NURO光と他の光回線の違いや料金プランについてわかりやすく徹底解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光と他の光回線の違いや料金プランについてわかりやすく徹底解説

NURO光は、SONYのso-net(ソネット)が運営する速くて安くて安定感があるとスタート当初からかなり注目されている進化系光コラボです。通信速度が速いだけでなく【ソフトバンクのおうち割】が適用できるのでソフトバンクスマホとの相性が良かったり、そもそもの月額料金が他の光回線よりも安かったりといいとこ尽くしです。

従来の光回線は共有型サービスなので回線が混みあうが、NURO光は共有型ではなく混みあわないので回線品質が安定していて、NURO光のユーザーの回線速度の実感値は概ね800Mbps前後です。

また、NURO光を申し込む時は「公式サイト特設ページ」から申し込むのが一番オトクです。 それではNURO光について詳しく解説していきます。

また、2017年11月20日、NURO光は関西二府三県と東海四県にエリアが拡大しました!

目次

NURO光とは?従来の光回線との違いについて

NURO光

NURO光の読み方は、「ニューロ光」です。

NURO光のキャッチフレーズは「世界最速2Gbps」、今までの光コラボの常識をはるかに超える圧倒的な回線速度がウリなんです。NURO光は

・従来の光回線はGE-PONを利用し最大1Gbpsなのに対して、NURO光はG-PONを利用し最大2Gbpsの高速化を実現している事。

・従来の光回線の多くはNTTの光回線を使用しているが、NURO光はNTT光回線のダークファイバーとB-PON技術の併用でコストをおさえている事。

上記2点によりNURO光はありますが、他の光回線よりもかなり速い通信速度を実現できるのにかかわらず、同じくらいの月額料金で利用する事が可能なんです。

NURO光を利用できる条件と注意事項について

NURO光の利用条件と注意事項

NURO光を利用するには、次の利用条件を満たしていることが必要です。特殊な光回線でもあり、通常の光コラボとは違った部分もありますので気を付けましょう。十分確認してから申し込み、後々トラブルになる事を防ぎましょう。

またごく当たり前のことですが、NURO光の提供エリアに入っていない場合は利用できません。

NURO光は2017年11月現在1都6県の関東エリア、関西二府三県、東海四県のみしか契約できません。

このエリアなら一部を除いてほぼ全域カバーされていますが、念のため公式サイトで提供エリアを検索してみてください。

検索サイトで郵便番号を入力し「住所を検索」→「住所を選択」→「住居タイプを選択」→「提供状況を確認する」まで進むと、「NURO光」、「NURO光forマンション」、「NURO 10G」のうち、利用できるバナーがアクティブになり「サービス詳細」へと進みます。

NURO光の料金プランについて

NURO光の料金プランについて

さて、速いだけでなく「安い」ことでも評判のNURO光ですが、料金プランをみてみましょう。その前にまたまたビックリの朗報です。

 

プラン 月額利用料金
戸建て 4,743円
マンション 1,900円~

基本工事費は40,000円(30ケ月分割*ただしキャンペーンで全額負担してもらえる)で、NURO光の契約は2年縛りなので更新月以外での解約金、違約金は9,500円。

こんな感じです。3階建て以上の戸建であってもforマンションは利用できませんのでご注意ください。NURO光はプロバイダ料金も全てコミコミで上記料金になります。

通常の光コラボでもオプション別途で戸建てタイプ5,200円、マンションタイプ3,800円~ですから、標準でついてくる無料オプションを含めてこの料金なら断然安いです。一般家庭レベルではそこまで実感できないかもしれませんが他の光回線光と比べて回線速度も速くてこの値段ならかなりコスパ良く感じます。

WiFiはNURO光専用のONUに高速WiFi規格であるIEEE802.11/nを搭載した最大実行速度450Mbpsの線LANルーターが標準で用意されていますので追加でルーターを購入したりレンタルする必要もありません。申し込むだけで工事さえ終わればすごく快適にネットを楽しむ事ができます。

NURO光の戸建てタイプとマンションタイプの料金は何故違う?

NURO光では戸建てタイプ(7階建て以下のマンション)とNURO光forマンションに分かれるのですが、何故料金がこんなに違うのかというと、マンションタイプは戸建タイプと違って「マンション自体にNUROの設備が引かれているため、その部屋にNUROの回線を通す手続きをするだけでNURO光が使用できるようになる」からです。NURO側からすればマンション自体に設備があれば、極端な話何人NURO光を使おうがコスト的にはそこまで変わらないから安いのです。

NURO光の設備が入っているマンションにはできるだけたくさんの人にNURO光を使用してほしいのと、競合他社もマンションタイプを安く設定している事からマンションタイプの月額料金がこんなに安くなっているというカラクリです。

NURO光のオトクな申し込み方法について

ここまで見てみると「速い、安い、回線品質がいい」とますます魅力たっぷりのNURO光ですが、公式サイトや代理店サイトなど、申し込み窓口がたくさんある中で、一番お得にNURO光を申し込む方法を解説します。

先に結論を書きますと、NURO光を一番オトクに申し込めるのは公式特設サイトです。

公式特設サイトの2017年10月現在のキャンペーンは、

・NURO光G2Vプランの基本料金4,743円が、開通月(1ケ月目)は無料

・1年間の月額料金が4,743円→2,980円に

・基本工事費40,000円分が実質無料(割賦月額1,333円×30ケ月のあいだ毎月1,333円割引)

・設定サポート1回分無料

以上が用意されています。

キャンペーンはあくまで期間限定なので、いつ終わるか変わるかわかりません。今現在のタイムリーなキャンペーン情報はNURO光の公式サイトで随時チェックするか、こちらのページでNURO光の色々なキャンペーンについて詳しく解説していますので確認してみてください。

また、18歳以上からNURO光は申込まずが、未成年の方が申し込む場合は親御さんの同意が必要となりますのでご注意してください。

NURO光の申し込み手順

まずはここをクリックして公式サイトへジャンプしてください。

手順①まずは郵便番号を入力し、エリア内かどうか確認

②エリア範囲内であれば「次へ進む」をクリック。光でんわを申し込む人は忘れずにチェック。

③NURO光のコース内容と契約書・無料オプションのカスペルスキーの契約書について確認して「次へ進む」をクリック

④名前・住所・生年月日・電話番号・メールアドレスなどを入力し、クレジットカード番号を入力し、「上記内容で注文を確定する」をクリックすれば申し込み完了です。申し込み後に電話がかかってくるのでそこで工事日を調整してください。これで申し込み完了です。

また、NURO光はネット申し込み以外にも「電話申し込み」も可能です。→0120-117-260

ただしキャッシュバックがもらえるかどうか微妙なところと、電話で申し込むよりネットで申し込んだ方が圧倒的に早いので電話で申し込みをする人はほとんどいないそうです。

NURO光は怪しい!遅い!などの悪い評判・口コミについての感想

NURO光は新しい光サービスなので、SNSやネット上に様々な悪い評判を書かれたりしています。 

この部分ではそれらの悪い評判が真実なのかどうか、また気にしなければならないかなどを解説していきます。 

NURO光は怪しいというネット上の評判について 

NURO光は怪しいという悪評についてですが、書くまでもなくNURO光は怪しくありません。 先ほども書いた通り大元は誰もが知るSONYのso-netが運営しているこれ以上ないくらい安心できる光サービスだからです。 

怪しいという声があがる理由を自分なりに考えてみたところ(代理店の存在)が一番大きな原因ではないでしょうか。 

代理店の強引な勧誘方法などについてはこちらのページに書いていますが、このような代理店の勧誘などが怪しいという評判につながるのではないでしょうか。

NURO光側が電話で営業をかけてくることはありません。 電話で営業をかけてくるのはNURO光の怪しい代理店だからすぐに電話を切ろう、という心構えでいてください。

NURO光が遅い!というネット上の評判について 

NURO光が遅いというネット上の評判についてですが、これに対しても自分なりに原因を考えました。 

NURO光は最大通信速度2Gbpsなので、フレッツ光などの1Gbpsに比べると速度が2倍になるようなイメージを持ってしまっている人が多いのではないかと思います。 

一つだけ覚えておいてほしいのは、NURO光は無線LANで接続すると最大通信速度は450Mbpsとなるので実はフレッツ光などと変わりないことです。 

NURO光の2Gbpsのパワーを感じなければ優先LANでの通信が大前提になりますのでご注意ください。 

おそらくNURO光が遅いと感じているユーザーの8割は上記が原因だと考えられます。 

その他のNURO光の評判については以下のページにまとめています。 

NURO光の口コミ評判 良い評判と悪い評判をチェック

NURO光の将来性について

さて、「速い、安い、安定感」に加えてセキュリティと無線LANが標準装備のNURO光ですが、今後どのように展開していくのでしょうか?

その可能性について紹介しておきましょう。

すでにスタートしている「下り最大10Gbps」の怪速

NURO光のウリのひとつは「世界最速下り2Gbps」ですよね。

いったいどこまで速くなるんだろうと思っていた矢先、すでに始まっていました。それが「世界最速10Gbps」サービスの提供です。まだまだ一部のみのエリア限定ですが、今後はどんどん拡大していく事でしょう。

2Gbpsでは、現在の宅内ネットワーク機器の1Gbpsリミットの件はあるものの、複数での併用ならそのベース回線の速さが個々には活かされるという説明をしましたが、これが10Gbpsともなると、ハンパな安定感ではないことは容易に想像できます。ことスピードマニアにはマユツバの10Gbps、一度体感してみたいものです。

現在家電量販店「ノジマ」の

・赤羽本通り店

・厚木本店

・湘南台店

の3つで10Gサービスを体験できるそうです。

エリア拡充は必須の課題

現状NURO光の最大の課題は「エリア拡充」です。

どちらかといえば一般ユーザーからすれば、10Gbpsの開発・普及よりも、エリアの拡充を期待するところです。特に関西圏や九州圏などはNURO光のエリア拡大を待ちわびている事でしょう。噂ベースではありますが関西圏や東海地方へのエリア拡大は予定されているそうです。

◆スタート当時からエリアは変わっていない

じつはNURO光の提供エリアは、2013年のスタート以来、関東圏の1都6県から変わっていないんです。

しかもこのエリア内すべてを網羅しているわけではなく、1都6県のなかでも利用できない地域がまだまだ多く存在し、ジワリジワリと拡充しているのが現状。とくにエリア拡大予定の発表もなく、正直少々じれったい感は残りますよね。

2017年11月30日にエリア拡大 

NURO光は関東一都六県の他にも関西二府三県、東海四県にまでエリアが拡大しました。 

◆マンションへの拡充が先行課題?

NURO光は、提供エリアの中でもマンションへの拡充に力を入れているようです。

というのも、2013年のスタート当時は2階建てまでだったものが、現在は3階建て以上でも利用できる「NURO光forマンション」に進化しているんです。たしかに広域にエリア拡大するよりも、とくに首都圏のマンションへの拡充のほうが効率的なのでしょう。

効率的なエリア拡充を模索?

回線の混まないダークファイバーを大量に必要とするエリア拡充への投資は、NURO光にとっては大きな賭けでもあるはずです。さまざまな点で評判が良いとはいえ、全国区ではまだまだ知られていないNURO光。

まずは効率的にユーザーを増やしてネームバリューをあげ、充分なニーズの手応えを確保しながらエリアを徐々に広げていくことでしょう。危惧されるのは、同業他社の技術的な追従です。

細かな内情はわかりませんが、すでに光回線のインフラをもつ大手光回線会社が、NURO光と酷似した技術開発に着手していることと思われます。

ふと頭をよぎるのは、VHSに圧されたベータ、SDカードに圧されたメモリースティック、ブランド&デザイン重視でコスパを無視したVAIOなど、素晴らしい発想と技術力を持ちながら独自路線に固執することで、逆に時代のニーズからかけ離れていった過去の負のソニー戦略。

NURO光には、いつまでも長く愛され進化するウォークマンやPSのようなユーザーが嬉しい展開を望みたいところです。

従来の光回線は「GE-PON」という規格

ドコモ光などの光コラボに使われている光回線やKDDI回線の大半は、「GE-PON」という規格で信号を伝送しています。

GE-PONの細かい説明は長くなるのでここでは省略しますが、そもそもGE-PONとは

「宅内のLANケーブルなどに流すイーサネットという信号と同じものを使い、最大速度は上限1.25Gbpsまでと決められている」規格なんです。

1.25Gbpsといっても、実際は伝送損失などもあるため「最大1Gbps」とアピールされています。

NURO光は「G-PON」という規格

このGE-PONに対し、NURO光は「G-PON」という規格を使っているんです。

こちらも技術的な詳細は長くなるので省略しますが、ようするにG-PONは、

「イーサネットの信号をブロック単位で通信する効率の良い伝送方式で、最大速度は2.5Gbps」の規格です。

NURO光はこのG-PONという規格に着目したわけです。ただ、はじめからG−PONを簡単に実装できませんでした。なぜなら・・・

G-PONを採用するにはコスト高という問題が

じつはこのG-PON規格での提供がすぐに採用されなかったのは「イーサネット信号をブロックに変換する装置」いわゆる専用のネットワーク機器が、高額になってしまうというリスクがあったからなんです。いくら回線速度が速くても、ランニングコストが高くなるとユーザーがついてきません。

現在のNTT光回線でさえ、「PON技術」を使って1本の光ケーブルを最大32人で共有し、一人あたりのコストを下げる工夫をしているんです。

ただこれはこれで、まれに共有されたユーザーの同時アクセスで回線が混みあい、回線品質の悪化や速度の低下などの要因にもなりかねないというリスクがありました。

海外の技術B-PONを応用しコストを下げた

そこでNURO光は、海外で主流となっていた「B-PON」という規格に目をつけます。

B-PONの機器ならコスト減が期待できるんです。B-PONはG-PONとよく似た伝送技術なんですが、B-PONの速度は622MbpsとGE-PONよりも低速です。ですがその分、G-PONよりもB-PONのほうがランニングコストが安いんです。

このままだと他の光回線よりも遅い光回線のできあがりだったのですが、G-PONとB-PONは非常によく似た技術を使っていて、このB-PONのネットワーク機器がG-PONにも応用できことが判明したのです。NURO光は早速、G-PONの伝送にB-PONの機器を使うことでコスト低減を図ります。こうして高速通信が可能でさらにお得な回線ができあがりました。

ダークファイバー利用でさらにコストを下げた

NURO光のさらなる工夫は、ダークファイバーの利用です。NTTの光回線は全国展開されていますが、じつはその中で実際に使われていない回線が半分以上あり、これは「ダークファイバー」と呼ばれています。

政府のお達しでどんどん広げていった光回線ですが、実は余っている回線がたくさんありました。

残り物には福があるというわけで、余りもののダークファイバーはNTTからのレンタル料も安く、これを使えばユーザー向けの料金設定も抑えられるわけです。実際、他の光コラボでもこのダークファイバーを利用しています。

なぜNURO光がこんなに速いかと言いますと、この「ダークファイバー」と「B-PON機器を利用したG-PON」の両方で「速くて安い」コスパ抜群の回線提供を実現できたからなのです。これがNURO光が他の光回線より安くて速いカラクリです。

NURO光のONUなどの提供機器について

宅内に設置するONU(光終端装置)はNURO光から無償で提供されます。

このONUは、NURO光では標準の無線LAN機能を装備しており、IEEE802.11n/a/b/g規格で最大実行速度は450Mbps、しかも2.4GHzに加えて5GHzのWiFiにも対応とスグレモノ。市販品の無線ルーターでいえば中の上クラスと、まずまずの性能を備えています。※新機種のZXHN F660A、HG8045QであればIEEE802.11ac対応なので最大実行速度は1300Mbpsになります。

現在NURO光では、5種類のONUで持ち回り設置していますが、申し込んだタイミングによってはまれに古い機種を用意されてしまう事があるようです。基本的にはユーザーからはONUの指定は原則できない決まりですが、申し込み時に「最新のONUを必ず」と念を押して連絡すると良いでしょう。言ったからといって最新のONUを持ってきてもらえるとは限りませんが、確率はあがるようです。

NURO光についてのQ&A・よくある質問について 

Q1・申し込みしてからどれくらいで使えるようになる? 

NURO光では申し込み〜工事完了、利用開始まで約1ヶ月ほどかかります。 ただし、宅内工事と宅外工事(日程が合えば同日に可能)の2回行わないといけないこと、3月などの引っ越しシーズンだと工事の予約が取りづらく、1ヶ月以上かかる場合もあるので早めの申し込み&工事予約をおすすめします。

Q2・NURO光の初回請求日はいつ? 

NURO光の請求のタイミングとしては、①開通月の翌月に【契約事務手数料の3,000円】【利用開始日〜月末までの日割り料金】が請求。②開通月の翌々月に【工事費の分割1,333円】と【土日祝日に工事を行なった場合は追加料金の3,000円】+【月額料金の4,743円】が請求されます。③開通から3ヶ月後からは【工事費の分割料金1,333円】+【月額料金の4,743円】が請求されていきます。 *ただし工事費分の1,333円はキャンペーンで割引なので実質請求されるのは4,743円のみです。 NURO光では支払い方法として口座振替を選択した場合、毎月手数料で200円かかるのでほとんどの人がクレジットカードで支払うと思うのですが、クレジットカードの場合さらに支払いが後ろにズレていくことになります。

Q3・NURO光の申し込みをキャンセルしたい場合 

0120-65-3810へ電話してください。 申し込みから時間がかなり経過してる場合はキャンセルできない場合があります。 

Q4・NURO光の更新月を知りたい

so-netのマイページにログインして【接続サービス・高速モバイルオプションご利用状況】→【契約情報の詳細】を選択し、確認してください。

Q5・ONUなどNURO光のレンタル機器が壊れてしまった場合

NURO光テクニカルセンターに電話してください。 0120-65-3810

Q6・NURO光を解約申し込みしたけどやっぱりキャンセルして継続したい

0120-65-3810へ電話してください。

Q7・NURO光を解約する時に返却しないといけない物はある?

ONUを返却しなければいけません。その場合は回収業社が訪問回収をおこないますので解約時の案内に従ってください。

Q8・引っ越し先でもNURO光を使いたい 

NURO光では引っ越しで移転、という手続きはできません。 コース変更→NURO光コースを解約→新しい住所で再契約、という形になってしまいます。

引越・コース変更ダイヤル 0120-080-790 に連絡してください。 

Q9・NURO光でインターネットに接続ができない&つながりにくい場合の対処法 

NURO光障害&メンテナンス情報を確認してください。

上記に異常がなければONU・PC側に問題があるのでONUやPCを再起動してみてください。 

Q10・以前使っていた光回線からNUROに乗り換える場合、解約のタイミングを知りたい 

NURO光には【転用】などで乗り換える事はできませんから、以前契約していた光回線・プロバイダは解約する事になります。 

その場合は契約期間が被ってしまうかもしれませんがNURO光が開通してから解約するようにしてください。 

NURO光でんわを契約する場合はNURO光でんわが開通してから解約手続きを行ってください。

NURO光についてのまとめと要チェックポイント

この記事ではNURO光についてさまざまな視点から紹介してきました。探れば探るほど「速い、安い、回線品質がいい」NURO光の秘密が明かされて身近に感じてもらえるのではないでしょうか。

「こんなにメリットばかりなら、すぐにでも利用したい!」なんて声が聞こえてきそうですが、最後にひとつだけチェックすべき条件があるんです。

やはりNURO光はエリア限定の光回線なので、そこにだけ注意してください。

通信業界ではまだまだニューフェイスのNURO光ですから、イッキに全国展開というわけにはいきません。

とくにNTT回線が過密状態の関西中心部エリアでは、NURO光の早急な拡充の声があがっているようなので、NUROの今後の動きに期待したいところですね。NURO光のwikiを見てみると、2013年4月15日からサービスを開始しているようなのでそろそろ拡大に走ってほしいものです。

ユーザー思いの良質な光回線NURO光に今後も期待大です。なにか最新情報が入ってき次第また更新します。(2017年11月20日に関西二府三県、東海四県にエリアが拡大しました。)

おまけ:NURO光のエイプリルフール限定企画

NURO光は遊び心満載の以下の様な企画を行っています。

2015年:NURO光forどうぶつたち

https://www.nuro.jp/contents/aprilfool/

おそらくこの企画を知っている人はいないのではないでしょうか。上記ページは2015年のエイプリルフールに公開されたぺージで未だに残っている「NURO光のキャンペーンページ」です。

なんともユニークな企画で、読んでみるとクスッと笑ってしまう内容なので暇な人は一度見てみてください。他にもNURO光では猫を使ったCMやバナー画像など、遊び心がたくさんで楽しいですね。

 

2017年日本固定回線ブロードバンド回線サービス・顧客満足度調査でNO.1 

NURO光は2017年関東エリアの固定光回線の満足度調査でNo1を獲得しました。(関東エリア光回線またはCATV利用者1,900名アンケート)

NUROはなんと2014年グッドデザイン賞受賞

NUROユーザーからすると全く関係ない話ですが、NURO光は2014年にグッドデザイン賞を受賞しています。審査委員は「時代を切り開く先進的なサービスで多くのユーザーに利益をもたらせてほしい」とコメントしています。早く関西圏に進出してほしいものですね。

SWift光やスターキャット光など、NURO光に追随する光回線が続々登場

Swift光という光コラボがこれまた関東地区限定で登場しましたが、これは「NURO光回線」を使用した光コラボ商品です。もしかするとこれからどんどんこのようなNURO光のコラボ商品が出てくるかもしれませんね。

ですがこのSWift光、NURO光とサービス内容はほぼほぼ同じなのでわざわざこちらを選ぶ必要はないと思います。

また、東海地区限定で「スターキャット光」という最大通信速度2GbpsのNURO光の東海地区バージョンが誕生しました。もともと名古屋市でケーブルテレビ事業をやっていた会社が「スターキャット・エンタープライズ」という会社を買収して始まったサービスみたいです。最大速度2Gbpsのサービスはまだまだ日本には少ないので今後の動きに注目です。

NURO光の2017/9/9〜開始のテレビCMとWEBCMについて

NURO光はさらなる拡大のためにテレビCMとWEBCMをスタート。 テレビCMでは俳優やナレーターなど幅広い活躍を見せる伊武雅刀さん、WEBCMではエヴァンゲリオンの綾波レイや名探偵コナンの灰原哀を演じる林原めぐみさんがナレーターを担当。日本最速の2Gbpsをアピールしています。

NURO光の新サービス【NUROスマートホームスタートプラン】について

NURO光では2017年11月1日に新サービス、NUROスマートホームスタートプランをリリースしました。 

これは【宅配ボックス】と【スマートタグ】がセットになったプランで初期費用が9,800円、宅配ボックスが40回払いで900円×40回の36,000円。NURO光を契約中は毎月900円割引されるので実質無料で契約することができます。 

宅配ボックスは350×350×420mmでゆうパックの大など宅配便サイズに対応しています。 【スマートタグ】をカバンにつけたりして携帯して持ち歩き、荷物が宅配ボックスに挿入されるとスマホに通知がいくような仕組みになっています。また2018年1月31日までに上記プランを契約することで2〜3ヶ月目のNURO光の月額料金から1,000円割引されるキャンペーンを実施中です。