NURO光にも転用できる?ウワサの光コラボについて解説

格安スマホを徹底比較!あなたにおすすめの格安SIM教えます!

分からないことはここから検索してね!

NURO光にも転用できる?ウワサの光コラボについて解説

光コラボでNURO光へ転用できるの?

関東エリアのほか関西・東海地方へとエリア拡大が決まった人気回線であるNURO光は、NTTの光回線を利用したインターネットサービスです。ということは、光コラボによってNURO光に転用することも可能なのでしょうか。

答えはNOです。NURO光はNTTのダークファイバーを利用していますが、フレッツ光のシステムを使ったサービスではありません。あくまでSo-net独自のサービスであり、回線についてはNTTから“間借り”しているだけです。

このため、NURO光は光コラボによる転用に対応していません。光コラボとNURO光との違いを、簡単に整理しておきましょう。

・光コラボ・・・フレッツ光のシステムを使ったインターネット通信を各種事業者が販売するサービス

・NURO光・・・NTTのダークファイバーを下地として、So-net独自の通信システムで提供されるサービス

光コラボとNURO光では、基本的なサービスの性質が異なります。NURO光は、独自のシステムでインターネット通信を提供するサービスです。フレッツ光の販売窓口である光コラボとは、基本的にサービスのタイプが違うのです。

このため、両者の間に互換性はありませんし、フレッツ光からNURO光への転用も行えません。フレッツ光からNURO光に乗り換えるには、フレッツ光を解約してNURO光に新規加入する必要があります。

おすすめはどっち?

インターネット回線としての品質を重視するなら、光コラボよりNURO光をおすすめします。NURO光の通信速度は下り最大2Gbps。一方、光コラボの下り回線速度は最大1Gbpsです。

この時点で両者のスペックには大きな差がありますが、NURO光をおすすめする理由はこれだけではありません。光コラボのサービスは、実質的にフレッツ光のサービスと同じです。フレッツ光は大人気回線ですが、ユーザー数の多さから速度低下が問題視されています。

つまり、同一回線を利用する光コラボも、満足いく実効速度を得られない可能性が高いのです。付け加えると、光コラボ加入者が増えるほどに、利用できる通信速度が低下することが予想されます。

一方、NURO光も人気回線ですが、フレッツ光と比べると利用者は少数です。このため回線が混み合いにくく、大幅な速度低下を気にせずにインターネットを楽しめます。

料金面では、光コラボの方が安くつくかもしれません。ただ、快適性を重視するなら、NURO光を選択した方が賢明です。

NURO光のオトクな申し込み方法はコチラから

光コラボで転用するとどんなメリットがあるの?

前節でご紹介したように、光コラボの提供事業者ではユーザーに対する特典を用意しています。各社の特典は、新規加入者はもとより、フレッツ光から転用してきたユーザーにも適用される場合がほとんど。この特典こそ、光コラボへの転用で得られるメリットです。どんな特典を得られるのか、例を2つあげてみましょう。

・ソフトバンク光・・・自社スマホ・携帯電話などの料金割引

・IIJmioひかり・・・自社格安SIMの料金割引

ソフトバンクも、光コラボによるインターネットサービスを提供する事業者の1つです。ソフトバンク光を契約すると、「おうち割 光セット」の適用を受けられます。

おうち割 光セットとは、ソフトバンクスマホや携帯電話の料金が割り引かれるサービスです。割引額は、最大で一回線あたり月々2,000円。おうち割 光セットは家族のスマホや携帯電話にも適用できるため、月々10,000円以上の割引を得ることも可能です。上手く割引を活用すれば、光回線使用料を無料化することも不可能ではありません。

一方IIJmioでは、「IIJmioひかり」利用者に対する「mio割」の提供を実施しています。mio割は、IIJmioが提供する格安SIMの利用料金が割引かれるサービス。割引額は月々600円となっています。

IIJmioひかりへの転用と、IIJmioの格安SIMへの乗り換えを同時に行えば、月々の通信費を大幅に安くすることも可能です。以上のような特典を得られることが、光コラボによる転用のもつ最大のメリットとなっています。

ちなみに、光コラボによるインターネットサービス提供を行っているのは、ソフトバンクやIIJmioのような通信事業者だけではありません。警備保障会社や電力会社、運送会社など、多様な事業者がサービス提供を行っています。

光コラボレーション事業者の一覧は、フレッツ光の公式ページで確認可能です。気になる方は、一度チェックしてみてください。

光コラボの注意点

提供事業者による特典が用意されている光コラボですが、手放しでおすすめできるサービスとはいえません。というのも、光コラボへの転用には、いくつかの注意点があるからです。以下をご覧ください。

・通信速度が低下する場合がある

・プロバイダが変わってしまう場合がある

・転用先からフレッツ光に戻せない

光コラボへの転用を行ったユーザーには、通信速度の変化を実感している方が少なくありません。通信速度が上がった、あるいは遅くなったと感じる方が多いのです。

速度が速くなるならともかく、遅くなってしまっては不便ですよね。光コラボの転用先は、特典だけでなく通信速度に関する口コミも加味して選んだ方がよさそうです。

続いて、プロバイダについて。光コラボを扱う事業者によっては、特定のプロバイダを利用することを転用条件としている場合があります。プロバイダは、インターネットの使い勝手を左右する重要な要素。使い慣れたプロバイダを利用できなくなることで、何らかの不便を感じる可能性があるので要注意です。

たとえば、プロバイダでメールアドレスを取得している場合は、プロバイダの解約にともなってメールアドレスを利用できなくなってしまいます。このほか、プロバイダが変わることで、通信速度やサポートの品質が大きく変わるかもしれません。

プロバイダの変更に関してもう1つ押さえておきたいのが、契約解除料。プロバイダが指定する最低利用期間内で解約を行うと、一定の契約解除料が発生する場合があるので注意が必要です。

たとえば、OCNなら24ヶ月以内の解約で5,000円、So-netなら同じく24ヶ月以内の解約で3,000円の契約解除料が発生します。以上の点から光コラボの転用先は、プロバイダ選択の有無を考慮して選ばなければなりません。

上記注意点に加えて押さえておきたいのが、転用先からフレッツ光に戻れないという点です。転用を行えるのは、フレッツ光から光コラボを提供する事業者に乗り換える場合のみ。逆のパターンはありません。転用先からフレッツ光に戻りたい場合は、一度回線を解約してフレッツ光に新規加入する必要があるのです。

同様に、光コラボからほかの光コラボへの転用も行えません。フレッツ光からの転用は、あくまで片道切符です。転用先が気に入らない場合は、回線乗り換えにともなうデメリットが生じる可能性があります。

たとえば契約解除料。光コラボ提供事業者の多くが、インターネットサービスに契約期間を設定しています。契約期間内に解約すると、所定の契約解除料が発生するので注意しましょう。

一例をあげると、先ほどご紹介したソフトバンク光の場合は、契約期間を2年間、契約解除料を9,500円としています。一般的な光回線の契約期間や解除料と同じですね。

また、光電話も込みで転用を行った場合は、転用先のサービスを解約すると電話番号が消失してしまいます。電話番号を維持したい場合は、アナログ回線への復帰が必要です。ただし、アナログ回線に戻せるのは、もともとアナログ回線で取得した電話番号のみ。光電話で取得した電話番号は、アナログ回線やほかの光電話に移すことができません。

以上のように、光コラボによる転用には注意点があります。光コラボ利用の是非は、特典と注意点を踏まえたうえで決めるようにしてください。

光コラボで転用する際の手順について

光コラボによる転用の手順は、以下の2段階に分けることができます。

1.フレッツ光での転用承認番号取得

2.光コラボレーション事業者での加入手続き

転用を行うには「転用承認番号」が必要となります。転用承認番号は、ウェブもしくは電話で取得可能です。どちらの方法で申し込む場合も、まず以下の情報を用意するようにしてください。

・フレッツ光のお客さまID

・フレッツ光契約者の名義

・フレッツ光で登録している住所

・フレッツ光で登録している電話番号

・フレッツ光の支払方法

以上の情報をそろえたら、転用承認番号の取得を行います。まず、ウェブでの取得手順を見てみましょう。

1.フレッツ光のホームページにアクセス

2.トップページで「サポート」をクリック

3.画面右のリストから「各種お手続き」を選択

4.「光コラボレーション事業者様が提供する光アクセスサービスへの移行(転用)のお手続き」欄の「お手続き方法など」をクリック

5.画面をスクロールさせて「STEP2 転用のお手続きへ進む」をクリック

6.画面の案内に従って手続きを進める

以上の手順で転用手続きに進むと、先にあげた情報の入力を求められます。入力を間違えると、情報の再入力が必要となるのでご注意ください。続いて、電話で転用承認番号取得手順を見てみましょう。

1.0120-140-202に電話をかける

2.オペレーターに転用したい旨を伝える

3.お客さまIDや登録名義などを問われるので答える

4.転用承認番号が伝えられる

転用番号は、10ケタの文字列となっています。忘れないように、必ずメモを取ってください。なお、光コラボはNTTのサービスでもあるので、転用を申し込んでも引き留めにあう心配はありません。

転用承認番号を取得したら、任意の光コラボ提供事業者への加入手続きへと進みます。手続き方法は事業者ごとに違うので、加入希望先に問い合わせを行ってください。

一例をあげると、ソフトバンク光の場合はネットもしくは電話で申し込みを行えます。ソフトバンクユーザーであれば、「My SoftBank」からの申し込みも可能です。

なお、フレッツ光利用者以外が光コラボのサービスに加入する場合は、インターネット回線開通にともなう初期工事が必要となります。工事内容や工事費については、各提供事業者に問い合わせてください。