NURO光でIPv6は簡単に利用できる!キホンを優しく解説

NURO光で使えるIPv6の正式名称は「internet protocol version 6」。今後の標準化が予想される通信の規格です。

NURO光はこのIPv6に標準対応しているので、追加料金や特別な設定は不要です。IPv6とIPv4の通信を自動的に使い分けてくれますよ。

NURO光のポイント

  • IPv6の接続が標準装備。追加申し込みや費用は発生しない
  • 設定不要で自動的にIPv6接続が利用できる(一部OSなどの条件あり)
  • IPv6非対応(IPv4)接続するページでも閲覧できる


「IPv6は速い」と聞いてNURO光がIPv6に対応しているか調べていた人や、IPv6に対応するにはどうしたらいいか?と調べていた人もいるのではないでしょうか。

今回はNURO光で利用できるIPv6について、基本からできるだけわかりやすく解説していきます。

実は「IPv6が速い」は間違い!NURO光のIPv6通信方式について

スマ男くん
「IPv6」はインターネット接続が速いって聞いたんだけど本当?
学園長
IPv6が速い」のは正確にいうと間違いなんじゃ

 

この項目では、NURO光でのIPv6の通信形式について簡単に説明します。

IPv6の通信形式「PPPoE」と「IPoE」の違い

そもそもIPv6の通信形式には「PPPoE」と「IPoE」の2種類があります。

PPPoEは「PPP over Ethernet」の略で、従来の接続方式。IPoEは「IP over Ethernet」の略で、PPPoEに比べて通信が安定しているという特徴があります。

要するに、IPv6の通信が速いのではなく、厳密には「IPv6のIPoE通信形式が速い」ということになるんですね。

NURO光のIPv6接続には、IPoEの通信方式が採用されています。よって、NURO光でIPv6を利用する際は安定した通信が期待できますね。

NURO光のデュアル方式とは

後述しますが、IPv6に対応していないwebサイトもあるため、その場合はIPv4での接続が必要になります。しかし実は、IPv6とIPv4には互換性がありません。

そのため、IPv6のページもIPv4ページにも対応するため、NURO光では「デュアル方式」という通信方式を採用しています。

デュアル方式とは、1つの機器でIPv4とIPv6を同時接続できる仕組みです。

2つの規格を同時に使えば、アクセスするページに合わせた方で通信を行うことができます。つまりIPv6対応のページではIPv6で、非対応ページではIPv4で通信を行えるのです。

この切り替えは自動で行われるため、使う人が自分で設定を変更する必要はありません。

「デュアル方式」と「IPv4 over IPv6」「v6プラス」の違い

例えばフレッツ光からNURO光の乗り換えの場合、NURO光の公式サイトには「IPv4 over IPv6」や「v6プラス」に対応しているとは書いていません。逆にフレッツ光では、「デュアル方式採用」とは書いていません。

実は簡単にまとめると、これら全てIPv6とIPv4両方に接続できるための通信方式」なんです。

その仕組みも若干は違うのですが、何よりプロバイダや回線事業者によって呼び方が全く違うため、私たち使う側からすると大変混乱する点だと思います。

デュアル方式NURO光が採用している仕組み。デュアルスタックによりIPv6とIPv4を使い分けて両方に接続できる。
IPv4 over IPv6IPv4(PPPoE)の通信をIPv6(IPoE)に変換する仕組み。カプセル化とも言う。IPv6に変換するので、IPv4で接続するよりも安定的になる。フレッツ光系の回線で使用される。
v6プラスIPv6(IPoE)の通信と、IPv4 over IPv6を両方使う仕組み。日本ネットワークイネイブラー株式会社の商標のため、プロバイダによっては別の名称で近いサービスを提供していることがある。

特に「v6プラス」に関しては、OCNの「v6アルファ」やBIGLOBEの「IPv6オプション」など、近いサービス内容で違う名称で提供していることがあります。

 

NURO光でIPv6を利用する際のポイント

NURO光でIPv6を使う際のポイントまとめ

  • NURO光はデュアル方式なので、接続先ページによってIPv6/IPv4の規格を自動で振り分けてくれる
  • NURO光のONU(ルーター)はデュアル方式に対応しているので追加設定は不要
  • デュアル方式を活用するには使用機器のOSが対応している必要がある

NURO光はデュアル方式なので、接続先ページによってIPv6/IPv4の規格を自動で振り分けてくれる

NURO光を契約していれば、IPv6をごく簡単に利用することができます。IPv6の利用に特別な設定は要りませんので、パソコンの知識がほとんどない方もご安心を。

なぜならば、NURO光は自動的にIPv6による接続を行ってくれるからです。また非対応のページだとしてもIPv4による接続に自動で切り替えてくれます。

NURO光のONU(ルーター)はデュアル方式に対応しているので追加設定は不要

NURO光のONUは全てルーター機能が搭載されています。ONUは全てデュアル方式に対応しているので、契約後ONUを設置すれば、デュアル方式が利用できIPv6での接続が可能になります。

デュアル方式を活用するには使用機器のOSが対応している必要がある

デュアル方式を活用するには、使用機器の規格がデュアル方式に対応している必要があるので、その点だけ注意が必要です。

メジャーなパソコンのOSによるデュアル方式の対応状況をチェックしてみましょう。

  • Windowsシリーズ…7以降がデュアル方式に標準対応。Windows XPは初期設定ではIPv4のみだが、PCの設定変更をすることでIPv6接続が可能になる
  • MacOS Xシリーズ…10.1以降がデュアル方式に標準対応

上記OSを搭載したパソコンを使ってNURO光でインターネットをするならば、初期設定がデュアル方式になっています。比較的新しいパソコンであれば、設定変更なしでIPv6を利用できると考えてよいでしょう。

なお、スマホのOSであるAndroidとiOSも、最新版はIPv4とIPv6の両方に対応しています。

NURO光で利用できるIPv6、IPv4とは何?

IPv6ってそもそも何?IPv4との違いは何だろう…と疑問に思った方もいるかもしれませんね。

一般的に利用されているIP(インターネットプロトコル)には、IPv4とIPv6の2つがあります。IPv6についての理解を深めるために、まずIPのキホンを確認しておきましょう。

まずインターネット通信における「IP(インターネットプロトコル)」とは、簡単に書くと「インターネットの世界共通の規格」です。IPの普及によって、インターネットを通じた世界各国の通信が可能となっているのです。

私たちがインターネットに接続するときに、どの機器から接続しているかを判別するために、契約しているプロバイダから「IPアドレス」というインターネットの住所が割り当てられます。

そして、この与えられる住所の規格(IPアドレス)の種類に、IPv6やIPv4というものが存在しているのです。

では、この割り当てられるIPになぜ2つの規格があるのでしょうか。

IPv4とIPv6の違いを知るために、両者のスペックを順番にチェックしてみましょう。

IPv4のスペック

まずは、IPv4のスペックをご覧ください。

  • 利用が開始された年代…1980年代初頭
  • ビット数…32ビット
  • 表記方法…192.168.1.1
  • 総アドレス数…約43億アドレス
  • セキュリティ機能…オプションで追加可能

IPv4は1980年代に仕様が公開され、以後世界中で利用されるようになりました。すでに40年近く、インターネット通信に用いられていることになりますね。

IPv4で割り当てできる総アドレスは約43億。規格の都合上、これを超える数のIPアドレスは発行できません。

インターネットは接続時にIPアドレスを割り当てるため、IPアドレスが足りないとインターネットに接続できなくなってしまいます。

しかし、インターネットが急速に普及し続ける現代、パソコンだけでなくゲームやIoT機器など様々な機械からインターネット接続が行われており、今後IPv4のアドレスだけではIPアドレスが足りなくなることがわかってきました。

そこで、IPアドレスの枯渇を防ぐためにIPv6という別の規格が生まれます。

IPv6のスペック

IPv6のスペックを確認してみましょう。

  • 利用が開始された年代…1990年代末
  • ビット数…128ビット
  • 表記方法…2001:db8:aaaa:bbbb:cccc:dddd:eeee:1
  • 総アドレス数…約360澗アドレス
  • セキュリティ機能…標準装備

IPv6の実用が開始されたのは、1999年のことです。

注目していただきたいのが、ビット数と総アドレス数。IPv6のビット数である128ビットは、単純にIPv4の32ビットの4倍、というわけではありません。32ビットが2の32乗を表す一方、128ビットは2の128乗を表しているのです。

この違いは、理論上割り振りできる総アドレス数に直結します。IPv6で割り当てできるアドレスは、約360澗(かん)。「澗」は、兆の6つ上の単位になります。…と言われても、どのくらいの数なのか理解しにくいですよね。

IPv6で発行できる全IPアドレスを地球の表面に敷き詰めると、1c㎡の範囲に6,670京個のIPアドレスを割り当てられるとされています。よりわかりやすく言い換えると、IPv6なら地球上にある全ての物体にIPアドレスを割り当てることができます。

以上の特徴からわかるとおり、IPv6はIPv4が抱えるIPアドレス枯渇問題を解消できる規格です。といってもIPv6は、単純にIPアドレス発行数が多いだけの規格ではありません。

IPv4ではオプション扱いとなっていた機能のいくつかが、IPv6には標準装備されています。セキュリティ機能もその1つ。通信がIPsecという仕組みで暗号化されるため、盗聴やデータの改ざんによる被害を防ぐことができます。頼もしい機能ですね。

このように、IPv4とIPv6では仕様や機能が大きく違っています。また、世界的にもIPv6の対応を進めていこうという流れになっています。

IPv6を使うメリット、デメリット

スマ男くん
じゃあIPv6だけ使えば良さそうだね!
学園長
残念ながらまだIPv6が利用できない条件もあるから、IPv6もIPv4も両方必要なんじゃ

 

この節では、IPv6を使うメリットやデメリットを詳しく見ていくことにしましょう。

IPv6を使うメリット

まずはメリットを以下に挙げました。

  • 通信の混雑を回避しやすい
  • IPアドレスが枯渇しない
  • 機器全てにグローバルIPアドレスを割り当てられる
  • 手軽にP2P通信を行える
  • マルチキャスト対応

それでは1つずつ見ていくことにしましょう。

通信の混雑を回避しやすい

IPv6はIPoEという通信方式が利用できます。これはIPv4の通信方式PPPoEと仕組みが違うため、IPv4の通信の混雑を回避しやすいというメリットがあります。

IPoEやPPPoEの詳細はここでは割愛して、次の章で詳しく説明していきます。

IPアドレスが枯渇しない

割り当て可能なIPアドレスがなくなると、インターネットに接続できない人が出てきます。IPv6はほぼ無限にIPアドレスを作ることか出来るので、接続できなくなる心配がありません。

機器全てにグローバルIPアドレスを割り当てられる

現在、主に普及しているグローバルIPアドレスは、IPv4を用いたものになります。このため絶対数が少なく、1つの回線契約につき標準で割り当てられるアドレスは1つのみです。

家で1回線を契約していた場合、パソコンでインターネットに接続しながら、スマホでWi-Fi経由で同じ回線に接続するということもあると思います。この場合、IPv4接続ならば2つの機器に与えられるIPアドレスは同じです。

「あれ?ウチではたくさんの機器にアドレスを割り当ててるけど?」という方もいるかもしれませんね。確かに、現在のインターネットの仕様でも、家庭の各端末にIPアドレスを割り当てることができます。

ただし、複数の機器に割り当てられるのは、あくまで「プライベートIPアドレス」です。ここで、グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレスの違いについて、簡単にまとめておきましょう。

グローバルIPアドレス…インターネットに直接接続できる「外線」のようなもの

プライベートIPアドレス…ローカルネットワーク内でのみ通信できる「内線」のようなもの

グローバルIPアドレスは、世界に2つと同じ番号が存在しないIPアドレスです。インターネットに直接接続できることから、電話でいう外線のような性格をもっています。

一方、プライベートIPアドレスは、ローカルネットワーク内での通信にのみ利用できるIPアドレスです。インターネットへの接続は、ルーターでグローバルIPアドレスに変換されたうえで行われます。電話に例えると、内線番号1、2…と数字が振られるようなものです。

プライベートIPアドレスは、ルーターの機能によって各端末に割り当てることができます。このため、1つのインターネット契約で、複数の端末にIPアドレスを割り当てられるのです。

さて、ここからが本題です。IPv6の場合、その仕様上グローバルIPアドレスをほぼ無数に発行できます。

発行数が制限されないため、グローバルIPアドレスは多数の機器に割り当てられます。パソコンやスマホだけでなく、冷蔵庫や電子レンジ、お掃除ロボットといった機器にも、インターネットに接続するならばIPアドレスを割り当てられるのです。

各機器にグローバルIPアドレスを割り当てることができれば、現在のように複雑なIPアドレスの設定をせずに済みます。今までWi-Fi設定に悩んでいた方も、より簡単な設定で端末にアドレスを割り当てられるようになるはずです。

手軽にP2P通信を行える

続いて、P2P通信について見てみましょう。P2P(ピアツーピア)とは、サーバーを介さずにコンピューター間で通信を行う仕組みです。家庭の各機器にグローバルIPアドレスを割り当てできれば、P2Pによる直接的なデータのやりとりを行いやすくなります。たとえば、サーバーを利用することなく、直接通信相手に大容量ファイルを送信できるようになるのです。

直接的なファイルのやりとりが簡単になれば、「クラウドにデータを預けて、パスワードを相手に教えて…」といった手間を省けます。結果的にインターネットは、より便利かつ手軽に利用できるインフラへと進化するはずです。

マルチキャストに対応

次に、次世代の情報配信について。IPv6は「マルチキャスト」による通信に対応しています。マルチキャストとは、簡単にいうと1対複数での通信を行う仕組みです。

マルチキャストを情報配信に利用すると、一度の送信で複数のユーザーに同一のデータを届けることができます。回線を通る途中でデータのコピーが繰り返されるため、各ユーザーへの送信が一度で済むのです。

もちろん、IPv4で主流となっているユニキャストでも、複数ユーザーに情報を配信できます。ただし、ユーザーごとにサーバーからデータ配信を行う必要があり、利用者増加によるサービスの品質低下が顕著です。

この点で、マルチキャストは設備にかかる負荷が少ないため、スムーズかつスピーディーな情報配信を行えます。たとえば地震速報。NTTコミュニケーションズでは、緊急地震速報配信サービスに、IPv6マルチキャストを利用しています。確実かつ速やかに情報配信を行えるように、IPv6を利用しているのです。

今後は、IPv6マルチキャストを利用した情報配信が拡充すると予想されています。新しいタイプの映像配信サービスも、続々と登場するかもしれません。

IPv6を使うデメリット

たくさんのメリットをもつIPv6ですが、デメリットも持っています。

  • IPv4からIPv6への切り替えはまだ進行途中
  • 全てのプロバイダでIPv6が利用できるわけではない
  • webサイト側にもIPv6の対応が必要なので、使う側が全てIPv6で接続できるとは限らない

IPv4からIPv6への切り替えはまだ進行途中

IPv6の方が明らかに便利ですが、現時点はIPv4もIPv6もどちらの通信方式も使われています。

なぜならIPv6の普及には、提供する事業者側の対応と、表示するwebサイト側、そして使う私たちのOSスペックなど、全ての条件が揃う必要があるからです。

条件が揃っていない場合は、IPv4が使用されます。よって、完全にIPv6が普及するまではIPv4もまだ必要な存在というわけですね。

全ての光回線、全てプロバイダでIPv6が利用できるわけではない

実は光回線自体がIPv6に対応していても、プロバイダによってはIPv6通信が非対応または有料オプションとなる場合があります。

NURO光は、回線自体もプロバイダのSo-netもIPv6対応になっているので安心ですね。

webサイト側にもIPv6の対応が必要なので、使う側が全てIPv6で接続できるとは限らない

IPv6の対応は、実はwebサイト側にも必要です。サイトが対応していないと接続時にIPv4が使用されます。IPv6に対応しているサイトについては、例えば以下のものがあります。

Google hulu Netflix Facebook

動画を配信するサービスでIPv6で接続できるのは嬉しいですね。ただ、まだまだ対応しているサイトは少ないようです。

IPv6の利用はどんな人におすすめ?

IPv6の利用は、IPv4の上位互換となる存在なので、ほぼすべてのネットユーザーにおすすめできます。そもそも、現在NURO光を利用しているのであれば、すでにIPv6を利用しているはず。問題なくネットを利用できているのなら、あえてIPv6を無効にする必要はありません。

これからNURO光を利用する方も、まずは設定変更なしで通信を行ってみてください。ごく自然にネットを閲覧できるようであれば、IPv6の利用による問題は生じていないことになります。

現在は特別視されているIPv6ですが、近い将来にはメジャーなプロトコルとなるはずです。今のうちに利用に慣れておいても、損はないでしょう。

NURO光でIPv6とIPv4どちらに接続しているか確認する方法

もちろん、みなさんがお使いのコンピューターもIPアドレスが割り当てられて、インターネット通信を行っています。では現在利用しているのは、IPv4とIPv6どちらなのでしょうか。

So-netのホームページを使った、インターネットプロトコルの確認方法をチェックしてみましょう。

  1. So-netのホームページにアクセス
  2. トップページで「サポート」を選択
  3. 「サービス別サポート」欄でNURO光の項目にある「一覧」を選択
  4. 「サービス内容」欄で「NURO光のIPv6について」を選択
  5. 「接続」欄で「NURO光で現在、iPv4とIPv6のどちらで接続しているか確認する方法はありますか?」を選択
  6. 「IPv6アドレス対応について」を選択
  7. 現在接続に利用しているIPアドレスの種類が表示される

お使いのコンピューターは、IPv4とIPv6のどちらで接続されていたでしょうか。もし現在の接続方法がIPv4だったとしても、IPv6が利用できないというわけではありません。

現在主流のパソコンやスマートフォンといった端末の多くが、IPv6での通信に対応しています。

NURO光で利用できるIPv6についてのまとめ

IPv6についての基礎から、NURO光でIPv6を利用する際のポイントをまとめました。

IPv6はこれからのインターネットを支える規格ということがわかりましたが、NURO光はIPv6には完全対応しています。またIPv6の規格が使えない状況でもIPv4の接続に切り替えてくれる「デュアル方式」を採用しているので、気にすることなく安心して使うことが出来そうですね。

【キャンペーンが魅力的な光回線】
NURO光
  • 高額キャッシュバック
  • 月額4,743円で使い放題
  • 通信速度2Gdps
ドコモ光
  • 顧客満足度No.1 ※
  • 新規工事料無料
  • 通信速度が1Gbps
ソフトバンク光
Wiz-img 
  • 48,000円キャッシュバック
  • ネット会員数No.1
  • たった5分の超簡単入力!

※2019年 オリコン顧客満足度 プロバイダ広域企業