/b/g/n/ac
HG8045QIEEE 802.11a/b/g/n/ac
FG4023BIEEE 802.11a/b/g/n/ac

最新規格はIEEE802.11acです。よって、最新規格の無線LANルーターは「ZXHN F660A」「HG8045Q」「FG4023B」となります。

NURO光でレンタルできる無線LANルーターの性能を解説

NURO光を契約すると、ルーター機能付きのONUが無料でレンタルできます。

ONUは全6種類のうち、どれか一つがランダムで届きます。申込時に選ぶことはできません。

NURO光で無料レンタルできるONUのうち、最新規格の無線LANルーターは「ZXHN F660A」「HG8045Q」「FG4023B」です。

NURO光の公式サイトによると、最新規格のIEEE802.11ac(11ac)をつなげば、下りで出せる最大通信速度は1.3Gbpsとなります。

6種類のONUの下り最大通信速度は、以下の通りです。

【NURO光のONUと最大通信速度】

機種最大通信速度※
ZXHN F660T450Mbps
HG8045j450Mbps
HG8045D450Mbps
ZXHN F660A
※11ac対応
1.3Gbps
HG8045Q
※11ac対応
1.3Gbps
FG4023B
※11ac対応
1.3Gbps

※無線LAN下り最大通信速度

NURO光の基本プランであるG2Vは、最大通信速度が上り1Gbps、下り2Gbpsです。

つまり、最新規格の無線LANルーターをつなげば、G2Vプランのスペックをより活かせることになります。
G2Vと似た他社回線のプランでは、たいてい最大通信速度は1Gbpsです。

他社回線では、たとえ11ac対応のルーターを利用しても、下り最大1.3Gbpsのインターネット環境は手に入らないのです。

NURO光の速度を存分に楽しみたい人は、11ac対応のルーターが届いてほしいところですね。

ただし、旧規格の「ZXHN F660T」「HG8045j」「HG8045D」であっても、インターネットを快適に利用することはできます。

例えば、NURO光の公式ブログでは、快適な通信速度を以下のように紹介しています。

【データの送受信に必要な通信速度の目安】

データ内容快適な通信速度
メールの送受信上り・下り1Mbps
Web閲覧下り1Mbps
SNSへの写真投稿上り3Mbps
LINE受信下り1Mbps
ビデオ通話上り・下り3Mbps
オンラインゲーム上り100Mbps

(NURO光公式ブログより)

これによると、Web閲覧でも下り1Mbps、ビデオ通話でも下り3Mbpsあれば十分のようですね。

家庭でインターネット検索や動画視聴を楽しむ分には、旧規格のルーターでも大丈夫でしょう。

では、どうしても新規格のルーターを利用したい場合は、どうすればいいのでしょうか。

NURO光から届くONUはランダムだが無料で交換可能

NURO光に申し込んだ後、開通工事の際に旧規格のルーターが届いた場合は、無料で最新規格のものと交換できます。

ただし、工事担当者に交換を直接申し込むことはできません。

光回線が開通したら、NURO光の「お客さまサポート」の電話番号から連絡してください。

連絡後、交換作業の日程を決めることができます。急いでいる場合は、その旨も伝えておくといいですね。

新規格のルーターの交換作業まで日にちはかかりますが、その間は旧規格のルーターを利用しましょう。

旧規格であっても、動画視聴であれば快適に楽しむことができますよ。

YouTubeやHulu、Netflixの推奨速度は以下の通りです。

動画視聴サイト推奨速度
YouTube【動画の解像度】
4K→20Mbps
HD 1080p→5Mbps
HD 720p→2.5Mbps
SD 480p→1.1Mbps
SD 360p→0.7 Mbps
Hulu【使用環境】
パソコン→6Mbps以上
スマホ→3Mbps以上
Netflix接続推奨速度→1.5Mbps
【画質】
SD→3Mbps
HD→5Mbps
UHD(4K)→25Mbps

超高画質と言われる4K画像であっても、20~25Mbpsあれば十分だとわかります。

自前のルーターでNURO光を使用する場合の注意点

これまで他社の光回線を利用していた人は、すでにルーターを持っている場合があります。わざわざ新しいONUをレンタルしなくてもいいと考えるかもしれません。

結論から言うと、自前のルーターはONUの内蔵無線をOFFにしてつなぐことができます。

ONUよりも、自前のルーターの方が無線LANの使える範囲が広い場合などは、その性能を活かすことができるでしょう。

ただし、ルーターによっては、ONUだけでつなぐよりも速度が遅くなってしまう場合もあるので、注意が必要です。

自前のルーターを使って速度が遅くなる原因は、次の2つが考えられます。

  1. 二重ルーター状態になっている可能性
  2. ルーターが11acに対応していない可能性

それぞれ解説していきます。

二重ルーター状態になっている

NURO光のONUに自前のルーターをつないだ場合、ONUの内蔵無線がオンのままだと二重ルーター状態となります。

二重ルーターとは、回線接続用の端末と、後から接続したWi-Fiルーターが同時に動作している状態のことです。
ONUと自前のルーターのどちらもオンになっている場合、2つのルーターを通過するため、その分だけ速度が遅くなります。

二重ルーターになっている場合は、ONUの内蔵無線をオフにしましょう。

この時に注意したいのは、誤って両方のルーターをオフにしないことです。インターネットが閲覧できなくなってしまいます。

ルーターが11acに対応していない

通信速度が低下してしまう原因は、ルーターの規格にもあります。

自前のルーターが最新規格の11ac対応でない場合は、NURO光G2Vの下り最大2Gbpsのパフォーマンスを活かせません。

自前のルーターを確認し、11acに対応していなければ、ONUのみで接続することをおすすめします。また、NURO光から届けられたONUが最新規格であれば。自前のルーターをつながなくても大丈夫でしょう。

通信速度が遅くなる原因としては、ルーターの他に、使用しているパソコンや周辺機器の性能も考えられます。どうしても速度が気になる場合は、インターネットを使う環境を見直してみるのも一手です。

NURO光で自前のルーターは限られた条件下でない限り必要ない

旧型のONUが設置された場合、手持ちのルーターが11acに対応していれば、面倒なONUの交換対応をしなくても同等の回線速度を使えます。

また、手持ちのルーターの方が無線LANが使える範囲が広いなど、NURO光からレンタルされたONUに備わっている機能以上のスペックがあれば、ONUだけで利用するよりも、より良い環境でインターネットを楽しむことができるでしょう。

それ以外の場合は、NURO光を使うなら通信速度を遅くしてしまう上に、設置場所を取ってしまうので、不要であれば処分してしまってもいいかもしれません。

まとめ

NURO光を契約すると、ホームゲートウェイ(ルーター機能付きのONU)が無料でレンタルできます。新しくルーターを買う必要はありません。

NURO光が扱うONUは全部で6種類です。そのうち、無線LANの最新規格IEEE802.11ac対応ルーターは3種類あります。

ただし、申込時には、11ac対応のルーターを選ぶことができません。開通工事で届けられるONUはランダムです。

旧規格のルーターが届いた場合は、NURO光の「お客さまサポート」へ電話をすれば無料で交換作業を行ってくれます。

届いたONUが旧規格で、かつ自前のルーターが最新規格であるなら、ONUの内蔵無線をオフにしてつなげることで、快適なインターネット環境を実現できるでしょう。

また、自前のルーターがNURO光のONUよりも無線LANの使える範囲が広い場合も、2つをつないで試す価値がありそうです。

自前のルーターを使う条件は限られています。この記事に書かれた注意点を参考にして、NURO光の通信速度を有効に活用しましょう。

【キャンペーンが魅力的な光回線】
NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 月額4,743円で使い放題
  • 通信速度2Gdps
ドコモ光
  • 顧客満足度No.1 ※
  • 新規工事料無料
  • 通信速度が1Gbps
ソフトバンク光
Wiz-img 
  • 48,000円キャッシュバック
  • ネット会員数No.1
  • たった5分の超簡単入力!

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業

公開日:2016/12/20